« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009観劇記 その19

ということで5月最後のダブルヘッダー.

 5月30日(土)昼 劇団あくた座 「いつも心に夕焼けを」 (A Stage!)

先に書いておきますが,すいません,残念ながら私には全く向いていない芝居でした.待ち時間に出演者のトークがスピーカーから流れ始めたところで「これはもしかして内輪ネタが多いのでは(旗揚げ公演で内輪ネタやられると相当キツい)」「トークの内容が脚本上がったのがいつとか,音響のトラブルがあったとか,ギリギリまでキャストが決まらなかったとか,個人的に上演直前に演出や役者の口から聞きたくない(DVDで言えばコメンタリーでしょ,こういうの先に聞きます?)」これでは見る前から不安になります.で,上演がはじまるといろんなことが悪い方へ悪い方へ出た感じです.舞台も時代を明治のはじめに設定した意図がさっぱり分からなかったし,無駄に暗転は多いし,使ってる音楽は有名すぎる曲で観客のミスリードを誘うような内容だし…といった感じで.極めつけが座り難い小さいパイプいすにも関わらず上演時間が110分というところ.最後の方申し訳ないですが,完全に集中力切れてました.あえて面白かったところをあげると最後のスライドショーみたいなところかな,かなりバタバタしてたけど….こんな感じなのでおすすめ度かなり低めです.

 公演おすすめ度:44% (入場料1,800円(Web予約)/私が感じた価格800円)


 5月30日(土)夜 いるかHotel 「十二夜!ヤァ!yah!~御意のまんまに~」 (大阪市立芸術創造館)

言わずもがなで原作はシェイクスピアの喜劇「十二夜」,これを女優のみ大阪弁で演じるというかな~りトリッキーな芝居でしたが楽しめました.が,好き嫌いは分かれるような気がします.何がトリッキーって女優のみで演じるってことは「男装の麗人シザーリオ」の意味が無くなるんじゃないの,ってのと,演出の意図とは別に「宝塚的」って思われてしまうんじゃないの,という2点につきます.「宝塚的」という方は序盤にギャグ(小ネタ)でバッサリといってましたがその処理は正しいかと.問題は「男装の麗人シザーリオ」の方でコレばかりは見た目みんな女性しかも衣装的に女性であると分かる登場人物の方が少ないという状況では如何ともし難い気がします.結果はともかくナイスチャレンジだったとは思いますが.客演の伊藤さんの狂言回しと飛び道具的にコメディリリーフを演じた梁川さんのインパクトある好演が良かったですね.

 公演おすすめ度:100% (入場料2,800円(Web予約)/私が感じた価格2,800円)

ということでしばらく観劇数が減ります.ダブルヘッダーを組めるようになるのは7月末か.ずいぶん先のような気がしつつも….

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伏線回収作業

あまりにも伏線を張りすぎたので少しずつ回収します.

どこまで言っていいのか微妙なのでアレですが,7月にとある劇団の芝居に出演します.舞台に立つのは劇団「徳島」の木頭公演以来11年ぶりです(途中2001年に劇団「徳島」で声の出演&音響オペレートはしたけど).とある劇団ですが,詳細はチラシができてからの方が良いかと思うのでわざと引っ張らせていただきます:).簡単にヒントだけ.「2009観劇記」シリーズで紹介した劇団です.実はこの段階でかな~り絞られるという事実(というかほぼ断定できます).ま・ま,あせらずに.

当然ながら,観劇する訳でもないのに芸術創造館に行っていたのは,その芝居の練習に参加するため.会社が終わってから時間を作ってドラムを叩きに行きまくってたのは,少しでも体力を戻すため.伏線というにはあまりにも分かりやすいものでしたが,ネタを少しでも引っ張りたいんだもん,そのあたりは許して頂戴.

こんな感じで6月からは練習日が増えますので,ホントに「観劇記2009」シリーズの本数が劇的に少なくなります.明日は土曜恒例2公演ダブルヘッダーですが,1日に観ることのできる芝居の数は確実に1本になりますし,観劇に行くのって金も使うけど体力も使うのでそれを温存しておかないと,公私共々いろ~んな人に迷惑がかかってしまうので,練習に行くまではなるべく自宅で待機する方向で.自宅でいれば理系のネタができるかと言われれば,それはやっぱりビミョーではあります.それでも6月某日に芝居を観にいくのは決定しているので0にはなりませんが.

あと「観劇記2009」シリーズですが実は年間の観劇数は50本くらいかなぁ,と考えていたのですが先週終了時点で本人も驚く観劇数40本!途中いろいろあったから多くなるのは分かっていましたが,コレだけ超ハイペースだとさすがにいろいろと….今回の出演でかなり落ち着きを取り戻すと思われます.

しかしね,正直ね,まだ芝居の感覚があんまり取り戻せてないのよ.去年のセミナーラッシュ関連の記事で書いたような気がするけど,セミナーで人前に立って話しているときって,「講師として前でしゃべっている自分」と「参加者として講師(つまり自分自身)を斜め上45度から見ている自分」がいてしゃべる内容や時間配分なんかを調整していたのね.だからほとんど同じ資料で30分から3時間までのセミナーに対応できてたんだけど.この感覚って劇団「徳島」にいたときに意識するようにしていたことで,ど~もそれがね取り戻せていないのよねぇ.何とかなるとは思うんですけどもね.

こんな感じです.今日はここまで~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呼び方・呼ばれ方

別にこのブログで名前を隠していないので書きますが,私の名前「黒島康司(くろしまやすし)」です.出身地の香川県観音寺市にはあまり多くない名字ですが,小豆島とか九州の一部では比較的多い名字らしいです.この「黒島康司」でググってみてみるとこんなんになります(→こんなん).

えーと今日5月28日現在の検索結果だと1位~4位が徳島大にいた頃の研究内容で5位が劇団「徳島」のページ(てかうちのWebサイトの中にあるんですが…),6位がWebサイト上の自己紹介.7位は仕事の関係でスイッチの貸し出しをした方のページ.8~11位が昨年仕事で回ったセミナーの開催先の方のページですね.その次がなつかしの「うどん隊隊長」でのラジオ出演.あとそれ以下にもいろいろあって28ほど引っかかってますね.

