« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

ネコとお空とイノシシと

前の記事で「ネコ派ではない」と書いたのに…


にゃ~

土曜日に勢いで丹波篠山方面に出かけ、何となく数字のつく市のソフトクリームの美味しいコンビニで出会った茶トラさんです。写真撮ってたら中から店員さんが皿にカリカリいれて出てきて…


あーカリカリがうまい

飼われているのかなぁ、と思ったのですが、耳の先っぽにカットが入っていたので去勢が終わった野良ネコさんのようですね。ほのぼの。

ここのところ週末に写真を撮ることが多いのですけども…


まつぼっくり

あーこれは実は先週奈良の日本最古の木造建築物でも写真にとるか~と出かけ、なんと閉館時間が過ぎてしまいしゃーなしに勢いでとった「まつぼっくり」。まつぼっくり、なんかかわいい。


何とも言えん空模様…

丹波篠山へは道中ゲリラ豪雨、略してゲリ豪に会ってもうすっちゃかめっちゃかでしたが、何とか篠山城跡に辿り着きいろいろと撮影。天守跡から周りの風景を撮ってみたのですが…雲の感じがこれまた微妙でして。で、帰りに歩いて駐車場に戻っていると。


何かいる!

篠山にこのクリーチャーは秘境…卑怯だわ:D。面白かったからいいけども。実は最初私達が「あ、あれ何か城跡っぽくね?」とおもっていたのは、実は神社でございました、と。


こんもりと神社

意外と洒落んなってないぞ、この石段。さすがによく登りませんでした(つか駐車場締め切り寸前でしたっし)。

大阪から近所でも結構いろんなものありますなぁ。次は何撮ろうかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イヌ派でもなけりゃネコ派でもない。ましてやタカ派やハト派でもございません!

イヌ派?ネコ派?」と聞かれると、以前はネコ派(ただしアレルギーのため飼えない)と答えていましたが、今はこのブログの状況が示すとおり、

カモ派・アヒル派(カモ・アヒル共闘戦線放し飼い派)

ですかねぇ。残念ながらハト派(くるっく~♪)やタカ派ではありません。水鳥が陸地に上がっているのを見るとね、和むんですね。これはもう仕方ないかと。だからガチョウハクチョウも好き。あ、ウズラは好き、ニワトリもきらいじゃない。キジ目のものはOKっぽいんでクジャクキンケイギンケイなんかも多分大丈夫。

シチメンチョウホロホロチョウはちょっと恐いかも…。でもカモ目でもバリケンさん(なんか通天閣にいそうですが:D)は赤ら顔が恐いカモかも。
らいちょうはさむかろ らりるれろ
ライチョウは何とキジ目らしい。す~ん。

コトリだとなぁ。ベタだけどスズメツバメはかわいいよね。スズメのきょとん感とか頭が丸いところとか、ツバメの雛の「お前アゴ外れとるぞ!」の状態とか燕尾のところとかいいですよね。ちなみに私、スワローズファンですが、ここのところのつば九郎のアホさ加減というかエロさ加減というか「この(中の人)変態!」なのがいかがなものなんでしょうかねぇ。現在1位なのに心が晴れないのはそのせいか…そんなわきゃね~!

インコオウム系はどうも苦手。何か自分みてるみたいで腹立ちそうで。ただ最近私は近くにオウムがいると頭の中にすりこんでおいています。汚い言葉つかうとオウムが覚えてしまうでしょ、そんなの自分もイヤですし、オウムもかわいそうですから。きれいな日本語を使いましょう。

飼い鳥ならばこれまたベタですがブンチョウとかジュウシマツとかカナリアがかわいいですかねぇ。丸っこい鳥さんたちですね。手乗り文鳥には憧れます。それとは別に鷹狩りのときに手をタカを止まらせるのも1回くらいはやってもいいと思いますが、何か2回めがある気がしません。あ、あとダチョウを飼って競ダチョウをやってみたい気もしますが、いろいろと問題山積なのでやめておきます。でも「食ってみたいぞ、ダチョウ肉!」

