« 2009観劇記 その11 | トップページ | 久々にドラムセットを前にした »

ワナ その11(パソコンの持ち帰りでエライことになる)

やっぱりこんなに持ってくることになったか….あの例の実家に帰ったときにパソコンを大阪に召還するお話のことね.

実家に帰ったところ「パソコン持って帰るんやったらなるべく多く持って帰って」的な圧力を感じ,結果エライ量のパソコンを持って帰って来てしまって.ということで持って帰ってきたパソコンの一覧を作っておくか…

  • PC/AT互換機
    • DEC VENTURIS S133(Pentium 133MHz)
    • 富士通 FMV-TOWNS SH(Pentium 120MHz)
    • Olivetti Modulo M4-75(Pentium 75MHz)
  • PC-9821/互換機
    • NEC PC-9821V13(Pentium 133MHz)
    • NEC PC-9821Ce(i486SX 25MHz)
    • エプソン PC-486FR(i486SX 33MHz)
  • Macintosh
    • PowerMacintosh6100/66(PowerPC601 66MHz)
    • Quadra630(MC68040 33MHz)
    • LC475(68LC040 25MHz→MC68040 25MHz)
  • FM TOWNS
    • FM TOWNS II Fresh FT(Am486DX4 100MHz)

何というか…そのどのパソコンも10年以上前のものだし,基本的には改造がメインでではなく動作を確保すること重視します.ちなみに今手元にある改造パーツとしては「PowerMacintosh6100用G3カード」「PowerMacintosh6100用AVカード」「PC-9821Ce用CPUアクセラレーター」がありますが,動作を確認してから取り付けを行なう方向です.基本的な目標としては「LANに参加しインターネットに接続できる状態にする」ですね.ちょっと難しそうなのが2~3台ありますねぇ.

またですね,実家では基本置きっぱなしだったので,結構外観がアレになっている機器も多い状況で,実際作業をするとかなり手が汚れる状態なのでそちらのメンテナンスも必要かな…と.動作確認次第ケースを取り外して水洗いしなきゃいけないかなぁ.でもマックのプラスチックの劣化が激しくてすぐに折れるからなぁ.気をつけてやらないと.

それにしてもこれだけのパソコンをマンションの部屋に運び込むのがエライ大変で(注:住んでいるところはエレベータなしの4階です),昨日観劇に行ったときは何とも無かったんですが,今日朝起きると足と腕がエライ重くて重くて….きちんとストレッチしといたんだけどなぁ.

今日はここまで.では~.

|

« 2009観劇記 その11 | トップページ | 久々にドラムセットを前にした »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046388

この記事へのトラックバック一覧です: ワナ その11(パソコンの持ち帰りでエライことになる):

« 2009観劇記 その11 | トップページ | 久々にドラムセットを前にした »