テレビ

実家に帰ると少しはテレビを見る…

以前テレビを見ないと記事にしましたが…

年末年始や盆正月に実家に帰ると,珍しくテレビを見るんですよね.去年大晦日も「ガキの使い」やったけども…さすがにネタが無くなってきとるなぁ,というのが分かり年を追うごとに面白さが減っているよなぁ.昔の罰ゲーム形式にした方が絶対面白いって.伝説の湯河原まではいかないまでも,板尾の嫁が出てた頃のスペックにするだけでも,今のよりはかなり面白いと思うがいかが?

元日は黒島家恒例祖母の家でのすき焼き大会.親戚で集まってすき焼きをつつきながら「正月やからアホな番組しかしとらんなぁ」とかおじさんといとこ夫婦と言ったりしながら,お笑い系の番組を見るわけです.

今年もフジテレビのナイナイのヤツみてました.若手ベテランが満遍なく出てくるので,だいたいどんな笑いが今流行ったいるのか分かってなかなかよろしい.東京03を見たのもこの番組だったかな.ここで東京03を見ていたことが,昨日の芝居の練習で出た「東京03というグループがな…」からはじまる舞台上でに立つ意味を問いかけるダメ出しの意味がよく分かりました.個人的には作りこんだコントは演劇だと思っていますし,そのようなコントをするには演技力が必要だと思っています.

実家で最後に見たテレビがこれまたベタで「レッドカーペット」な.こんな極端な瞬発力勝負だけのお笑いってどうかな~,と思いつつも,ツボにはまれば面白いやね.最近の鳥居みゆき,追いかけてなかったけどあんなこなちょこ漫談やってたのね.アレはアレでアリか.できればもっと作りこんだダークな笑い,黒い笑いをして欲しいけども,確実にテレビで放映できないのでしゃ~ないですな.

何か「この1年間で流行ったお笑い」を年末年始に確認している感がありますね.この2~3年.ホントはここに「お笑い」だけじゃなくって「音楽」とか「ドラマ」とか「映画」とか「ファッション」が入るとより良いんしょうけども.ま,それは横に置いときましょうや.今年はせめて「M-1」「R-1」「キングオブコント」くらいは押さえた方が良いかなぁ…でもぬる~いお笑いも好きだからなぁ…う~ん.年末の風物詩「オールザッツ漫才」も見なくなったしなぁ….

こんなことを芝居の稽古しながら考えたのです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビを見ない…

そうなんですよ.昔はテレビっ子だったんですけどねぇ…

火曜日の芝居の練習のときに代表Kさんともう一人参加していたメンバー7さんと3人で話しまして.Kさん曰く
「家に帰ったらずっとテレビばかり見てる」
らしいんですよね.作・演出されるんで自然にそうなっていらっしゃるんでしょうね.ところが7さんと私はテレビをほとんど見ないですよ,コレが.

私の場合,テレビを見ない理由は簡単で「面白くないから」.ただテレビを見なくなってからデフレスパイラルの如く「テレビ見ない」→「面白い情報が入らない」→「面白くないからテレビ見ない」→「面白い情報がもっと入らない」→…のようになっている気がしないでもないです.

WOWOWに入ったら少しはテレビ見るようになるかと思えば全然そんなことなく,たまに舞台の中継を見るくらいのもんで.しかもしの舞台の中継すら「あっこんな面白そうなんやってたんや」って後から気付いて再放送で見ることの方が多いし.NHKのハイビジョンが見れるようになったところで,やっぱり見るのは舞台中継だし.あ,競馬とモータースポーツは見るかな,うん.

芝居やってるんだから,もっと「ドラマ」なんぞを見る「べき」なんだろうけど.「べき」って付くくらいだから前向きではないんですよねぇ.テレビ見るくらいだったらたまりにたまった映画や舞台のDVDを見るだろうし.ただ明らかにげーのー関係の話題とか流行っているドラマの話題とか,そんなものに着いていけてないってのは少しヤバイかな,って気がしないでもなく.

別に悩んでいる訳でもないのですが,テレビなぁ…見たほうがいいよなぁ,多分.つことで今日はここまで.
#ここのところネットに接する時間も減ってるんだよなぁ,コレが.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大英帝国の自動車番組“Top Gear”のお話

大英帝国の公共放送BBCには古くはモンティ・パイソンをはじめさまざまな名物番組が存在するが,今日紹介するのもそのひとつ.辛口の批評で知られる自動車番組“Top Gear”がそれだ.詳しくはWikipediaを読んでみてくれい.

