« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

なかなか面白げなアクセスを発見!

明日の山口出張の準備終了.ちょいと固定部材と接続部材とストロー(スイッチ用)を買ってきました.日本橋にいかなあかんかんぁ,と思ったら意外に駅近くのコーナンで片付いた.恐るべし,コーナン.さらに恐るべしコーナンプロ.

帰ってきてから自分のblogやらのアクセス解析を見てみる.これはいつも無意識にやってることなんだけんども.ここのところNM705iネタやバリアフリー2008ネタなど各方面の旬なものを書いてきたのでそこそこアクセスをいただいている状況.これは感謝,素直にありがと.

で,今日のblogのアクセス解析に怪しげなものが.ちなみにこないな感じ.

訪問時間 2008-04-29 03:15:23
IPアドレス # *.*.*.*
解析ページ # http://64.233.179.104/translate_c?hl=en&sl=ja&u=http://yas-shi.blog.so-net.ne.jp/2008-02-08&prev=/se...
参照元ページ # http://translate.google.com/translate?hl=en&sl=ja&u=http://yas-shi.blog.so-net.ne.jp/2008-02-08&sa=X...
ブラウザー Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; Media Center PC 4.0)
(略)
言語の種類 英語
国の種類 アメリカ

「ん…言語の種類,アメリカ?まぁ英語版のWindows使ってる人いるしなぁ.国の種類,アメリカ,なんじゃこりゃ」ということになって参照元ページを見てみました.こんなサイトです!

BLACKLAND's BLOG
The blog is the subject of e-AT/AAC/PC, theater and film, music reviews and submit your blog.

オレのサイトじゃん!しかもなんかGoogleの翻訳で日本語から中途半端に英語に翻訳されてるし.やっぱNM705iネタだから海外のモバイルマニアが見に来たんかなぁ….アメリカから日本語でブログを読んでくれている人はいるんですが,翻訳かまされたのは初めてだわ.しかし,どこまで私の意図した内容が伝わっているのやら,かな~り不安.ま,どーでもいいんですけどね.

せっかくなんで過去1年間の「言語圏」と「国情報」を解析してみました.
言語圏
日本語 94.90%
不明 3.78%
英語 0.99%
中国語 0.12%
韓国・朝鮮語 0.10%
ドイツ語 0.07%
ポーランド語 0.02%
…英語・中国語・韓国語まではなんとなくありそうかなぁ,とは思ったけど何だドイツ語とポーランド語って.シューマッハファンとクビカファンかな(ってF1ネタ書くのやめてるしな!)
国情報
不明 94.09%
日本 5.22%
アメリカ 0.56%
台湾 0.09%
中国 0.04%
大韓民国 0.01%
ドイツとポーランドどこに消えたんぞ!って94%の「不明」に入ってるんだろうケドね.

以前の記事で「Closing The GapなりCSUNなりISAACなりに行って面白そうな商品やら発表を見つけて…」なんて書いたけど,コレ本気でやってみると面白い化学反応を起こしそうな気がするな~.そういえばバリアフリー2008には中国・台湾・韓国からの来場者もあったようだし,連休中にその人たちが書いたblogを翻訳サイトかまして読んでみるか…あっ…こんなことするからこんな変なアクセス記録になるんやね~.

今日はこんなところで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バリアフリー2008終了しました~

ということで25・26・27日と3日間インテックス大阪で「バリアフリー2008」終了しました~!展示をした方,展示を見にきた方,どちらもおつかれさまでした.このクラスの展示会になるとブースを1日で全部まわるのかなりしんどい,というかほぼ不可能なんでね.

今回展示していて感じたことが数点.ちなみに私は意思伝達装置で有名なメーカーブースに立っていたんですね.販社の立場で.まぁ,私の会社のスイッチや入力支援機器も展示させてもらったんですが….学生さんと公的機関の方に関して思うことがあったので簡単に.

まずは学生さん.まぁ授業やセミナーのレポートを書くためとかいろいろな理由で展示会に来ていると思うんですよね.もちろん真面目な学生さんもいるし,明らかに斜め上からの視点で見て展示員に対してタメ口でしゃべる学生さんもいるわけなんですが(別に腹を立てるでもなく「青いなぁ,でも直しておいた方がいいよ」と思った程度).でもどんな学生でも説明は確実にしておかないとね.数年後には介護・福祉・医療・教育の現場で働くことになる訳だから.

彼らが将来意思伝達装置や会話補助装置が必要となる人と接することもあると思うんですよ.そんなときに彼らの頭の片隅に「重度の障害でコミュニケーションを取るのが難しい方のための機械があったなぁ」と残っていてくれればそれでいいんです.だからあえて学生さんにもすでに現場で働いている方に説明する内容を少しだけ噛み砕いて説明しました.分かりにかったかもしれないけど,役に立つときは必ずやってくるから.

次,公的機関の方.「公的機関」といっても様々な職種があるので一概には言えないことを承知で書きます.重度障害者用意思伝達装置が日常生活用具の給付から補装具の支給に変わったことくらい分かっておいて欲しい!…う~んこんな書き方をして良いか悩んだけどそのまま書こう,一部公的機関(しかもかなり福祉機器に精通していないとえらいことになってしまう部署の方)が,このことを知らなかったのはかなりショックでした.

あとね別の公的機関の方にもう1つ.今は意思伝達装置が必要な人がいないから伝の心は今日はみなくてもいいや.…いやいやいやそれを口に出してしまうのもかなりビックリなんだけど,それは違うでしょ.コミュニケーションができないことに困って公的機関来る訳ですよ.そのときに機器のことを知っているのとそうでないのでは全く対応が変わってしまうじゃん!当然対象者の方が来てからメーカーに連絡をとることになりますわな.この段階で時間を浪費してしまいますわな.しかも対象の方は大方ALSのような進行性疾患の方.時間を浪費することが何を意味するか,言わずもがなですね.

別に公的機関の方のことを批判しているわけじゃないんです.一部こういう方がいるという現状が解せないんです.こんなことを書いたら私も青いとか言われるかもしれないですが,自分が病気になってなにかの支給を受ける必要が出てきたときに,こんな人が担当になったことを考えるとかなりキツイ.別に私が機器を売りたいから書いてるんじゃなくって,もし自分がって考えるとちょっとって思いません?

ちょっとだけマイナス思考なことを書いてしまいましたが,バリアフリー2008自体は盛況に終わりました.この金・土・日開催っていうのはかなり辛いものがあるんですが,今年の様子だと来年もこれでOKじゃないですかね.ただし!ゴールデンウィークの影響を受けないようもう1週繰り上げて(というか従来の週に戻して)開催してください.その方が展示をする方見る方どっちにとっても便利だと思うので.

ということで「バリアフリー2008」ネタでした.「バリアフリー2009」でお会いしましょう!では~.

追記:
いろいろと「バリアフリー2008」のことを書いたblogやmixiの日記を読むとなかなか面白いね.私自身他のブースの展示(自社ブースも)は見れなかったので.今後の参考のため,と.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「何なんだコレは!?」PHSなのやらPCなのやら(WILLCOM D4)

またウィルコムから何ともいえない端末が発表されましたね.

 Ultra Mobile WILLCOM D4 (WILLCOM)

 Ultra Mobile WILLCOM D4 (シャープ)

 ウィルコム、Vista搭載の新モバイル端末「Ultra Mobile WILLCOM D4」を発表 (CNET Japan)

 Windows Vista搭載、スライド+チルトスタイルの「WILLCOM D4」を発表 (IT media +d)

WindowsVista搭載のなんだかびっくりな感じのマシンです.これはPHSなんじゃろうか,それともPCなんじゃろうか?そんな風に考えてしまうマシンだからわざわざ「Ultra Mobile」なんて冠をつけているんでしょうが.

W-ZERO3[es]使いの私の素朴な感想.
 「モバイルマシンとしては面白くて『アリ』なんだけど,Maybe私は買わない」
コレですね.外でなんでもかんでもしてしまいたい人は普通のパソコン買って通信端末使うと思うし,ある程度のことができればよい人はWindowsMobileマシンを買うんではないでしょうか.正味な話,どちらとしてみても中途半端な印象を受けるのよね,今回発表のD4.おもちゃとして楽しむには価格的にちと敷居が高い気がするし….

そういえば昔,富士通のFMVのノートモデルでエッジが標準搭載されていたLOOXなんてマシンもあったよなぁ,というのをふと思い出したのですが,アレもなんか中途半端に終わったような記憶が今もどこかに.今回はデザイン的・機構的に「何なんだコレは!?」感が漂う作りだけにどの程度成功するものなのか,興味深く見守りたいなぁ,と考えてます.6月中旬販売開始ということはあと2ヶ月か~.買う買わないは別にして実機を早く見たいですね.

とりあえず今日はこんなところで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バリアフリー2008の時期ですね

インテックス大阪で行なわれるバリアフリー展といえば桜が散った時期(競馬をする私にしてみれば「中山グランドジャンプ」「皐月賞」が行なわれる週)に行なわれるんですが,今年は1週遅れの開催ですね.しか~も,一般の方が参加しやすいように例年は木金土が展示日なんですが,今年は金土日(25~27日).多くの方が参加すれば良いのですが,今年の展示日を聞いたとき「おいおい微妙に黄金週間に掛かっとん違いますの?」と突っ込んだことはまぁ置いておこう.詳しくは「バリアフリー2008」の公式サイトで確認してみてください.

当然私,バリアフリーの展示に立つことが多いのですが,自社ブースに立つことが少ないんですよね.去年に引き続いて今年もメーカーさんのブースで展示に立ちます(今年4回目で自社ブース2回のメーカーブース2回か).自社ブースは5号館にありますが,今年私は3号館にいます.e-AT系のブースが固まっているところのどこか(つかこの段階でどこのメーカーのブースに立つか分かる人は分かってしまいますが:)でいますので,見つけたらお気軽に声を掛けてください.

普段は小児系のコミュニケーション機器に関するお仕事をしていることがほとんどなのですが,こういったバリアフリー展のようなところで成人向けのコミュニケーション機器のメーカーさんのブースに立つってのも自分の中でいい刺激になりますな.実際,去年紹介した商品と今年紹介する商品では中身が全く違うものになってるし….もちろんある程度までは説明できますが,さすがに今年は去年より勉強しておかないとな~,なんて考えているところです.

今日は短いけど,こんなところで.バリアフリー2008,西日本で最大の福祉機器の展示会なで興味のある方はぜひともインテックス大阪まで来てくださいませ~.では.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語を使って海外へ行こう…行きたいかな…行けるくらいになればいいな

久々に英語の話を.何度も書いたことですが,私英語が非常に苦手です.

どのくらい苦手かというと,大学受験のときにいろいろ訳ありまして2次試験で英語の無い大学を選んだ,つーほど苦手です.絶対将来英語を使う仕事はできんな,と学生の頃は思っていたのですが,今では週に何度か海外にメールを送りますし,会社で発行しているAAC関連のメールマガジンのトップ記事を翻訳(ってもかなり意訳してますが)している訳ですよ.10年前の自分から見るとマジ驚きなんですが.

まぁこんなことが簡単にできるようになったのは自分の力だけではもちろん無くて,インターネット上の翻訳サイトが無料で使えて,なおかつそこそこまともな翻訳をしてくれるようになったからなんですがね.私の場合Yahoo!翻訳エキサイト翻訳を使うことが多いです.でもやはり機械翻訳だけに英語が苦手な私から見ても「その訳はおかしいやろ!」的なことは発生するわけですよ.

英語から日本語に訳すときはまず自分で大まかに訳しておいて,ネット翻訳に掛けて内容を確認して,それでも文化の違いやらで良く分からない箇所は通訳ができるレベルの人に聞いて確認するような感じです.こっちはネット翻訳までで解決することが多いんです.問題は日本語から英語に訳すときですわ.

