« 2009観劇記 その2 (T) | トップページ | 改めてクオリティの高さに気付いたお話 »

鳥居みゆきのDVD2本を観てみた

ということでタイトルのとおり1月21日発売の鳥居みゆきのDVD2本が昨日アマゾンから送られてきたので早速観賞してみた.

故 鳥居みゆき告別式 ~狂宴封鎖的世界~ [DVD]

故 鳥居みゆき告別式 ~狂宴封鎖的世界~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD

まずは去年行われた単独ライブ「故 鳥居みゆき告別式 ~狂宴封鎖的世界~」のDVD化作品の方から.多分私が20台の頃なら無理やりチケットを買って観にいくところだけど,東京はやっぱ遠いので早くDVDにならないかな~,と思っていた作品.何せライブを観ていないので,本当にこれが完全版かどうか疑わしいところではあるけれども,それはライブを観た人のお楽しみみたいなものだから,まーしゃーないなーと.

お笑いライブの割にやけにセットに凝っていてお笑いというよりは演劇的かな~と思った.「告別式」の様式の中で鳥居がコントしている感じ.当然のようにマサコネタは無くブレイク前に行なっていたらしい演劇度が高い黒いコントが中心になっている.最後のコント「チンドン」は絶品(元々このコント自体の完成度が高い),そこから告別式につながるか,といった具合.マサコネタでブレイクした後,昔やっていたコントを行なっている動画をYouTubeで見てそのとき「マサコっぽい演技ばかりしてるから演技下手になったかな?」と危惧していたがそんなことは無いので安心.

個人的にはバカバカしいVTR「ペッコリーズキッチン」がツボにハマった.鳥居がシノラーファッションでハイテンションに洋食屋さんを紹介するVTR(ちなみに鳥居は別のネタで「お前の母ちゃん元シノラー」と言っているので多分昔はこんなかっこしてた可能性アリ).テレビでしか鳥居を見たこと無い人は驚くかもね.なお今回も作品自体は例によって黒く不謹慎なネタもあり,グロい映像もあるので苦手な方は気をつけて(「ハッピーマンデー」できつかった方は避けた方がいいかと…).このDVDにも隠しトラックアリ,簡単なので自分でがんばって見つけて.

みみずひめ [DVD]

みみずひめ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD

2本めは鳥居も出演していた映画「全然大丈夫」の藤田容介監督とのコラボ作品「みみずひめ」.なんじゃそれと思ったし,鳥居もGyaOで「みみずひめ以外のなんでもない」みたいなことを言っていたのでどんな作品かと思ったら,期待しすぎてごめんなさい,というのが正直な感想.鳥居のミュージックビデオとしてみたら面白いけど.

作品の構造自体は単純だけどよく練られている,だけど何か余計なものがくっついていて邪魔しているような気がして.多分サンミュージックがバーター出演させたのかなぁ,と思わせるダンディ坂野と髭男爵はいらないかと.鳥居演じる「ミユキ」もそれなりに演技してるんだけど,ほぼ鳥居のまんまで思いっきり肩透かし食らった感じ.あ,全く関係ないところで元大人計画の山本大介(山本密)がカラオケ店のマスター役ででていたのが個人的に気になったなぁ.

せっかくなんで今年から観劇記に付けている生々しい方式でおすすめ度を出しておくかな.両作品ともアマゾンで購入すると2,952円(税込).「故 鳥居みゆき告別式」の方が126%(私が感じた価格:4,000円),「みみずひめ」の方が50%(私が感じた価格:1,500円).ま,参考ということで.

しかしなぁ,やっぱり鳥居みゆきはお笑いの人だけで終わってほしくないなぁ.演技力・表現力は確実に高いのでいい監督にめぐり合って映画に出演してほしいと思う.結構同じようなこと考えててる人多いような気がするんだけどなぁ.

今日はここまで.では~.

|

« 2009観劇記 その2 (T) | トップページ | 改めてクオリティの高さに気付いたお話 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046349

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥居みゆきのDVD2本を観てみた:

« 2009観劇記 その2 (T) | トップページ | 改めてクオリティの高さに気付いたお話 »