« 2009観劇記 その6 | トップページ | ウィキってみるか… »

ワナ その7(PC-9821Xa16改/PowerMacintosh4400改まとめ)

以前より目論んでいた今どきちょっと外れた感じがありありの改造,ある程度のところまで来たので簡単に報告.以前書いた内容を再度書くと行ないたいのは以下のこと.

・PC-9821Xa16改
 →Windows98SEとWindows2000のデュアルブート化(USBを使用できる環境にする).
 →ソリッドステート化.
・PowerMacintosh4400改
 →ソリッドステート化.できればG3化(USBを使用できる環境にする).

まずはPC-9821Xa16改の方から.このPC-98,手にした直後に当時まだ香川にあった某ードオフで購入した下駄付きのK6-II300MHzにCPUを強化済み.メモリ環境が貧弱(64MB)なところが辛いところ.何せXaでもW型番のためECC付のSIMMが必要なので,とりあえずそのことは今回は横に置いておいて.(写真の右がK6-II,左がメモリ))

PC9821Xa改-CPU

ソリッドステート化については簡単にできた.本気でやるのならば書き込み速度を重視すべきなんだろうケド,SSDを使って起動がどれだけ速くなるかを確かめたかったので今回特にコンパクトフラッシュのメーカーにはこだわらずに(ノーブランド品),容量は基本PC-9821Xaには4.3GBの壁があるので考慮して4GBのものを使用.SSDの固定に関しては結束バンドで通常ハードディスクを搭載するための5インチベイにくくりつけた.(かなり写真が見辛い)

PC9821Xa改-SSD

デュアルブート化に関しては以前の記事のとおり問題が発生したが完了.ただしWindows98SEは通常のPC-98スタイルでインストールしたので起動ドライブはaドライブに,Windows2000はATスタイルでインストールしたので起動ドライブがdドライブになるのでちょっとややこしい.

USB化に関しても以前の記事にしたとおり.AT互換機用のバッファロー「ICF-PCI4U2V」を使用.当然PC-98のサポートは無いが,Windows98SEでは互換機用のドライバで使用可能に.Windows2000に関しては一部ドライバが導入できなかったが簡単なUSB機器の使用ができるようになったので良しとしておきたい.(奥にあるのがビデオボード(抜いちゃダメボード),手前にあるのがUSBボード)

PC9821Xa改-USBボード

一応完成はしたものの昨日見事にワナにはまる.以前から本体の不具合(接触不良など)があるとなる「ピー」音(通常起動時の「ピポ」音とは異なる)が鳴ることが多くなり「そろそろヤバイかなぁ」と思っていたのだが,昨日とうとう起動音すらしなくなった.ビデオ出力もされていないし,マザーボードが壊れていなければなぁ,と考えつつパーツを外しの付けのを繰りかえしようやく原因究明.どうやらPCIカードに搭載されたビデオボード(通称「抜いちゃダメボード」)の接触が悪かった模様.ちょっとこのボード以前にも怪しい挙動をしていたことがあったので,念のために二個一したときにキープしておいたボードに差し替えたら問題解消.そこからはスムーズに動作するようになった.コレ(PC-9821Xa16改)で何をするかは今考え中.

次,PowerMacintosh4400改.こちらも以前の記事に書いた内容も含めてまとめてみる.多分簡単に入手できない4400用G3カードであったが,ネットであっさりと中古のSonnet社製のものを発見したのでG3化(300MHz)からスタート.L2キャッシュタイプのものでメーカーからユーティリティをダウンロードして完了.ちなみにPM4400のメモリはかなり特殊なので購入時にデュアルバンク用に128MB(64×2)増設しており,シングルバンクの16MBと合わせて144MBで稼働中.(写真の紫のヒートシンクの付いたカードがSonnetCrescendoG3/L2 300MHz)

PowerMacintosh4400-G3カード.jpg

ソリッドステート化もPC-9821Xa改のときよりものすんごく容易に.(写真のモノはさっきのPC9821Xa改と同じもの)

PowerMacintosh4400-SSD

ここからのUSB化でワナにはまる.いろいろな中古・ジャンク品を漁ってきて取り付けて,MacOS付属のドライバを導入しても爆弾が出て再起動を要求されたり,何事も無かったかのように起動して全くUSBボードを認識していなかったりで.通販でお世話になっている店員さんに聞いてみると「PowerMacintoshG3(ベージュ)のRev.B以降のものとそれ以前のPCI搭載Macとはかなり違っていて動かないことがほとんど」だそうで….確かに調べてみると動作条件にその旨が記載されているものがほとんど(というかMac自体動作条件に含まれないボードも結構あったのね).

埒があかないので通販でPM4400でも動作するものを探してようやく見つけたのがmatheyのPUC-02.これを搭載したらあっさり解決.MacOS8.6,9.1でUSBで使用できるようになった.USB2.0では無いけど,そんなこと言ってられないのでとりあえず目標達成ということで.(写真上がmatheyのPUC-02,下がLANボード(メーカー失念))

PowerMacintosh4400-USBボード

コレ(PowerMacintosh4400改)もPC-9821Xa改と同様,何をするかは今考え中.

というところで今日はここまで.では~.

|

« 2009観劇記 その6 | トップページ | ウィキってみるか… »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046366

この記事へのトラックバック一覧です: ワナ その7(PC-9821Xa16改/PowerMacintosh4400改まとめ):

« 2009観劇記 その6 | トップページ | ウィキってみるか… »