今日は呼び名の話です.皆さんもいろいろなところでいろんな呼び方をされていますよね.私の場合,こんな感じです.

  • 職場
    普通に「くろしま」「くろしまさん」「くろしまくん」なぜかこう読んでくれる人が多い「くろしまん」ですね.
  • 昔からの友人
    これも普通だけど「やっちゃん」「やっち」「くろちゃん」かな.
  • 大学時代の友人
    普通過ぎて面白くないけど「くろちゃん」「くろしまくん」「くろしまさん」「くろしま」
  • 大学の某サークル時代(劇団ポニー時代)
    わにべー
    これはさすがに説明しないと分からないでしょ.当時サークルでは子どもに読んでもらいやすいように「サークルネーム」ってのを公演などで使用していたんです.うまげにいうと「ステージネーム」「芸名」普通にいうと「ニックネーム」「あだ名」ですね.で「わにべー」の由来.
    本名の「くろしま」から「クロコダイル」で「わにべー」.意外と単純ですが「あぁ~あ」ってなるでしょ.サークル内でも普段でもサークルネームで呼びあってたから,国道の向こうから「わにべーさ~ん」って大声で呼ばれることもありましたねぇ(懐かしくも恥ずかしい).
  • Marlion(バンド名)時代
    半分以上さっきの某サークル経験者だったから「わにべー」と「くろしまくん」が半々.というかこのバンド名の由来がいい加減忘れてきてるんだけどね.「土柱」「荒井注」あたりが候補に出たのは覚えてるんだけど,何がどうなって「マーライオン」なのか,今となっては….
  • 劇団「徳島」時代
    ベタに「くろちゃん」.ステージネーム使うかどうか悩んだけど結局使わず,本名で出演・音響をしてました.
    実は密かに考えていたステージネームがあったんですけども.尊敬している2人のドラマーであるキース・ムーンから月影,ジョン・ボーナム(愛称:ボンゾ)から凡蔵.合わせて「月影凡蔵」というアレな感じなアレです.流石にね「ガラスの仮面」読者としては「月影」なんて名前,恐れ多くてよく使いませんわ,ホント「恐ろしい子!」…ぁ「月並凡蔵」にしてたら辻褄あってたのか,今気付いた.
  • 現在「虎の穴」というか「秘密特訓場」 (→例によって伏線です)
    基本「くろしまん」なんだけどなぜか少しパワーアップしていて「くろしまんX」になっています.なんか「プロジェクトX」か「スパルタンX」みたいで個人的にハマっています.(注:自分の呼び名や!)

何か普通の呼び名とそうでないのの落差が大きいような気がする.まぁいいです.ここに書いた呼び名については自分も気に入っている呼び方,呼ばれ方なんで.

では今日はここまで~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラム叩いて腹が吊る

例によって会社が終わってドラムの個人練習.しばらく引っ張るけどいろいろあって筋トレやストレッチをしてるわけよ(→伏線です).今日の練習で気付いたことがあって.ちょっと振り返ると前回練習したのが3日前の日曜日.芸術創造館に行く(→これも伏線です)前にたまたまスタジオが空いていて個人練習入れったったんです.

私の元々のクセみたいなもんなんですが,学生時代にドラムをはじめたときから,とにかく挙動不審な感じでドラムを叩いてました.まず目の焦点は定まらず天井の蛍光灯を見たり,他のパートのメンバーの楽器を見たり,アンプを見たり….残念ながらそれは変わってないです.基本ドラム叩くときはドラムセットはあまり見ません.ビデオで見ると自分に向かって「おどれ落ち着かんかい!」ってツッコミ入れますもん.それだけならまだいいんですケドね….

問題は体幹部分,ここが全く安定してないの.上半身は前後左右に揺れまくってるんですよ,ビデオで見ると.体幹が動くとそこについている両手・両足はぶれるわな.当然スティックと太鼓や足とペダルの位置関係変わるわな.で,リズムが崩れたりミスショットをしてしまうわな.なんとかせな,となる訳ですよ.

で,日曜日の話に戻ります.その日から「ドラムを叩くときは目線や首の動きはいいとして,体幹部分を固定することに注力しよう」になりました.基本私の個人練習は1時間です.その間,とにかく体幹を動かさないことに集中する訳です.これするとどうなるか分かります?

腹筋と背筋を想像以上に使うんですよ.だってその後その足で芸術創造館行って軽い運動はしたけど腹筋・背筋が筋肉痛になるほどのトレーニングはしてなかったもの.翌月曜日,朝大騒ぎですよ.起きた瞬間に腹筋が筋肉痛,咳をするだけでいたい,多分クシャミしたら腹筋吊る!みたいになりまして.おまけに背筋も筋肉痛になってもて.もうちゃんとした姿勢で歩かないとシンドイ状態になりました.

話少し飛びます.リアルで私のことを知っている方はご存知でしょうが,基本ナイジェル・マンセル並のデブ…ではなく猫背です.他の人から見ると普通に歩いているときでさえ「トボトボ歩きよる」風に見えるらしいです.これはですね,ずばり腹筋と背筋のバランスが取れてないから起ってるんですよね.

話最初に戻ります.今日の練習でもできるだけ背筋伸ばして1時間みっちり叩き込んできました.もちろん両手・両足の筋肉も使ってるんだけど,やっぱ姿勢を意識するようになってからは,いやらしくも翌日にやって来る筋肉痛は両手・両足ではなく,腹筋・背筋になりました.ストレッチしとかないと,またクシャミで腹筋吊るんで今からやっときます.そっかドラムをキレイな姿勢で叩こうとすると,いわゆるインナーマッスルちゅうのが鍛えられるっぽいですな.私の場合.

ということで今日はここまで!

PEARL 110STH ドラムスティック

PEARL 110STH ドラムスティック

  • 出版社/メーカー: PEARL
  • メディア:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギターケースを買ってみた

昼休みに自分のブログをチェックしてたんです.そしたら昨日書いた記事で「芸術創造館」と書くべきところ「兵術創造館」と書く,顔から紅蓮の炎が噴きでるような誤字がありまして.もう直しちゃったんですが,ネタ的にアホらしく面白いので書いておきます.それにしても「兵術創造館」って一体何をする施設なのか書いた私も興味があります.