普通に文章を書いてネット翻訳にかけると「ちょいと待ちな」状態になるのは経験上よ~く分かっているんですよ.なんで,こんな感じの作業になります.

  1. まず普通に日本語で文章を作る.
  2. 可能な範囲で英語に訳す.
  3. 最初に作った日本語を「ネット翻訳で適切な英訳が出やすいように作り変える」.
  4. 作り変えた文章をネット翻訳に掛ける.そのネット翻訳した英文と自分で訳した英文をハイブリッド化する.
  5. ハイブリッド化した英文を今度はネット翻訳で和訳に掛けて内容を確認する.

こないな感じです.え~自分で言うのもなんですがえらい手間です,いや手間でした.最近はもう作業に慣れてしまったところがあるので途中を端折ることもありますし,何度かやっているうちに「あ,ここはこの表現で行けば楽やな」的な場面に再会することも多いんで.そう考えると会社の有志でやっている英語の読み合わせって役に立ってるんだなぁ,と思う今日この頃.専門用語や使いやすい表現が身に付いたのはそのおかげかなと思っています.

毎回書くけど後は英会話よね~.YouTubeができてから趣味で字幕なしの海外の動画(レアなライブや海外の競馬やモータースポーツの動画が多い)を見る機会できたこともあって,聞くほうはある程度までは簡単に理解できるようになったんですけどね.こちらがしゃべるとなるともう….何度も書いたことですが反射神経が要求されるところかなと思っているのですが.などといいつつ,多分外国人と2人きりになってもインチキ英語でコミュニケーションは取れるだろうケドねぇ,それでビジネスやっちゃそれこそインチキですしねぇ.

手っ取り早いのはインターネットに繋いだパソコンを用意しておいて,上の英訳の方法を極限まで切り詰めて出てきた文章を読み上げるのが無難なのかなぁ….なんか違う気がする.でも30過ぎてから英語にはまりつつある訳だし.…自分で金貯めてClosing The GapなりCSUNなりISAACなりに行って面白そうな商品やら発表を見つけて,強引にしゃべってみてコミュニケーション取ってみるってのが効果ありそうな気はするなぁ,かなりの荒療法ですけんども.せっかく海外ローミングが強みのノキアのケータイ使ってるんだしね~.そうそうNM705iには英語の単語予測機能もついてるんだったけか.

つことで,この間の海外通販ネタに続いての英語ネタでした.今日はこんなところで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の横を通り過ぎていったケータイの皆さんのお話

NM705iを買って1週間経とうとしている訳なのですが,いろいろあって全く手を付けていません!まぁユーザー有志の皆さんのまとめサイトやらブログやらをちょくちょくチェックはしているんですけどね.何か手に入れてしまって満足しているというか,なんつーか.とりあえずはマイクロSDにMP3でもぶち込んでプレイヤーにでもするかな,と.

とまぁ,こんな具合なんでNM705iに関するネタはありません(きっぱり).ネタがないのもアレなんで私がどんなケータイを使ってきたかだけでも紹介しておこうかな.

歴代のケータイ・PHSの写真

えらく写りの悪い写真で堪忍してください.私,NTTドコモとウィルコムのダブルホルダーなんで2段に分けてみました.上がNTTドコモの端末で下がウィルコムの端末ね.本当は機種変更のときに返すべきものなんだろうけども,なんだかんだで手元に残っています.

時代が古いところから行くと下のウィルコム(旧DDIポケット)から行った方がよいのかな.下段の一番左が2つめの端末のKX-PH33S(九州松下製/ル・モテ)です.実はこの前に京セラの端末を使っていたのですがどっかに行ってしまった模様です.なんで一番最初にケータイではなくPHSを使ったのかなんですが,今の会社に入ったタイミングの問題でして.私が入社した年に社屋が移動したんですね.最初の1ヶ月は寝屋川の寮で生活してて,その後大東に移ったわけです.1ヶ月のために電話線引っ張るのもアホらしかったので一番安くあがるのがDDIポケットの端末だったんですね.それをRS-232Cでパソコンに繋いで通話料金(当時はエッジも無かったですから)を気にしながらホームページの更新をしたり,メールのやりとりをしていたのは,なんだかとっても懐かしいですし,やっていること自体に時代を感じてしまいますわ.

