« キーボードと自転車と… | トップページ | 何もしないと… »

ドラムでテンションを上げよう!

昨日ちょっと寝つきが悪く、朝テンションを上げるためにYouTubeでドラム関連の動画を見ました。

あ、今日は「バリアフリー2011」で写真を撮りまくったのですが、それが使われるかどうかはともかく、多分会社のブログで報告があると思います。

ということで、ドラムの動画(というか演奏)ですね。いろいろな上で雲の上の人、キース・ムーンとジョン・ボーナムが私のアイドルなのですが、「ドラムの音」だけを聴くと、それはそれで新たな発見があるというか、あらためて凄さを感じたというか…

例えばコレ…

The Who(Keith Moon) / Won't Get Fooled Again(無法の世界)
The Who(Keith Moon)/Won't Get Fooled Again(無法の世界)

シンセ音に合わせてドラミングをしているのは、キースにとって凄くシンドイというのはよく分かるのですが(実際に意図しているかどうかはともかく、走ったりもたれそうになっている)、特徴でもある強烈なキレ味のフィルインで音を埋め尽くしているのが印象的です。こういうドラムが好きな方は、関連動画にある“Going Mobile Isolated - Drums”を聴くと幸せになれます。ちなみに「無法の世界」後半のドラムパート前の無音部分は仕様です。原曲を聴いたことある方なら分かるかと思いますけども。

ライブになるとこれがまた味があってねぇ。バスドラのタメと間奏の揺れるようなタム乱れ打ちがもう色気たっぷりで…

The Who(Keith Moon) / My Generation(Live at Leeds)
The Who(Keith Moon) / My Generation(Live at Leeds)

えー気分転換、エルトン・ジョン。映画「Tommy」の“Pinball Wizard”です。

Elton John / Pinball Wizard
Elton John / Pinball Wizard

なんだかいいわぁ、バカで…閑話休題。ボンゾいきましょ、ボンゾ。

Led Zeppelin(John Bonham) / All My Love
Led Zeppelin(John Bonham) / All My Love

生前最後のアルバム「In Through the Out Door」収録の“All My Love”のアウトテイクということらしいのですが…この曲、シンセ音ではじまる静かめのゆっくりとした曲なのに。何、このフルパワー!体の底から捻り出している感じですよね、唸ってる声も聞き取れるし。ちなみに実際に使われたテイクの演奏も聴いたことありますが、やっぱりフルパワーです。凄すぎる。それはともかく、バックの写真のツーバスのボンゾが危険すぎるわ!(事実ジミー・ペイジに隠されてやむなくワンバスで演奏していたらしいし…)

最後はドラムのテイクという訳ではなく、ボンゾさんが大暴走するとこのような演奏になる、というライブでの事例です。曲は「Presence」から“Achilles Last Stand(アキレス最後の戦い)”。

Led Zeppelin / Achilles Last Stand(アキレス最後の戦い)
Led Zeppelin / Achilles Last Stand(アキレス最後の戦い)

もうね、凶器ですよ、このドラムの音は。途中のスネア連打部分なんかマシンガンですよ、マシンガン。それについていく他の3人がある意味もっと凄い…。スタジオテイクも迫力あるけど、コレ聴くとどう考えてもこちらの方がエネルギーもテンションも緊張感も高いわ。

また、眠れなくなりそうなので、テンション下げるようの曲を聴こう。ということで今日はここまで。

|

« キーボードと自転車と… | トップページ | 何もしないと… »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/51405696

この記事へのトラックバック一覧です: ドラムでテンションを上げよう!:

« キーボードと自転車と… | トップページ | 何もしないと… »