ときに話変わって,この度ギターケースを買いました.これまでにも何度か記事に書いてきた,学生時代に中古で買ったアコースティックギターYAMAHA製FG-110用のヤツです.買ったときにはギターケース付いてたんだけど,大学サークルで人形劇の公演をしているうちに破れてしまい,それ以来ケース無しで車で持ち運びしてたんですよね,かなり無茶です.てか,今車持ってないし….

で,ギターケースYahoo!のネットショップで買ったんですけど,実はこのFG-110というヤツが微妙に曲者なんですよ.サイズがよく使われているD型(ドレッドノート型)じゃないの,1サイズ小さくて腰の部分がもう少しくびれている(←悪気は無いが微妙にいやらしい),Martin社でいうところの000型(オーディトリウム型)と呼ばれるサイズなんですね.どこのショップもD型用のギターケースは売ってるけど000型用のは売ってないの.

まぁ大は小を兼ねるでしょ,ということで思い切ってD用の買いました.さっき着きました.大丈夫です,中にちゃんと入ります.若干スカスカしているくらいでちゃんとギターケースとして使用できる感じ.でも,冷静に考えるとこのサイズにD型入れたらパッツンパッツンじゃねーの,と気になるくらいでした.

アレですね.ようやく歩きや電車での移動でも持ち運びができるようになって良かったですよ,ホント.ということで,今日はここまで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜかうどん屋が集中してる場所ってあるよね~

ここのところ日曜日は観劇に行くわけでもないのに,大阪市立芸術創造館に通っているわけです.これが何を意味するか,分かる人には分かるかと思いますが,もう1~2週間ネタを引っ張らせてくださいな.で,何も書かなかったらそのときは(お察し…(略)).

もちろん観劇で芸術創造館に行くこともあるんですね.場所が分からない方にちょっとだけ説明すると最寄駅は京阪本線の森小路駅か谷町線の千林大宮駅になります.そこから10分強歩く必要があるのでアクセスは微妙ですが….ちなみに国道1号線側から旭区役所・消防署があり,細い道を挟んだある意味アートな,ある意味ハコモノか!な建物が芸術総合館です.なお地下駐車場があるので場合によっては電車より車で行った方が良い場合もあるかも,って感じです.参考までにマピオンの地図っす.

実は演劇ネタと思わせておいて今日もうどんネタです.結構アクセスが悪いと文句を言ってる私ですが,駅から芸術創造館に行く間にかなりいろいろな店が並んどるんです.オサレな店ありの,すし屋ありの,食堂ありの….で,なぜか芸術創造館の近くにはうどん屋さんが多いの.しかも付け鴨うどんの店が.

1度公演時間を間違えて少し早く芸術創造館に着きそうになったことがあって.何もしないのもアレだしちょうど昼飯食ってなかったし.まぁ空腹だったことも手伝い思わず付け鴨うどんをもりもり食って旨かったです.ここで注意,香川県には「うどん別腹」というコトバがあります.よく女子が言う「甘いものは入る場所が別なの~」のうどん版だと思ってください.

な・の・で.基本的に私がうどん店の実力を試すには「超空腹な状態で食わない」「食事タイムとは違う時間帯にいく(ラッシュ時の湯で置きうどんの余りを掴まされると当たり前ながらまずいため)」この2つを抑えておいてうどんを食べると,ある程度の店の実力が分かる訳なんですな.

芸術創造館近くのうどん屋,まだ1件しか行ってないですが,今後調査に入りたいと思う所存です.つかしばらくは毎週芸術創造館ですしね~.今日はここまで~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ざるカレーうどん

1ヶ月くらい前の観劇の移動中のときのこと.その日は初夏の陽気ですこ~し暑かったのよ.だけども観劇の間の時間が空き過ぎたこともあり,ロクソドンタブラックからシアトリカル應典院まで散歩がてら歩いて移動してた訳ですよ.

そのときちょうど一心寺シアター倶楽から谷町筋に出たところにある「うどんの前田」でこんなものを発見し思わず友人に写メールしたんです.

ざるカレーうどん 850円

「ざるカレーうどん」て….とりあえずそのときはうどんな気持ちやカレーな気持ちではなかったのでその日はスルー.と,言いながら時間があったので,気がついたら日本橋のCoCo壱でカレー食ってました.そしたら友人たちに
「なんでざるカレーうどん食っとかんの!?」
と至極真っ当なことを言われてしまい,今度近くに来たら食べに行こう,となった訳.

昨日の観劇は一心寺シアター倶楽とABCホール.空き時間に行くと良いんでないかい,ということで行って食ってきました,「ざるカレーうどん」.まずは店の門構え.

うどんの前田

早速中に入り「ざるカレーうどん」を注文.約5分程度で現物登場.こんな感じ.

ざるカレーうどん

ごくごく普通のざるうどんに見えますが…実は漬け汁がカレー(冷たいん)なんですね.カレーそば的つゆというかスープカレー的というか.で,漬け汁の上にあるのが,薬味のガーリックフライ.結構な量のうどんをカレーだけで食べきるのはちょっとしんどい気がしますが,ガーリックフライをいれるとよりスパイシーになってよい感じです.同じようにうどんの下にあるのはかぼちゃの天ぷら.途中の箸休めに甘みが心地よいです.普段入れない生姜はやっぱり入れなかったのですが,入れてみたらどんな味になるのか気にはなるところです.麺はいわゆるさぬき系で普通の太さ,慣れ親しんだ感じのうどんです.生醤油や釜玉もメニューにあるので,かなりお店側も麺に自信を持っているものと思われます.

いや,想像以上に普通で美味しかったです.まずかったらどうしてやろうか,と企んでいたのに:).ごちそうさまでした.で,今日はここまで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009観劇記 その18

2週間ぶりに観劇.関西の小劇場界では有名な2劇団の公演です.どちらも「普通の観客席」のある劇場での公演.このシリーズでは珍しいかな,と.

 5月23日(土)昼 コメディユニット磯川家 「今宵はグッドファルス ~終わらせたくない夜に~」 (一心寺シアター倶楽)

笑いに来たつもりで実際に笑ってほんの少しだけほろっとさせて.変な言い回しですが悔しいけど面白かった感じです.お勧めできる芝居だと思います…が,ブラックなネタは好き嫌い分かれると思うのでその点は考慮した方が良いのかも…私は不謹慎ネタ大好きなので全く問題無しでした.

