« Webのマナーってどれが正しいんだろう? | トップページ | 切れ味が鈍いぞえ »

アクセスしていただけるのはうれしいのですが…

う~ん,ここ1ヶ月ほどのアクセス解析を見ていて考え込んでしまった.

私のライフワークと趣味と現在の仕事を重ね合わせた辞典をこのブログで作成し,その作業内容はこのブログのカテゴリー「AT/AAC(用語辞典編)」に残してある.で,作成した辞典「e-AT/AAC/IT辞典」は別途So-netのWebサイト上で公開している.

自分の経験からも分かるのだが,辞典系のサイトは読み始めると止まらなくなり一気にほとんどを読んでしまうことが多い.当然ながらここのblogやWebサイトもそう.ひとりの方が続けて読むため,ユニーク数とアクセス数の差が極端に大きくなることが多々ある.別にこれは何も怖くない.

読んでいる人のプロバイダの項目を見るとちょっと恐くなってしまうのだ.大学・専門学校から来ている人もいらっしゃるし,国家・地方の官公庁(!)から来ている方もいらっしゃる.前者に関しては学生さんがレポートを書くためにいろいろ検索してウチが引っかかった,というケースが多いものと思われる.それも別に怖くない.一個人が作ったサイトを鵜呑みにされるのはどうかとは思うが.問題は後者だ.

基本的にblogに残してある「AT/AAC(用語辞典編)」は何かのコメントが無い限り更新することはない.作成していたのは一昨年の暮れから去年の頭にかけてである.その後なにが起こったか.障害者自立支援法の施行,補装具・日常生活用具の制度の変化,こんな大きな出来事が発生しているのにこのことは触れていないのである.あくまで個人blogのアーカイブとして残しているものを,「今年障害福祉課に配属されました.福祉の制度が良く分からないのでGoogleで検索したらこんなサイトが引っかかりました.早速参考にしたいと思います」的なことが発生していないだろうか,めちゃ気になる.自分でもよくこんな辞典作ったなとは思うが,…しつこいようだがあくまで個人の作った辞典である.さて,どうしたものか….

だから…辞典を第2版にする方法をちょっとだけ変えようと思う.実は新しい用語をピックアップして一気に書き換えて,いきなり「第2版できました」とWebサイトの方で公開しようと思っていた.だけどこれではblog側に反映されない.いつまでたっても古い情報が残ってしまう,これを避けたい.

方法は簡単.さっきは「『AT/AAC(用語辞典編)』は何かのコメントが無い限り更新することはない」と書いたが「AT/AAC(用語辞典編)」はWebに公開する前に用語を若干追加し,それを記事として残してきた.この方法で行こうと思う.これならリスクはかなり回避できると思うのだが….個人的にも少しずつ作成していった方がクオリティの高い辞典ができると思っているし.

ホントはメディアリテラシー・コンピュータリテラシー・情報リテラシーのことを書こうとしたがさすがに長くなるので今回は書かないで置く.こんな感じで辞典ネタがまたblog上に現れるが,真剣にでも気楽にリラックスした気分でゆっくりと書いていこうと思うので興味のある方はお付き合い願いたい.とりあえず,今日はここまで.

|

« Webのマナーってどれが正しいんだろう? | トップページ | 切れ味が鈍いぞえ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48046909

この記事へのトラックバック一覧です: アクセスしていただけるのはうれしいのですが…:

« Webのマナーってどれが正しいんだろう? | トップページ | 切れ味が鈍いぞえ »