« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

光がやってきた~

いろいろとボロボロな感じで更新が遅れました.どうにか今日から復活です~!

まぁこの前に記事から今日までの間には「うちんきにフレッツ・光プレミアムが来た」だの「アップルの新OS,Leopardが販売開始になった」だの「自分がまたひとつ年をとった」だの書けること書けないこといろいろありましたが….とりあえずですね.フレッツ・光プレミアムのことでも書いてみましょうか.

これまではフレッツADSLの8Mを使用していて正直なところそれ程不満はなかったのよ.YouTubeやニコニコ動画に繋いだときにちょっと辛いかなぁという程度で.以前の記事にも書いたけど,特に乗り換える必要も感じてなかったんだけども,よくよく計算すると各プロバイダとの契約を変えることでなんとフレッツADSLよりもフレッツ・光プレミアムに変えたほうが安くなることが判明!ということでそんなもんでフレッツ・光プレミアムに変えてみて,劇的に変化するものなのか興味津々だった訳ですよ.

つことで13日に工事しました.あっさりと,ホンマにあっさりと工事終わりました.インターネットに繋ぐ設定は自分でしたけどそれも特に大きな問題もなくあっさりと設定完了.早速いろいろなサイトで回線速度のチェ~ック!結果20~30MBの速度.うん,まんずまんずでね,コレ.

と・こ・ろ・が!普通にネットをしていると正味な話,これまでとあんまり変わらんのな.悲しいかな私のメインPCはすでに6年落ち.いくらデータの転送が早くても描画するのにそれ以上の時間がかかっている有様で,えー.なんていうんでしょうかねぇ,動画を見るたびに「この部屋は40℃か!」ってくらいファンがぶんぶんまわる有様でして.あ,でもYouTubeやニコニコに関しては描画は遅くても先にデータを読み込んでくれているので,その点はかなり「オンデマンドな」(←限りなく死語)感じで楽しめるようにはなりました.

そうなってくると新しいパソコンよねぇ.Leopardも出た訳だし.Mac mini欲しいんだけどなぁ,金欠でキツイ.ボーナス待つか…素直に.

以上,お役にたつかどうか微妙すぎるフレッツ・光プレミアムのお話でした.では~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「障がい」表記に関して,再び…(置き換えりゃいいってもんじゃないよ その2)

昼休み何の気無しにGoogle探検隊.以前に書いた「障がい」表記に関して簡単に調査.あの記事を書いてからたった4ヶ月なんだけど,ものすごい勢いで自治体や大手企業でこの表記が広がっていることにある種の驚きと御幣があるかも知れんけど若干の恐さのようなものを感じました.とりあえず「いつ誰がこの表記をはじめたか?」に探りを入れてみるが,情報錯綜….ただ,本当に障害のある方本人やサポーターの方が言い始めたのか,自治体が独自に始めたことなのか,確証の持てるサイトは発見できず….

自分の考えは前に書いたとおりなんですが,私自信は納得ができる意見があれば表記はどちらでもいいとは思っているのよ.言葉には自分達が思っている以上に力があって,簡単に人を傷つけることもできれば,人に希望を与えることができる.だからこそ安易に新しい言葉を作ってはいけないし,意味を取り違えるようなことをしてはいけない.この辺りは学生時代にいろいろな演劇やら音楽に触れることが多かったことから来るものなのかもしれんけど….そんな中,非常に興味あるサイトを見つけました.

 Dialog in the Dark Japan

このようなパフォーマンスがあるのは知っていたケド,詳細は先方のサイトに行ってみてくださいね.そのサイト中にまさかこんな表記があるとは…
当ホームページでは、スクリーン・リーダーでの読み上げを考慮し、視覚障害者と表記いたします。「障がい者」と表記した場合、スクリーン・リーダーでは「さわりがいしゃ」と読み上げられます
コレね.この文章見たときに「それ知らんかった!」と目からウロコが0.5枚程落ちました.「スクリーンリーダー」に関してはこちらを参照くださいな(うわ!手前味噌).確かに福祉機器の開発スピードと「障がい」表記の拡大スピードが恐ろしく違うためこのような事態が生じている訳なんですが,この例を見ると視覚に障害のある人にとっての「障がい」表記ってどうなんだろうなぁ,受け入れられているだろうかなぁ?と考えてしまった訳です.1~2年後に答えが出るでしょうが….

調べていくと「障害」を「障がい」と表記する理由に関しては分かるんだけど,その表記の変更に関しては賛否両論ですね.ただ実際に障害のある方や関わっている方の中にも「障害」表記派の方はいるようで,「障がい」表記に違和感を覚えていたり,ひらがなでバカにされているように感じたり,そもそも本人にとって社会環境に「障害」があるのだからわざわざ表記を変える理由が分からない,などなどいろいろな意見があるもよう.(ただ某ちゃんねるの発言はいただけない.見ていて気分が悪い!自分自身某ちゃんねるはよく利用する方だが,福祉に関することは,政治的なものだけでなく悪意のある差別的なバイアスがかかっていて全く参考にならん!パソコンやケータイの情報を探すには悪い意見が聞ける分それなりに役に立つんだけどなぁ…)

ちょっと考えたものでもう一度記事にしてみました.「障がい」表記を否定しませんが,納得できる理由が無いのでしてないだけです.是非ともご意見のある方にコメントをいただきたいです.結構根が深い問題だと思うので….

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱発シャンソン賞

何ていうんですかね.休み明けになると熱がでるんですよ.一時は38度を超えるときなんかがあってどうしようもなかった頃があったんですね.今はホントちょっと37度超えくらいの軽~い微熱なんでごくごく普通に仕事にも行けてますし,問題なく仕事もこなせますし,早めに家に帰ってきて「さすがに普通の日よりかは疲れるよね~」とか言いながらとっとと寝るんですが.

さすがに今日の朝はきつかったのよ.37.5度あたりまで上がっていたから.休むかどうか微妙なところよ.個人的に37.5~38.5度くらいが一番辛いよね.関節は痛くなるし,頭は働いてくれないしで.このまま会社行っても仕事にならんのは良く分かっていたので,残業分振替システムを使って午後から出社にしました.解熱剤飲んで横になってうつらうつらしながらギリギリまで引っ張る感じで.

おかげで昼前には36度台まで下がって問題なく会社に行けました.自律神経が弱ってるからなんだろうけど,自己管理してるつもりでもまだまだ足りないってことなんでしょうね.同じような症状の人が同僚にも何名かいますが,その人たちには「どうしても自律神経が弱くなりがちだからある程度熱がでたりするのはしゃーないんちゃいます?」とか言ってるけども,一旦仕事に取り掛かるとそうそう休んでもいられないしね.仕事と自分の体の折り合いがうまくつくポイントを見つけるのが今の課題なのかな,と.

ということでこんな感じなので半日出勤とは言えちょっと「お疲れ気味」な感じ.冬に向けてやりたい,そしてやらなきゃいけないコトが結構積み上がっているので,急ぎつつ焦らず,ゆっくりとでも前に進める感じで仕事を進めていきたいな,なんて考えてます.あと,皮膚が弱くすぐに膿むつう体質もここんとこ悪化気味なんでこちらはなぁ,どないしよか.原因を見つけるようにしたいなぁ,今年中には.

12月頭のATACまでにいろんなことします.blog上では書きませんが,いろいろなトコロでお目にかかる機会も多いと思いますので,その筋(?どんな筋)の方はお楽しみに!今日はこんなところで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »