« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

ダン・ウェルドンの事故死に思う

人がいずれ亡くなることは必然だけど、今年は尊敬していた方や多くの有名人が亡くなって実は少しだけ落ち込み気味です。そして東日本大震災もあって多くの方が亡くなられましたし。今年ほど生と死を考える機会の多い年もないなぁ、と感じています。自分が自然にそういうことを考えるような年になってきたということなのかもしれません。

私の好きなモータースポーツでも今週悲劇がありました。インディ500チャンピオン、ダン・ウェルドンの死亡事故です。

ヨーロッパのモータースポーツがベースにある日本ですので、あまりアメリカのモータースポーツや選手のことが知られていないのが寂しいところですが、ウェルドン、素晴らしい選手です。アメリカのオープンホイールレースの最高峰、2回のインディ500チャンピオン(しかも直近の勝者)、1回のインディカーシリーズチャンピオンは輝かしい戦績と言えるでしょう。

正直なこと書くと、あのクラッシュ映像をみてしまうと亡くなったのがウェルドンひとりだったというのが信じられないほど酷いもので。何か質の悪い映画のCGのクラッシュを見たような気分の悪さを感じました。

来年からインディカーは新シャシーが導入されます。もちろん現状よりも安全性を高めることも考慮されているでしょう。ただ、市街地コース、パーマネントコースといったロードコースはいいんだけども、オーバルコース、特に1.5マイルを越えるような超がつくハイスピードオーバルの場合、多重クラッシュが発生したときの対策をどれだけ厳重に立てていたとしても限界があることを今回の事故が実証してしまったと感じます。

今回の事故は1.5マイルオーバルに34台のマシンを走らせたのが原因のひとつではありますが、台数を減らしたとしても確率が下がるだけでリスクの高さは変わりません。簡単に思いつく範囲だとコンクリートバリアの高さをあげる、コース距離に応じた参加台数に限定する、直接体に破損したパーツが当たらないようにする、このあたりでしょうが…。

キャノピーを付けたらいいという案も出ているようですが、それだとフォーミュラカーじゃ無くなる気もするし。オーバルのレースを無くしたらよいという意見も一部ありますが、オーバルの無いインディカーはもはやインディカーと呼んではいけない代物だと思いますし…。レギュレーションに関しては来シーズンが始まるまでに主催のIRL側にしっかりと作っていただきたいと思います

今はウェルドンのご冥福をお祈りすることが私にできることです。黙祷。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone争奪戦で考えたこと

ジョブズ氏の訃報があったので延ばしていたネタを書きますね。

親友2人はiPhoneを使用中。今回のauの参入に関して思うところがあるか聞いてみたところ、「むしろソフトバンクとauでサービス合戦がはじまるから歓迎」とのことでした。大人です。そんな私は完全に蚊帳の外にいるドコモユーザー。いいんです。Androidでがんばりますから~

それにしてもauの手のひら返しは凄いなと思うことも多く。リークに近い状態でiPhone4Sの販売を発表されてしまったり、何かの間違いで秋モデルをフライング公開してしまったり「何か裏の力が働いているのかいな~?」と邪推もしたくなる状況でしたよね。それにアレです…

アレだけ「Android au」などと、他キャリアのAndroidユーザから見たら「そのコピーはよろしくないんでない? 」というコピーを、今回のiPhone4Sの販売決定でサクッと、いやホンマにサクッと使用しない、ってのも何か逆にな、Androidユーザを軽~く敵に回したような気がしなくもありません。

私もいろいろなキャリアでiPhoneが使えた方が健全かなぁ、とは考えていますので今回の件はいろいろ思うところはあるものの歓迎の姿勢ではあります。

ガラパゴス・らくらく・AndroidスマートホンF-12Cユーザーからの呟きでした。今日はこんなところで!

追記:
iPhoneやiPad、iPodの新機種が出そうなときに、アップルの社員がバーに実機を忘れてくるのはもはや恒例行事なんですかねぇ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッツ!ブログの作り方!

出来心でつくってしまったブログ「KAMONOMANIA カモノマニア」なんか更新スタイルがこのブログと全然違うので、楽しいっちゃ楽しい。若干苦しいっちゃ苦しい。

正味な話、私は写真の超シロートなので写真ブログとは言え、それで押し切れるだけの力は残念ながら持っていない。で、ありがちではあるんだけども、登場してくれているカモ・アヒルなど鳥たちに突っ込むようなスタンスで、キャプションを入れるようにするんだけど、この付け方が難しい。こうなるのはよ~く分かった上でやっているから、楽しくて苦しいんですが。

1回撮影に行くと撮る写真は相手が鳥ということもあり約200~400枚程度。ここから使えない写真を削除して約100枚前後。ここから面白いネタに持っていけそうなのが少ないときは10枚、多いときで30枚くらい。この作業さえ終わってしまうとあとは瞬発力勝負で、短めの破壊力のありそうなキャプションを考える作業になるので、作成時間はそんなにかからない。

