« 「うどん情報おおさか・リターンズ」復活のカギ | トップページ | 2009観劇記 その17 »

ペイスちゃんの場合

黄金週間の最後はYouTubeとニコニコ動画でで音楽系動画を漁りまくった.ということで「偉大なるドラマー」シリーズということで,イアン・ペイス(Deep Purple/ex)Whitesnake)の動画をアップしますね.基本Deep Purpleの動画です.

Deep Purple/Burn

Deep Purple/Burn

Deep Purple/Wring that neck

Deep Purple/Wring that neck

Deep Purple and London Symphony Orchestra/Wring that neck

Deep Purple and London Symphony Orchestra/Wring that neck

Ian Paice Rudiments(教則ビデオ)

Ian Paice Rudiments(教則ビデオ)

1本めの「Burn」は第3期Deep Purpleのライブのオープニングチューン.1974年のカリフォルニア・ジャムの名演のビデオです.このドラムを聴いて「ペイスちゃんすげえ!!」と思ったんですよ.適切な表現じゃないけどAメロのドラムよくあれでリズム取れるなぁと.間奏の部分も地味に凄いし.

2本め,3本めは同じインストゥルメンタル曲「Wring that neck(Hard Road)」です.モノクロの方が第1期Deep Purple末期1969年の演奏,カラーの方が再結成の後リッチー・ブラックモア脱退後第9期Deep Purpleのライブ.ロイヤルアルバートホールでのロンドン・シンフォニー・オーケストラとのセッションです.モノクロの方はリッチー・ブラックモア(G)vs.ジョン・ロード(Key)のインプロビゼーションの応酬に適切な舞台を下から支えるような役割になってますねイアン・ペイス,ただそれだけでは終わらずちょっと聴いただけでは分かりにくいフィルも叩いているのが面白いところ.カラーの方はオーケストラvs.ペイスちゃんの図式になっており,短いですがドラム・ソロが見ることができるというのがポイントです.1969年時に比べてタムの点数が増えていますね.

4本め,イアン・ペイス先生の教則ビデオですね.シングルストローク・ダブルストローク・ルーディメンツ(パラディドル)の説明.スネアドラムの演奏だけですが,やっぱりこの人シングルストロークが凄いわ.なお,ペイスちゃんは左利きセットを使用しているので,参考にする場合はちょっとだけ注意してくださいね.

…えーとあえて黄金時代の第2期Deep Purpleは外しました.ご興味のある方はYouTubeで探してみてください.結構簡単に貴重な映像を見ることができますよ.ということで今日はここまで.

ディープ・パープル マシン・ヘッド・ライヴ 1972/73 [DVD]

ディープ・パープル マシン・ヘッド・ライヴ 1972/73 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD

|

« 「うどん情報おおさか・リターンズ」復活のカギ | トップページ | 2009観劇記 その17 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046429

この記事へのトラックバック一覧です: ペイスちゃんの場合:

« 「うどん情報おおさか・リターンズ」復活のカギ | トップページ | 2009観劇記 その17 »