この番組,ごくごく普通にインプレッションを伝えるというごくごく普通の自動車番組にありがちなことももちろんすることはあるのだが,ちょっとぶっ飛んでるところがあってですね….例えばトヨタのハイラックスがドンだけ頑丈かを試すために,さまざまな無茶な試練(海に沈めるとかビルもろとも発破するとかどーよ)を与え最終的にはズタボロになったハイラックスがスタジオに自走で(!)現れ観客大喜びとか,なんていうのかな,おバカな番組なんですよ.ちなみにそのときの動画はこちら(http://jp.youtube.com/watch?v=Lrk6vsb77xk).あとはこんなおバカな番組にゲストで登場してしまい,とんでもない記録でサーキットを走行してしまう大英帝国の愛すべきバカ息子ナイジェル・マンセルを見ることができたり(これはこちら:http://jp.youtube.com/watch?v=yLHUAwZKbRI)とまぁ面白い企画が沢山なわけですな.そんなTop Gearが最新シリーズで送った名企画がこちら.

石川県羽咋市から千葉県の鋸山,GT-Rと新幹線で競走したらどっちがは~やい!

これですな.私が結果を書いてもアレなんで時間のある方は下の動画で見てください.日本人が勝手に訳を入れているので分かりやすいですYo.全部観ると結構時間掛かるのでおヒマなときにどうぞ.

トップギア- R35 GT-R 対 新幹線 - 字幕版 1/4

トップギア- R35 GT-R 対 新幹線 - 字幕版 2/4

トップギア- R35 GT-R 対 新幹線 - 字幕版 3/4

トップギア- R35 GT-R 対 新幹線 - 字幕版 4/4

おいおい,オッサン公道で何キロ出しとんやとかツッコミどころ満載な訳ですが,これはまぁよくできたフィクションということで(実際に最後に段取りのネタばらししてるしね).日本ではこれと同じような内容の番組作ったら叩かれること間違いなしでしょうなぁ….それにしても外国人の目から見たら日本ってホント不思議で綺麗な国なんだろうなぁ,と感じたのでした.外国人が日本旅行のビデオをYouTubeにアップしてるのを見ると特に新幹線とウォシュレット,東京の夜景で感動するみたいだしね.

今日はこんなところで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相変わらずのテレビ報道を見てフト思い出す

NHK-BS1でNFLのNFCチャンピオンシップを見ていたらライブドアの堀江貴文氏の逮捕の速報テロップが流れた.あービデオ再放送で取り直さなけりゃいかんなぁ,と思ったことはどうでもよい.この事件の報道を見ていると11年前のあの出来事がよみがえるのだ.

11年と6日前,阪神大震災が発生した.当時幸い私は徳島に住んでいたので被害は無かったが,関西の放送各局CM放送せず様々な情報を流していたことを覚えている.そのとき,東京から来た自称ジャーナリストの無責任な中継に腹を立てた.地震が発生した当日,元NHKアナウンサーでフジテレビ系のニュース番組でコメンテーターをしている某K氏が,当時の北淡町で潰れた家を前にし「この程度の被害で済んだからよかった(に近いこと)」を言ってのけ,唖然としてしまった.実はこのあたりのことも今となってはどうでもよい.

その2ヶ月後,3月20日に発生したのが地下鉄サリン事件.そうあのオウム真理教の騒動だ.その2日後カナリアをつれた警視庁の捜査隊が当時の上九一色村の教団施設,サティアンに入っていくという何ともいえない映像が思い上がってくる.当然この日から麻原が逮捕される5月16日までの間,テレビの報道・ワイドショーはオウム一色となった.

オウムが盛んにメディアに取り上げられていた頃,阪神大震災の復興はまだまだ行なわれていなかったのである.私は関西の放送を見ていたので,東京発の報道・ワイドショーと関西発のニュースのギャップに驚いたものだった.確かにどちらも国を揺るがす大災害と大事件だ.ただ,オウム報道に関しては行き過ぎたものばかりが印象に残ってしまって「そんなことを知ったところで何になるの」と言いたくなるようなものが多かったと思う.

話を現在に戻そう.ライブドア問題が発生したのは1週間前だ.そこからテレビの報道・ワイドショーはライブドア一色だ.思い出して欲しい,去年の暮にどのようなことがあったか.そう「耐震強度の偽装問題」だ.この事件,扱いが小さくなっているが,ちょっと待ってくれよ,こっちの方が人命に関わる事件だし,まだまだ未解決だ.これは置いておいてよいのか.と報道各局に言いたい心境だ.

