« 「12人の優しい日本人」WOWOWライブ中継版雑感 | トップページ | SHI・RA・GA »

ギターのチューニングと昨日の夢のお話

大学時代の人形劇サークルの友人というか先輩から携帯にメールが.ちなみに初対面のとき,私が18歳,その友人は31歳.今自分がその歳になっていることに,時の経つ早さを感じてしまう.なんでも「ギターのチューニング方法」を教えて欲しいとのこと.ま,お安い御用ですがな.こっちにギター持って来ていないんだケド.一番簡単な方法は…

その1.音叉の音と5弦の開放の音を合わす.
その2.6弦の5フレットと5弦の開放の音を合わす.
その3.同じように5弦の5フレットと4弦の開放,4弦の5フレットと3弦の開放,3弦の4フレットと2弦の開放,2弦の5フレットと1弦の開放の音を順番に合わす.

…完璧じゃん.これでOKでしょ.と思っていると返事が…
「音叉がないんや.チューニングメーター買った方がええ?」
しまった…相手の環境を考えるのを忘れていた.ということで,「音叉の代わりにピアノの『ラ』の音でチューニングできますよ」と回答.あとネット上で440Hzの音の出る音声ファイルを見つけてメールしたけど…まだ返事が無い.ちゃんと届いているのかな?(つか,何なら音叉送りましょうか?)

実はね,昨日布団に入ってから,どういうわけかドラムを叩きたくなったのよ.すると何故か頭の中にC-C-Bの「Romanticが止まらない」が流れ続け,本当に止まらなくなってしまったからなのである!まるでテストの前に「♪と~れとれぴ~ちぴちかにりょおり~」を思い出し,テストにまるで集中できなくなるかのように.これじゃいかん!寝れん!!ということで今度はYMOの「君に胸キュン。」が流れ出し,若干パニック気味に.頭の中をシモンズのエレキドラムのパッドが飛び回り,自分がドラムを叩きまくっているところで目が覚めた.なんでこんな夢か現実か分からんようなモノ見て,こんな真冬に汗だくにならなあかんのや!と自分自身にツッコミを入れておいた.

やっぱアレかね.大阪の方に楽器持って来ていない.ってのが関係あるかもね.いつもパソコンの下にはスティックケースは吊るしてるけど,それでできるのって空ドラムだしねぇ.今度実家に帰ったときに学生時代怪しげな骨董屋で3,500円のところを3,000円に値切って購入し,その後10,000円以上かけてマイクを仕込んだりペグを変えたりした愛器「YAMAHA FG-110」を持ってくるかな.分かる人には分かる書き方だが,オーディトリウムタイプの小ぶりなボディで背が低くリーチも指も短い私にはグッドフィットなギターだ.弦を張り替えればまだまだ使えるだろう.

というお話でした.

|

« 「12人の優しい日本人」WOWOWライブ中継版雑感 | トップページ | SHI・RA・GA »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48047166

この記事へのトラックバック一覧です: ギターのチューニングと昨日の夢のお話:

« 「12人の優しい日本人」WOWOWライブ中継版雑感 | トップページ | SHI・RA・GA »