« To the Victory! | トップページ | 言葉には意味があり大きな力を持っている…というお話 »

超一流のヴォーカリストたるもの

YouTubeフレディ・マーキュリー追悼コンサートの映像を観ていて,超一流のヴォーカリストたるものどんな曲でも自分のスタイルに取り込んでしまうなぁ,と思いまして.

例えばこれ.

Robert Plant & QUEEN/Innuendo

Robert Plant & QUEEN/Innuendo

QUEENのオリジナルの「Innuendo」はこちらLed Zeppelinの曲かな,と感じてしまいません?こういうドラマティックな曲はLed Zeppelinにも多いし.ただ如何せんこの日のロバート・プラントの声のコンディションが悪すぎて,ツライ感じを受けるのは仕方がないところでしょうか.絶頂期の高音はもう出ない時期ですしね.それでも歌の節々に「プラント的な」ところがあるのが面白いところ.

じゃ,次.

Roger Daltrey, Tony Iommi & QUEEN/I Want It All

Roger Daltrey, Tony Iommi & QUEEN/I Want It All

QUEENのオリジナルの「I Want It All」はこちらThe Whoロジャー・ダルトリーが唄う「I Want It All」です.ギターにBlack Sabbathトニー・アイオミが入ってますね.冷静に見るとえげつなく豪華なコラボレーションですね.この映像.「Pinball Wizard」のイントロに合わせていつものようにマイクをぶん回しながら登場するロジャー.あー,やっぱりThe Whoの曲なのかな,と思ってしまうのよね.それも何となくキース亡き後のThe Whoっぽいというか何というか.

数年前ポール・ロジャースがQUEENと組んでツアーを行ないましたが,その際も「I Want It All」がセットに組み込まれていました.

Queen + Paul Rodgers/I Want It All

Queen + Paul Rodgers/I Want It All

ブルース向きの中音域の表現力の豊かなポール・ロジャースですが,さすがにFreeBad Companyにはならないか.何かポール・ロジャースにしては「洗練されすぎている」感じがします.まぁ元々タイプが全く違うバンドですしね.さらに面白いのはこのツアーでQueen・デヴィッド・ボウイ共作の「Under Pressure」を演奏していることでして…

Queen + Paul Rodgers/Under Pressure

Queen + Paul Rodgers/Under Pressure

超有名な曲ですがQUEENのオリジナルの「Under Pressure」はこちら.何かフレディ・マーキュリーデヴィッド・ボウイがかみ合っているんだかかみ合っていないんだか,不思議な曲ですよね.何か二人が「オレの方がうまい」って歌合戦してるみたいだし.てか,全くタイプの違うヴォーカリストですから,なんかお祭りみたいなノリなんでしょうけどもね.

最後のオチはフレディ・マーキュリー追悼コンサートの「Under Pressure」.デヴィッド・ボウイとアニー・レノックスのツインヴォーカルです.リハーサルの様子はこちら.いい感じで仕上がってますよね.ところが!これが本番になるとどうなったのか?

David Bowie, Annie Lennox & QUEEN/Under Pressure

David Bowie, Annie Lennox & QUEEN/Under Pressure

アニー・レノックス,ツッコミどころは多いけどやりすぎです:).終盤デヴィッド・ボウイが一瞬固まってますやん.今日はこんなところで!

フレディ・マーキュリー追悼コンサート [DVD]

フレディ・マーキュリー追悼コンサート [DVD]

  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • メディア: DVD

|

« To the Victory! | トップページ | 言葉には意味があり大きな力を持っている…というお話 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046672

この記事へのトラックバック一覧です: 超一流のヴォーカリストたるもの:

« To the Victory! | トップページ | 言葉には意味があり大きな力を持っている…というお話 »