« 紳士協定って一体 | トップページ | コミュニケーション上手とは… »

久々に海外通販にハマってしまうのか?

ビアンキ号(ニローさん)を買って以来、いろいろな自転車パーツ系の通販サイトを見ることが多くなったのですが…分かってたこととは言え感じることが…

なんでこんなに高いんじゃー!!

いや、ホント分かってたことなのよ。自転車は好きだったけど手を出せなかった理由には凝りだすと途方も無く諭吉さんが飛んでいく、ってのもありましたから。某ちゃんねるとか自転車レビュー系のサイトを見ていると、
「初心者だからこそ高い自転車を買った方がいい!」
という意見を見ることもあり、自分の中で大きな?が浮かんでいたんですが、分かりました。最初からいいホイール、いいパーツ、いいコンポーネントがついていた方が後々のコストが「安くなる可能性がある」ってことだったのねぇ。

この「安くなる可能性がある」ってところがミソ。人間上を見ればキリがないし、となりの芝は青く見えるしで、どんなに高い自転車を買ったとしても満足できなければ、次のパーツを買ってしまうという、何とも云えぬメビウスの輪。まぁ、私はレースやイベントに出る気はまるで無いし、楽しいのは街中や景色を見ながらチャリを走らせるのが楽しいクチなので、そういう意味ではパーツのドツボには嵌らないと思います、いや思っても押さえつけます。

車でフォーミュラカー買うととんでもない金額だし、かな~りの改造をしないと市街地走れないし(注:昔F3000にフェンダーを付けて車検を通したツワモノがいるらしい…)、ある種「届かないところにある」という魅力というか切なさというか美しさを感じるのだけども、自転車だとプチ金持ちな方だったらトッププロが使っているのとほぼ同等のチャリを手に入れることができますからなぁ。これはこれで魅力ではあるが…同じ機材を使うことで自分のレベルとトッププロのレベルの露骨なまでの違いにショックを受けること間違いなし。だって、エンジンが全然違うんだからしょうがあるめー。

話、通販のところに戻ります。一応何度か海外通販をやったことあります。怪しい時計をThinkGeekで買ったのはいい思い出です。電池が消耗してまともな時計として機能していないので、タンスの中で眠っていますけども。で、自転車の海外通販ってどうなのよ、って考えておりまして。

別に他に深い意図は無いけども国内大手の「サイクルベースあさひ」とイギリス通販サイトの「Wiggle」で少し比較してみましょうか。
FeltのロードバイクZ2 2010の場合
 - サイクルベースあさひだと定価680,400円のところ20%オフで544,320円
 - Wiggleだと表示価格524,680円のところ20%オフで419,743円
…思った以上に露骨な形になったなぁ…。ちょっと気分を変えてホイールに、それも日本のブランドの、
シマノのDURA-ACE WH-7850-C50-CL 前後セット
 - サイクルベースあさひだと定価230,491円のところ10%オフで207,438円
 - Wiggleだと表示価格128,949円のところ10%オフで116,054円
分かりきったこととは言え、海外通販安いですよね。店員さんとの英語のやりとりに問題が無くて、自分で自転車の組み立てやメンテナンスができるという方にはひとつの購入方法なんでしょうけどもね~。届くのも海を渡る割りに日本の業者さんより早く手に入ることも多いみたいですしね。

こんなこと考えてるので、久々に海外通販を使える体制にしておきたい今日この頃であります。

|

« 紳士協定って一体 | トップページ | コミュニケーション上手とは… »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/49062506

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に海外通販にハマってしまうのか?:

« 紳士協定って一体 | トップページ | コミュニケーション上手とは… »