« せっかくなので「子ども」表記についても調べてみた | トップページ | 追いかけるべき対象 »

シニア向け携帯のターゲットって…

例によってYahoo!のトップにあった記事からネタを取ってきて…と.

 低調なシニア向けケータイ、40歳以上で5%未満 (japan.internet.com)

ちょっと待て!これ調査の母集団おかしくないか?シニア向け携帯の対象ってもっと年齢層の高いところにあるんじゃないか?

個人的な見解だが,インベーダーゲーム~ファミコンの発売時期に壮年期だった人,手っ取り早くいうと第1次ベビーブーマーな,大体60歳前後だわな.大体この世代の人なら家で子どもとファミコンやったり,営業の合間にインベーダーゲームでサボタージュしたり,定年間際になって会社にパソコンが導入されたりで,普通の携帯を使うことに抵抗の無い人だと思うのよ.その人たちがぎりぎり対象者の下限で,それより上の高齢者がターゲットじゃないの,シニア向け携帯って.

で,この調査の問題点は世代別の比率は分かっているものの,世代別の利用率を公表していないところね.それに加えて世代別の構成比も40歳代が53.3%という極端な比率になっており,イマイチ信頼性に欠ける調査だと思うがいかがなものか.ドコモもauも40歳代はシニア向け携帯のターゲットに入っていないと思うぞ….せめてプロスポーツ選手が「シニア」と呼ばれる50歳以上,もしくは高齢者と呼ばれる60歳以上のデータなら説得力のある調査だと思うんだけどなぁ.
#多分有償の詳細データの方にそのあたりのことが書かれているんだろうなぁ.

携帯電話に関してはキッズ向け,福祉向け,シニア向けのもののネタをいつかまとめなきゃ,と思いつつずっとず~っと先延ばしになっているんだけどね.この調査に関しては,自分なりの考えをまとめる上での参考にはさせてもらうけども….ちょっとデータに関しては意義アリ!な感じがしたわ.とりあえず今日はこんなところで.

|

« せっかくなので「子ども」表記についても調べてみた | トップページ | 追いかけるべき対象 »

e-AT・AAC(コラム)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046905

この記事へのトラックバック一覧です: シニア向け携帯のターゲットって…:

« せっかくなので「子ども」表記についても調べてみた | トップページ | 追いかけるべき対象 »