« まずは1勝(2006F1第1戦バーレーンGP) | トップページ | 今日はCPU切替器のお話を… »

うちのNASまたひとつ増えました

NAS(Network Attached Storage/LAN接続型ハードディスクアタッチメント)関連のものを2つ買ったので紹介したい.

ひとつめ「NAS本体」.何せ10~80GBの中途半端なハードディスクをそのままにしておくのももったいないので,せめて80GBのハードディスクは使おうということで安価な,ユーザの持っているハードディスクを組み込めるNASを買った.買ったのは下のヤツ.

DN-NAS35写真

組み込みタイプのNASの中では一番安いもののひとつと言える「DN-NAS35」.上海問屋(エバーグリーンの通販専門ネットショップ)で購入.7,980円也.写真のとおりPowerMac G5のような面構えである.

導入自体は非常に簡単.台湾製で取扱説明書は英語のみだけど図が書いてあるし,内容的には中学レベルの英語とパソコン関連の用語を知っていれば何も問題ない.ただ組み立てるときに注意が必要.外観のとおりアルミを使用しファンレスの構造になっている関係上,ほとんどのパーツが金属製.当然ブラケットも金属なので手を怪我することがあるかも知れない.まぁ,このようなNASを買う人はパソコン作ったり分解したりしたことのある人だと思うので言わんでも分かるだろうケド.

あと電源を入れると良く分かるが,アクセスランプに使用されている青色LEDがかなり明るい,というか明るすぎる.具体的に言うと夜中に部屋を真っ暗にすると壁に自分の影が映るほど明るい.明るすぎてアクセスしているかどうかをLEDで判断するのは難しく,ハードディスクのアクセス音の方が分かりやすい,つう有様.なんすか,青色LEDも安くなったもんだねぇ,とちょっとしんみり.

Link Stationや玄箱に比べるとアクセススピードが若干遅いかなぁと感じるが,このNASはそんなに重要では無いファイルをぶち込んだので気にしない.あくまで余りモノの有効活用なので.対費用効果は高いので興味のある人は1台いかが?

ふたつめ「玄箱シリーズ用補修部品セット」.先ほど書いたように私はLink Station玄箱という兄弟NASを持っているのだが,以前の記事に書いたとおりファンが時折轟音を立てているのが気になっていた.しかも夜中のアクセスしていないハズの時間にいきなり轟音がなったりするのでかなり恐かった.あと,Link Stationに関しては,保証期間が切れてから何度か分解して遊んでいるうちにLED用のレンズを破壊してしまっていて,仕方なくテープで仮止めして使っていたのな.玄人志向から修理パーツが出ているのは知っていたので,いつか買おうと思っていたところ,先日日本橋でブツを発見,早速購入した.

基本的にLink Stationも玄箱も同じつくりなので,古いLink Stationのファンを交換してみる.いやー,コレまでの轟音が何だったのかと思う静かさで.レンズも取り替えたのでLEDが見やすい見やすい.でも今度は玄箱の音が気になってきたぞ….ということで,ちょっとした荒行を.ファンを取り外して水洗い(!)をし,よ~く乾かしてからKURE5-56をファンの軸にちろっと掛けた.すると静かになってしまった….KURE5-56偉大なり!あの轟音はモーターが弱っていたのだろうか,それともファン軸が回りにくくなっていたのだろうか.とりあえずどうでもいいや,静かになったし.

左から玄箱・Link Station・DN-NAS35

ということで今,私の部屋には上の写真のとおり3つのNASがプリンタの横に並んでいる.全部で400GB.フルに使うことは無いだろう…多分.今日はこんなところで

|

« まずは1勝(2006F1第1戦バーレーンGP) | トップページ | 今日はCPU切替器のお話を… »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48047095

この記事へのトラックバック一覧です: うちのNASまたひとつ増えました:

« まずは1勝(2006F1第1戦バーレーンGP) | トップページ | 今日はCPU切替器のお話を… »