かなり鳥談義が続きましたが、ホントはネコの動画を紹介したかったんですけどねぇ…。もう1本分書いちゃってますね、これ…ま、いっか次の機会で。

ということで今日はこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいいような、恐いような…

カメラを買ってから会社のパソコンの壁紙を、たまたま面白い写真が撮れた深北緑地の鴨池(深野池)在住のアヒルにするほど、カモ系のものにはまっているのですけどもね。

会社から帰ってくると、まずパソコン立ち上げて、メールのチェックも程ほどにカモ・アヒル・ガチョウ・ハクチョウあたりで検索して、見っかった画像や動画を眺めて、かわいいなぁと思ってしまうんですよね。アラフォー男が。

こんな感じなので、この暑い中近畿圏でアヒル・カモの写真を撮れるところを物色していたんです。難しいですよねぇ。だってカモ、冬鳥ですもん。冬になればもっと増えるだろうと、今から楽しみにしています。と、なるとアヒル・カモが飼われている、住み着いている公園を探すのが手っ取り早いかなと考えました。そう!そう言えば神戸花鳥園があるよなぁ、てなことになってサイトを見てみたのですが、中庭池に行くと何か凄いものが見れるらしいZoe!


珍しい?!カモとコイのすごい食欲!

…あのね…「ヒッチコックか!!

ネタはこれくらいにしておいて、かわいいオシドリの雛の記事があるのでリンク張っておきます。
オシドリ ~何羽いるかな??~
はぁ、こんなかわいい雛の写真、安らぎ和みまくりだわ~ぁ。アラフォー男が。

何か施設でも公園でもいいから水鳥系(アヒル・カモ・ガチョウ・ガン・ハクチョウなど)やキジ系(ニワトリ・ウズラ・シチメンチョウ・ホロホロチョウなど)が放し飼いにされてるところ、近畿圏にないですかねぇ。私も調査します。何か良い情報がある方、お教えくださいませ。

今日の2本めはこんな感じです。「もし田舎に帰ったらしたらアヒル飼うんだ!」えーと戦争映画によくある(わけがない)フラグでした。では~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢運び人

今日考えたことなのですけども。

これからは私は「夢運び人」を目指します。ずいぶんと「ふんわり」とした言葉ではありますが…。考えていることを具体的な形にしてお届けする、そんなことです。

ふとした拍子にこのことを思いつきまして。仕事でも趣味でもどちらも同じ。お客さまの頭にあるものを、自分の中で消化して、形にする。何か楽しそうじゃありません?

もちろんね。何をするにもしんどい場面はあるんですよ。できればその向こうにある幸せを考えながら、楽しく厳しく生きていこうかな、と。ふんわりとはしていますが、大丈夫、自分の中では整理付いていますから。

というわけで。いろんな夢をお届けする「夢運び人」になります。今日はこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アヒルのわにべーが語ります

どうも、昨日からアヒルになったわにべーことくろしまです。この文章、日本語的にむちゃくちゃでござりますがな。

元々「ひよこかわいい」「ウズラかわいい」「アヒルかわいい」「鴨かわいい」「ウサギかわいい」「ハムスターかわいい」「ネコかわいい」「イヌだけはこわい!」なかわいい物好きの男でございます。あの少女マンガの名作「ガラスの仮面」は当然大好き(はぁと)。文庫本コンプリートでございます。男性っていがいと乙女な人がいますが、もしかしたら私はそれに該当してしまうのでしょうか?「かわいいもの好き」なのは同僚にバレはじめてるし…つか別に隠してないし。

ま、こんな他愛の無い話はここまでにしておいて。

今年の2月に虹色ぽりぐらふから離れて、され何するべかといりろと考えていたんだけども、ま、いろいろと楽しんでますし、楽しめそうです。自分自身がはじめたカメラは「あ、こないなことできるんや!」と驚きの連続で、カメラを使いこなすというよりは、カメラに振り回されている感じです。でも、かなりおバカな写真が撮れるのが楽しいよねぇ。もうちょっと技術を磨こう。

デジカメだけじゃなくビデオカメラもかったんですけどもね。理由はあれね、自分の一人芝居を自分で楽しむ…もとい何かの方法で公開するってヤツね。物書きに憧れた旧友と芝居大好きのその同僚といろいろと暗躍中。どうなるか、正味自分でも分かりません。

変わってお仕事の方。

夏で体力消耗が激しいので、無理はしていません。どうしても無理をする必要があるときは、その後よ~く休んで自分にご褒美を上げるタイプの人です、私は。このごろはしっかりと優先順位をつけて、淡々とこなしていることが多いです。ある目標に達する道は何本もあって、それを自分達でえらんで改良してゴールに向かうんですよね。そういう自由度は結構高い。そのためにいろいろと外部の業者さまや社内の同僚のみんなといろいろ考えて、ブレインストーミング的にものを出し合って、チームみんなでプロジェクトを前進させるのは、楽しいですね。