昨年はホントいや~な事件が多かった.私の住んでいる大阪でも何件か殺人事件が発生した.でもそのあたりのことって少なくともテレビの世界ではライブドア事件の陰に隠れてしまっている.もっと報道各局に冷静な対応をお願いしたいけど…無理だろうなぁ….

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立花隆が探る サイボーグ医療の時代第2回 雑感

先週につづき立花隆のシリーズの第2回を見た.テーマは「脳をどこまで変えるのか」.前回にも増して強烈な衝撃を受けた.今回紹介されていたのは脳に電極を埋め込んで電流を送り脳を調整する「脳深部刺激療法」について.

まず出てきたパーキンソン病のケースに衝撃.仕事柄さまざまなケースのパーキンソン病の方に会ってきたが,コンピュータの電源を入れるだけで震戦・不随意運動が消えてしまう映像がまず信じられない.この映像を見てしまうと,脳神経系の疾患を持った方は多少のリスク(脳の奥深くに電極を埋めるため脳出血の危険は完全には避けることはできない)はあっても,この手術を受けたくなる気持ちは分かるなぁ.

ただ恐いところが2点.1点めは「脳のこの部位に電極を埋めコントロールすることで症状が改善するのは分かっているが,その理由は分かっていない」ところ.確かにパーキンソン病をはじめ脳神経系の疾患には原因が分かっていないものが多い.番組中にも言われていたが「脳深部刺激療法」は完全な治癒を目指すものではなく,あくまで「脳をコントロールする」治療である点.まぁ,患者さんにとっては電極を埋めた方が絶対に体には楽なので,QOLの向上には役に立つ治療法ではあるが….完全な治療ではなことはドクターが患者さんに説明してたけども,なんだかなんか場当たり的な感じはしてしまう.

もう1点は「脳深部刺激療法」で精神の病に関しても治療ができてしまいそうなところ.番組中では海外の事例で重度のうつ状態の患者に「脳深部刺激療法」を適用したところ改善が見られたということ.実際に治療前と治療後の映像が紹介されていたが,あからさまに表情や目つきが変わっていたから効果はあるんだろう.番組中では昔行なわれていた「ロボトミー」手術を引き合いに出して,精神の病への「脳深部刺激療法」が「第2のロボトミー」となりはしないか,との懸念が書かれていたが.うつ病の経験がある私なのだが,前回やらかしたようなかなりヤバイ状態でも,脳に電極を埋めてまで治療したいとは思わないなぁ.多分,性格は変わらないと思うけども.

人間の脳のことやそこに手を加えるのはどこまで許容してよいものか,私もよく分からないのだが,精神病にまで「脳深部刺激療法」を適用してしまうのは,ちょっとなぁというのが率直な意見.患者さんの気持ちになるとそんなこと言ってられないのだろうが.まとまらないけどこんな感じかな….

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立花隆が探る サイボーグ医療の時代第1回 雑感

先週11月25日に大阪府ITステーションであった展示会で,A社のIさんから「11月の初めにNHKスペシャルでやってた立花隆のサイボーグの奴見ました?」と聞かれたのだが,このような福祉用具関連の職種にいながらノーチェックだったのな.Iさんの話を聞くたけでもかなり興味を惹かれるものであったのだが….

このようなときに役に立つのがNHK-BS.日付変わって昨日12月4日(土),BS1で「シリーズ 立花隆が探る サイボーグ医療の時代  第1回 人体と機械の融合」が放送された.ラッキー!ということで今ビデオに録画しておいた内容を見てからこの記事を書いている.

第1回めのこの放送,出てきたのは簡単に書くと「筋電を検出して指の動かすことのできる超高性能筋電義手」「人工内耳」「機械の目」の3つ.「人工内耳」は実際に付けている方に会ったことがあるし,取り立てて驚くことは無かったのだが,「人工内耳」を付けた子どもへの言語聴覚療法の重要性がよく分かった.番組では5歳までに聴覚の訓練の必要があると行っていたが,よく言語聴覚士の方や聾学校の教師の方がいう「9歳の壁」までの訓練の方法がこれまでとはかなり異なるようになるのではないかと感じた.

「義手」が一番驚いたな.これまでの筋電義手は動きはかなり限られたものであったが,動きの細かさが桁違い!センサから筋電の特徴を読み取ってその波形から装着者が「このように指を動かしたい」と考えたとおりに指が動く優れもの!さらに,義手の指には感覚センサーが取り付けられており,装着者がどの程度にモノを触っているかの情報が脳にフィードバックされるようになっている.脳も学習するのだ.番組では「サイボーグ」という言葉を使用していたが,これはもう「パトレイバー」や「甲殻機動隊」の世界だ!そう感じた.

だって,今回紹介されていたのは人間サイズの義手だったが,筋電信号を捉えることができれば,パワードスーツみたいなものを作ることだってできるし,遠隔地(例えば原子炉や宇宙空間)にあるロボットを細かく正確に動作させることだってできるんだぜ.神経工学という分野の進歩によってこのようなことが可能となっている訳だが,非常に面白い.多分,私の勤める会社には義肢装具士が多くいるので,かなり興味を持って見た人が多いのではなかろうか?

「機械の目」はまだまだ発展途上な感じかな.音声と映像ではまったく情報量が違うからなぁ.ただ,近い将来この技術も実用化されるんだろうな.

とりあえず今日はここまで.来週も12月10日(土)22時10分~23時・BS1にて「シリーズ 立花隆が探る サイボーグ医療の時代  第2回 脳をどこまで変えるのか」が放映されるので多分倫理的な点などにも触れられると思われる.興味のある方,いろいろな意味で面白く有意義な番組なので見ては如何?

何か来週の方が支援機器やAAC機器に絡んできそうな気がするなぁ….まぁ,こんなところで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微妙にかぶってない…?

あ,テレビの録画予約しようとしてたんだけどね.

WOWOWとNHK-BS2なんか微妙にかぶってない?
しかもWOWOWの方,日本映画かと思えばそうじゃないし:).

あっ,いやそれだけなんですけどねぇ….

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「トリック 新作スペシャル」雑感

2日遅れでビデオに取っておいた「トリック 新作スペシャル」を観た訳であるが….先に書いておくが,恥ずかしながらトリックの第1~3シーズンのBOXと劇場版のDVDを衝動買いしてしまうマニアなのな,私は.で,そんな私の今回の感想….

 まぁ第3シーズンよりは面白かったかな
 でも「母の泉」編と「時間の穴」編に似てるのな~

どうしても深夜時代にやってた黒~いモノや後味が悪いモノを期待してしまうと駄目なんだけど,単純に小ネタ集としてみればまずまず面白かったとは思う.つか,あの毎回恒例の山田のモノローグ,あんな序盤で麿先生と大駱駝鑑という飛び道具を出すのは卑怯だわ:).微妙にニッチなところを不意に突かれて笑いが止まらなくなってしもたがな.

ということでストーリーについては第1シーズンの「母の泉」(菅井きんがビッグ・マザーやってるヤツ)と第2シーズンの「時間の穴」(銀粉蝶が占い師の吉子様をやってて伊藤俊人さんが出てたヤツ)を足して2で割って暗さを少し減らした感じかな.トリック自体が3シーズン,映画1本,すでにエピソード数が16もある訳で似たような話が出てくるのは仕方ないのかなぁ.相変わらず謎解きの部分は「チープトリック」な感じは否めないが,トリックはストーリーや(事件の)トリックにツッコミを入れながら観るのが私の流儀なのでよしとしよう.というか本格的なミステリーをトリックに期待しちゃだめ.そういう人は合ったドラマや映画を観て下さいませ,ってのがスタッフの考えだろうし,実際私もそれでいいと思うし.

あと,今回印象に残ったのは大和田伸也演じる福澤かな.上田がもっていくべきおいしいところをかっさらっていった感じである.山田については宇宙人で遊んでいるのがツボにはまった.上田は西村雅彦演じる大柴との空手対決が面白かったわ,なんでビールを手を組んで友達飲みしとんやと.矢部は出番少なかったけど第3シーズンの汚点(とまでいったら気の毒だけど)の菊池を殴ってくれたので許す.新しい矢部の部下,秋葉についてはまだこのスペシャルだけでは判断がつかない.使い方次第で面白いキャラクターになるとは思うが….ともかく山田を見て「萌え~」などというのはテレビの前の山田ファンに任せた方がよいんではないかな.念のために断っておくが,わたしゃ「山田萌え~」ではございませんので.

来年の夏に「トリック劇場版2」が公開ですか.随分スペシャルと間が開くのね.来年の主演2人のスケジュールからすると既に撮影は終わっているはずだけど,編集次第でかなり印象が変わるからな,トリックって.効果音の入れ方間違うと面白いシーンでもおもんない,なんてことになりそうなので,堤監督,きちっと映画にして下さい.

こんなところで!

追記:
私今31歳.「よっこいしょういち」「はらたいらに5000点」あたりの小ネタが分かるんですが…年ですかねぇ….

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに来た

昨日はキレてしまって申し訳ない.読み返してみるとちょっとはずかP.特に削除する気もないけど.昨日,本当に書きたかった小ネタを書いておこう.

ついにWOWOWのデコーダがやってきた.「ちょっと来るのが遅いかなぁ」と思い,WOWOWのサービスセンターに問い合わせて,宅配便の問合せ番号を聞き,ペリカンが目印の宅配やさんのサイトで確認した直後,ドアホンがなり配達員さんがやってきた.すごいタイミングだった.

早速接続接続.あそことあそこを繋いで,ビデオ入力にバックして…と.5分でできた,分かりやすいよ,デコーダの取扱説明書.その上でスクランブルを外すためにWOWOWにお電話.約30分後解除完了!画面に映ったのは「キレイ」の番組宣伝だった.これもすごいタイミング.まぁ,番組宣伝はノンスクランブルだからデコーダが無くても見れる訳なのだが,まいいでしょ.

とりあえず10月22日放送の「キレイ」は永久保存版で残すようにしようっと.こんなとこで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれ?信号来てる??

あんまり大きな声では言えないことなのだが「デジタル化・多チャンネル化,どうすりゃいいの?」の続き.

昨日10月1日の記事で書いたとおり引越先のマンションは昨日より入居できる状態になっている.実際,拭掃除をした上で何台かのPCやビデオデッキ,食器類は自分で搬入している.で,気になっていたことをテストしてみた.

そのマンション,CATV対応ってことになってて不動産屋さんにも「BSは付いてないんですよね」と確認を取っていたんだよ,事前に.でもマンション5棟うちアンテナが立っているのは1棟しかなく,そこには色んな方向に混じって取り付けられている地上波用のアンテナに混じり,やたらにデカイBSアンテナが付いていたのな.もしかして,その信号生きているんじゃないかと思ってたのな.そんなもんで昨日,つうか今日未明チューナ等を持ち込んで確認してみた.すると…

やっぱりBSの信号来てたわ.考えるに地上波が入りにくい故に「CATV対応」をうたっていると思われるが,実際のところさまざまな大人の事情というやつで「BS付いてませんよ」ということになっているのではないか,そう推察されるわけ.なんとかCATVに加入して欲しいのかな,などと勘ぐってみたりして.

正式な入居後にCATV業者の電波チェックとやらが必要らしいのでまだ油断できないのだが,あっさりとWOWOWには加入できそうな感じ.正式入居後速攻で契約して22日の「キレイ」放送に間に合わせたる,ってな意気込みなのである.

で,お話若干変わって今度はCSの件.前にも書いたとおり,CATVに加入しても,スカイパーフェクTV!110に加入してもお目当てのシアターテレビジョンは見れない訳よ.となると必要なのは普通のスカイパーフェクTV!用のアンテナとチューナのセットになるわな,これはレンタルで片付けようかなと.ということで,アンテナ方向をスカパーのサイトで確認してみた.

なにせ物件がかなり特殊な形状ゆえ,できることならテレビを設置するリビングから出ることのできるバルコニー(小)にアンテナを取り付けたいところなのであるが.この位置が非常に微妙….そのバルコニー(小),東南東方向が正面になる.もしバルコニー(大)がバルコニー(小)と面一の状態ならば,何の問題もなくアンテナ設置は可能.実際のところバルコニー(大)の方が若干東南東方向に突き出ているのだ.

で,スカパーのアンテナ方向確認地図でみても,階下に見えるCSアンテナを設置している家を見ても,バルコニー(小)の一番左側ギリギリのところに設置すれば,なんとか上手く行くのでは,と考えた次第.まぁ,最悪それで無理ならばバルコニー(大)の方に設置すれば何の問題も無い訳ではあるが,ケーブルの取り回しを考えるとなぁ,ちょっと辛いなぁ,なんて思ったりして.

今後も落ち着くまでこのネタでプッシュしていくつもりなんで,ヒマな方はお付き合い,ならびにご助言下さいませ.ということで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)