あえて書くと若干上演時間が長く感じました.序盤はもっとスッキリさせてもよかったかも.もしかしたら終盤の暗転がそう感じさせてるのかもしれません.

個人的には客演の昆虫PEG.の本多さんの演技が良かったです.前の劇団ガバメンツの公演のときも実は気になっていたんですが,かなり特徴のある声・仕草ですがものすんごい人を引き付ける力があるなぁ,そう思いました.

 公演おすすめ度:120% (入場料2,500円(Web予約)/私が感じた価格3,000円)


 5月23日(土)夜 売込隊ビーム 「星が降り、夜が来て」 (ABCホール)

この公演のフライヤーがなんか凹凸がついててインパクトあったなぁ,と思ったことをまず書いておいて….

隕石が舞台の主要パーツになっている濃密な会話劇.ズバリ自分の好きなタイプの芝居.一人の人間って数年でいろんな事あるもんなぁ,と思わず切なくなってしまったりして.

同じセットを使用しつつ数年間の時系列を描いていて,照明でそこのとろを表現してるのが分かりにくいかも,って最初は感じましたが,ホント役者陣が上手いのであっさりとそこのところは問題になってなかったです.こちらは特に人を選ぶような内容ではないので無難に皆さんにお勧めします.

終演後の300秒ショーで休団された梅本さんが出られてましたね.明日も出られるので,ファンの方は本編だけで帰ってしまわないようご注意を.

 公演おすすめ度:107% (入場料3,000円(Web予約)/私が感じた価格3,200円)

新型インフルの関係で表方のスタッフの皆さん軒並みマスク姿でおつかれさまです.なんか観劇とは別にインパクトあったわ,マジで.今日はこんなところで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういや最近(理系)ネタ書いてないなぁ

そういやここんところ(文系)の記事ばっか書いてて,(理系)の記事を書いてないよななんて思ってて….

理由は簡単で最近パソコンをいじっていないから.古いパソコンのパワーアップ用パーツは揃ってるんだけど,観劇の方に重きを置いちゃってるのでどうにも手が出せない感じ.それに今は言えない秘密の作戦(→伏線です)が進行中で,とにかくそれが終わらないと中途半端な記事になりそうでどうなんだかって思ってて.秘密の作戦の期日は7月下旬.ということはそこまで理系の記事はニュースから拾ってこなきゃいけないのか.でもそっちの方も最近激しく斜め読みだし….

もしかしたらようやくアナロ熊脱出の可能性が出てきたので,それができたら記事にはできるかな.でも正直AV関連は弱いのよね~,現状テレビあまり見ないし(ま,それはデジタル化したら変わる可能性大ですが…).

そんな感じなのによくネタ作ってブログの記事にしてるのが我ながらエライなぁ,とは正直思う:).演劇・音楽ネタでかなりごまかしてるけど.そういや明日は2週間ぶりの観劇なのでま~た演劇ネタです.でもアクセス数みてるとこれが結構演劇関連が強いのよね,現状のうちのブログ.

今日はこんな感じ.明日の観劇記,お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Let Me Entertain You

ブログ開設前の私のWebサイトで同じタイトルでシリーズコラムを書いてましたが,これはそのシリーズではありません.ま,Webサイトのシリーズ版がQueenの曲,この文章がロビー・ウィリアムズの曲からインスパイアされてと思っていただければ分かりやすく…なる訳ないじゃん!ちょっとしたネタですよネタ.

まぁQueenの曲もロビー・ウィリアムズの曲も「おめーを楽しませてやるぜ」的な煽り入ったハイテンションな曲で好きなんですよ.私自身今にして思うとだけど,学生の頃芝居や音楽にのめり込んでいたのも,気持ちのどこかには「おめーを楽しませてやるぜ」って思ってたと思うもん,絶対.そう考えているんなら大阪の芸人の「何してでも笑わせまっせ~」ってのも心のどこかに楽しめる部分があってもよいハズだけど,それこそ真夜中にハイテンションになっているときでないと受け付けないのはなんでだろうね.…あ,だから「オールザッツ漫才」のくだらないネタでも笑ってるのか,私.

話が変わるけど,私の勤めてる会社6月で期が変わるのよ.こんな時期に新型インフルエンザかよ,って話は置いておいて….仕事,少しだけ変わるのよね.で,社内に多分いろいろアピールをしていかなきゃならんことも多くなりそうなのね.自分でいうのもアレだと思うんですが,私変なところで肩肘張ってお堅いでしょ,人はそれを「真面目過ぎ」と言ったりしますが.やっぱね,今日時間は短かったけど上司と話して良かったよ,ホント.「社員のみんなが楽しめるようにしなきゃ!」まさにそのとおり!…分かってるんだけどね,正面から突破するのは難しいのよね.

そこでだ.こう考え方を変えることにしてみた.私だって社員なんだから「自分が楽しめばいいんじゃん」って.やりたいことを結構自由にやらせてくれる社風だし,この考え方で行けば解決するんではなかろうか,と思っている次第.Queenもロビー・ウィリアムズも絶対「自分が楽しんでお客さんも楽しませるエンターテイナー」だったと思うしさ.

なんかエライ世界的なミュージシャンから身近なところに話を持って行き過ぎてるきらいが無くはないけど間違ってはいないでしょ,つことで今日はここまで.

Queen/Let Me Entertain You

Queen/Let Me Entertain You

Robbie Williams/Let Me Entertain You

Robbie Williams/Let Me Entertain You

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か風景がいつもと違う…

今日は通院日ということでお休みをもらって城東区の病院へ.普段はエライ混みようなのになぜか閑散…アレ?

これはやっぱりアレか!豚フルこと新型インフルエンザのせいか!病院の入り口・受付にはインフルに関する注意事項が張り出されてるし,ドクターをはじめ看護師さん,薬剤師さんなどなど病院・薬局スタッフの皆さんはマスクで完全防備だし.ま,待ち時間が少なくてちょっとだけ得した気分だけど.

診察のときに思わず先生に聞きましたもん.「やっぱマスクつけてはるんですねぇ」って.「医師会からつけるように指導があった」とのこと.緊急事態だし当たり前っちゃ当たり前だけどねぇ.

で,病院まで出たついでにメンテナンス用のパーツを買うべく日本橋にGo!阪急電車のマスク装着率がすごいとは聞いていたけど,堺筋線に乗り入れている阪急の電車のマスク装着率も相当高いぞ,コレ.

日本橋では即効で某電子パーツショップへ.3分でブツを見つけ購入.10分に満たない滞在時間でそのまま帰る.だって人ゴミの中でいる方がインフルになりそうなんだもん.それに今年に入って日本橋近辺の劇場(インディペンデントシアター,一心寺シアター倶楽,シアトリカル應典院)に行くことが多く,大体どこの店に何があるか把握できてるし,観劇数を減らすとは言ってもやっぱ日本橋に行くことこれからもあるの分かってるしで.

インフルに過剰反応することは無いけど注意はしとかんとね,って感じです.どうでもいいですが,駅前にたむろしていた高校生っぽい皆さん,なんで休校になってるのかよ~く考えてみてください.そんな人の多いところで居ちゃ休んでる意味無いじゃん.

と,今日はここまで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文章のお稽古

文章力が低下しているのやら,それとも意図的に書いてるのか?答えはもちろん「意図的に書いている」のだが…

まだこのブログを開設する前に書いた文章とここのところ記事に書いている文章を見比べてみる.ここのところブログの記事に関しては意図的に散文的に書いたつもりになっているのだが,第三者的に見たら文章書くのが下手になっているような気がしないでもない.

元々文章を書くのは得意ではないので,学生の頃から「リズム」を気にして文章を書くように心がけている.だから昔の文章もよく読んでみると速く読ませてしまおうとか,ちょっとリズムを遅くしようとか,なにかその当時に読者に対してこんな風に読んで欲しい,という匂いのする文章も結構多い.

最近の自分の傾向としては,普通には意図しないようなところで強引に文章をぶった切って,途中で読者のリズム感を変えようとしていることが多い.何か工夫しないとというのが前に出すぎているきらいがあるような気がする.

ちょっと文章の書き方をもう一度自分なりに考えた方がいいのか,と思うときもある.だから今日はいつもの文章とは違う雰囲気で書いているのだが,やっぱり少しぎこちないし,「リズム」が明らかにいつもの文章とは違うのが書いていて分かってしまう.

…と,いつもの感じとは違った感じでかっこつけて書いてみましたが,正味な話ブログは基本面白いことが書ければいいと思っているんです.ここのところコラムや小説は書いていないな~,と思ってちょっとだけ文体変えてみました.つか別にいつものこの書き方で書けばいいんじゃね,コラムも小説も.さすがに詩は書きにくいけどね.てか人から見たらどーでもいいようなことなんですけどね.

ということでちょっと遊んでみました.今日はここまでです.では~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迎え太鼓

ここんところいろいろあって軽い筋トレやらストレッチやらをすることが多く,中途半端な筋肉痛になる日もあり~の.

今日も痛みは無いけど若干筋肉が張っていたんですね.そこで試してみました.迎え酒ならぬ「迎え太鼓」.仕事が終わって貸しスタジオに入って,そこそこキツめの曲ばかり練習した後,思っきりタム回しとシンバルを中心にしたルーディメンツをしてみました.1時間がっつりと練習しましたが,特に体力を消耗することもなく,腕や足が痛いということもなし.ま~普通に軽い運動したかな,程度の筋肉の疲れ方.体調はともかく体力はかなり戻ってきている模様.

たださすがにこのまま筋肉が張ったまま放っておくのは体に良くないのでストレッチをよ~くしておいて,風呂に入ってリラックスして,寝るかなといった塩梅.昨日はちょっと寝るのが遅かったので多分あっさりと落ちるものと思われます.

まぁ,そんな感じで若干食事量を減らしてなるべく体を使っておいて,体のキレを取り戻すのが目的.体重を減らしたいけどもそれだけでは単純にやつれるだけになるのは明らかなので,そこは副産物的なものになるのかね~,なんて考えてます.

しかしですねぇ,会社でタバコ吸いながらドラム好きの人と話をする度「Moby Dick」いつになったら練習するの的なこと聞かれるんですが,基本的にドラムソロは苦手なんで勘弁して欲しいなぁ,と思う今日この頃.といいつつ,合奏パートのところは少しだけ練習しておきましたが….あ,あと最近昔やってたシンバルを少しだけ高めにセッティングして,明らかに無駄な動きの多いショットを試しています.このセッティングでシンバル見ずにショットするのはエライ簡単なんですが,意外と見栄えします.その代わりリズムやフィルインがいい加減になる諸刃の剣.

今日はこんなところで~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜のアリバイ

昨日仕事を終わってから,たった今この瞬間までの出来事.

ここんところスタジオが埋まってて叩けなかったドラムの予約ができたので会社から家を経由せず一気に駅前へ.通勤カバンにはいつでもドラムが叩けるようスティック,チューニングペグ,メトロノームほかを準備しているのは内緒にするほどのことでもないか….前回の練習時に軽く怪我というか水膨れを作ってしまったので,念のために絆創膏まで用意しておく.今回は特に問題も無く練習は1時間で終了.両手両足がパンパンになる.体力不足を痛感.ここから上を目指すにはやっぱ絞り込まないと駄目か?

友人と落ち合う約束をしていたので高槻に移動.そのまま焼き鳥屋へ.昨晩は酒を飲むわけでもなくウーロン茶で乾杯し鳥を食いつついろいろと話し込む.そういえば友人の会社の中の人がとある芝居に関わっているらしく,以前からチケットを買う約束をしていたことに気付く.…ちょっと待て,その日はよ~く考えたら今は言えないスケジュールで埋まっているんじゃないか?と思い出し,今この文章を書きつつ予定を確認.えー業務連絡,Uさん昨日土曜の昼がいい,と言いましたが日曜日の昼(13時開演)の方が都合が良さげです.ちなみにその日の3回阪神2日,開催重賞はマーメイドSです…また詳細打ち合わせましょか?

焼き鳥屋を出て夜道を男二人で友人宅まで歩く.やっぱ高槻は栄えてて良いね,などと話しつつ.30分程で友人宅に到着.中学時分の共通の友人がお土産で送ってきてくれた鹿児島名物かるかんをつまみながら,何故か友人が用意してくれていた「水曜どうでしょう」の「ヨーロッパ21ヶ国完全制覇」DVDをだっらだら~んと見つつ日が変わる.結局睡魔に襲われつつもそのまま完徹….またお肌が荒れてしまうわ,などとつまらぬことを考える.

午前4時,友人が目覚め家まで送ってくれるとのコト.その距離片道約25km,非常にありがたい.車に乗り込んだとたん友人は「ラーメンでも食いに行かん?」と.冷静に考えると焼き鳥屋で炭水化物はとっていないし,それ以降食べたのはかるかんのみ….まぁ腹も減るわな,と思いつつラーメン屋を探す.ところがうちの近所に来ても開いてるラーメン屋無いし!しばらく車を流して某チェーン店に行こうとするも5時閉店の壁にぶち当たり目の前で暖簾を下ろされてしまう.そんな殺生な~.ここで格言「ラーメン食うなら午前4時まで」.

そのまま家に帰るも妙にテンションが高くて眠れやしない.室内に干せる分の洗濯をしても一向に眠くならず.仕方がないのでインターネット上を彷徨っているうちに午前9時.…そうだ,散髪に行こう!ちょっとだけサマー仕様にしてみた(当社通常比1cm減).相変わらず側面の白髪が目立ち気になる気になる.黒に染めたいところなんだけどねぇ.とりあえず頭皮が丈夫になってからにしよう.20台のうちに金髪にして遊んでいたのがうそのような痛みぶりで切ないような,このままで正しいような….よくピンクに染めたりしてたよなぁ,としみじみ過去を思い出す.

折角駅前に来たのでスタジオが空いてるかどうか確認.…土曜は無理でしょね基本的に.冷静になるとスティックは家に置いたまんまだし,たとえスタジオで買ったにせよすでにパッツンパッツンになった両手両足でどう練習するつもりだったんだろう,と帰宅しながら考える.そらもうえらいことになってただろうな,ということにしておいて自分を納得させる.

そんな感じで眠いのにまだ寝ていない状況.このまま夜まで起きておいて調整するかなぁ,変なタイミングで寝るとリズム狂うし.で,こんな文章を書いてみた.…ここまで書いて気がついた,コレマジで只の日記じゃん.需要はないけどもったいないのでブログにアップするか.ということで今日はここまで.では~.
#ぶっちゃけ今日観劇したいと触手の動く公演が無いのよね,たまにはこんなこともあるさ,と.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇関係の過去の思い出に浸ってみる

えー事務連絡,事務連絡.今年に入って毎週のように行っている観劇ですが,ちょっとした理由でガクッと数が減るかと思われます.観劇するにしても金曜夜なんぞになる可能性もアリです.さんざん書きまくった観劇記の数も減りますのでご了承くださいませ~.

その理由はいろいろあるのですが,もしかしたら理由を書くことになるかもしれません.例によって書かれないこともあるのでその場合はお察し….何となく読めている人は読めているだろうなぁ.

話はガラッと変わります.あえて言うと演劇つながりの思い出話です.ちょっと興味が沸き学生時代に使ってた台本やら選曲表・音響オペレート表なんぞを引っ張り出したんです.人形劇をやってた当時のことですが,このときに使った曲はなんだったかいな,とか,よくもまぁミキサーも使わずコンポの音量調整だけで音響オペレートしてたなとか,そんなことを思い出したんです.

そういえば勢いで人形劇用の「調光卓」を作った事実を記憶の断片から思い出しましてね.まぁ照明といっても人形劇ですから本格的なものではなくって,普通の白熱球を使ってたんですね.だからホームセンターの家庭用調光スイッチを使って作ったんです.普通の交流電源を使用するので1500Wが限界なんですが,それはそれとしてよくもまぁそんなことをやってたもんだと,今更ながら驚いてまして,えぇ.何かの機会にまた作ろうかな…って使う目的がありゃしませんね:).

あと思い出したのが劇団「徳島」に参加してからの公演のことね.ぶっちゃけた話になりますが,私とんでもなく記憶力が低いです.ということは台詞覚えも悪いんです.たいがいは練習しているうちになんとか覚えられるものなんですが….劇徳で一番最後に出演した芝居のことを思い出しまして.その芝居,私がストーリーの核になる部分にいたんでほぼ1時間の公演中出ずっぱりだったんです.袖に引っ込むところも一切無かったように記憶しています.プロンプさん(舞台袖で台詞を伝える裏方さん)もいなかったんです.

…えーと,そのとき何が起こったかをありのままに書きますと,終了間際に私が台詞を都合台本3ページ分ほど吹っ飛ばしたんです.舞台上には団長と私のふたりのみ.いや~か~なりヤバかったですね.なんとか台詞のパーツを組み立て直してすぐエンディングでしたケド….頭の中が真っ白になるというのを経験したのは後にも先にもあのときだけです.

ちょっと過去を思い出してみました.ま,これから何があるかはお楽しみということで.今日はここまで.

追記:
仕事のプレゼンとかセミナーとかはやっぱ芝居とは違うなぁ,なんて去年何度も考えましたわ,ホント.特にセミナーだと言うことだけ決めておいて時間と参加者を見てコントロールできるし….それはそれで楽しめるんですケドねぇ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬用シャンプーに変えてようやく直った

これまでも何度か記事にしたんですが,私もの凄い肌が弱いんですよ.

冬は乾燥肌がひどくてかゆくてかゆくて…寝ているうちに自分で気付かないうちに掻きまくって脛なんかが血まみれになっていることもあるし.夏がいいかっていうとそんなことなくって,すぐに汗疹ができてしまうし….それに日焼けが加わると悲惨なことになるので基本外では夏でも長袖です.

で,それに加えてここのところ頭皮が弱くなっているんだと思うけど,フケが出まくってまして.いろいろシャンプー変えてみたけど,どれを使っても症状が治まる気配は無く,ようやく暖かくなってきたかなという時期に散髪に行ったときに「フケ,どないかならんですかね~?」と床屋の兄さんに相談してみたら,「もうそろそろ春だし,湿度も上がるから多分直ります」と言われて早2ヶ月,一向に治る気配がありませんでした.

もうあまりにもひどい状態だったので,先日薬剤師さんに相談して薬用のシャンプー&リンスに変えてみました.…あっさり解決しました.まだ若干フケというか皮膚が剥がれ落ちることはあるけど,新陳代謝の範囲内っぽいし,頭はかゆくならないしでもう快適快適.

思うに基本的なコトなんですが,リンスインシャンプーを使っていたのが良くなかったっぽい.別に難癖付ける訳じゃないですが,シャンプーとリンスって考えてみれば相容れ難い性質のもんですし.特に肌の弱い私にとってはシャンプーならシャンプー,リンスならリンスときっちり使い分けるのが当たり前なコトだった,という訳です.

あー,でももうすぐ夏か.汗疹対策考えとかなきゃなぁ.今日はこんなところで~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐るべし!Windows7ネタの集客力

いやしかしアレですね,すごいですね.Windows7効果.RC版公開前日の5月6日~11日の6日間のアクセス数がその前の6日間のアクセス数の約2倍という感じで.

残念ながらこのブログには2月3日の記事「ワナ その3(hp e-PC42にWindows7をインストールしたところ…)」程度のネタしかないんですよ.で,β版のときにそれなりにエライ目にあって,それなりに満足したのでRC版はチェックしないつもりなんですよね,これが.一応RC版もダウンロードはしているので気が向いたら遊んでみるかもしれませんが.

で,「Windows7」で検索してくる方の何と「ほぼ100%」の方が「アンインストール」「アンインストール方法」というキーワードを一緒に検索しているという恐ろしいというか愉快というか,そんな事実が!一応アレですから,Windows7まだ商品じゃないですからね,それなりに覚悟して使っていただいた方がよいかと思われます.アンインストール方法を書いたブログへのリンクは上の「ワナ その3」の記事の中にありますので,ご参照くださいませ.

ま,実際のところ他の芝居ネタやうどんネタを目的にこられている方も微増傾向ではあるので,ブログとしては健全なんではないかな,と自画自賛.こんな感じで今日はここまで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酷道のお話

久々の交通ネタで.昨日ちょいとした用があり芸術創造館へ.いつもは谷町線の千林大宮駅をを使って行ってたのですが,詳しい方に聞いたところ「京橋駅を使うんだったら京阪に乗り換えて森小路駅を使ったほうが便利よ~」ということが分かった次第.距離も所要時間も少し短いし.冷静に考えると谷町線を使った場合,南森町or東梅田になるんだけど,それって大きく迂回してるようなぁ,と気付きorz.電車のネタはこんなもので.

本題,道路のネタ.大昔のネタで今でもこのブログの優良コンテンツとなっている記事が2つあります.どちらも徳島県にある「剣山スーパー林道」のネタです.ちなみに「剣山スーパー林道木沢村行軍記」と「剣山スーパー林道「リベンジ」爆走記」です.これを読んだ方は「剣山スーパー林道ってエライとこなんだろうなぁ」と思われる方が多いようですが,実際のところホントにエライところです.一応「爆走」の方に写真をアップしてますが,夜なので景色が全く分かりません.「行軍」したときの記憶だと,ほぼ片側谷,もう片側崖といった,なかなか素敵なシチュエーションでしたね.

それはそうとまた別の視点で見ると「すごい道」≒「いろいろとしんどい道」≒「酷道(こくどう)」は国内・国外にいろいろあるようでして.

まずは国内.実は紹介する国道はここから結構近いところ.一般的には「国道308号線」として知られている,大阪と奈良を結ぶ峠道「暗峠(くらがりとうげ)」ですね.まず動画をご覧ください

車載 国道308号 暗峠 大阪側→奈良県側方向 上り

結構すごいでしょ.対向するのも一大事な感じです.大阪→奈良方向の最大勾配がなんと22%!かなり乗りなれている人でないと,自転車はもちろんのこと単車・自動車でも通行は難しいと思われます.四国には「国道439号線」というなぁ…(長くなるので略).

次,海外.ボリビアにある「死の道」として恐れられている「ユンガスの道」です.不謹慎なお話ではありますが,1年に100人程度の方が亡くなる交通の難所だそうで.まずは動画をごらんください.

Death Road(死の道)

こんなところでバスとダンプが対向してるよ…と唖然としてしまいます.実際かなり危険なのでボリビア政府も改善をしたいらしいのですが,予算的に厳しいようで.本当に必要と思われるこういうところにODAを使ってもらっていると納税者としても少しは納得するんですが….でも最近は観光客がマウンテンバイクでこの道を走っているようですね.観光資源になっているのか…う~ん,微妙に難しいぞ.

最後,スペインにある「エル・カミニート・デル・レイ(王の小道)」を紹介しましょう.ここは先述の道路と違い基本的に立入禁止らしいのですが,スリルを求める観光客が多く訪れるそうです.冷や汗というか油汗というか,何か変な汁が出てきそうになる動画をご覧ください.

El Camino del Rey(王の小道)

いや,世の中にはホントいろいろな道があるんですねぇ.ということで今日はここまで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009観劇記 その17

2週間ぶりに観劇.

 5月9日(土)昼 パプリカン・ポップ 「白のペチカ」 (インディペンデントシアター1st)

役者陣がアクティブで熱かったのですが,どうも私には合わなかったです.思うに事前情報で物語が「童話」ということが分かっていても,さすがに物語が安易すぎやしないかと,さすがに「世界の終わり」的なお話は結構パターン出尽くしていて,ありがちなパターンにハマっている気がします.あと物語の序盤は舞台が空回りしている感が強かったです.中盤以降はある程度楽しめましたし,最後はあたたかな気持ちになりました.個人的には鳴り続けている音響がちょっと苦手な感じでした.カーテンコールの「一人の少女が心を開くまで…」の端折りまくった説明が変にツボにはまりましたが,それを作・演出が言ってしまうのはどうなんだろう,と後から考えてしまいました.

 公演おすすめ度:80% (入場料2,500円(Web予約)/私が感じた価格2,000円)


 5月9日(土)夜 浪花グランドロマン 「うずまき」 (ウイングフィールド)

序盤の展開からは感じさせないサイコなお話はありと思うし,多分脚本だけ渡されて読んだら面白いだろうなぁ,とは思ったのですが….舞台に緊張感が足りないし,登場人物の行動の必然性が感じられないしでもったいない気がしました.ネタばれになってたら申し訳ないのですが,特に一番盛り上がるハズの修羅場の場面もリアルさは感じなかったし,テンポは悪いし,無駄に長いしで,あの場面がその他の良いと思った場面までも壊してしまっている感じがします.きっちりと作ればかなり話は面白いと思うんですケドねぇ….