今だから笑って話せるけど、体調を壊していたときはホントつらくてね。仕事に対する理由を考える余裕は無いし、もし考えてもネガティブ方向にしか思考がいかない状態でね。そんなんが数ヶ月続いてパタン…今ならコントロールできるんだけどね、抱え込むこともないし、同僚からいいアイデアを沢山もらうこともできるし、お返しで自分の得意分野の業務をお手伝いすることもできるしね。

人に必要にされるって、こんなに幸せなことなんだ、と、最近よく思います

今日はこんなところで!この感じを戯曲で表すと…

十一人の少年

十一人の少年

  • 作者: 北村 想
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 1983/08
  • メディア: 単行本

これかな。北村想さんの「十一人の少年」。ビデオでだけども、学生のときに観た印象、会社員になったばかりの頃に観た印象が全然違うのよね。おっさんになった今、どのように感じるか、また機会を見つけて観てみるのもよいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当社比200%くらいのデザインセンス

私に当社比200%くらいのデザインセンスがあればなぁ。

Web系のことをいろいろとやっていると自分のデザイン力の無さに愕然としてしまうことがあって。元々、というか今でも一応管理している自分のWebサイト(オープンが1998年の11月だから今年で13年かぁ…)も、テキストベースのページだから、まぁそこまでデザインにこだわらなくていいか、見やすいのが一番でしょう!の結果がコレなもんで

一時期あまりの惨状にスタイルシートを導入したんだけども、これがまたうまく使いこなせんのじゃが。自分で一から作ったスタイルシートだと、見栄えはともかくとして(ここが大問題なんだが:D)、使いこなせるのよね。最近いろいろあって会社のWebサイトをいじることも多いのですが、人が作ったスタイルシートを使うというのが、コレほどまでに大変か…と感じることも多くて。かといってWeb関連の業務にばかり集中はできないので、細かいところにまで解析できていない状況でありまして。

幸いなことにウチの会社にはWebのデザインに関しては私より数十倍の能力のある人が二人と凄腕デザイナーがおりまして、そのお三方の力をお借りしつついろいろ、あーでもないこーでもないと細かい改良を加えていっている次第。Tさん、Yさん、素敵な材料を作ってくれるSさん、ホントにありがとうございます。皆さんの協力なくしてWebの業務は前に進みません。助かります。

こんなもんなんでね。もうね、自分に渇を入れよう!という気持ちで買ったのが実はカメラ。もちろん楽しむのが一番よ。でも、写真を真面目にとろうとすると構図とか考えるじゃない、光線の具合とか。そういうセンスを磨きたい、ってのもあって勢いでカメラを買ったんですよね、ペンタックスのK-r。静物であれば、構図は考え抜くと作れるような気はしています。芝居や映画は人より多く観てきたつもりだし、実際に関わってきたことも何十回とあるから。それも構図が演出の要になる影絵劇や理にかなった構図を作る金子さんが演出をしている虹色ぽりぐらふでお世話になったから…

なので静物は時間をかければ何とかなるかなぁ、つう感じ。問題は動体よ。

日曜日にカメラ好きの友人とこの季節に開催していることが珍しい京都競馬場にいきました。馬券の成績は聞かないでください。それはそれで凹むけども、それ以上に凹むのが、全然馬がうまく撮れへんの!最初マニュアルフォーカスでがんばったけど、どんどんピントがずれていくし、オートフォーカスにしたら突然ラチにピントがあって自分ひとりでパニくってるし。絞りを調整してみたら「ここは雨か!」ってくらいに暗くなって、シャッター時間を微妙にのばしすぎて馬は黒つぶれ、らちは白飛びの素敵な写真が出来上がるわで。これは慣れと勉強だねぇ。馬はねぇ、まだコース走ってくれるからいいけどねぇ、その他の動物系はねぇ、鴨を除いて大変そうよね。

だからぁ、面白いんですが!!鴨~寝起きアヒル~!

寝起きアヒル

現在「カメラを使ってデザインセンスを磨いてみようプロジェクト」が私一人の中でめらっさめらっさと燃えております。興味がある人、声かけてね。

今日はこんなところで!

追記:
実はそれとは別のプロジェクトが…ホントにあるんだけど…そのために勢いでビクターのEverio GZ-HM350も買って自分に追い込みを掛けているんだけども…。それを晒すのはまだまだ先かな。しばらく潜伏~と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お外は「台風クラブ」

台風が来るかもしれない前の日に必ず書いているのですが…

 「外は台風クラブみたいになってきています!」

雨に関しては昨日の方がよっぽど台風っぽかったけど、風はここからが本番。
皆さま、気を付けて!

そんな感じで「台風クラブ」でググったところWikipediaに該当項目を発見!以前は無かったような…。知らなかった事実がいろいろあるようで興味深いです。相米慎二監督が好きな方は一度ご覧あれ。

 台風クラブ

この映画のオープニングが好きなんですよ。この後起こる、誰もが経験する、でも誰もが経験できない少年・少女時代の一夜の混乱を予兆してて。


台風クラブ(オープニング/暗闇でDANCE(バービー・ボーイズ))

あーここで切れてしまうのか!この後の三上と清水が夜の街を疾走しているシーンも好きなんだけどなぁ。あと、もう1つ挙げるとこの映画の太田中学校演劇部最後の公演シーンも好きだけども…ま、いろいろあって(一応関連映像の中にあるっぽい…)。好き嫌いがハッキリ分かれる映画ですが、興味のある方はご覧くださいまし。

台風クラブ [DVD]

台風クラブ [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD

なお「台風クラブ」はそれなりに評価され映画の賞もいくつか取っている作品ですので、比較的多くの方がご存知かもしれません。んが!私が一番好きな相米作品は、

 ションベン・ライダー

です。一応Wikipediaの該当項目のリンクにリンクを張りましたが、読んでも分からないと思います。「百聞は一見にしかず」ということで作品をご覧いただくのがよいのですが、観たあともっと分からなくなる可能性が非っ常に高いです。感覚を研ぎ澄ましてみると涙が出てくるんですよ、「台風クラブ」も「ションベン・ライダー」も。

ションベンライダー [DVD]

ションベンライダー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ファイブエース
  • メディア: DVD

ということで今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨な昼下がり(2011年夏編)

所用でお休みをいただいて、大阪市内までチャリでひとっ走り。その後、午後から深北緑地の鴨池(深野池)に行って写真撮ってきました。当然、鴨です。

やっぱり鴨も暑いんでしょうねぇ。池から上がって、ベンチの下の日陰のところで6羽ほど涼んでいました。というか、溶けていました。

鴨さんベンチ下に避難中

寝アヒル

暑い鴨

しゃべる鴨

アヒル起動!

まったり。でも私の腕は日焼けで真っ赤!いい気分転換でした。今日はこんなところで。

おまけというかむしろ本編?:
鴨の目線の写真が撮りたくて妙な格好、なんつーかその二眼レフを持つような感じで、ファインダーも見ずに強引にシャッターボタンを親指で押しまくって写真を撮ったところ、こんな変なのが撮れました。あとでパソコンで写真みてひとりで笑い転げてました。こんなん。
頭の羽毛を撫でてやりたくなる鴨
あー。こういうときにバリアングル液晶とかアングルファインダーを使うと便利なんでしょうね。といらない知恵と知識がなんかお初な感じでおもしれ~!…さて、次は何撮りましょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音と光

音と光だったらどっち。

いきなりよく分からないところから入りました。音響と照明ってことで考えていただいてよいです。私、どちらが得意なのかと聞かれると、音の方なんですよね。単純に音響に関しては自信あります。人形劇でも選曲担当したことあるし劇団でもオペ担当したことあるし。特に選曲方法はかなり叩き込まれたところがあるので、苦手なタイプの音楽であろうとつかいこなす自信はあります。

光の方はねぇ、正直苦手。光学関連の知識それほど持ち合わせていないですから。人形劇用の調光卓は作ったことあるけど、これは光学関係ないでしょ。影絵劇の背景作ったり、照明オペしたことあるけど、これも本格的なものではない、と。

大阪で2年間芝居に復帰して「あ、やっぱりオレって音響型の人間なんやな」って結構感じました。音響さんの言っていることはほぼ理解できるんですよね。専門的な勉強は一切していないけど(その分は他の趣味でカバー)。照明さんの言っていることは、分からなかったメモして暇なときに調べる、とかそんな感じです。多分、今このときも。

それでも前よりは詳しくはなったかな。でもなぁ、もしよ。自分が何かの折に音響や照明をプロに依頼する機会があったとしてよ。音響さんとは対等に話せるけど、照明さんとは難しい気がするのよね。音響プランは立てることできても、照明プランは立てることできないですし…。この辺のことが自分のやりたい芝居をしたいと思っていても、一歩どころか百歩は踏み出せない理由のひとつなんですけどもね。

 …待てよ…音の方が得意で光が不得手?

