« 鳥居みゆきのDVD2本を観てみた | トップページ | 2009観劇記 その3 »

改めてクオリティの高さに気付いたお話

17日(土)に観劇した「千年女優」,いろんなブログなどを見た感じかなり評判良いみたいで何より.観劇記に書いたとおり,原作の方は未見なので決してお勧めできない荒業(YouTubeにアップされた英語字幕付きのもの)だが,アニメの方を観てみた.さすがにこんな感じでは「観た」とわ言えず,大変申し訳ないのでいつか買うようにするつもり.

千年女優 [DVD]

千年女優 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD

舞台版って原作と変わった内容なのかな~と思っていたんだが,ほぼアニメに忠実な内容だったのね.それを5人だけで演じきっていることに改めて驚いた.

多分今回は原作ファンも多く観劇してただろうし,実際「あのアニメをどうやって舞台化するのか」で議論されていたサイトもあった.幸いなことに舞台ってかなり自由なところがあって,観客にちょっとした暗示をかける(そんなに難しいことではなくって「セットを簡素化しておいて観客の想像力にまかせる」とか「マイムを使って表現する」とか,落語って座布団ひとつの上で何でも表現してしまうやん,あんな感じ)で何とかなることも多いけども,今回の舞台版に関しては個人的には制作・観客ともに幸せな気持ちになったんじゃないかなと思う.アニメの疾走感は舞台でも失われてなかったし.

今日はこんなところで.

|

« 鳥居みゆきのDVD2本を観てみた | トップページ | 2009観劇記 その3 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046350

この記事へのトラックバック一覧です: 改めてクオリティの高さに気付いたお話:

« 鳥居みゆきのDVD2本を観てみた | トップページ | 2009観劇記 その3 »