« 昨日の続き (福祉情報技術コーディネーターのすべきことって何なんでしょうか…) | トップページ | アップルの新ラインナップに関して(Mac mini生き残りました!) »

英語版Wikipedia,おもっしょいぞ

最近英語版のWikipediaを読んでまして.あ,ホントどーでもいいんですが,タイトルの「おもっしょい」は「面白い」の讃岐弁・阿波弁化です.

なんでかっていうと,英語が苦手なのは相変わらずなんですが,支援機器やAACに関する項目がきちんと書いてあって,専門用語を覚えておくと後々便利かなぁ,と思いまして.

ある方から「声を出して読めばしゃべれるようになる」と聞き,最初は信じていなかったものの,声を出していると確かに聞き取りはしやすくなったし,ある程度までの対応はできるようになったので,これは面白いということで試しに支援機器・AAC系の面白げな英語サイトを読むことからはじめて,Wikipediaに辿り着いた次第.

おそろしいことに例の辞典を作ったときに英単語をつけて「時間がかかる!」と若干後悔していたのが,実はあれが専門用語を覚えるのに役に立ていて,ある程度の内容ならそんなに苦労なくに読めるようになってしまっていたのな,英文.ちなみに実感したのはWikipediaの「Assistive Technology」と「AAC」の項目ね.参考までにURL.

 Assistive Technology

 Augmentative and alternative communication

このあたりから関連する項目へ飛ぶと英語の勉強になるし,海外の実情が分かってなかなかGoodです.今日は小ネタでこのあたりで.

追記その1:
実は昨日,かなり単純なことでパニくりまして.脳に疲れがたまってるのかなぁ,と思ったので,実は気分転換に英語版Wikipediaを読んでるのね.今週末はおとなしくしておこうっと.
追記その2:
かっこつけて仕事関係のネタにしましたが,競馬ネタの項目もかな~り面白いです.いらん単語まで覚えてしまいますが:).

|

« 昨日の続き (福祉情報技術コーディネーターのすべきことって何なんでしょうか…) | トップページ | アップルの新ラインナップに関して(Mac mini生き残りました!) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046889

この記事へのトラックバック一覧です: 英語版Wikipedia,おもっしょいぞ:

« 昨日の続き (福祉情報技術コーディネーターのすべきことって何なんでしょうか…) | トップページ | アップルの新ラインナップに関して(Mac mini生き残りました!) »