« キーボードのお話 その2(キーボードコレクター) | トップページ | ちょっとしておきたいこと »

舞台と試験そして競馬談義の週末

日付変わって3日ぶりの更新である.23日の試験に向けての追い込み,ならびにWOWOWで放送のあった「キレイ」の舞台中継をみるべく失敬したわけであるが…ま,いろいろあり長かった週末だった.

まず22日の「キレイ」の舞台中継に関して.やっぱり舞台は生で観るもんだと実感.実際の劇場で観たときのインパクトが感じられなかった.むしろ初演のビデオの方が強烈なインパクトがあり面白いと感じた.ということは初演のときの盛り上がりってどんなんだったんだろう?と,5年前舞台を観るためだけに東京に行かなかったことを若干後悔,んなこたいまさら悔やんでも仕方ないことなのではあるのだが.

ただ矛盾するようなことを書くが,今回の中継で再演の「キレイ」が緻密に作られた舞台だということはよく分かった.と,同時に2回めの観劇時に感じた「初演のときより残酷なイメージが強くなっている」というのを今回の中継で再確認.劇場で見逃しているシーンもあり,初演に比べ明らかに具体性が増している(ケガレの拉致シーンの再現,ケガレとカウボーイの地下室内での出来事の再現,エンディングの歌詞の明示など)ため「残酷」なところを感じたんだろうなぁ,と分析してみた.

次,23日の試験の件.合格ラインは3つの科目がすべて80点以上であること.とりあえず感想.合格でも不合格でも驚かないかな.合格にしても不合格にしてもボーダーラインに限りなく近い点数だろうと思う.多分合格ラインを超えているのはパソコン知識の試験と文章の穴埋め問題(老人施設の問題は多分駄目…)と文章問題.○×式の問題がかなりヤバイ感じ.この試験のテキストが出版されてから2年ほど過ぎている状態であり,この間に変わった法令,疾病の名称変更に関してノーマークだったのが自分のミスと痛感.ま,どのような形式で問題が出題されるか傾向はつかめたので,もし不合格でも次は大丈夫でしょう,というのが正直なところである.

もし今回合格していたら,自分の中で懸案となっている「パソコン・AT・AAC辞典」の作成に入りたい.前の「パソコン辞典」を作ったのが2001年,こちらもかなり風化が進んでおり,現在公開をストップしているが,ここで試験のためにまとめたものをさらに再構成して辞典を作りたいなぁと思っているのだ.興味のある方はお楽しみに.

そして次,この週末はディープインパクトの三冠の掛かった菊花賞.試験で行けないことは分かっていたけど,14時半には試験が終わったので,モノレール-京阪ルートでタイミングが合えばぎりぎり出走に間に合うか,と考えダッシュしたが,門真市駅の乗り継ぎのタイミングが悪く京都競馬場のある淀に向かうことを断念.で,京阪-バスを使って家に帰って来てテレビをつけると,菊花賞はスタートしており,すでに先頭集団が2コーナーから向こう流しに入るところ.ディープインパクトが思ったより前の位置にいたのでちょっと驚いたが,文句の無い勝ちっぷりで三冠達成.21年振りの無敗の三冠馬誕生の瞬間を目撃された方々,おめでとうございます.

で,友人から電話.
「今,淀におるんやけど人がすごすぎてバスに乗れんし,電車もえらいことになっているのでドライブしに来いへん?」
うすうすそのような予感はしていたので,喜んで淀までドライブ.競馬場からかなり離れたR171沿いのコンビニで友人を捕獲(よくこんなところまで歩いたもんだ).競馬談義をしながら夕食を食べ,友人宅にて菊花賞のレース回顧を2時間ほど.

で,今帰ってきてblogを書いている訳だ.日記にしちゃ長いがそういうことである.今後のblogの方向性だが,多分日記をベースにして,以前に自分のサイトでまとめたAACネタのコラムを再構築したものを掲載していくつもり.明日からはいつものペースでお気楽に更新していくんでよろしく!

あと最後に,今週は診察のある週.どのような診断が下るか自分でも想像がつかない.くだんの症状は相変わらず週に1~2回出ている状況.素直にドクターにその旨を伝えて相談したい.ここまで来たら完璧に近いところまで戻さないとアカンやろし,事実会社からはそれを求められている訳で….

長くなったけど,今日はこんなところで!

|

« キーボードのお話 その2(キーボードコレクター) | トップページ | ちょっとしておきたいこと »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48047314

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台と試験そして競馬談義の週末:

« キーボードのお話 その2(キーボードコレクター) | トップページ | ちょっとしておきたいこと »