« 当社比200%くらいのデザインセンス | トップページ | 夢運び人 »

アヒルのわにべーが語ります

どうも、昨日からアヒルになったわにべーことくろしまです。この文章、日本語的にむちゃくちゃでござりますがな。

元々「ひよこかわいい」「ウズラかわいい」「アヒルかわいい」「鴨かわいい」「ウサギかわいい」「ハムスターかわいい」「ネコかわいい」「イヌだけはこわい!」なかわいい物好きの男でございます。あの少女マンガの名作「ガラスの仮面」は当然大好き(はぁと)。文庫本コンプリートでございます。男性っていがいと乙女な人がいますが、もしかしたら私はそれに該当してしまうのでしょうか?「かわいいもの好き」なのは同僚にバレはじめてるし…つか別に隠してないし。

ま、こんな他愛の無い話はここまでにしておいて。

今年の2月に虹色ぽりぐらふから離れて、され何するべかといりろと考えていたんだけども、ま、いろいろと楽しんでますし、楽しめそうです。自分自身がはじめたカメラは「あ、こないなことできるんや!」と驚きの連続で、カメラを使いこなすというよりは、カメラに振り回されている感じです。でも、かなりおバカな写真が撮れるのが楽しいよねぇ。もうちょっと技術を磨こう。

デジカメだけじゃなくビデオカメラもかったんですけどもね。理由はあれね、自分の一人芝居を自分で楽しむ…もとい何かの方法で公開するってヤツね。物書きに憧れた旧友と芝居大好きのその同僚といろいろと暗躍中。どうなるか、正味自分でも分かりません。

変わってお仕事の方。

夏で体力消耗が激しいので、無理はしていません。どうしても無理をする必要があるときは、その後よ~く休んで自分にご褒美を上げるタイプの人です、私は。このごろはしっかりと優先順位をつけて、淡々とこなしていることが多いです。ある目標に達する道は何本もあって、それを自分達でえらんで改良してゴールに向かうんですよね。そういう自由度は結構高い。そのためにいろいろと外部の業者さまや社内の同僚のみんなといろいろ考えて、ブレインストーミング的にものを出し合って、チームみんなでプロジェクトを前進させるのは、楽しいですね。

今だから笑って話せるけど、体調を壊していたときはホントつらくてね。仕事に対する理由を考える余裕は無いし、もし考えてもネガティブ方向にしか思考がいかない状態でね。そんなんが数ヶ月続いてパタン…今ならコントロールできるんだけどね、抱え込むこともないし、同僚からいいアイデアを沢山もらうこともできるし、お返しで自分の得意分野の業務をお手伝いすることもできるしね。

人に必要にされるって、こんなに幸せなことなんだ、と、最近よく思います

今日はこんなところで!この感じを戯曲で表すと…

十一人の少年

十一人の少年

  • 作者: 北村 想
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 1983/08
  • メディア: 単行本

これかな。北村想さんの「十一人の少年」。ビデオでだけども、学生のときに観た印象、会社員になったばかりの頃に観た印象が全然違うのよね。おっさんになった今、どのように感じるか、また機会を見つけて観てみるのもよいかもしれませんね。

|

« 当社比200%くらいのデザインセンス | トップページ | 夢運び人 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/52305277

この記事へのトラックバック一覧です: アヒルのわにべーが語ります:

« 当社比200%くらいのデザインセンス | トップページ | 夢運び人 »