実は今ハマりつつあるカメラって、ホントはオレ向きではないの…あ、考えるのやめとこ。せっかく踏み出した一歩だから楽しんで撮りまくろう!今日はこんなところで。

追記:
カメラの一眼レフのシャッター音は素直に気持ちよいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捨てられない、止まらない

私が何かに熱中しはじめると結構危ういのですが…

カメラを買ったのもそのひとつで、いろいろとヤバげなすなんです。とある知人から「*ist DL2のダブルズームキット、あまり状態よくないのが使ってないのがあるけどいる?」みたいになって、これも勢いで手に入れてしまいまして。で、その後「なんでこれあるんやろ」と思いつつ、いろいろなクリーニングをして問題なく使える状況になったのが、昨日。もうね、私は「捨離断」という言葉を知らんのか?ってところでして。エアダスターとブロアー大活躍!

自転車(ロードバイク)乗って撮影に行こうとすると、さすがに小型とは言え一眼レフ2台はかなりツライ。となると、やっぱり持って出るのはK-rとOptio RZ-10になるんですよ。これはまぁ良い。問題はその前にメインで使っていたCAMEDIA C-3030ZOOMをどうするんや、ってなところですが、ボロボロになるまで使って結構愛着あるので、捨てられないんですよね。これが。うまく使えばRZ-10よりいい仕事することあるんだもん、300万画素でも撮像素子がでかいから。ま、持って行きませんでしたが。

…とこうして捨てられなくなる症候群が始まるのです。

どちらかというとパソコンの類を何とかしろよ、というところなのは百も承知でございます。これだけはもはやどうにもできないような気がします。また弄り始めたら止まらんよ~、確実に。何に使うのかは別にして…。もはや手段が目的とはまさにこのこと。究極の自己満足。この当たりのことはしばらくフリーズドライにしておきます。

梅雨も明けたことですし、今は夕立で外でざんざか雨が振ってますけどね、そろそろいろいろ写真を楽し~くでも真面目に撮っていこうかなぁ、とも考えているところです。芝居ほど入れ込めるかどうかはまた別。でも芝居や音楽の経験も活かせるような面白い写真を撮りたいですよねぇ。いっぱいとって自分のスタイルを作るしかないんでしょうな、このあたりは。

そうそう土曜日、深北緑地で鴨でも撮ろうと夕方に出かけたら、暑すぎて鴨とあひる、草原の中から出てこんのな。ガチョウはどこに行ったのか分からんかったし。白鳥2羽は暑さでぐったりな感じで写真撮るのもかわいそうな感じで。溶けそうな白鳥、初めて見ました。あれですね、やっぱり鴨系とるなら冬なんでしょうねぇ(冬鳥なんだから当たり前か…)。

なんか部屋の中に秘密のまま終わるであろう秘密兵器が大量にあるわにべーでした。今日はこんなところで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅田っていつまで工事やってるんですかねぇ

ここのところWeb関係のことでも、これまでと違うことをすることもあり本を買いに梅田へ…というのは半分ウソでせっかくなので写真を撮ってみようかとお出かけ。その前に髪をカット。梅雨が明けて暑苦しいので久々に短めに。ワックスか何かで固めないと、逆に落ち着かない感じです。

その本はですね。10冊くらいバラっと読み比べて「あ、これが一番分かりやすくて良いかも、発行日も新しいし…」ってさくっと買いまして。ついでにヨドバシのケータイコーナーで次買う予定の端末はまだモックもないよねぇって確認して、カメラコーナーに行っていろいろなものを弄繰り回して遊んで、ヨドバシのカードのポイントをWebでも確認できるようにアクセスキーとやらを発行してもらって。しかし今日はめさ混みでした。やはり外は暑い、地下街も微妙に暑い、駅の中は節電で異様に暗い、そんな感じなんで涼みに来たんでしょうかね。ヨドバシに。

で、外に出て「空が高いわぁ」なんて思って写真に撮ろうとしたところ大事件発生!何とK-rの中にSDカードが入ってねー!ま、そこは落ち着いてサブで持ってたRZ10のカードを差し替えて事なきを得たのではありますが(ホントか?)。

梅田の北ヤードをゴリゴリやっている現場でございます。要はヨドバシの隣です。

梅田北ヤード

それにしてもあの辺、いつになったら工事が終わるんでしょうか?何かいつ行ってもクレーンがにょきーんと生えている気がします。そら梅田もどんどん変わるわけです。

ついでに大阪駅~北新地駅近辺のカメラ屋さんを何件か観に行って、フィルムの一眼レフのカメラを持った女子を見つけて「あ、ホントに世の中にカメラ女子っているんだ!」と再発見いたしました。フィルムのカメラか…エライことですね。

と、こんな平和な暑い一日でした。そうそう、結局梅田を歩き回っただけで、食事はせずに住道駅近辺の某百貨店の中にあるうどん屋さんに行きました。あんな至近距離に香川に店があるうどん屋さんがあるとは…不覚。今日はこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うどん人

朝、家を出て空を見て「あ、これ梅雨明けたかな?」と思っていたら、やっぱり!いや季節の移ろいを肌に感じるのはなかなか良いことです。

しかしアレですね。これだけ梅雨明けが早いと「あー香川の水は大丈夫か」と思うのが香川人の定め。気になって四国新聞のトップページを見てみます。えーと、今日の早明浦ダムの貯水率は98.1%と…。今年はうどんを締める(茹でるではない!)水が足らなくなることもないかと、ほっと一安心。

冷凍うどんでも買ってきて創作うどんでも作ろうかね。ホントに暑いし。あーでもこれだけ暑いと逆に熱いうどんも乙なものかもしれませんね。西の名店「柳川うどん」のかけだしとつけだしが欲しい!そろそろ「『冷やしかけ』はじめました」かなぁ…

出来心で「柳川」のだしが通販で手に入らないかと検索してみっかったのがこんなブログ。

 営業部うどん課 柳川うどん店へ

!…あーもう食いたくなってきた。マジで。柳川タイプのだしが絡んで、少しだしをすった、軟いタイプのうどん、香川では減ってしまったよなぁ。西讃に何件かしか残っていないような気がします。このコシはないけどやわらかい、上のブログの言葉を借りると「ほっとする」うどん。はやく食べたい。

ということでうどんの味を反芻して楽しんでみました。というかむしろ苦行でした…。では~。

追記:
「大喜多うどん」の気合の入ったうどんも…あーだめだやっぱり反芻してしまう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「にゃあ」な写真

にゃあ!

ネコやイヌの写真を見ると和むのですが、飼うことができません。マンションだからってワケだけではなく、そもそもがネコに触ると目がかゆくなって、しばらく鼻水が止まらなくなる、イヌは昔野良犬に咬まれたことが軽くトラウマになってどうも…。豆芝だろうとパピヨンだろうとポメラニアンだろうとチワワだろうと恐いものはやっぱり恐い。かわいいのに。

日曜日、写真でも撮ろうかと準備して外に出たところで雨が降り始めました。「せっかく準備したんだから何か撮ろう」と思って周りを見たところ、マンションの敷地内にネコが1匹。どうでもいいのですが、うちのマンションやたら野良猫多いです。あ、それとマンションの向かいの床屋さんで飼われているラブラドールレトリバーさんとサバトラネコさんはやたら仲がいいです。

そんなこんなで慌てて写真を撮りました。どこで設定を間違ったのだか、K-rの方が連射モードになっててちょっと焦る。走っている馬とか飛んでる鳥を撮るにはよさ気ではあります。で、K-rとOptio RZ10でそれぞれネコを撮ってみました。白茶トラのネコさんです。上がK-r、下がRZ10です。なんかネコさん臨戦モードっぽい。

白茶トラのネコさんK-r

白茶トラのネコさんRZ10

何か上のはネコじゃなくって横の生垣に焦点が合っているわ、下のは微妙に手ブレっているわでいろいろと凹みます。だって、慌ててとったんやもん、しゃーないやん!…もっと写真のこと勉強します。しょぼーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »