« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

ほぉ「マンセルライン」とな…

久々にアクセス解析を見て思わずニンマリしてしまった

「マンセルライン」「マンセル スパ・フランコルシャン」

こんなキーワードで来てくださった方,多数

やっぱ,アレ?

昨日のベルギーGPのスタート直後の1コーナーのヘアピン,ラ・ソース

ライコネンを筆頭にアウトに膨らむふくらむ:)

さすがにスパも改修されて

いわゆるマンセルラインは使えなくなったけど

アレを思い出した人,やっぱり多かったのね~

というか最近のF1ってセーフティゾーンが舗装されていること多いから

コースアウト即アウトってのが少なくなったこともあって

緊張感が無くなったのかなぁ

何かそんな気がする

もちろん安全であることは大切なんだけどね…

今日はここまで~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界最大の兄弟ゲンカ,ここに極まれり

世界最大の兄弟ゲンカ,ここに極まれり,といったところか…

 ノエル・ギャラガー、オアシス脱退 兄弟不仲が原因と (CNN.co.jp)
 Noel Gallagher quits Oasis (Yahoo!UK & IRELAND)
 Oasisinet :: The Official Oasis website and fan community

ノエルとリアムのギャラガー兄弟がいてこそのOasisですから,どうもこのノエルの脱退というのがピンと来なくて.いやそりゃもう学生時代にOasisを知ったときから兄弟の確執が凄まじい,ってのは知っていたけどさぁ.何かもう「何を今更」な感じな気もするし,とうとうブチ切れたかという気もするし.

そんなギャラガー兄弟自身に送ります.

Oasis/Don't look back in anger

Oasis/Don't look back in anger

一応キャプションは「Oasis」にしておきましたが,日本のテレビ番組に出演したノエルのアコースティック版“Don't look back in anger”でした.このタイトルを直訳すると「怒りを込めて振り返るな!」というのが何とも切なくて切なくて.動画探しにYouTubeに行ってみると,Oasisの動画のコメントがどこもかしこもお通夜状態なのなぁ.

…何か“Don't look back in anger”聴いてると,この曲をコピーしていた学生時代を思い出すよなぁ…

閑話休題,まぁOasisってある意味ではBeatlesを越えてしまってる部分はあるから,精神的にしんどかったのかなぁ,というのもあるんだろうけどさぁ.せめてノエル脱退なんて最悪のシナリオは見たくなかったよなぁ.兄弟ゲンカもOasisの風物詩でハタから見る分には楽しかったんだけどねぇ.

今日はここまで!では~.

モーニング・グローリー

モーニング・グローリー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: エピックレコードジャパン
  • 発売日: 1995/10/10
  • メディア: CD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江頭2:50の名言から…

芸人・江頭2:50と言えば過激な芸風だけど,実はストイックで笑いに対して「彼なりに」真摯な姿勢で取り組んでいる,というのは結構知られたお話.「江頭 名言」あたりでググってみると彼の素顔が垣間見えるような言葉をみつけることができます.

個人的に江頭名言集で好きなのはコレ.
「生まれたときから目が見えない人に、
空の青さを伝えるとき何て言えばいいんだ?
こんな簡単なことさえ言葉に出来ない俺は芸人失格だよ。」

この言葉を聞いてハッとする人は結構いるんではないかな.

かく言う私,ここのところ公私ともども出会いの多い日が続いております.去年セミナーラッシュになったときも出会いは多かったんだけど,学校の先生や病院や施設のセラピストがメインだったからね.見学の仕事をサポートするようになってからは,去年のセミナーで出会った人と同じ職種の方たちだけでなくいろんな人と出会うんですよ.それは中学や高校の生徒さんだったり他業種の方だったり福祉の世界には馴染みがあまりない人もいらっしゃいます.

もちろん見学のときに義肢・装具・車いす・姿勢保持などなど専門的なものの説明もするのですが,果たしてそれがどこまで伝わっているのかなぁ,と思うことも多いんですよね.無意識のうちに専門用語を噛み砕けていないまま説明していないか,その噛み砕いた言葉はミスリードされずきっちりと内容が伝わっているかどうか,いつも見学に来ていただいた方をお見送りした後,考えてしまうことなんですよね.考えすぎと言われるかもしれないけど,やっぱり楽しく見学していただいて何かを感じて学んでいただくことができる,これって素晴らしいことじゃないですか?笑いとはベクトルが違うけど,江頭の言ってることがここのところ非常に身近に感じています.

今日はこんなところで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zaurusの名を捨てなぜ今この端末か…?

シャープからこんなガジェットが発売されるんだけどさぁ….

 “Windowsの呪縛”から逃れた超小型マシン――シャープ「NetWalker」に迫る (+D PC USER)
 モバイルインターネットツール“NetWalker(ネットウォーカー)”を発売 (シャープ)

ubuntuを搭載しているネットワーク端末なんですが….多分私と同じことを思った方も多いはず
 これって“リナックスZaurus”じゃないんですか?
シャープ自体がZaurusの呪縛から逃れたいと思っていた節はあるのでなんとも言えないけど,今リナックスZaurusを作るとしたらこういう仕様になるんじゃないの,って感じます.

でもさ,実機を見ないとはっきりとは書けないことだけど,金額的にも機能的にもネットブックとぶつかってしまってるのが気になるところ.今日日のネットブックきちんと選べばいろんなことに使えるしね.あと,スマートフォン・ケータイともバッティングしてるし….

このマシンの売り文句のひとつに「クラウドサービスが使えます」ってのがあるんだけど,個人的にクラウドコンピューティングは概念の名前をすりかえたようなモノという考えなんで,あまり好きくはないのよね.シャープがZaurusを辞めてこの機器を“NetWalker”というなんのヒネリもない名前で販売をはじめてしまう,というのがもったいない気がします.

今日はこんなところで~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「We Will Rock You」

今回のこの曲いろいろ聴いてみよう,Queenの「We Will Rock You」なんですが….いやあのですね,Queenの作ったバージョンがシンプルかつ完成度が高いため,あんまり他に紹介できそうなのがないのよね,正直なところ.リミックスしているバージョンもあったけど,フレディーの声やブライアンのギターが聞こえただけでサウンドがQueenになってしまう有様で….そんな感じなのですが,やってみましょう.

Queen/We Will Rock You(fast)

Queen/We Will Rock You(fast)

Queenのライブに行かれたり,ライブアルバムを持っているという方にはおなじみの,ライブの頭の方でやる“We Will Rock You(fast)”です.よく知られている方はドラム,というかパーカッションがキモになりますが,fastの場合はギターとベースが暴れています.

次,有名なウェンブリースタジアムでのライブの“We Will Rock You”.何というか…そのジョン・ディーコンのショートパンツが目に眩しいというのはとりあえず置いておいて….このバージョン他のQueenのライブのバージョンよりかなり遅いのよね.その分リズムに「タメ」ができるのでそこが盛り上がる,って感じ.

Queen/We Will Rock You@Wembley

Queen/We Will Rock You@Wembley

数年前に「We Will Rock You」ってタイトルのミュージカルがあったのをご存知の方も多いと思います.Queenの名曲を使ったミュージカルで,日本にも公演に来たんですが.私,行ってないのよね.こんな感じって動画が2本あるので観てください.まず最初が公演のハイライト映像,トロントのオリジナルキャストのようです.

We Will Rock You - Original Toronto Cast

We Will Rock You - Original Toronto Cast

次はロンドン・ウエストエンドのキャストによる「We Will Rock You」ライブです.

We Will Rock You at West End Live 2008

We Will Rock You at West End Live 2008

なんかここまで書いてみたものの,当たり前っちゃ当たり前なんですが,やっぱりQueenのバージョンが一番良いですね.せっかくなのでここは最後は趣向を変えてかわいらしく締めてみましょう.

We will rock you - Evian (fete de la musique)

We will rock you - Evian (fete de la musique)

子どもが歌っているのもかわいいし,水の男の子が冒険しているアニメも面白いよなぁ,コレ.

今日はこんな感じです.もうちょっとこのシリーズよく考えてからネタ書くようにします.では~.

ライヴ・キラーズ(紙ジャケット仕様)

ライヴ・キラーズ(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: クイーン
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2004/10/27
  • メディア: CD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーシャルブックマーク

これといったネタがないので

このブログを自分の「ブックマーク」にしようかと思ったけども

さすがにそれは違うだろう,ということで

はてなの「ソーシャルブックマーク」を使ってみた

試しに自分の専門分野の支援技術系のものをいくつか加えてみた

 BLACKLAND's BOOKMARK by はてな

こんな感じ

ここに「大人の夏休みの宿題」で見つけたサイトを少しずつ追加してみようなかぁ

なんて考えているところ

ブックマークを公開している人のは内容が分かるので

何か新しい情報を仕入れることができるかも

しばらくはコレで遊んでみるか…

今日はここまで!では~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の夏休みの宿題の成果?

こんな記事(「会社でやっていることを説明するには…」「「広く浅く」じゃない「広くそこそこ深く」だ! -会社でやっていることを説明するには… その2-」「大人の夏休みの宿題」)を書いてきたんだけど,今週に入って引継ぎがすんで業務に入っているので内容を書いてみるかな.

やっているのは広報部のサポートになるのですが「見学のご案内」の業務をしています.会社にお客さまがいらっしゃったところからお出迎え,会社の説明,工場の見学,歴史展示室,ショールームのご案内などなどを行なって,最後にお見送りをするまでお客さまの添乗員的な役割をしているんですね.

で,なぜ「大人の夏休みの宿題」をやったか?簡単なことです.これまで10年間仕事をしてきたうちの6~70%はコミュニケーションエイド・AAC系のことをやってきてたんですよ.

もちろん他の商品に関わる部署にいたこともあるけれども.義肢・装具や車いす・姿勢保持のことって,一番勉強したのって新人の頃のことだし,新商品が出るたびに知識を付け加えてはいくけども,忘れていくこともあったりで.前任者がやっているところをみると「あ,これは勉強し直して引き出しを作っておかないとヤバイ」ってなことになり「大人の夏休みの宿題」をするにいたった次第.

勉強方法としては単純で自分の会社のカタログを用意しておいて,分野別にキーとなること(対象者・特徴など)をまとめる,まずこれが第1段階.次はネットで実際に商品を使用している方のサイトやブログを見る,これが第2段階,これをするとある程度客観的に製品の持つポテンシャルや良い面悪い面が見えてくると.第3段階でWikipediaはてなキーワードで気になったキーワードを調べる,ただしWikipediaだけでは情報が限られる&偏るのでそのキーワードのリンク先を調べていく.こんなことをしてました.

まだまだお客さまのご要望に沿うことができているかどうか,アンケートを読んだ範囲だと大丈夫っぽいんですが…正直まだ私の知識があと20%くらい足らない気がしてます.今は義足のパーツに対してもっ凄い私の中でモチベーションが上がっています.これまで何に使うのかすらよく分かっていなかったものが,使い方が分かっただけで世界が広がる感じがして楽しみながら見学アテンドをしています.

ちなみに工場は基本3階のPO生産部・2階のリハ生産部の方が説明に入っていただくことが多いので,そこは役得でどんどん知識を吸収できてそれはそれで楽しいですね.少人数であれば私が工場の説明をすることもできるようになったし.

こんな日常を送っています.では~.

追記:
良くも悪くもうちの会社って自分も含めてしゃべりたがりな人が多いのでタイムコントロールだけはきっちりしておかないと,と兜の緒を締めておきましょうかね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消防車がGT-R?GT-Rが消防車!!

うっは~コレ凄くね.

 世界最速!! 日産 GT-R 消防車仕様、ニュルブルクリンクに配備 (Response.)
 Nurburgring Rapid Response GT-R (Autoblog Japan)

ニュルブルグリンク北コースかつてニキ・ラウダがフェラーリでクラッシュ炎上で瀕死の重症を負ったり,F2でマンフレッド・ビンケルホック(F1デビュー戦であのスパイカーでトップを走るという「伝説」を作ったマルクス・ビンケルホックの父でツーリングカーレースで活躍しているヨワヒム・ビンケルホックの兄)が空中で大回転する大クラッシュを演じた舞台なのよね.

ニュルブルクリンク コース図

上のコース図を見ていただくと分かるとおり,そもそも全長が22.8kmもありコーナーの数も170以上,ブラインドコーナー多数,むさむさ高低差のあるワインディングコースで路面は荒れてエスケープゾーンも狭い.もうこれでもか!というくらいのチャレンジングなサーキットなんです.ただ当然北コースでF1を行なうのは危険極まりないので現在は南コースで開催されているのはご存知のとおり.

たしか数年前に北コースをどこかのチームがデモ走行したハズだけど「これはホントにF1マシンか?」と言いたくなるほど車高を上げて,有名なカルッセルコーナーはバンクのレコードラインのはるか上を走っていたなぁ,なんてことを思い出したりして.

こんなコースなので世界の車メーカーのテストがよく行なわれるのよ,北コースって.タイムなどはWikipediaのページにいろんな車種のタイムが掲載されているので興味のある人はみてみ.ちなみに消防車のベースとなったGT-Rのタイムは7分26秒70,市販車最速まであと0.3秒という高性能さ.これを消防車にするのか~.欧州日産なかなか面白い販促活動をしますな.

実は北コースってテストやレースをやっていなければ一般車で走ることができるのよ.一方通行の有料道路の扱いで,ただし事故っても保険が利かないらしいので要注意ですが.そらまぁどんな車でもどんなレベルのドライバーでも走ることができる訳だから当然事故が発生することもある訳.でもこの広大なレースでもないしましてやテストでもない北コースにいるマーシャルは最小限なんですな.そら火災が発生したら大変ですがな,ってことで欧州日産が広告にもなるしな~ということで提供したのが,このGT-R消防車というコト.

消防車の機能を備えたら200kg車重が増えたけど,それでも北コースを8分以内で走るってのは凄いね.F1のセーフティカーってメルセデスのスポーツカーを使ってるんだけども,超ハイテク満載のマシンなので豪雨など条件次第ではF1マシンより速く走ることができるつうのを思い出したわ.多分どう考えても一般車よりGT-R消防車の方が速く走ると思われます.

ま,GT-R消防車はいいけどお世話にはなりたくないねぇ,つことで今日はここまでです.では~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「The Flesh Failures/Let The Sunshine In」

以前Bugglesの「Video Killed the Radio Star(ラジオスターの悲劇)」のいろんなバージョンを紹介してみましたが,今日はその第2弾.ロック・ミュージカル「Hair」のラストの曲“The Flesh Failures/Let The Sunshine In”を攻めてみましょう.この曲はミュージカルの曲ですのでキモはズバリ「美しいハーモニー」です(もちろん演奏はロックなんですケドね…).ではまずは基本の基本,オリジナルキャストレコーディングです.

The Flesh Failures/Let the Sunshine In(Original Cast Recording)

The Flesh Failures/Let the Sunshine In(Original Cast Recording)

次,これも有名なバージョンで黒人コーラスグループThe 5th Dimensionの「Aquarious/Let The Sunshine In(邦題:輝く星座)」.曲の前半は「Hair」の冒頭の曲“Aquarius”,2分19秒からが“Let The Sunshine In”です.こちらの方がビートが激しくてソウルフルな感じですね~.

Aquarius/Let The Sunshine In(邦題:輝く星座)(The 5th Dimension)

Aquarius/Let The Sunshine In(邦題:輝く星座)(The 5th Dimension)

現在公演中の2009年ブロードウェイリバイバル公演のバージョンです.舞台の映像ですので途中に台詞が入ります.テンポが遅いながらもオリジナルに近い印象なのですが,やけにドラムの演奏が尖っています.

The Flesh Failures/Let the Sunshine In(2009 Broadway Revival)

The Flesh Failures/Let the Sunshine In(2009 Broadway Revival)

ここからは演奏自体がオリジナルと異なるバージョンになります.実はこの弾き語りバージョンをお見せしたくてこの記事を書きました.Steven Slattenという方の演奏,ピアノと2人の男声のみでこの厚みは凄かっこいいと思いますがいかが?

The Flesh Failures/Let the Sunshine In(Steven Slatten)

The Flesh Failures/Let the Sunshine In(Steven Slatten)

次,Brian Auger&The Trinity+Julie Driscollつうグループの演奏なのですが,コードをメジャー進行にするとここまで雰囲気変わるか,という例です.

Let the Sunshine In(Brian Auger&The Trinity+Julie Driscoll)

Let the Sunshine In(Brian Auger&The Trinity+Julie Driscoll)

少年合唱団が歌っているバージョン.最初このために作詞されたドイツ語で歌が始まり途中から英語に変わります.ピュアでクリアな印象です.しかしYouTubeでの再生数が今のところ336回,まさか日本のブログで紹介されているとは歌っている人は知らないよなぁ.

Let the sunshine in(Lass den Sonnenschein in dich hinein)(Projektchor Liederkranz Rauenberg)

Let the sunshine in(Lass den Sonnenschein in dich hinein)(Projektchor Liederkranz Rauenberg)

最後はちょっと趣向を変えて….ワシントンスクエアパークを舞台に若者たちが“The Flesh Failures/Let the Sunshine In”を歌います.最後に作者のひとりであるジェイムス・ラドが加わるバージョン.オリジナルに忠実で作者に対するリスペクトを感じるので紹介します.

Let the Sunshine In@Washington Square Park with Jim Rado

Let the Sunshine In@Washington Square Park with Jim Rado

このシリーズってどの演奏を紹介するのか結構悩むのよね~,実は.で,紹介したい動画にかぎって「埋め込み不可」になってるし….今回紹介できなかったのは2001年ウィーンリバイバルバージョン(http://www.youtube.com/watch?v=raUWQ9j4Y9c).興味のある方はご覧くださいませ.

自分自身が楽しみたいための記事でした.では~!

Hair [2009 Broadway Revival Cast]

Hair [2009 Broadway Revival Cast]

  • アーティスト: Wilbur Bascomb,Galt MacDermot,Nadia DiGiallonardo,Bernard Purdie,Andrew Schwartz,Steve Bargonetti,Erik Charlston,Joe Cardello,Vincent McDermott,Christian Jaudes,Elaine Burt,Ronald Buttacavoli,Allison Case,Allison Guinn,Andrew Kober,Anthony Hollock,Ato Blankson-Wood,Brandon Pearson,Briana Carlson-Goodman,Bryce Ryness
  • 出版社/メーカー: Ghostlight
  • 発売日: 2009/06/23
  • メディア: CD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年盆休み -帰阪編-

どうも実家に帰るたびにアンパンマン列車に乗っているような気がするんですが,観音寺から岡山まで乗った特急しおかぜ号が見事なまでにアンパンマン編成になってまして….

観音寺駅.「あ,あのド派手な塗装はアンパンマンやな~,汽車ですやん…」んで到着.クリームパンダ号に乗車です.わ~い,振り子式の2000系だ~!.

アンパンマン列車がやってきた

例によって天井にはクリームパンダのペイントが.今回分かったこととしては岡山駅に着く直前の駅名アナウンスの前に戸田恵^h^h^hアンパンマンの声で「みんなアンパンマン列車に乗ってくれてありがとう…」というメッセージが流れることですかね.例によって社内チャイムもJR四国の特急で使われる「♪テロテロテロテロテロテロテロテロテ・テ・テ~」ではなく「アンパンマンのマーチ」が使われています.

クリームパンダのペイント

1時間程で岡山に着いたのですが,新幹線の待ち合わせ時間が結構あったので各車両の写真を撮ってみました.まず7号車(岡山方面先頭),クリームパンダ号.

クリームパンダ号

6号車,ロールパンナ号.

ロールパンナ号

5号車,前回お世話になったカレーパンマン号.

カレーパンマン号

4号車,メロンパンナちゃん号.

メロンパンナちゃん号

3号車,パンこうじょうのなかま号.

パンこうじょうのなかま号

2号車,おむすびまんトリオ号.

おむすびまんトリオ号

1号車,ばいきんまん号.えーとこの1号車の一部がグリーン車なのですが…そうですか「ばいきんまん号」が「グリーン車」なんですねぇ.

ばいきんまん号

ちなみに岡山に到着後準備の後,折り返しで宇和島に向けて出発します.当然ばいきんまん号が先頭車両になります.こんな感じで.

ばいきんまん号の正面

あと向かいのホームに止まっていた高知行特急南風号・徳島行特急うずしお号(注:途中で切り離す)もアンパンマン列車だったので先頭車両だけパチリ.これは土讃線を走る「アンパンマン号 ピンク」ですね~.

アンパンマン号 ピンク

なんかこう,アンパンマン列車を見ると「あ~四国だなぁ」と感じてしまうのは,JR四国の策略にはまっているのでしょうか?てことで,今日はここまで~.

参考リンク:JR四国のアンパンマン列車の紹介ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年盆休み -うどん屋めぐり編-

ということで久しぶりに友人とうどん屋めぐりをしました.

お盆ということもあり有名なうどん店はどこも行列,多分観光客が多いだろうと物見遊山で横を通り過ぎた超有名店Nは車を誘導するおっちゃんによると1時間20分待ちとか….もう香川人的には流石に許せない待ち時間なので,そこはキャンセル.そんなに混んでない,でも楽しめる・美味しい・タイプの全く異なるお店を3件ほど食べ歩いてきました.

まずは1件め.三豊市豊中町の「上杉食品」.製麺所タイプのお店.いろいろ情報を調べたところ午前6~8時営業と記載された情報もあり,基本的に午前中に玉が無くなり次第営業終了とのこと.友人と一緒にうちを出た段階で既に9時50分.もう営業は終わっているかなぁ,と思っていましたがラッキーなことにまだ開いていました.店員さん,ありがとう!

上杉食品

ごめんなさい.うどんの写真はありませんが,冷たいかけをいただきました.時間を外したので若干ゆるくなっていましたが,十分なおいしさでした.製麺所タイプのお店は久しぶりなので妙な郷愁を感じました.

次,2件め綾川町の「うどん喫茶スタート」.香川県の喫茶店のメニューにはうどんがある,という都市伝説に近いものがありますが,あながち間違いという訳ではなく,実際にうどんを出してくれる店もあります.ちなみにスタートも最初は普通の喫茶店だったらしいのですが,うどんも出すようになったお店です.でここの名物メニューがこれ.

コーヒーうどん

その名も「コーヒーうどん」です.見た目は限りなくそばですが,確実にそばではありません.店員さんによると最初にコーヒーの風味を味わって欲しいので,うどんだけ何もつけずに食べてみて,とのことだったので実際に試してみました.…すいません,味覚オンチかつ帰省すると再発する鼻炎で香りがよく分かりませんでした.ただ帰ってきてから思うに多分うどんの上にのりがかけられていたので,その香りが勝っていたのかなぁ,という気はします.こちらは店舗の写真撮り忘れ.ごめんなさい.

最後3件め,自分好みの店で閉めたかったので観音寺市の「やな川」へ.

やな川

「やな川」には夏季限定のメニューで「冷やしかけうどん」があり,ここのところ夏場に食べに行く機会が無く,久々に食べてみたくなった次第.うどんはこんな感じ.

冷やしかけうどん

「やな川」のすっきりとした出汁が細い麺に絡まって非常によい感じ.結構「やな川」って麺が細くコシも強くないので,ここのところの「さぬきうどんブーム」の中にあっては異端視されがちなのですが,個人的には一番好きな店ですし,バラエティさがあってこその「さぬきうどん」ですので,ぜひ一度食していただきたいところ.いや旨かったです.ちなみに冷たいうどんなので通常よりコシは強くなっています.

10年くらい前にうどんのネタを書いていたころと同じことを書きますが,あえてこの記事に詳細な情報は書きません.それは宝探しのように新しいうどん店を「発見」して新たなさぬきうどん像を「発見」して欲しいからです.

いいことなのか悪いことなのか,10年前よりは格段にうどん店の情報が簡単にネットで手に入るようになりました.ブームに乗っかり香川県内にもセルフタイプのお店を中心に新しいうどん店がオープンしています.でもあくまで私見ですが,その新しい店には個性や特徴のようなものがあまり感じられないのです.ブームにともなう弊害も耳にすることがあります.今一度この文章を読んでくれた皆様が自分自身で好きなうどんを「発見」していただければ幸いです.

今日はこんなところで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年盆休み -帰郷編-

お盆休みということで実家に帰ってきました.

正直なところあんまりすることもなく明日お墓に行って,ちょっと親戚に顔を出すくらいのもんで.とりあえず「夏休みの宿題」は持って帰ってきたので,チロチロと復習しているところです.

ときに雨だの地震だの結構エライことが起こっているこの数週間ですが,帰りの電車でもやっぱり爪あとが….

姫路の手前あたり,加古川とかその近辺の川の流量がめちゃめちゃあるのな.で,水面よりむさむさ高いところに水が流れた跡が残ってるのよ.もうどんだけ雨降ったんやと.

あと,瀬戸大橋から見える海面がゴミというか木屑というか,なんか普通の海にはあってはいけないものが大量に浮いていて,なんとも切なくて切なくて.そろそろ平穏な天候になって欲しいのですが….

こんなお盆休みです.さて本でも読むかね.では~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれ!バドエル

くぅ~シューミやっぱり復帰キャンセルかぁ….

 M・シューマッハがF1復帰を断念…代役はバドエルに決定 (Yahoo!Japan)
 Schumacher calls off Formula One comeback (The Official Formula 1 Website)

まぁ首のケガってのもあるけども,今年型のマシンに乗ることができるのがレースウィークのみってのもあって,変にシューマッハの足跡に蛇足が付くとか,変な話慣れないマシンでレースに臨んで事故るとか,そういうことにならなかったのは良かった,と考えておきたいですね.

で,問題のマッサの代役,結局リザーブドライバーのルカ・バドエルです.フェラーリのテストドライバー歴12年,1999年のヨーロッパGPではミナルディで4位を快走しながらもマシントラブルでリタイア,人目をはばからず号泣した,あのバドエルにスポットライトが当たります!そっか,1999年日本GP以来10年振りにF1復帰するんだ~.時の経つのは早いよねぇ.

もう職人的にフェラーリのテストドライブを淡々とこなしているバドエルなので,今年型のマシンに関してもよく分かっているかと思われますので期待しましょう.シューマッハの5連覇にはセカンドドライバー(バリチェロ・マッサ)やテストドライバーの存在が欠かせなかったからなぁ.1999年のシューマッハ骨折事故の際にテストドライバーのバドエルではなくミカ・サロが代役となった苦渋を舐めたこともある苦労人どうかがんばって欲しい,バドエルには.

おまけその1:バドエルのデビューは1993年.バリチェロと同期.セナ・プロストと一緒にグランプリを走った数少ないドライバー.1993年まではレギュレーションで燃料無給油が決められていたので,今の1つのレースをピットストップによるスティントに分けスプリントレースを複数行なうレーススタイルとはまた異なるマネジメントが必要だったのな.例えばレース序盤は燃料が重いので無理せずに走り,セッティングをバッチリ決めた中盤・後半にプッシュする,こんな感じ.ちなみに来年からは燃料無給油.その時代を知っているどちらかに来期も現役を続けて欲しい気はしてます.

おまけその2:バドエルが一番世界で注目されたシーンってどこ?って話です.間違いなく2006年のトリノ五輪の開会式でしょう.トリノ出身のバドエルが自分が熟成させたフェラーリを駆って出てきたときには,何か彼の苦労が報われたような気がしたもんなぁ.

おまけその3:フェラーリにイタリア人ドライバーが乗るのってずいぶんとひさしぶりじゃないかなと思い調べてみました.1994年のニコラ・ラリーニ以来ということで,何と15年ぶり.フェラーリってあまりイタリア人ドライバーにこだわっていないところがあるんだけど,さすがに15年ぶりってのには少しビックリしました.

ということでバドエルがんばれ!10年前にニュルブルクリンクで置いてきてしまったものを取り戻して欲しい~.今日はここまで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えびせんべいなお話

いささか時期を逃してしまったネタではありますが…

 初音ミク ネギ入りえびせん『みくせん』 (志満秀×ピアプロ)

このブログでネタにしたコトはないんですが,このえびせんべいの「志満秀」の社長ってうちの親戚なんですね(創業者が祖父の兄).冠婚葬祭で社長と会うくらいの関係なんですけども.結構香川のお土産としてはメジャーだと思うんですよ.おいしいしいろんな商品を開発してて「よくこんなん思いつくよなぁ」と思うこともあったりで.伝統にもこだわる社風らしいんですが…

友人が見つけてきたのがこの「みくせん」.公式サイトを開いた瞬間,思わず固まりましたがな.

別に初音ミクがキライとかサブカルっぽのがイヤとかそんなんでは無いんですよ.実際私自身サブカル好きでギークでナードな人間ですから.VOCALOIDで遊んでみたいと思ったこともありますし.簡単にいうと「全く想定外のところからボールが飛んできてビックリするあまり避けきれなかった」みたいな感じだったんですよ.ほー,こういうもの作ってしまうのかと.…てか,えびせんに絵やQRコードが書かれてるのって微妙に食べるの躊躇してしまわないかなぁ,と思ってみたり.

基本ネット販売.店頭販売は高松本店と高松空港店だけらしいのでご注意を.ちょっとした小ネタでした.では~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪雨と渇水の表裏一体 -私やっぱり香川人-

「レイニーブルー」ネタを書くときは明るく書こうと心がけています.ということで名曲,徳永英明の「Rainy Blue レイニー ブルー」です.

徳永英明/Rainy Blue レイニー ブルー

徳永英明/Rainy Blue レイニー ブルー

まぁ,ここんところ雨で体調がおかしくなるってのは減ったのは我ながらうれしいことですが.へー「レイニーブルー」って1986年の曲なんだ.私の父が亡くなった年だね.徳永英明ってこの翌年「輝きながら」でブレイクするってので時系列あってるかな?年齢的に私より上10歳くらいの人にとっては懐かしいんだろうね(ぜってー「アラフォー」なんて書かないでやる…ぁ,書いた…).

いやしかしここまで天候不順が続くと,さすがにブルーな気持ちにもなるわなって感じで.ここ1ヶ月の間の風水害で被害を受けた皆様にお悔やみならびにお見舞い申し上げます.

でも私はやっぱ香川県人の血が流れているんだなぁ,とつくづく感じます.

 四国新聞社…サイト右側に早明浦ダムの貯水率
 早明浦ダムに降雨100ミリ/取水制限を全面解除 (四国新聞社)

いきなり登場した台風9号の豪雨のおかげで貯水率一気に100%に回復!…これが集中豪雨でなく,災害に繋がらなければどんなにいいかと常々思ってしまうんだけどねぇ.

多分,明日か明後日「電車」で実家に帰ります.では~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNSの写真を変えてみる

SNS(mixiGREE)のプロフィール画像を変えてみた

これまではこんな風景写真を使っていたのな

七宝山

いろんな意味であんまりなのでコレに変えました

ライブ

でもね,これってライブの曲の間で叩いてないとこなのよ

練習風景

ブログで使ってるこれは練習のときに撮った写真で演奏中のヤツ

オレ,若け~!細せ~!!

せっかくなので自分のサイトに上げていた画像を出してみるか…

練習風景 (トリミングしてないヤツ)

ライブ 

なんかこうやって並べてみるとドラムの設定かなりいい加減

基本は今もハイハット高め・スネア低めなんだけど…

タムとシンバルは今とは違うね

今はタムは打面をできるだけ水平に(必然的に高くなる)

シンバルは干渉が嫌なのと見栄えを考えて高めに,こんな感じ

写真かえるだけでこんなことを考えてしまうのか

つかそろそろドラムの練習に行かないとまたなまっぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の夏休みの宿題

昨日の記事に書いたとおり私の今年の夏休みの宿題は

「自社の開発商品をキッチリと説明できるようにすること」

「義肢・装具と車いす・姿勢保持の知識を高める」

の2つなわけです

AAC担当の後輩には私の手持ちのAAC関連書籍2冊と

最低限読んでおいて欲しい資料を渡しました

できれば「夏休みの宿題」的に

読んでおいて欲しいんだけどなぁ…

どんな質問でも答えるので

こっちがドキッとするような質問を考えて欲しい

などと思うお盆前の金曜日の夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「広く浅く」じゃない「広くそこそこ深く」だ! -会社でやっていることを説明するには… その2

ということで先週の続き

新しい業務を引き継ぎながら,うちの会社というかグループ(川村義肢株式会社パシフィックサプライ株式会社)の開発商品,取扱商品,歴史,トピックなどを深め深めに調べなにゃ~と思っているところ.

どうしても私のバックボーンがAAC機器やらコミュニケーション機器というところにあるため,他の分野,特に義肢・装具という会社の基礎となる部分のことを,人に説明できるほどには知っていない.でもここは確実にクリアしなきゃいけないポイント.

先週末にプライベートで義肢の歴史をいろいろと調べて,これが結構面白いというか興味深いもので.その興味深い部分と会社の歴史展示室にある古い義肢(「恩賜の義足」などという非常に貴重なものもある)がうまくリンクしてくれて,私自身も楽しくその2日後に初めてした義肢の歴史の説明を聞いていただいた方にも参考になったのではないかと思う.

でまた別件で,義肢装具カタログの画像を集める作業をやったんだな,昨日・今日と.いや,10年前入社したときに分からなかった義肢・装具のことがズバズバとまではいかないけど,ある程度のところまでは理解できるのね.これは思うに品質管理関連の部署にいた頃にいろんなパーツを触っていたからなのかなぁ,と思ってみたり.

こんな感じで「浅く広く」と前は書いたケドも少し方向転換しよう,「そこそこ深く広く」これだ!夏季休暇中実家に戻って会社のカタログを見ながら,ネットを使って歴史やら海外事情を調べてみよう.というか実はコレ,元々コミュニケーション機器の勉強をするときに学生時代と入社3年めくらいまでににやっていたことの焼き直しなんだけど,それをやっていたおかげでコミュニケーション機器に関しては余裕を持って説明できるようになったし,何よりも自分の引き出しが増えた.それを他の分野でもやろうってことですよ.

いきなり全商品というのは無理があるので,まずは自社開発商品とパシフィックサプライの輸入商品からいくかな.がんばるんじゃない,楽しむんです.でその楽しい部分をお客さまと共有するんです.このプランで今後の業務を遂行するかな.

こんなことを考えつつ,今日はここまで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンダーフィンガー伝説!!-ジョン・エントウィッスル伝-

私は一介のアマチュアドラマーです.バンドでいうとベーシストとリズム隊を作り,そのバンドの基礎となる音作りを担います.

そんなもんでベーシストにも結構着目してて.で,以前何度か紹介していたThe Whoのベーシスト,ジョン・エントウィッスルのバカテクのベース,というかリードベースギタリストとでも呼びたくなるようなカッコいい動画があるので紹介しておきますね.

The Who/Won't Get Fooled Again(Bass Only)

The Who/Won't Get Fooled Again(Bass Only)

これまた何回も紹介してきたThe Whoの伝記映画「The Kids Are Alright」の最後を飾る「Won't Get Fooled Again(邦題:無法の世界)」(アルバム「Who's Next」より)のベースパートのみを抜き出した動画がコレです.

多分ジョンもこんな使い方をされるとは思ってもいなかったでしょうが,The Whoの音のキモ「音の隙間を縫うようにベースやドラムが入る」ってのが非常に分かりやすい映像かと.あと1~3番までメロディは同じなのにジョンの野郎,わざとフレーズやリズムを変えたりしやがって…かっこいい.最後のフィードバックもいいわ,「ベース」ではなくって「ベースギター」って感じがして.つかジョンほど変形ベースが似合うベーシストもなかなかいない気がします.

The Who/5:15(Bass Solo)

The Who/5:15(Bass Solo)

たしか2000年にロンドンで行なわれた小児ガン・白血病の支援団体へのチャリティーライブの映像だったかと記憶しています.とにかく晩年のジョンの演奏です.曲は途中から始まりますが,アルバム「Quadrophenia(邦題:四重人格)」から「5:15」です.普通に見てても凄いジョンのサンダーフィンガーですが,なんとこの動画はヘッドのところに小型カメラが取り付けられていて,よりサンダーフィンガーさが増す仕様になっています.ソロの終わりをドラムのサポートメンバー,ザック・スターキーに目で合図しているときのジョンの顔がめずらしく優しいのが素敵だわ.

ということで,今日はここまで!

ザ・フー / フーズ・ネクスト [DVD]

ザ・フー / フーズ・ネクスト [DVD]

  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • メディア: DVD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐怖の人体ハッキング -できれば杞憂に終わって欲しいコト-

少しだけ仕事に絡む,ちょっと考えてしまうお話.

 人体へのハッキング攻撃:発達する「神経工学」とその危険性 (WIRED VISION)

なんかこの記事に貼られてる写真,学生時代に研究室で見たような風景….

この記事を読んで思うのは軍事技術と福祉工学で使われている技術で紙一重だってことかな.「視線だけでパソコンの入力を行なう技術」とか「頭で考えるだけで思った方向へ進む車いす」とか「筋電を使ってもっ凄い細かく指を動かすことのできる義手」とか….どこまで実用化されているかの差異はあるけども,元々は軍事技術に端を発している福祉用品って実は想像以上に多い.

私の知る範囲でこの記事に書かれているような「攻撃」というのはまだ聞いたことがないし,できればそんな「攻撃」をしようとする輩は出てきて欲しくないところだが.如何せんここのところ「性善説」を前提に作られたものを悪意をもって使用する者も出てきている現状では,ある程度「性悪説」に基づいた防御策が必要なのかなぁ,とも思える.…でもなぁ,その防御策って多分ユーザーさんにとっては自分でできることを限定的にしてしまうようなコトになるだろうからなぁ…

何か自分自身でこの記事を紹介しておいてアレなんだけど,ホントはこんなこと考えなくてよいような世界になればいいんだけどね.ということで今日はここまで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社でやっていることを説明するには…

ということでちょいと訳あって新しい業務を本格的にスタートするために,Wikipedia義肢装具福祉用品介護用品のことを調べてるんだな,この週末.

まぁ調べるということが重要でWebいろいろなところへ調べに行って,でもまだ何か足らない気がしてしまう….重要なポイントは大体分かった.とは自分の得意なところを作ったり自分の引き出しを増やすためにもコレやってないと不安なのね.

私は「福祉情報技術コーディネーター」の資格を持っているからさぞいろいろ知っていると思われるときがありますが,実はそうではなくて.この資格はパソコンの入力支援・出力支援・サポートの際に必要になるAAC技術が重要視されるもんだからね.同じような名前でもっとメジャーな「福祉住環境コーディネーター」の方が扱う範囲は広いしね.参考書はあるから試験受けてもいいけど試験内容改正前のものでちとしんどい…

セミナーと同じように堂々を声を大きくして説明する,ってのをするための自信を付けていっている感じです.明後日,説明なり~.

で,今日はここまで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »