« 命日を忘れてしまったお話 | トップページ | mixiの日記の変更,ハードルが高けー! »

もうドラムが叩けないなんて

昨年第一線から身を引いたフィル・コリンズですが,どうも脊椎の手術をしたらしく二度とドラムが叩けない,ピアノも弾けない体になったらしい.う~ん,残念.ただ本人曰く「大丈夫,僕はまだ歌うことができる」と前向きなところが素晴らしい.

自分の尊敬するドラマーを記事にして紹介してきたけど,なぜかフィル・コリンズを挙げないのよね,私.彼を知ったのはドラマーとしてではなく,ボーカリストとしてだったことも関係あるのかもしれない.ジェネシスのメンバーであることから分かるとおりプログレッシブ・ロックはできるし,ピーター・ガブリエル脱退後ジェネシスがポップになっていったのは彼がいたからだろうし,ブルースもこなすしジャズもこなす超一流のドラマーなんですけどね.

キース・ムーンジンジャー・ベイカーを尊敬するドラマーに挙げておいて言うのもアレなんですが,なんかフィル・コリンズの演奏って「もっ凄いギッコンバッタンしてる」イメージがあって,どうもそこが私が「尊敬するドラマー」に挙げ忘れる理由なのかもしれません.エリック・クラプトンと組んで演奏した“White Room”と“Layla”を貼り付けるので見てみてください.それぞれクリームデレク・アンド・ザ・ドミノスの演奏と見比べてみるとより一層お楽しみいただけるかと….

Eric Clapton &amp Friends/White Room

Eric Clapton & Friends/White Room

Eric Clapton &amp Friends/Layla

Eric Clapton & Friends/Layla

…い,意外とギッコンバッタン・ドラムいいかも….あとものすんごい80年代テーストが漂ってるな,この映像.多分フィル・コリンズの今回の手術もこのドラミングの影響があるんだろうけどもね.しかしまぁ,表に立ってよし,裏に回ってよしって素敵よね.紹介した動画の中ではコーラスすら取っていないのが,むしろかっこいいし.なので敢えてアフィリエイトで紹介するアルバムもピーター・ガブリエル在籍時のアルバムにして,と….

今日はこんなところで~.では!

フォックストロット(DVD付)(紙ジャケット仕様)

フォックストロット(DVD付)(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
  • 発売日: 2009/01/28
  • メディア: CD

|

« 命日を忘れてしまったお話 | トップページ | mixiの日記の変更,ハードルが高けー! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046543

この記事へのトラックバック一覧です: もうドラムが叩けないなんて:

« 命日を忘れてしまったお話 | トップページ | mixiの日記の変更,ハードルが高けー! »