 公演おすすめ度:75% (入場料2,000円(当日清算)/私が感じた価格1,500円)

今日はこんなとこかな…と.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペイスちゃんの場合

黄金週間の最後はYouTubeとニコニコ動画でで音楽系動画を漁りまくった.ということで「偉大なるドラマー」シリーズということで,イアン・ペイス(Deep Purple/ex)Whitesnake)の動画をアップしますね.基本Deep Purpleの動画です.

Deep Purple/Burn

Deep Purple/Burn

Deep Purple/Wring that neck

Deep Purple/Wring that neck

Deep Purple and London Symphony Orchestra/Wring that neck

Deep Purple and London Symphony Orchestra/Wring that neck

Ian Paice Rudiments(教則ビデオ)

Ian Paice Rudiments(教則ビデオ)

1本めの「Burn」は第3期Deep Purpleのライブのオープニングチューン.1974年のカリフォルニア・ジャムの名演のビデオです.このドラムを聴いて「ペイスちゃんすげえ!!」と思ったんですよ.適切な表現じゃないけどAメロのドラムよくあれでリズム取れるなぁと.間奏の部分も地味に凄いし.

2本め,3本めは同じインストゥルメンタル曲「Wring that neck(Hard Road)」です.モノクロの方が第1期Deep Purple末期1969年の演奏,カラーの方が再結成の後リッチー・ブラックモア脱退後第9期Deep Purpleのライブ.ロイヤルアルバートホールでのロンドン・シンフォニー・オーケストラとのセッションです.モノクロの方はリッチー・ブラックモア(G)vs.ジョン・ロード(Key)のインプロビゼーションの応酬に適切な舞台を下から支えるような役割になってますねイアン・ペイス,ただそれだけでは終わらずちょっと聴いただけでは分かりにくいフィルも叩いているのが面白いところ.カラーの方はオーケストラvs.ペイスちゃんの図式になっており,短いですがドラム・ソロが見ることができるというのがポイントです.1969年時に比べてタムの点数が増えていますね.

4本め,イアン・ペイス先生の教則ビデオですね.シングルストローク・ダブルストローク・ルーディメンツ(パラディドル)の説明.スネアドラムの演奏だけですが,やっぱりこの人シングルストロークが凄いわ.なお,ペイスちゃんは左利きセットを使用しているので,参考にする場合はちょっとだけ注意してくださいね.

…えーとあえて黄金時代の第2期Deep Purpleは外しました.ご興味のある方はYouTubeで探してみてください.結構簡単に貴重な映像を見ることができますよ.ということで今日はここまで.

ディープ・パープル マシン・ヘッド・ライヴ 1972/73 [DVD]

ディープ・パープル マシン・ヘッド・ライヴ 1972/73 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「うどん情報おおさか・リターンズ」復活のカギ

連休,特に予定もないので何しようか考え同郷の友人に連絡.彼とはお互い「うどん情報」のサイトを持っていて共闘戦線を張っていた仲.いろいろ話し合った結果,久しぶりに大阪で「さぬきうどん」の看板を出しているうどん店に行ってみるか,ということになりまして.

正直期待してなかったんです.そもそも私が同じようなコンセプトで作っていた「うどん情報おおさか」というWebサイトに限界を感じて辞めたのは「あまりにさぬきうどんとは違ううどんを出す」「コストパフォーマンスが悪い」等々の理由があったからで….でも,辞めてからかなり経って大阪にも香川スタイルのセルフのうどん店ができ,香川に出店しても恥ずかしくないようなうどんを出す店が増えてきたしということで.

行った店は今日のところは内緒です.ヒントだけ出しておくと,大阪北部の幹線道路にある大きな交差点の一角ある香川にちなんだ名前のお店です.結論,食べたうどんは「たまご入りぶっかけうどん(冷)」,うどんに関しては伸びが弱めで固い麺,出汁はいりこベースで多分かつおを加えている感じ,お互いの出した評価は合格点.今後の参考のために基準点として70点(100点満点/60点で合格)という評価になりました.

今後も観劇に行くたびに劇場近くのうどん店に行ってレポートできるようなスタイルを模索中です.あと大阪という土地柄もあるので,コストパフォーマンスの面は文章の中で意見を述べるに留めて,うどん自体の点数には反映させないようにします.

こんな感じでしばらくある程度の店がまとまってきたら「うどん情報おおさか・リターンズ」シリーズをブログの記事にするかもしれません.しばらくしてうどんの記事が更新されてなければ…(お察しください).ということで,今日はこんなところで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型連休とて

まぁ,その大型連休な訳ですよ.でも実家には3月に帰ったところなんで今回は帰省しないんですよ.徳島の友人からも「帰ってこんの?飲みに行こ!」メールが来てたんですよ.でも帰らないんですよ.盆くらいまでは四国には多分戻らないと思いますよ.はい.

めずらしく連休中は観劇もしないんですよ.よくよく考えると今年に入って劇場に行っていない週が無いんですよ.会社の同僚からは「よく金持つね」って言われましたよ.…正味な話いくら趣味とは言え,ちょっとしゃれになっていない状況になりましたよ.ようやく今日お金の目処がついてやれやれな感じなんですよ.でも,来週末はダブルヘッダーなんですよ….何も変わってないんですよ.ただ年間50本はクリアできそうなので今後観劇数は減らす方向で考えています.はい.

それはそうと来週末に会社である講演会のことを事前に知ってたらそっちに出てたかも,って感じなんですよ.やっぱり仕事のカンを取り戻すのは想像以上に難しいんですよ.いかにしてコンパクトに仕事を取りまとめるかがカギなんですよ.定時に帰れるように仕事ができないと,同じことの繰り返しになるんですよ.…定時に帰ることができればドラムの練習もできるし,平日の夜公演にも行ける訳ですよ.なんかね,もういろいろと堂々巡りな感じなんですよ.

で,大型連休なんですよ.予定が何にも立ってないんですよ.目処が立ったってもやっぱりお金ないんですよ.何をしようか,明日考えようかと.ということで小ネタでした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »