« ワナ その8(ノートパソコン編・エプソン君とNECさん) | トップページ | 2009観劇記 その8 »

ワナ その9(ノートパソコンはワナだらけ)

いや,友人からは地雷らしいってのは聞いていたんだけどね….

この間記事にしたノートパソコンの件,ソリッドステート化するために買っておいたCF-IDE変換,実は2枚差タイプの44ピン(2.5インチ)を用意しておいたんですね.ところが表面に差したCF1枚のみしか認識してくれない状況.こんなことする人って上級者(つうかマニア?)の方が多いでしょうから紹介してもアレですが,一応参考のために.メーカーは変換名人,型番はCFIDE-442IAです.現象が発生したのはNECのPC-9821Ls13/D10 model c2です.友人からのアドバイスをもらった訳ですが,実はそのときには既に購入した後だったのね,しょぼ~ん.

2GB×2枚で4GBが目標だったけど,ちょっと方向転換して1枚はSSDとして使用してもう1枚はPCカード使って搭載するかね~,と考え中.で,エプソンの方を片付けるべかと思ったところ,こちらはもっとひどい問題発生.

なんとフロッピードライブが正常に動作しない…(フロッピー起動が全くできない).見た感じモーター音だけしているのでハード的にモーターが壊れている感じ(昔営業でよく見たMSXのフロッピーのベルトが破損しているのと同じような状況).外面から見るに独自仕様の一体製作っぽいので,かなりあきらめムード….

とりあえずハードディスクからWindows95は起動できたので,考えられる方法としては,CFカードにあらかじめハードディスクのデータをすべて移動させておいて,そのCFカードを変換かましてハードディスクの代わりとして使用する,って感じかなぁ….

正直この2台の復帰はあきらめて来月にでも実家へお持ち帰りして(別に捨ててもいいんですけどね,ノート型だし),代わりのデスクトップ持ってきていじった方が面白いかもと考えておる次第です.ちなみに持ってくるとしたら「DEC製AT互換機(Pentium133MHz)」「NEC製PC-9821V13(Pentium133MHz)」「FMV-TOWNS(Pentium120MHz)」「Olivetti製AT互換機(Pentium75MHz)」「PowerMacintosh6100/G3」この5台かな(さすがに486や68Kは持ってきてもねぇって感じ).つか5台も持ってきてどこに置くスペース…ありますねぇ.

半分ネタ半分本気.今日はこんなところで….

|

« ワナ その8(ノートパソコン編・エプソン君とNECさん) | トップページ | 2009観劇記 その8 »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046371

この記事へのトラックバック一覧です: ワナ その9(ノートパソコンはワナだらけ):

« ワナ その8(ノートパソコン編・エプソン君とNECさん) | トップページ | 2009観劇記 その8 »