« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

F1北米ラウンド,一括してレヴューするようにします

えーいつもF1の記事をご覧頂きありがとうございます.

大変私事で恐縮なのですが,F1カナダGPの記事を来週行なわれるアメリカGPのレヴューと一緒に書かせて頂きます.ま,大したことでは無いですが,F1とは全く関係の無いサイトを立ち上げる最終準備をしておりますので,ご了承下さい.

その代わりといえばアレですが,前半戦の総括みたいなものも少し書くようにします.ということでよろしくお願いします.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うん,快調快調

なんかいつの間にか普通に朝起きて会社に行けるという当たり前の生活が出来るようになった.

言うのも恥ずかしいが復帰直後は「強引にでも家から一歩出てしまえば会社に行ける」ということは分かっているのに,その一歩が踏み出せない歯がゆさ(多分経験したことの無い人に伝わりにくいと思うが…)があったが今はそれが無い.つか,今でもたまに不眠症気味になるのだが,それがあっても会社に行けて仕事ができる.ホントこんな当たり前のことがどれだけ大変なことか良く分かったし,それを難なくこなすことが出来るような肉体と精神が戻ってきたことに素直に感謝したい.

しかしアレである.当たり前の生活をしていると1週間がやたらめったらに速い.昨年の後半は体内時計のバネが伸びきったように,恐ろしく時間の経つのが遅かった.「世間に取り残されるってこういうことなのかな」と切なくなることもあったし.かといって普通に生活をしている今のアホ程時間の経つのが速いのが良いのか,と言われるとそれはそれで時間が有効に活用できていないような錯覚に陥り,これまた切なくなることもある訳だが.

ということで一週間はあっという間,今日は金曜日の夜である.今週末は宝塚記念in京都競馬場に行ってディープインパクトを見てこなきゃいけないし,F1の北米ラウンド・カナダGPも行なわれる.日曜深夜のNHK-BSの演劇の放映もなかなか面白そう,と楽しいことがてんこ盛り.まぁ,元気が一番つことで楽しみましょ,素直に.

そうそう全く話は変わるが,会社では今前にいた部署で主に機器のメンテナンス業務を行なっているのな.で,一応機器操作用のスイッチやACアダプタも点検するんだけど,ちょいと今の検査方法だと時間が掛かってしまう.なもんで明日はちょいと電気屋に行って適当な部材をみつくろってスイッチチェッカーとACアダプタチェッカーを作ろうじゃないの,なんて思ってる.「休みなんだから休めば」てなもんだが,この程度のことは電子工作とは言えない程度のもんだし,たまに電子パーツを見るのも乙なもんなので,とりあえず出たとこ勝負で電気屋さんに行ってみよう.

作ったチェッカーになんて名前付けようかなぁ….学生時代,人形劇の照明用に作った調光器の名前は「タキオン」だったが…(とは言ってもそう読んでいたのは私だけ,つか「タキオン」使って公演しているときには退部してたしな).なんかこう「つながっとるで」「電気来とるで」というのを端的にカッコよく言い表すコトバは無いもんかな.…しかし,訳分からん詰まらんコト考えてるよな,我ながら….

こんな感じでとりあえず元気だわ.来週あたりから久々に展示に立ったりと直接お客さまに接する仕事が入ってきているのがうれしいところだが,土日が埋まるのはちょっと辛いね.チケット取ってる芝居に重ならなきゃOKだけどね.今日はこんなところで.

追記:
例の辞典ですがとりあえず完成しました.今とある方々に最終チェックをお願いしている状況です.一応ご報告.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うんざりするよね…So-netブログの「定期的な」不具合って

あのねぇ,F1のネタなんだけどなんとか月曜日中にアップしようとがんばった訳だよ.なのに,なのにである.またSo-netさんがやらかしてくれた.

まぁ,これまでにも何度もあったことだから今更なのだがまたSo-netブログにアクセスできない状況というヤツが発生したのだ!正直なところうんざりだわ.書こうと思ったネタひとつ流したし,あ,でもこうして愚痴の記事が書けたからプラマイ0か…

 んな訳ねーよ!

ちなみにこのblogの下支えをしているのはF1の記事とe-AT/AAC系の記事,あと演劇系の記事ね.なのに今週は数え切れないほど「只今サーバが混雑しております」ページに遭遇し,数え切れないほどではないがそのようにも言いたくなるほどの緊急メンテナンスに遭遇した.

あのねぇ.いい加減So-netさん学習しようよ.blog関連の新しい機能を導入する度にトラブルが発生してユーザが酷い目に会っているじゃなの!これは私の場合という前提だけど求めているのは「新しさ」ではなくて「堅実さ」「堅牢さ」なの!いくら良い記事が書けたとしても,そこにアクセスできなけりゃ全く意味が無い訳で….

こんなんだから今週のアクセス数の激減ぶりには正直我がことながら笑ってしまった.大体F1の記事書けばある程度のアクセス数は頂けるんだよ,F1ファンが少なくなったとは言えコアなファンはいるわけだから.今回のイギリスGPの記事に関してはトラックバックの少なさから分かるとおり多分ほとんどの人がまともに見ることができなかった状態だったんだと自分に言い聞かせているのだ.

通常だとヒット数でいうとこのblog全体で1日あたり少ない日で70くらい,多い日だと150くらいは行くんだよ,こんな零細なblogではあるけれども.で,今日午後10時半現在のアクセス数なんと17!自分が記事を書いていないことももちろん理由なんだけど,今週ずっとこんな感じなんでねぇ.なんとかしなきゃねぇって感じだか.

まぁ,おかげさまで仕事にも本格的に復帰できたし,精神的にも肉体的にも体調は良いのでその点は良いんだけど,そのためにblogを犠牲にするのはちと違うかな,とは思っているんで.

例の辞典ができたらまた記事書くようにするんで,皆さんよろしく,ということで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰か奴を止めろ(2006F1第8戦イギリスGP)

6月11日,イギリス・シルバーストーンサーキットで行なわれた2006年F1第8戦イギリスGPを回顧.ここを本拠地としているチームも多く,高速テクニカルサーキットのため激しいレースが行なわれることを期待していたのだが….シリーズ前半の総決算ともいえるイギリスGP,勝ったのはやっぱり…,今回はかなり軽めに振り返ろう.

  • 予選6位まで3強が占める
    予選第1セッション,ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)がいきなり白煙を上げノータイム.最後尾確定.トゥルーリいまだノーポイント,不幸はどこまで続くのか?次のトラブルはバトン(ホンダ).1回めのアタック終了後,抜き打ちで行なわれる車検に引っかかり2度めのアタックできずノックアウト.可能性を考えてタイムを出しておかないと…,実際モナコGPでは同じM.シューマッハ(フェラーリ)がノックアウトされそうになった訳で,…あ,でも結局最後尾スタートだったんだった.よく分からんのがウェバー(ウィリアムズ・コスワース)のノックアウト,何なんだこの荒れ方は!
    第2セッションはさほど大きなトラブルも無く,妥当な結果.最終セッション,M.シューマッハとアロンソ(ルノー)のつば迫り合いが続くが,最終的にはアロンソがポールポジション獲得.そしてここで来た!最終アタックでライコネン(マクラーレン・メルセデス)が2位に飛び込んだ.イギリスチームにとっては有利なサーキットだがマクラーレンの復調が感じられる予選だった.
  • スタート!多重接触発生
    決勝スタート,上位陣は問題なくスタートし大きなトラブルは無し.ただし後方は混乱,1コーナー先から続くマゴッツ~ベケッツ~チャペルのS字区間でスピード(トロロッソ・コスワース)とR.シューマッハ(トヨタ),ウェバーが接触.トヨタとウィリアムズの2台はエスケープゾーンにストップしてしまう.スピードはピットに戻るものの戦意消失,リタイアとなる.この接触事故によりセーフティカーが介入.4周めにリスタート.
  • 一番燃料を積んでいたのは…
    上位陣,普通にタイムを考えるとアロンソは燃料軽めなのかなぁ,マクラーレンもこのタイムだと軽いのかなぁ.などと思いを巡らしていたが,上位陣最初にピットに飛び込んだのはM.シューマッハ,ちなみに60周レースの18周め,次の周ライコネンがピットイン.あれれ,ルノーはいつ入るのかと思えば,アロンソかなり引っ張り22周めにようやくピットイン.燃料積んでポール取ってたのか…ハイ,この時点でトラブルが無い限りアロンソの優勝確定,あぁまたか….
  • 悲惨なり日本勢…
    まずはホンダから,連続フロントローを記録していたとは思えないグリッドからスタートしたバトン.ジャンプアップを決めここからという9周め,オイル噴出で炎を上げながらマシンを止めリタイア.何とか最終セッションまで生き残り6番グリッドからスタートしたバリチェロ(ホンダ),スタートに失敗し順位ダウン,レースタイムも安定せず1回めのピットストップでさらに順位を落としてしまう.次,トヨタ,R.シューマッハについては先述のとおり事故でリタイア.最後尾から追い上げを図りたいトゥルーリはじわじわ順位を上げる.中盤~終盤にかけバリチェロとトゥルーリが非常に微妙なバトルを繰り広げる.10番手争いて….せめてポイント圏内でバトルしてくれよ!頼むから!!
  • 2位と3位では大きな違いが…
    アロンソを追いかける2人のドライバー,M.シューマッハとライコネン,1回めのピット終了時は2番手ライコネン,3番手M.シューマッハの順位変わらず.2回めのピット作業が勝負のポイント.先に動いたのはM.シューマッハ,41周めにピットイン.普通に考えると後から入るライコネンの方が有利なハズ.ところが次の周ピットアウトしたライコネンの前にはM.シューマッハのマシンが!前に記事にした「1秒を隠し持つ走り」炸裂!
  • アロンソ今期5勝め,どこまで勝つ気だ!
    結局これでもかと言わんばかりの影をも踏ませぬ走りでアロンソが今期5勝め,勝率63%,表彰台獲得率100%(3位も無いので競馬で言うなら連対率100%か…).そろそろ空気読んでトラブル起きてくれないかなぁ,ルノー.2位はライコネンを交わしたM.シューマッハ,3位にライコネン,以上がポディウム.4位以下はフィジケラ(ルノー),マッサ(フェラーリ),モントーヤ(マクラーレン・メルセデス),ハイドフェルド(ザウバーBMW),ヴィルヌーブ(ザウバーBMW)までがポイント獲得.あ今気付いたけど,見事にセカンドドライバーまで1~3位と同じ順位になってるな,それだけルノーが安定して速いってことなのかなぁ.

最終的に18台完走扱い.リタイアたったの4台,その中に日本勢が2台,かな~りしょぼーんな感じである.スーパーアグリの2台は佐藤17位,モンタニーが18位シンガリ完走.北米ラウンド終了後にニューマシン投入予定のスーパーアグリ.こうした地味ながら堅実にロングランを行なうことで得られるデータの有用性は書くまでも無いだろう.新マシンに期待しよう.

次戦から2戦はヨーロッパから場所を移しての北米ラウンド2連戦,第9戦はモントリオールを流れるセントローレンス川に浮かぶ中州にある公園内周回道路をサーキットにした半公道コースのジル・ヴィルヌーブサーキット.直線とシケイン,ヘアピンで構成されたストップアンドゴーサーキット.エンジンパワーが重要であるが,ブレーキにも厳しいコース.決勝は6月25日.誰かアロンソの連勝を止めろ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話のお話 その3 買い換えてみた

正直もう限界だったのである,あの携帯を使い続けるのは….いくらタフで水につけても大丈夫といっても2年半もすればガタが来て,実際のところアンテナが取れたところで買い換えようと決心した.つか普通ならアンテナが折れ曲がった段階で買い換えるのだろうが….

念のため補足.私が使っていたのは日本無線というメーカーの「GEOFREE2(R692i)」という機種.どんな携帯かは以前書いた記事を読んで欲しい.水に濡れても大丈夫,いまどきこのような酔狂な携帯を使っている人もなかなかいないだろうと思い,梅田,なんば,日本橋を探しまくりようやく手に入れたブツなのである,

今回の買い替えにあたってどのような携帯ならば自分も満足しかつネタにできるかを考えてみた.

  • ストレートタイプの携帯が良い.これは個人的な好み.
  • 時期も時期なのでmovaからFOMAに乗り換える.
  • できれば持っている人の少なそうなのが良い.笑いが取れればなおよし!

どこかに妥協をいれつつ考えたんだけどなぁ.まず「RADIDEN」.ネタ的には抜群なのだが,入るのはAM/FM/TV音声のみ.実際使用するのは競馬場で短波放送を聞くくらいだと思うからその段階でアウト.それにmovaだし…,あまり好きくないSO製だし.

次,MusicPORTER.機能的には面白いけど,よく考えるとMP3プレーヤーがあれば携帯を使ってまで音楽聴く必要は無い訳で.あと折りたたみだし,movaだし,何といってもファンキープライスだしってことでアウト.

なので普通にストレートのシンプルなのにしてみるか,と思い見つけたのが「SO902iWP」と「D702i」の2機種.SO902iWPのウリは防水仕様であることだが,これは前の携帯とネタがかぶるしボタンが押しにくい,かつSO製ということで却下(SO好きくないのにSo-net使ってるのは長くなるけど理由があるんだよ,ちゃんと).で,残ったD702i,普通にスリムでかっこいい.持っていて違和感ない.だが友人に聞くと「普通で面白くない」ということで,ネタ的に辛いので却下.

どうするべかと思っていたときに目に入ったのがNOKIAの「NM850iG」(メーカーの紹介ページ).Symbian OS搭載の携帯電話である.持った感じは携帯というよりむしろPDAである.で,海外ローミング可能である,でも私は海外に出る予定はまるで無い.形はメーカーは「ヨーロピアンデザイン」と謳っているが,実際のところ懐かしいPalmを思い出させるデザインだ.じゃこれ買おうとヨドバシカメラの店員のお姉さんを呼んだ,すると.

「この携帯,普通の携帯と操作感が全然違いますよ」「電池の減りも速いですよ」とやたら念を押してくる.機種変更担当のお姉さんも同じ,そんなに駄目なのかこの携帯.

で購入してみて感想.「確かに操作感は普通の携帯と違うけど,慣れれば普通に使える」.電源ボタンの位置からして普通の携帯とは違うところにあるからねぇ.ま慣れですよ,慣れ.でもまだ慣れてない….使っているうちに馴染んでくると思うので今はガマンしておこう.PDAを安く買った,と思えばいいんじゃないかな.

今日はこんなところで~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「まとまったお金の唄」(大人計画)観劇記

日付変わって昨日6月3日,大阪厚生年金会館芸術ホールに大人計画の「まとまったお金の唄」(作・演出:松尾スズキ)を観劇してきたので覚書程度の感想を….

大好きなタイプの芝居で大満足.毒っけの少ない作品で評価が分かれると思うケド….

えー大人計画です.昨年は「キレイ」しか観てない,つか本公演無かったしね.個人的には大人計画の中でも,宮藤官九郎よりは松尾スズキの作品の方が自分にあってると思う(役者としてのクドカンは結構好きな方)のだが,今回もスケールが小さいようにみえて中盤から後半にかけて一気に松尾ワールドに引きずり込まれた感があった.

今回の作品で芸達者な大人計画陣とは別に非常に印象に残るのは平岩紙と客演している市川実和子のすがすがしいところかな.特に平岩紙は現在の視点からストーリーを説明するための狂言回し,と思わせておいて実は…(思いっきりストーリーの核に行き着いてしまうので省略),というのがぴったりくる透明感に溢れていた.市川実和子は大人計画の空気に合うかかなり?だったがうまく溶け込んでたね.東京に向かう新幹線のシーンの演技というか張り詰めた空気感というか,見事だったと思う

大人計画,特に松尾スズキのどろどろした作品群,例えるなら「ファンキー」「ふくすけ」「ヘブンズサイン」あたりが好き,つう人にはちょっとぬるすぎるかなぁ,という気がするが,「ドライブインカリフォルニア」が好きという方には非常にお奨めかな.つかWOWOWで再放送してくれんかな,「ドライブイン…」.

ちなみに某大手掲示板の「まとまった…」スレは公演を観るまでガマンしていた訳だが,さっき読んでみた.やはり賛否両論という感じだったわ.ちなみに東京公演でWOWOWの撮影隊が入っていたとのことなので9~10月あたりに放送されるのではと期待している.ホントはもう1回観たい作品だがガマンしよう….せっかくだからWOWOWでやった大人計画絡みの作品,深夜でいいから一気に放送してくれんかなぁ,こちらはあまり期待しないでおこう.

今年の大人計画の本公演はコレのみ.あとは「大人計画フェスティバル」(これだけのために東京までは行けんな正味な話)とクドカン率いるウーマンリブの公演がある.ウーマンリブどうしようかなぁ,松尾スズキが役者で出てるからそれなりに期待してもいい気がするんだけども….

だいたい思いついたことは書いたので,こんなところで.大阪公演は7日(水)のマチネ公演が楽日なので当日券,キビしいけれど当日券,ゲットできれば行って観てみ.では~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとだけ自己嫌悪

久々に日記を.まぁアレコレあって昨年下半期は完全休業状態(というわりには毎日のようにblogを更新していたというのはとりあえず横に置いておいて)で,今年にはいってから復帰,リハビリ的に勤務しながらフルタイムでようやく勤務できるようになって2ヶ月が過ぎた訳だ.

体力的にはフルタイム+αの時間は十分に働けるようになったと思う.ただなぁ,相変わらず精神面で脆いところがあるんだな.学生のとき,特に人形劇をやっていた頃は脆さは無かったような気がする…じゃないな,多分気付いていなかったんだと思う.

人形劇をやめてバンドを組んだり劇団に参加するまで約1年半のブランクがあったのだが,そのときに自分の脆さに気付いたんだよなぁ,確か.ただ当時は追い込まれるとか切羽詰るという事態に遭遇しなかっただけで何の問題も無かったんだけど.

さすがに社会人になるといろいろな場面に出くわすのは当然のことで,これまで2回洒落にならない状況になった.復帰してすぐは多分多くの人が考えているのとは逆で,結構調子いいんだよな.復帰して2ヶ月~半年くらいが結構いろいろ考えてしまったり,自分で自分を追い込んでしまうことがあるような気がする,つか前もそうだった.

自分の弱点として「物事を深く考えすぎる」「他人の目を気にしすぎる」というのがあって,まぁ,その今日はそれが出すぎて迷惑をかけた訳だ.ま,面と向かって謝っているのでコトは片付いているのだが,blogを使って世界に向かって謝ってみよう,SORRY.

復帰して半年といえば6月末.あと1ヶ月だ.ちょうど勤めている会社の〆が6月20日なんで頃合もよい.悪い部分を出さないことを気をつけつつあまりに気にしすぎず(←この割合がまたビミョーなんだが),自分のやりたいことを目指して進んでいこう.ま,ゆっくりとですが,ホントゆっくりですが,そういうことで.

追記:
辞典も自分のやりたいことをまとめるために作っていることだからね.6月中にはできるんじゃないかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »