« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ビアンキがうちにやってきた!

やほ~い!ビアンキ(Bianchi)のロードバイクVia Nirone ALU Tiagraが昨日納車されました~!!

3週間で納車。納期がアホほど掛かることで有名なビアンキにしては早いでしょ。実際のところですね。普通のプロショップに行ったのでは手に入るのが年末!てなことが容易に想像できるので、初めてのロードバイクですし…ってことである程度在庫を持っているところを狙ったので、ま、ま、こんなもんかな、と。

昨日は装備やらメンテ用品やらもあったので、チャリ屋さんから家までひたすら押して帰りまして。さすがにバックパックがあったけど結構な重さだったので、少し恐くてチャリに乗るわけにもいかず。もう家に帰ったところで汗だくのくたくただったけども、逸る気持ちは抑えられず、とっととTシャツと短パンに着替えて、のんびりと1時間で10km程軽~くお散歩してみました(ポタリングなんて横文字使わね、って書いたら意味ないけど)。

ロードバイクに乗るのはほぼ初めてなので、最初はおっかなビックリな感じで。付属のLOOKビンディングペダルはさすがに恐く、わざわざフラットペダルに付け替えているのに。一応は付けてみたハーフトークリップをまともに使えない状態で…。そんなのも10分程すると慣れまして、普通に走りながらクリップに足を突っ込めるようになりました。

それにしても凄いよねぇ。ママチャリや中学のときに乗ってた「ムダに豪華な6段変速の自転車」とは大違いよねぇ。ちょっとペダルを踏み込むとあっさり車に追い付いてしまうし。多分時速3~40kmだと思うんだけども。…こんなこと書くとサイコンが欲しくなるよなぁ。人力でこれだけ効率良く走ることができるって素晴らしい!と妙に感動してみたり。しばらくはこのビアンキ号で遊んでみます。

先ほどケータイを使って室内でさくっと撮った写真です。

ビアンキ号

サドル低っ!…初心者なんで勘弁してください。雨降らなそうだったらちょっと遊びに行くか。今日はこんなところで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたりのオスカー

このかわいい黒ネコさんの名前も「オスカー」ですか。

 足失った黒猫にバイオニック義肢、英国  (AFPBB News)
 両足を失った猫に自分の意思で動かせるハイテク義足を装着…イギリス (らばQ)

職場が義肢・装具を中心にした福祉用具を扱う会社なので、このようなニュースも気になります。「バイオニック義足」とはどんなものかを説明すると、ドえらく時間が掛かるので、オズール社のサイトを紹介しておきますね。

 Ossur Bionics  (オズール社(日本語ページ) / オズール社)

オズール社のカーボン素材の足部を使った「ブレードランナー」を覚えていますか?北京オリンピックに出場するのではないかと話題になり(結局オリンピック標準記録を突破できず出場できず)、その後の北京パラリンピックの両足切断100・200・400mの3冠を達成した陸上選手。彼の名前は「オスカー・ピストリウス」。

偶然なんだけどもどちらも「オスカー」なんだよなぁ、って。福祉用具って医学と工学(ハードウェアとソフトウェア)が両輪がバランスよく発展して、役に立つモノが生まれる、と私は考えているのですが、ふたり(というかひとりと一匹か)のオスカーを見て、そのような業界に携わっていて少しうれしく感じたのでした。

今日はこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何しに出かけよう?

見ているだけでも楽しいよね~

男子は必ず乗り物の通過儀礼を受けるもの、と思っているんですが、大きくなってもそれは変わらないのよね。基本的に乗り物系のものを見ているとかな~り時間がつぶせてしまうタイプです、私は。駅、特に本当のターミナル駅たる阪急梅田駅とか南海難波駅なんかは、ホームにいるだけでも飽きないし。京阪京橋駅の何ともいえない雰囲気も味があって好きかな。関空なり伊丹に行っていろんな飛行機みてても楽しいし。自転車来たら空港に行くのも悪くないなぁ、うん。

ここのところ自転車にはまっているので、通勤途上すれ違うスポーツタイプの自転車見るたびに、どこの自転車やろ、と確認してしまう哀しい性…。で、本来的にムダ知識を調べてしまうことが大好きなだけに、必要以上に情報を手に入れてしまい、ドツボにはまってしまうこと、はまってしまうこと。いいか。好きなことに手を出しているわけだから。

…そろそろ自転車来ないかなぁ…。ま、それが言いたいだけなのですが。何かにハマり込んでいるときにはブログの更新頻度が下がってしまう、ってのはどうなんだか。…これも好きなことに手を出しているだけなので許してくださいませ。

