« e-AT/AAC/PC用語辞典 -え- | トップページ | 立花隆が探る サイボーグ医療の時代第2回 雑感 »

Made in KAGAWA

たまたまWOWOWで香川でロケされた映画(「世界の中心で、愛をさけぶ」「機関車先生」)が立て続けに放映されたので,「香川フィルムコミッション」のサイトを参照に実際に映画を観た作品についてちょいと記事にしてみよう.えー一応古いものから順番になってるのでよろしく.

  • 犬死にせしもの (1986年・井筒和幸監督作品)
    よく覚えていないのよ.大学生のころテレビで軽く流しながら観たから.印象に残っているのが今井美紀のヌードのシーンってのも個人的にどうかとは思うが.映画のメインの舞台は香川ではなくたしか広島だったと思うのだが,丸亀と前述のヌードシーンを撮影したのが本島ですね.
  • 青春デンデケデケデケ (1992年・大林宣彦監督作品)
    観音寺市の高校生がロックに目覚め,バンドを組んだ男子4人+1人とそれを取り巻く学校,地元の人々を描いた青春グラフィティ.スピード感あふれる映像が快感な2時間15分.ちょうど私が観音寺第一高校に在籍していたときに同校で撮影が行なわれたため,エキストラ出演している友人多数.それを細かく探すのも密かな楽しみ.撮影場所は高校とその近辺(観音寺旧市街地)および高室地区(合田君の家つうか寺),あと今の場所に移転する前の「大喜多」(うどん屋さん,一応入口の写真だけだけどうどん屋さんはいっぱい出てきとるのな→うどんマニアの方々).町並みが撮影時と今ではかなり異なっているのがちょっと残念….映画は地元観音寺で2回,徳島の旧作特集で1回,貞光映画祭で1回,計4回観るほどのお気に入り!
  • 男はつらいよ 寅次郎の縁談 (1993年・山田洋次監督作品)
    この作品は映画館では観ていない.大学院の1年のとき自腹で佐世保のリハビリテーション工学カンファレンスにバスを乗り継ぎ行ったのだが,帰りの佐世保から福岡へのバスの中でこの映画が流れていたという次第.疲れててかなり流しながら観た覚えがある.良くも悪くも寅さん映画のフォーマットでできている作品.たしかマドンナ役が松坂慶子.いい味を出していたのが満男役の吉岡秀隆.最後の方で満男が振られるシーンがあって寅さんが慰めるのだが,美しいシーンだったなぁ.
  • 機関車先生 (2004年・廣木隆一監督作品)
    瀬戸内海に浮かぶ小島に臨時教師と子どもたち,取り巻く人々を描いた作品.声を出せない臨時教師吉岡先生(機関車先生)役の坂口憲二と校長先生を演じた堺正章の二人の演技が素晴らしい.島の風景もいかにも瀬戸内海というまったりしたものでこれも良い.確かこの映画で観音寺第一高校の旧体育館(註:私が高校に行っていた頃から「旧」がつく.味がありすぎ:))が使われているのだが,多分剣道大会のシーンだね.見覚えのある舞台があったし.子どもが好きな人なら必ず泣ける作品である.
  • 世界の中心で、愛をさけぶ (2004年・行定勲監督作品)
    この作品については前に記事にしたのでそちらを読んで下さいな.

これ調べてて思い出した.「阿修羅城の瞳」って金丸座で撮影されたんだ….思いっきり忘れてた….結局観に行けてないしなぁ.

こんなところで.

|

« e-AT/AAC/PC用語辞典 -え- | トップページ | 立花隆が探る サイボーグ医療の時代第2回 雑感 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48047212

この記事へのトラックバック一覧です: Made in KAGAWA:

« e-AT/AAC/PC用語辞典 -え- | トップページ | 立花隆が探る サイボーグ医療の時代第2回 雑感 »