« 仲間を信じて突き進みたい | トップページ | Web関連のお仕事のまとめ(110201) »

「時間が無い」はダメ~!

どんなことをするに置いても、「時間が無い」は絶対に言ってはならない言葉です。どうしても言ってしまうコトもあって、そんなときは猿のように反省するのですが…

劇団虹色ぽりぐらふの公演が約2ヶ月延びてしまったことに対して、「これで時間ができた」と余裕をかましている人がいるっぽいんですよね。ぶっちゃけ話ですけども。はっきり書きます、4月の虹色ぽりぐらふの公演まではこんなにも「時間が無い」のです。

今決まっているだけで配役の変更が3名。その中には私も入っていますが、当然台詞は覚えなおしです。元々自分が演じていた役と絡んでいたところはいけるけども、それ以外はほぼ覚えなおし…。前の公演の「フラッド」のときは練習毎に変わる台詞に苦しんだけど、今回は少し違うし…。変化球系の実年齢より上の役から、直球系の実年齢より下の役。当然プランは変わってくるし…。正直私は何とかなる、というか無理矢理でも何とかするけども…。

演出に専念する予定だったkane-gさんが配役に付きました。これもはっきり書きます。演出と出演(主演クラス)と制作を一人で同時するのは無理があります。それこそ「時間が無い」です。なので1月中には衣装・小道具をほぼ揃えて、2月はひたすら立ち稽古で細かいところを作り直して、3月はメンバーが揃えさえすれば通し稽古ができて、芝居になっているのは当然として、その精度を上げていく。これくらいのことでないと、お客さまからお金をいただけるお芝居なんでできる訳がありません!

いくらアマチュアの役者でも、お客さまからお金をいただく芝居にでるというのは責任が生じるっての、分かりますよね。個人的には例え無料の芝居であっても、時間を拘束するんだから、責任が生じるとも思っていますが!芝居は楽しいけど、作っていく中で必ず苦しいところはあるし、プレッシャーもかかってくるし、しんどいときもあるし…それを乗り越えたときに、本当の芝居の楽しさが分かるのかなぁ、と感じています。

私が劇団のブログの方によく書く
 「アトリエでみんなが集まることのできる時間は貴重だから大切に使おう」
ってのは本当はみんな「時間が無い」ことが分かっていての裏返しのことなんです。だからこアトリエでやっていることだけが稽古なのではなくて、自分で時間を見つけて芝居の稽古をする(どこでも芝居)必要があると思うんだけどもねぇ、いかがでしょうか?

芝居のことで書いてみたけど、仕事も趣味も同じだよなぁ、と常々感じます。はい。ということで、今日はここまで。

|

« 仲間を信じて突き進みたい | トップページ | Web関連のお仕事のまとめ(110201) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/50678158

この記事へのトラックバック一覧です: 「時間が無い」はダメ~!:

« 仲間を信じて突き進みたい | トップページ | Web関連のお仕事のまとめ(110201) »