ということで、今日はこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツイッターはじめました

タイトルは「冷やし中華はじめました」な感じで読んでください。暑いですし。

今更な感じですが、ツイッターをはじめてみました。これまでにも「自分には向いていない」とか「どうも面白さが分からない」とかいろいろ書きましたが、やってみて分かった。
 思っていた以上に面白いかも
リアルタイムがね~、いいよね~。これまでにあったチャットインスタントメッセンジャーとは確実に違うんだけどなぁ、何が原因なのかね。

気軽にできるってのが大きいのかなぁ。ブラウザ立ち上げてツイッターの公式サイト行って、スコーンと登録すればあっちゅう間にスタートできるし。さすがにケータイの方はTwidroidつうクライアント使ってますけども。仕様が公開されているのでたくさんクライアントがあると。なのでいろいろと使って自分にあったのを選ぶのも良いのかもね。

しかし何で急にやりたくなったのか、自分でもよく分からんのよねぇ。昨晩「うむつぶやきたくなった」ってことではじめてしまった訳ですが。このようなときはサクっとはじめてしまった方が多分面白いはず、そう思ったから一気に進めてはじめてしまったのかもね。

問題はまだきちんとしたツイートになっていないことですかねぇ。140字制限のギリギリまで文章を書くのは我ながら間違っているかなぁ、という気はしますね。それもテクニックなのかもしれませんが。あと一人でボケて10分くらい後に自分でツッコむというバカな技を発見しましたが、さみしくなることがあるので要注意。

mixiボイスもGREEのつぶやきもMySpaceの今ナニシテル?も、なんだかんだ言って結局全部ツイッターと連携できるようになってしまったので、なんか一気に気が楽になってやってみよう、つう気持ちになった、というのもあるような、ないような…。そんな感じでいろいろとブツブツいってますので興味のあるかたは遊びに来てくださいまし。
 → http://twitter.com/wanibe74

ということで今日はこんなところで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ま・さ・かの新事実

妹のとある新事実を知り驚きを隠せません…

私には妹がおりまして.同じ関西圏に住みつつも会うことは1年に1回あるがどうか.この間のいとこの結婚式で1年半ぶりくらいに会いました.同じようなことを学び,同じような趣味なのに,全く違った職業をしているという,かなり不思議な兄妹です.子どもの頃は妹とケンカばかりしていたなぁ,そんな感じの兄妹です.何か負けてばっかりだった気がします:).

先日の公演の前には一応チラシを送って「一応こんなことやってます」的に近況を伝えました.で,今日,少し別件で確認したいことがあって電話して凄まじい事実を知った次第.

 全国的に有名な某ライブハウスで演奏するらしい…

ちょっと待て!お前が趣味でスティールパンや管楽器の演奏をしているのは知っていた.が!まさかライブを,しかも一流どころのミュージシャンが立つことのあるライブハウスで演奏しているという事実があったとは!
妹「うちの勤務先とライブハウスと仲がいいから」
私「いや,そうだからって出演できる,っつうのは違うんちがうの」
バンド名でググってみたら他にもライブやるみたいだし….いやもう驚いたのなんのってねぇ,いやマジで.

妹からすりゃ私が会社員をしつつ芝居をしている,ということに驚いているようなものなのかなぁ,と自分の中で強引に納得させていますけれども.あー芝居も面白いけど演奏は演奏でまた別の面白さがあるからなぁ,少しうらやましいかも.

と,今日はこんなところで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人に楽しんでいただくために最低限しておかくてはいけないと最近感じるもの

かなり絞り込んでます.

とは言っても体のことではなくブログの文章のこと.公演が終わるまでは,とにかく台詞を覚えなきゃヤバイ,ということで帰ってから台本ばっか読んでいたけども,終わってからも3日に2つの記事だった一時期に比べれば,それ程更新頻度が上がってはいない.これが何故かといわれると…

 絞り込んでいるから

ということに尽きる訳です.昨年から書いている文章の内容を若干変更,例えば「自虐ネタは書かない」とか「人を不快にすることを書かない」とか,しているのを更にひとつ進めた感じとでも言いましょうか.

いや最近思うのですが,ブログにしてもmixiの日記にしても「自虐ネタ」「不快ネタ」を書く方って以前,このブログをスタートした5年前より確実に増えているんですよね.特にmixiの日記ですかねぇ,気になるのは.