しばらくしてエッジ(当時の表記だと「H"」)のサービスがはじまって買い換えたのが写真のKX-PH33Sでした.このころは音声通話にも使っていたのでこの端末を選んで,パソコンも買い換えていたのでエッジ用のPCカードを繋いでモバイルチックなことをしていました.もっとも中古で買ったパソコンに繋いで実家で使うのがメインでしたが.で,ここでケータイを買ったのとつなぎ放題のAirH"サービスがはじまったんでデータカードに乗り換えたんですね.それが下の真ん中にある本多エレクトロンのAH-H401Cです.

この端末が今までで一番利用した端末じゃないかな.パソコンに繋いで使うこともあったし,Jornada690に繋ぐこともあったし,友人から譲ってもらったザウルスに繋ぐこともあったし.なのでお芝居を観に行ってその帰りの電車の中でネタを書いてホームページ(当時はblogじゃなかったのよ)にアップしたこともありました.でこの次がいきなり時が流れる感じでおなじみシャープのW-ZERO3[es].これは会社の人からの貰い物です.一応QWERTYキーボード付きなんですが,微妙に最新のAdvanced/W-ZERO3[es]より打ちにくいのが残念ですが,どこでも持ち歩いていろんなことできるので楽しいですね.仕事に使ったことははっきり言って皆無ですが(ま,趣味の世界ですし).

次,上段のNTTドコモの端末ね.一番最初に買ったのが左端のP209i.このころは会社のケータイでP502iも使っていたのでなかなかややこしいことになりますが,自分で買ったのがこっち.なんかこのころ松下の端末ばっかり使ってますが.ここまではとりあえず「型落ちになって安くなったけどそこそこ使える端末」を買っていた(PHSも含めて)のですが,この次から暴走がはじまります.次に買ったのが日本無線のR692i(GEOFREEII)です.これ探したんですよ,どこにも無くって.最後に行った難波近くのドコモショップでようやく手に入れた機種です.なおこの端末の特徴は「防水仕様」「水に浮く」「ひたすら頑丈」「その代わりキーが小さく防水加工のためやたら押しにくい」と言ったところでしょうか,あっ,あと「驚くほどデカイ」ってのも加えておきましょう.

なにせ買ったときにたまたま高野山に行く機会があって水でお清めしましたからね,コレ(注:いくら防水といっても意図して水をかけては駄目ですし,ましてや風呂に持って入るなんてのはご法度です).そこそこ長くつかった端末ですが,本体は壊れなかったものの最後はアンテナが壊れるという「いかにもR692i的な」壊れ方をした端末でしたねぇ.ちなみに写真の赤の○で囲ってあるところ,あからさまにネタとして買ってるケータイですんで.この次がヨドバシカメラで暗に「操作しにくくて電池の持ちが悪いからお奨めしません」の圧力を受けつつ買ったFOMA端末のNM850iGですね.

この端末の特徴,「本当にクセが強くて操作が特殊」「外部メモリが簡単に手に入らないMMC(マルチメディアカード)」「ヨーロピアンデザインを売りにしているけど見た目は前方後円墳」「そもそも私にとって海外ローミング可能な端末で良かったのかどうか未だに疑問」「ただし一発出落ちには使える」こんな感じでしょうか.ちっとも褒めてませんが,ネタですからネタ.クセ強すぎて普通の日本製のケータイで使うことのできるアプリが使えなかったりで散々でした.ホントネタなんですって,ネタ.

ここまでノキア端末の悪口というかアレな点を挙げておきながら次に買ったのがNM705i.まぁもはやノキア端末のクセが分かってしまった今となってはその部分でパスすることも無いですしね.結構私と同じようにNM850iGからNM705iに買い換えた人も多いみたいですし.その方たちは戸惑っていないと思うんですがねぇ.デザインや大きさだけで選んでいる人は結構苦労してらっしゃるようで….その方たちにNM850iGで苦労した私からささげるコトバとしては「使ってたらイヤでも慣れる」,これですね.思っきり突き放すというか投げっ放しですが.何せ電源ボタンは頭のてっぺん,お尻の方にあるACアダプタはNM850iGと同じかと思ったら「こんな細いACアダプタ見たことね~」と言いたくなるほどの代物で,その横についている2.5mmのジャックは「これ間違えてACアダプタ入れる人おらんのやろか?」と心配になるつくりで,さらにその横にあるのがUSB端子.スタンドに立てたくても絶対立てることができない有様で(というかこれだけのことを事前に知っておきながら「オプションでスタンド(クレイドル)ありませんか?」とドコモショップの店員さんに聞いた自分がなんとも痛々しくて).

見た目だけならね,R692iやらNM850iGの方がインパクトあるけど実際に使うとアレよ,かなりインパクトあるよNM705i.とりあえずはやく使いこなせる状態にしないとな~.ネタにもできんしな~,というのが現状でございます.以上,無駄に長い文章で誤魔化してみました.週末になんか入れてみて遊ぶかな~.と,こんなところで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく手に入れました,NM705i

は~い,とりあえずご報告~.

昨日大阪市内(日本橋の某店)のドコモショップで
 ようやくNM705i(ビターオレンジ)をゲットしました!
前の週に大阪府下・大阪市内のドコモショップに電話攻勢をかけたものの全く在庫なしで,多分初期ロットのみの販売で,いつ入荷するか分からないので予約を受け付けることもできない,な回答ばかりで凹んでたんですがね~.

友人と一緒に「でもいろんなblogやらまとめサイトやら見てたら結構みんな簡単に手に入れてるやん.実はヨドバシとかでっかい電気屋やドコモショップじゃなくって,小さめのところ攻めたら案外簡単に陥落するん違うん?」「でもうちのblog,検索キーワード調べると『NM705i 在庫』ってのが結構あるんよ.そんなに簡単にいくかいな」的な会話の後,久々に日本橋行ってみるかってことになって(ちなみにその前の週,当然のように日本橋のドコモショップにも在庫確認したんですけどね).つーことで都会の盲点になっている「LABI1」(ナンバから無駄に遠く無駄にデカイ,もしかしたら客よりスタッフの数の方が多いんじゃないかと感じることすらある,品揃えだけは良いヤマダ電機)で落ち合って探してみるべか,てなことになって.

で最初のLABI1当然のように在庫無し.なんかドコモがキャンペーンやってたらしく友人がえらいことティッシュペーパーを集めていたのがいとおかし.しゃ~ないの,日本橋に移動するか,ってことになりまして.歩きで移動しながら先日買ったちょっとイカシタもといイカレタ時計を見せて「実用性まるで無し!」の烙印を押されたのはネタとしては良いんだけど…やっぱあの時計,出落ちかな….今度ThinkGeekのおバカカタログ見せてみようかな.

そんなこんなで日本橋に到着.目の前にはドコモショップとauショップが.当然だけどドコモショップに入って何もみることなく店員のお姉さんに「NM705iあるえ,ノキアのオレンジの」と在庫確認.その間,入口付近で待機していた友人が「やっちゃんやっちゃん,コレコレ」なんてもとになりまして,ナントまぁ入口に実機が展示されてるじゃないの!こんなにアピールせないかんケータイやったかいなと思う間もなく,お姉さんから回答.「えぇ在庫ございます」「!…はい,機種変します」と相成りました.

ここで愚痴…,あれだけドコモショップに電話攻勢しかけてさんざへこまされた挙句,1件めのドコモショップで見つかったのはうれしいけど,なんかむさむさ腑に落ちんわ~.大きい会社だから小回り聞かないのかも知れんけど,買った私がいうのもアレですが,そんなに売れるケータイでもあるまいに.ならばドコモショップ全体で在庫管理しときゃ,こんなに面倒なことしなくても良かったんではないの.予約受付できませんて,大名商売ですな,正味な話.

