« ATACカンファレンス2006終了しました | トップページ | エレクトリックドラムなお話 »

学生のころの写真をWeb上で見つけた,というお話

自分の名前をGoogleで検索したんですよ,会社で,昼休みに,特にすることも無かったんで.自分の修士論文に関するデータが見つかったり,遠い昔リハ工で発表をしたときのデータが見つかったりと,それなりに楽しめたんだけどね.

一番びっくりしたのは,今を去ること10年前,卒業論文の発表のときで写真が見つかったこと.その頃はOHPで発表をしていたことに若干のギャップを感じたのではありますが….ま,それはちょっと置いておいて.

私,某大学の工学部知能情報工学科に在籍していたんですな.今だから言えることなんですが,何度か記事にしたことあるように私,英語まるで駄目なんですよ(という割には今日海外のメーカーにメール送ったけど).2次試験に英語が無いこととなおかつ得意な数学と物理で大逆転が見込めるから受けたのが出身大学なのな.実際かなりセンター試験でかなりヤバイ状態になったにも関わらず,2次で数学・物理とも自分でも驚くほどの点数が稼げたんでしょうなぁ,なんとか無事に合格することができました.

学生のときに研究していたのは画像処理ね.もっすごい簡単に書くとロボットアームにカメラを取り付けて,三角測量の要領で画像を録るのな.で,カメラの座標と画像の座標から物体の頂点なんぞの座標を割り出す,なんていう今にして思うとま,ま簡単な研究をしてたんですよ.

卒業論文の写真を見るとお世話になったT先生のコメントが書かれているんだわ.当時のことがいろいろ思い出されて思い出し笑いをしてしまったのな.特に卒論発表の前日が凄まじく,普段はおとなしいMさんがぶっ壊れたこととか,いつものように私が奇声を発していたりとか,学園祭の前日のようでそうでない,妙なテンションになっていたことを思い出しました.

…なんかつい最近のことだったような気がするのにあっという間に10年が過ぎ去ったんだなぁ,とそんな簡単なことに気がついて,なんか不意にもの哀しい気持ちになったりで.

とりあえず来年自分がすべきことはここ数週間で目処がついたと思います.多分ここから先の人生はもっと,これまでよりももっと早く時間が過ぎていきそうな気がします.今自分にできることを見極めていかないとなぁ,などと考えてしまったのでした.

|

« ATACカンファレンス2006終了しました | トップページ | エレクトリックドラムなお話 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48047000

この記事へのトラックバック一覧です: 学生のころの写真をWeb上で見つけた,というお話:

« ATACカンファレンス2006終了しました | トップページ | エレクトリックドラムなお話 »