昔は自虐ネタ,かなり多かったんですよ,このブログも.記事は基本的に削除しないので,古い記事を適当に見ていただくとわかることなのですが.ただね,その自虐というのは自分だけ盛り上がって,他人から見ると「何が面白いんだろう」で済むくらいならマシな方で,ときとしてドン引きしたり気持ち悪かったりするんですよね.だから自虐ネタはほぼ辞めました.華麗に自虐ネタで人を楽しませるというのは,実はもの凄くテクニックがいることなんだと,ようやく気がつきました.

不快ネタ,これはあまり書いたことが無いと「私自身は」思っています.グチもあまり書かないし,書くときは「グチです」って先に断って書いているし….芝居を再開してから感じるのは,この「人を不快にさせる」ことに無頓着というか気が付いていない関係者が,もの凄く多いということなんですよね.「お前わざとそんなこと書いとるやろ!」とツッコミのひとつも入れたくなる,演劇関係者のブログや日記もあるのは事実です.

「人に楽しんでいただく」というのが,自分の中でのブログなり芝居なりをするひとつの理由なので,そこに集中して絞り込んでいる,というのが今のこのブログの状態.それに全く逆の「人を不快にさせる」というのは最低ラインとしてやっぱり避けないといけないことだと思うのです.それは一般の社会生活においても全く同じことなのですが…

さすがにここまでこねくり回した文章だと「不快になる」かな.ということで,今日はこのあたりで.続きはまたいずれ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり自転車に散財(予定)

公演の前に書いたとおり(こことかここも)なのですが…

自転車買うことにしました.というか注文してしまいました,ロードバイク.以前書いたとおりビアンキのバイクを注文した次第.

公演の終わった次の日,有休をもらって通院した後,某サイクルショップへ.雨降ってたし,月曜だし,ってことで,店員さんヒマそうだったので,あれやこれやと話しまくる.頭でっかちな初心者になりがちなので,そこは抑えて素直に分からないことは根掘り葉掘り聞くようにしました.自分に合ったサイズがどれなのかも分からないし….で,結局のところ感じたのが
ロードバイクの楽しさは自分でバイクを買って乗ってみなけりゃ分からん
ということで注文.つか入った段階で買う気満々だったですがね,ハイ:).

最初のバイクなので“VIA NIRONE ALU TIAGRA”,無難にエントリーモデルにしておきました.これのホワイト/チェレステです.フレームはアルミよりはアルミとカーボンのミックスの方がいいんじゃねーかとか,コンポはTIAGRAよりは105の方がいいんじゃねーか,とかいろいろと迷ったんですけどもね.まぁレースの類には出る気は無く,自分が楽しくて気持ちよければそれでいいかなぁ,と思っているのでTIAGRAにしておきました.多分9段あれば問題ない…と思う.

あと時期的に2011年モデル出るの待った方が良くね~か,というのもあったのですがまだ正式発表されていないモデルを予約してもなぁ,つう思いもありましたし,別に新105のバイクが欲しかった訳でもなく.ホワイト/チェレステのカラーリングを見た瞬間
この控えめで主張しないけど存在感はあるチェレステがよろしいなぁ
ってなってしまいまして「黒とかオレンジとががいいって書いたけどこれにする」ってことで,あっちゅう間に注文まで至った訳さ.

納期が異常に長いことで有名なビアンキではありますが,いつ納車になることやら.というかそれまでに熱が冷めてなけりゃよいけど.大丈夫か,ツール・ド・フランスもあるし(もっとも今年プロツアーチームでビアンキ採用しているチームはありませんけどもね~,それはそれこれはこれ).

これからドンだけ金かかるやら….まだ装備もリストアップできてないし…ヘルメットにグローブにライトに….そんなことを考えるのも楽しみのひとつなんでしょうねぇ,多分.

ということで今日はこんなところで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝と成果と課題と…

劇団虹色ぽりぐらふ 旗揚げ(しようかどうしようか)公演
「フラッド -私と「何で?」と水島さんの物語-」

おかげさまで無事公演を終えることができました.ご来場いただいた皆さま,本当にありがとうございます.感謝の気持ちでいっぱいです.

いろいろあって肉体的にも精神的にも時間的にも厳しかった部分がありました.実際練習不足を露呈してしまった部分もあり,そのことに関しましてはお詫びするしかございません.申し訳ございませんでした。

今回の公演が終わってみて,いろいろな方々と出会う機会があり,自分自身まだまだ上を目指せそうだと感じることができました.何が足らなくて何が必要なのか…そんなことがうすらうすら見えてきました.その意味では成果と課題を同時に発見することができたなぁ,そう率直に感じます.

ホンの少しのオフを挟んで,さらに上を目指して行こうと思います.これからもよろしくお願い申し上げます.

追記:
公演が終わったということは…おっとこれはまた別の記事で.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »