« 2009観劇記 その17 | トップページ | 恐るべし!Windows7ネタの集客力 »

酷道のお話

久々の交通ネタで.昨日ちょいとした用があり芸術創造館へ.いつもは谷町線の千林大宮駅をを使って行ってたのですが,詳しい方に聞いたところ「京橋駅を使うんだったら京阪に乗り換えて森小路駅を使ったほうが便利よ~」ということが分かった次第.距離も所要時間も少し短いし.冷静に考えると谷町線を使った場合,南森町or東梅田になるんだけど,それって大きく迂回してるようなぁ,と気付きorz.電車のネタはこんなもので.

本題,道路のネタ.大昔のネタで今でもこのブログの優良コンテンツとなっている記事が2つあります.どちらも徳島県にある「剣山スーパー林道」のネタです.ちなみに「剣山スーパー林道木沢村行軍記」と「剣山スーパー林道「リベンジ」爆走記」です.これを読んだ方は「剣山スーパー林道ってエライとこなんだろうなぁ」と思われる方が多いようですが,実際のところホントにエライところです.一応「爆走」の方に写真をアップしてますが,夜なので景色が全く分かりません.「行軍」したときの記憶だと,ほぼ片側谷,もう片側崖といった,なかなか素敵なシチュエーションでしたね.

それはそうとまた別の視点で見ると「すごい道」≒「いろいろとしんどい道」≒「酷道(こくどう)」は国内・国外にいろいろあるようでして.

まずは国内.実は紹介する国道はここから結構近いところ.一般的には「国道308号線」として知られている,大阪と奈良を結ぶ峠道「暗峠(くらがりとうげ)」ですね.まず動画をご覧ください

車載 国道308号 暗峠 大阪側→奈良県側方向 上り

結構すごいでしょ.対向するのも一大事な感じです.大阪→奈良方向の最大勾配がなんと22%!かなり乗りなれている人でないと,自転車はもちろんのこと単車・自動車でも通行は難しいと思われます.四国には「国道439号線」というなぁ…(長くなるので略).

次,海外.ボリビアにある「死の道」として恐れられている「ユンガスの道」です.不謹慎なお話ではありますが,1年に100人程度の方が亡くなる交通の難所だそうで.まずは動画をごらんください.

Death Road(死の道)

こんなところでバスとダンプが対向してるよ…と唖然としてしまいます.実際かなり危険なのでボリビア政府も改善をしたいらしいのですが,予算的に厳しいようで.本当に必要と思われるこういうところにODAを使ってもらっていると納税者としても少しは納得するんですが….でも最近は観光客がマウンテンバイクでこの道を走っているようですね.観光資源になっているのか…う~ん,微妙に難しいぞ.

最後,スペインにある「エル・カミニート・デル・レイ(王の小道)」を紹介しましょう.ここは先述の道路と違い基本的に立入禁止らしいのですが,スリルを求める観光客が多く訪れるそうです.冷や汗というか油汗というか,何か変な汁が出てきそうになる動画をご覧ください.

El Camino del Rey(王の小道)

いや,世の中にはホントいろいろな道があるんですねぇ.ということで今日はここまで.

|

« 2009観劇記 その17 | トップページ | 恐るべし!Windows7ネタの集客力 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046431

この記事へのトラックバック一覧です: 酷道のお話:

« 2009観劇記 その17 | トップページ | 恐るべし!Windows7ネタの集客力 »