ただ、あまりにも枚数が多いこともあるし、何もないところからブログを作ったのでコンスタントに更新する必要があるため、時間のあるときに「ダーッ」と一気に記事を書いておいて、毎日午前0時に自動投稿しているのが今の状態。まーね、面白い写真がいつでも撮れるわけではないから、他のネタも持ち合わせておいたほうがよいんだろうけども、まだそこまでの余力というか備蓄はない状態なのでね。撮影に行くとき以外もコンデジを持ち歩いて、何かを狙うようなことをした方がいいのかなぁ、なんて考え中です。

楽しいことをするからには徹底的にやらないとね。そっかそういや来週はあのデカイあひるちゃんが帰ってくるのか…。生きているアヒルの方がかわいいのですが、何か気になるところではあります。

こんな感じで撮影と写真整理と記事作成に明け暮れた三連休でした。他にすること無いんかーい!ということで今日はこんなところで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

哀しくはない、ただ寂しい

この日がこんなに早くやってくるとは思ってませんでした。

まさかこんなにはやくスティーブ・ジョブズが亡くなってしまうとは…

私は別にアップルが特別好きという訳ではありません。天邪鬼なのでMac miniでWindows使ったり、G4Cubeを動態保存していますが。ジョブズやアップルが歩んできた道は非常に興味深いものがあるし、敬意を払うべきものであると考えています。個人的にはジョブズがアップルに復帰した前後の、あの混沌とした中からiMacやMacOS X、iPodが生まれ、虹色ロゴが消え、名機と迷機を生み出していた時期は、想像と破壊を繰り返していたようで、見ていてとても面白かったことを覚えています。

私は経営者としてのジョブズはあまり好きではありません。が、ジョブズの人に魅せる力や果てしなく高いプレゼンテーション能力はとても大好きですし、参考にしてきたことも多々あります。実際にYouTubeでジョブズのプレゼンテーションやスピーチを見ることができるようになってからは「どのポイントで大切なことを言うと人を弾きつけることができるか」「いかに興味を持ってもらうプレゼンテーションをすることができるか」、そんなことを考えつつ何度も何度も動画を見ていました。

何かうまくまとまりませんが、哀しくはないけど寂しい感じです。ジョブズのプレゼンテーション動画ではなく好きなアップルのCMを紹介してこの記事を書き終えたいと思います。


1984


iMac Colors

黙祷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テキストブログと写真ブログ考

今を去ること15年前、学生時代にはじめたWebサイト。最初は単純にHTMLをいじって大学のサーバにアップするところからスタートし、就職にあわせて当時のJustNetにお引越し。で、JustNetがSo-netに吸収される憂き目に合って、そのままURL変更。テキスト主体のページを更新しまくっていたけど、いろいろと作業がめんどくさくなってきてSo-netブログに自分のブログ「BLACKLAND's BLOG」を開始したのが6年前(それ以前のテキストも一緒に移設したので、過去記事がとんでもないことになっていますが)。これまでは基本テキスト主体のサイト運営しかしたことなかったのなぁ。

でも勢いではじめた水鳥を愛でるブログ「KAMONOMANIA カモノマニア」は、ほぼはじめてとも言える写真主体のブログになるんでしょうね。

従来のテキストブログでもいくつか写真ブログのようなことをやっていたので、何とかなるやろうなぁ、とはうっすらと感じていたのですが、頭の使いどころがかなりことなりますな。

過去がどうであったかは別にしてテキストブログを書くときは、ものすご~く最初に書くことを考えておいて、「できた!」という段階で一気に書き上げるというスタイルで記事を書いています。書く時間自体はそれほどかかりません。事前に考える時間はかなり必要カモカモ。競馬に例えると「いい脚を長~く使う」感じでしょうか

で、写真ブログの場合は使う写真を選ぶところからはじまって、その写真をちょこっとだけ加工して、アップして…ここまで書くと時間かかりそうなんだけど、実はあんまりか掛かってないのね。問題はここから。時間は掛からないけど面白さ・かわいさを出すためにキャプションを入れなきゃいけないわけです。これが瞬発力を求められるんですよね、想像以上に。いちいち競馬に例えると「瞬発力のあるサンデー産駒的」とでももうしましょうか…

…競馬の例え、どーでもいーですね。

どちらも常に模索してブログを書くことは続けていくつもりなので、変化が見られることも多いかと思います。基本自分が楽しけりゃいいんですが、その楽しさを共有するためには工夫が必要ですからねぇ。Let Me Entertain You!

こんな感じで経験値をさらに高めて仕事に活かせる…のかなぁ。Web上で楽しい雰囲気作りや説得力のあるサイトの作りを実現させるための「参考」にはなるような気はするけども…

ということで、今日はここまで~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カモ・アヒルブログはじめました!

このブログのカモ・アヒル記事が浮いているので勢いで作ってしまいました!

 KAMONOMANIA カモノマニア
 http://blog.livedoor.jp/kamonomania/

かわいけりゃ、それでいいのさ~。

こっちのブログはいつものように気の向いたときにジャンルが無さ過ぎな感じで更新していく予定です。皆さま、よろしく。

事務報告的ですな~。今日はここまで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »