« 伏線回収作業 その2 | トップページ | 質の良い緊張感を求めて… »

あの人の死で少し考えた

本日は繰り上げで通院.朝の発熱に関してまた相談したけど,やっぱり慣れるしかないっぽいなぁ,って感じ.基本薬はキライなので投薬量増やしたくないし….

話変わってマイケル・ジャクソンのお話.正直ね,絶頂期にはあんまり彼のこと好きではなかったし,ゴシップが増えてからは「あ,またか」程度で意識してなかったわけですよ.だからテレビの速報で「亡くなったらしい」と聞いたときも「今度は何ぞ!」とショックを感じつつも失礼ながら軽く考えてたのよね.あえて書くと大学時代の友人にマイケルのこと大好きなヤツがいて,彼を含めた仲の良いメンバーでカラオケに行って「洋楽・アニソン縛り」ルール(ひどいルールだな)で出るはずのない高音域で「Beat It」を歌おうとし力尽きたのを思い出したりはしたかな….

で,週末芝居の稽古場.どこの劇団でもやってることかもしれませんが,アップのときにいろんな音楽をかけてるんですよ,新旧洋邦織り交ぜて.音楽に合わせて軽いトレーニングすることもあるし.「お世話になった(過去の公演で「Thriller」のパロディをやった)マイケル・ジャクソンさんが亡くなったので」ということで改めて聴くと結構心地いいのね,これが.ストレッチしてると横で代表がスリラーの振り付け解説してるし.ダンスミュージックって特にテンポが年代別に大きく変わるけど,今回こうして改めてマイケルの曲を聴くと自分に一番テンポが合うのは80年代前半かもしれないね,とは思いました.

ただなぁ,ダンスミュージックってあくまで私個人の意見だけど,ドラム的にはあんまり面白くないんだけどねぇ.カッチリとリズムのフレーズが決まったところに音を乗っけていく感じがして.本当にドラムのプロ志向のある方は,ダンスを練習に組み込んでリズム感を良くするってのをしていることもあるみたいだけど.芝居でダンス練習するならOKだけど,一介のアマチュアドラマーがドラム「のためだけに」ダンス練習するか,ってなるとそれは…な感じになるし.そう考えると今ダンスの練習もやろうと思えばできる環境を活かす方向で行った方がよさげかなぁ,なんて.

マイケル・ジャクソンの死で考えたことを今更ながら簡単に.Rest In Peace...

追記:
"ウィアード・アル" ヤンコビックのよくできたパロディPV「Eat It」「Fat」.良い作品だからこそパロディが成立する典型的な例ですね.
(さらに蛇足「Bohemian Polka」)

|

« 伏線回収作業 その2 | トップページ | 質の良い緊張感を求めて… »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046474

この記事へのトラックバック一覧です: あの人の死で少し考えた:

« 伏線回収作業 その2 | トップページ | 質の良い緊張感を求めて… »