あとは普通に契約ですな.幸いおなじノキアのFOMA端末,NM850iGからの移行だったのですいすい.ちょっとだけお姉さんとプランの相談をしていろいろ契約内容変えてみました.どうにかバリュープラン増額分の半分くらいは契約変更でまかなえそうな感じ,なかなか良いぞ.で,ここからがサディスティックな楽しみなのですが….当然NM850iGなんてマイナーな機種,店員さんでもあまり見たことないんですよ.「じゃFOMAカード入れ換えましょうか?」となったときにお姉さん固まりました.「すいません,開けてください」…これは初めての経験だぞ.店員から頼まれたぞ,おいおい.と微笑みながら分解.FOMAカード取り出し作業を何故か私が行なう.「じゃお願いします」とFOMAカードを渡すのがなんか自分の中でツボにハマって…w).

んでNM705iにFOMAカードつけてチェックしてもらっている間,となりのブースでケータイ新規契約してるっぽい白髪の初老の紳士の着ている紺のブレザーがなかなかイカしていることに気付き,しばらくNM850iGを触りながら観察(なにしに来とるんや,オレ).あんなオサレなブレザー着たいなぁ,なんて思っていると店員さんが戻ってきました.「えーと一応電話帳の移行なんかもできますがどうしますか?」ってなことになりまして.実はコレ地雷ね.NOKIAの端末の場合,かなり特殊な仕様になっているのでドコモショップの店員さんでも結構できないことあるらしいので.それを横目に見ながら待ってもよいんですが,さすがにそこまでサディスティックになると自分でもやりすぎと思ったので,「あ,自分でします」とだけ言って機種変更終了.かかった時間約30分.ま,こんなとこかな.

今のところ自分で電話帳の移行とブックマークの移行をした程度でまだまだ何にもできてません.ま,それはおいおいということで.今日はこんなところで.

追記:(2009年3月7日):
この記事に「nm705i」「nm850iG」「電話帳」のキーワードで来られる方がいらっしゃるようですので,簡単にフォロー.あくまで私が行なった方法が基本になっています.
ケース1:ノキア端末同士で電話帳を移動する場合

  1. Nokia PC Suite(ノキア端末の箱に入ってるCD-ROMにあります.こちらからダウンロードもできます)を使います.
  2. 旧型(NM850iG)の電話帳をMicrosoft Outlookに同期させておきます.
  3. NM705iとMicrosoft Outlookを同期させます.これで移行完了!
ケース2:別メーカーからNM705iで電話帳を移動する場合
  1. 市販されている携帯電話のバックアップソフトを使って電話帳をMicrosoft Outlookにコピーしておきます.
  2. パソコンにNokia PC Suiteをインストールします.
  3. NM705iとMicrosoft Outlookを同期させます.これで移行完了!
と,こんな感じです.ちなみに電話帳移行サービスはドコモショップではできない場合もあるらしいので,知っておくと非常に便利ですよ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外通販などをしてみる

本当は昨日の出張帰りの電車の中である程度まで書いておいた文章なのですが,家に帰って力尽き,今日4月1日アップになった次第.でも四月バカのお話ではなく本当のお話です.以下3月31日の私の文章です.

四国出張~.実家の横を素通りしている特急しおかぜ号の中で記事書き~.実はこんなものを買いました.

 LED Binary Watch (ThinkGeek)

えーと名前の通りですが,2進数で時刻を知らせる時計です.これの青を購入した次第.かな~りなんだかな感じの時計です.日本国内の業者からネット通販で買えるところを探したものの,このモデルのものは無く,仕方なく海外通販で手に入れました.使用3日めですが,ようやく時刻がすぐに把握できるようになりました.初めての海外通販.なんかどきどきしたけど結局UPS便を使って1週間掛からず手元に届きました.結構拍子抜け.でもここに至るまでには結構いろんなことがあったですよ.この時計の入手方法はこんな感じです.

  1. ThinkGeekのサイトでで注文を行なう
    これはそんなに面倒くさいものではないですね.簡単な英語が分かれば余裕余裕.家の住所をアメリカンスタイルにすることに注意ね.あと自分の持っているクレジットカードが使用できなかったので,仕方なくPayPalなんぞのアカウントを作成してそれを使いました.詐欺に注意しないとね~.
  2. ThinkGeekから注文確認のメールが来る
    これは国内の通販と同じですね.問題は次.
  3. 送付先の確認を行なう
    コレね.ThinkGeekから別のメールが来るのな.文面を大きく意訳すると「PayPalを使用している人は送付先の分かるもの~住所が書かれている電話の請求書みたいなもの(免許書とかパスポートでもOKっぽい)などをスキャンするかデジカメで撮って500KB以下の画像ファイルを添付して返信してね」とのこと….パスポート今持ってません…貿易関係の仕事もしてるんですが….運転免許書…英語で住所が書かれてないし….電話の請求書…これも英語で住所が分かるところ無いよなぁ.でも一部英語で請求書と分かる箇所があるのでコレでとりあえず送ってみるべか.
    つことでデジカメで撮影の上,日本語の住所記載部分の横にそれをアルファベットにした文字を加えて送付.もちろんメールには「残念ながら英語で住所を書いているものがないんですわ,これで堪忍してくれんでしょうか?」と泣きをいれて.なんと驚いたことにこれでOK.すぐに「ありがとう,今日UPS便で送ったよ,トラッキング番号はコレね」の返信メールが!いいのか…オイ.
    #やっぱりいざというときのためにパスポート作っておこう.
    ちなみにこの間に出張が入っていたので3日ほど時間をロスしています.
  4. 2日後大阪に到着
    トラッキング番号を調べると出荷した2日後に大阪に到着,速っ!会社から帰ってくると見慣れないUPSの不在表が….あの,下手すると国内通販より速いんですケド.UPSに電話「土曜の朝に持ってきて欲しいんやけどできるんえ?」「大東市は通常の配達の『範囲外』ですのでヤマト便で送りますがよろしいでしょうか?」よろしいも何もそれで十分だす.
    #これ木曜日の出来事なので2日ロスですね,ここで.
  5. ヤマト便到着,あっさりGET!
    手にしたのは先週の土曜日のこと.今回は関税も掛からなかったので何事も無かったように商品到着.気が抜けるほど楽勝でした.

えーと金額ですが,時計自体が69.99ドル,送料が29.97ドル(だったと思う).注文したときが1ドル100円をかなり割りこんでいる日だったので10,000円掛かりませんでした.どういったものをどの程度個人輸入したら関税が掛かるのか今ひとつ分かりませんが,想像以上に簡単でした.

ちなみにこんな外箱で届きました.
外箱

内箱がこんな感じで….
内箱

その中はこんな缶になってます.
缶

あと箱にはインボイスとThinkGeekのカタログが入ってました.おバカグッズ満載のなかなか愉快なカタログですが,さすがに続けて買うのもアレなんで欲しいものがあったらまた使ってみるかな.

後日談というか今日あった出来事なのですが….セミナーをやっていてたまたま目に入る位置に時計が無く,この時計でタイムコントロールをしてみました.さすがに時間が分かるようになったとはいえ,時刻が頭の中で一瞬2進数になってしまうので,デザインはともかくアレな感じです.ま,分かってて買ったので良いのですがね~.今日はこんなところで!

追記:
とりあえずこの記事で書いてた伏線ひとつ消化ね.なんか三第噺みたいになって来たな.

追記(2009年3月1日):
最近「ThinkGeek」「海外通販」「UPS」などの単語で検索してこのページにいらっしゃる方が多いようなので若干のフォロー.当たり前ですが海外通販にはリスクが伴います.簡単な英語でやりとりはできるのは確かですが,クレームや商品交換を依頼する場合が発生することも多いと聞きます.海外通販を個人で行なう場合は必ず「Own Risk」の気持ちを心がけてください.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »