« 2009観劇記 その20 | トップページ | バンド名の使用に関する個人的な見解 »

ユーティリティプレイヤー

自分の演技のレベルをちょいと棚の上に置いて言うと

できれば「ユーティリティプレイヤー」になりたいね

別に「選手」と「役者」をかけているつもりではないよ

これまでやった役(含影絵劇・人形劇)を挙げてみると

異星人に驚く通行人C・木こりの親父・無意味にアクティブな少年

無邪気なフリして邪気たっぷりな少年・検察官・マザコンの青年

こんな感じ

これだけ挙げるとユーティリティプレイヤーっぽくもあるけども

問題は最初に書いたとおり演技の「レベル」でして

そのあたりも含めて今度の芝居はがんばりたいな~なんて思う

どんな役かは公演の日まで秘密ということで

|

« 2009観劇記 その20 | トップページ | バンド名の使用に関する個人的な見解 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046469

この記事へのトラックバック一覧です: ユーティリティプレイヤー:

« 2009観劇記 その20 | トップページ | バンド名の使用に関する個人的な見解 »