« 2009観劇記 その9 | トップページ | 劇場間移動って皆さんどうなさってるんですかねぇ…? »

ワナ その10(エプソン君とNECさんさようなら)

先日の記事でノートパソコンの復旧がかなり辛い状況になったことをお伝えしたわけですが…あのどう考えても無理っぽい状況になりつつあり今回はパーツ取りに使うことにします.

まぁ,バッテリーも完全に死んでいたのでソリッドステート化の恩恵も半分程度ということで,自分を納得させます(涙).ただ今分解中,気分をかえるために記事を書いているという次第.

えーと今後の「ワナ」シリーズ(当初はこんなに長くシリーズ化するつもり全くなかったのに2ヶ月で10本の記事というこの無計画さ)ですが,前回書いたパソコンを法事ついでに実家から大阪に召還します.基本的には次の5台です.

・DEC製AT互換機(型番失念・調べたところOlivettiのOEMらしい…:Pentium133MHz)
・NEC製PC-9821V13(これもおじが使用していたもの:Pentium133MHz)
・富士通製FMV-TOWNS(昔ヤフオクで思わず手に入れた:Pentium120MHz)
・Olivetti製Modulo M4(徳島の某ハードオフのジャンクで入手・Pentium75MHz)
・Apple製PowerMacintosh6100/G3改(日本橋のソフマップで購入したような…)
 →AT互換機・V-TOWNS・PC-98はソリッドステート化予定.
 →6100もソリッドステート化したいけどCF-SCSI変換は無くはないけど結構お高いし,今日日IDE-SCSI変換もなかなか無いようで.観劇ついでに日本橋に行って確認してみるかなぁ….

要は実家に持って帰っていたパソコンがいい加減邪魔な感じらしいので持って帰ってくる訳です.なんかそのままなし崩しで486系マシン(PC-98および互換機・FM-TOWNS)や68系Mac(いろいろ取り揃えております)まで持ってこなきゃいけないようになるかも…ま,いいけど.

法事までにはもう少し時間がありますので,それまではソフト系のネタが「ワナ」シリーズの内容になるかと思われます.「○○に××をインストールしてエライ目にあった」の同類項です.ハード系だと力が必要,怪我をする可能性あるので恐いんですよね(実はPM4400改のメンテナンスを終えてメタルラックに戻したあと,床にあったドライバーが左足に刺さり靴下を血に染めるというマジ「エライ目にあった」)…えぇ注意して作業するようにします.ソフト系だとするとすればLinuxかBSD関係かな.ぼちぼちと考えていきますわ.

今日はここまでで.

|

« 2009観劇記 その9 | トップページ | 劇場間移動って皆さんどうなさってるんですかねぇ…? »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046375

この記事へのトラックバック一覧です: ワナ その10(エプソン君とNECさんさようなら):

« 2009観劇記 その9 | トップページ | 劇場間移動って皆さんどうなさってるんですかねぇ…? »