« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

映画「下妻物語」観賞記

WOWOWに加入してから放送される映画・演劇・音楽番組を細かくチェックし録画しているため,観ることが出来ていない番組が多数.諸般の事情で時間はあるはずなんだが,映画にしろ演劇にしろ途中で邪魔が入るとイヤだし,休みがないことが多いし….あの「キレイ」の放送時は3時間半弱の時間で,公演では当然二幕,間に10分の休憩があったのに,一気に放送しちゃうんだもんなぁ.そうなると1幕と2幕との間が30秒も無いわけで,一幕の余韻に浸りつつ二幕に突入するという,あの感覚が無いんだよなぁ.テレビだからしゃーないわけだけど.

ということで当然,映画もかなりたまってきている.とりあえず今日観つつダビングしたのが,昨年公開された映画「下妻物語」.劇場に観に行きたかったが見逃した作品.評判は耳に入っていたのでDVDを買う手もあったのだが,さすがにリスキーだしね.ちょうど放送があったので録画した次第.ちなみにこの作品,主演が深田恭子,メインの助演が土屋アンナ,監督が中島哲也の日本映画ね.

いやぁ,面白かった.評判では「女性の友情が描けている」というのを多く目にしていたが,納得.「女性の友情」というと脱獄した囚人4人組ロックバンドを描いたドイツ映画の「バンディッツ」(同名映画がありややこしい…)があるが,それとは方向性が全く違う感じ.「バンディッツ」は同じ目標に向かっていく感じだけど,「下妻物語」は価値観がまるで異なる2人を描いているわけね.つか,この2つの映画を比較しても何のメリットも無いことに書きながら気づいた….

正直自分は男なので,女の気持ちは分からん.あくまで偏見だが私情念深いとかいろいろあるのかも知れないけど.主人公2人の相手に対するスタンス,考え方,そういったものが短時間に微妙に細か~く揺れ動くので,決して単純な映画ではないのだけれど,映像のリズム感が多分そう感じさせてくれるのだろう,「単純に面白かった」.

特に映画のはじまりから主人公2人が出会うまでの,カット割りは細かいのに妙に冗長感の漂う,なんというか,その,スピード感はあるのにのんびりしてるって感じ?あれは絶妙だと思った.あそこで引き込まれて一気に100分,釘付けである.ストーリーに挟まるアニメも「ラン・ローラ・ラン」(おぉこれも録画してるぞ!)ぽくて勢いがあり楽しかった.「伝説」の下りも微妙にトリック,というかフックが仕掛けてあり面白さ増量って感じ?

あ~,私のサイト「ひとりごと」の映画の感想には「私にはストーリーを語ることのできる文章力は無いので,皆さん自分で観て評価して欲しい」と断りを入れていたが,blogでもそうさせて頂きたい.ということで皆様,自分で観て評価して欲しい.

では~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お気に入り」リスト

さすがに寒い.昨日,朝雨降る中,淀までお馬さんを見にGo!バスが遅れ長い間バス停で足止めを食らったため,かぜを引いた模様.寒い,そして,眠い.淀では「500円以下の配当の固いレースを的確に当て」「穴を狙って崩れる」というお馬鹿な結果に終わり凹む(まぁ,お馬さん見にいってるからいいんだけど).しかも,東京メイン武蔵野Sでは2,500円が50,000円に化けるはずだったところ,出遅れた本命ガチガチのお馬さん(カネヒキリ…あのディープインパクトの馬主金子氏所有の3歳馬.GI2勝.ダートでは負け無し!)が最後2着に突っ込んできて「2,000円に化ける」という結果になり愕然…粘れよ,ヒシアトラス….今日の天皇賞は2・3着は持っていたが,流石にあの優勝馬(ヘヴンリーロマンス)は買えずあえなく轟沈.ま,こんなもん.文化の日,JBCで挽回挽回,と.

そんなこんなで大したネタは無い!ここのところブラウジングを快適にしようと「お気に入り」の整理をしているので,苦し紛れにどんな風になっているか公開してみる.諸般の理由によりURLを外したものや存在自体を消したサイトもあるので予めご了承頂きたい.あと,普段使用しているのはちょっぴりマイナー感の漂う中国産のIEコンポーネントタイプの軽量コンパクトなタグブラウザ「GreenBrowser」なのでそれも知っておくと多分,何の役にも…立たない.とりあえず,下に「お気に入り」リストを乗っけるが,かなり長いので興味ある人だけみるよろし.では….

続きを読む "「お気に入り」リスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小春日和にはこんなことも

まぁ,人間だって眠くなるんだけどねぇ.

おいコラコラ,流星号(註:写ってる愛車のロードスター)の上で何しとんや.右のヤツめは伸びきってるし.

…しかしまぁやたら猫の多いマンションやな,ココ….

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「コンピューターおばあちゃん」になれるかな?

昔,NHK「みんなのうた」の名曲に「コンピューターおばあちゃん」という曲があった.1981年発表だから私が小学校1年生の頃の曲.曲の編曲とプロデュースしたのが坂本龍一ってのは後から知った.大学で人形劇のサークルにいた頃,発声練習をかねて歌っていた,というのも懐かしい思い出のひとつ.まさにこれから「コンピューターおばあちゃん」が出てくるのかな,そう思う.

お話変わって私の母親のこと.年齢は本人のために伏せる.私の年齢が31歳とだけ言っておこう.仕事のためにパソコンを購入し,分からないことがあれば電話してくるという,傍から見れば微笑ましいが,当事者の私にとっちゃ結構はた迷惑:)な母親だ.「一応」パソコン教室に通って「Word」を教えてもらった「らしい」.だから「Word」に関してはそれなりのスキルはあるようだ.

が,し・か・し…

通っていたパソコン教室で教わったのは,ホント「Word」だけであり,その他のパソコンの基本的な使い方は教わっていないらしい.

ある日「フロッピーにファイルが入らない」ということで電話かかってきた.多分ライトプロテクトが掛かっていると思ったらそのとおりだった.別の日「またフロッピーにファイルが入らない」と電話があり,聞いてみると「フロッピーが1.44MBいっぱいいっぱいだった」ということもあったなぁ.

ちなみにそのパソコン教室,「フォルダ」はおろか「ファイル」の概念すら教えていないようで,実際には以下のような会話が繰り広げられたのだ.

母「~先生からフロッピーで書類もろたんやけど,自分で書き換えたら『保存』できんのよ」
私「?….書類って何でもろたん?」
母「フロッピーやけど」
私「上書き保存しようとしてる?」
母「うん」
私「もしかしてこの間みたいにフロッピー書き込み出来んようになってへん?」
母「書き込み出来んてどういうこと?」
 (約3分ほどかけて再度「ライトプロテクト」の話)
母「だったらどうしたらえんな?」
私「フロッピーの中の書類をパソコンの方に出して編集したらええやん」
母「?…,どうやってやるん?」
私「ドラグアンドドロップって教えてもろた?」
母「何それ」
私「(パソコン教室もこれくらい基本的なこと教えとけよと思いつつ)フロッピーの中のファイルあるやん.それを自分の「マイドキュメント」とかのフォルダの中に移動させたらええんやけど…」
母「分からん,どうやったらえんな?(だんだんイライラしてきている)」
私「ほんだきん『マイコンピューター』クリックするやん(←シングルクリックで開く設定になっている).ほんだら『ウィンドウ』開くやん.そん中に『3.5インチFD(A:)』っていうんがあるやん.そこまたクリックするやん,ほんでそんなかのファイル選んでダーッと『マイドキュメント』の方に移したらえーやん」
母「(限界をこえたらしく)もう,ええ!連休に帰ってきたときにおしえてつか,ほんだらな」(プープープー)
私「……」

確かに私の教え方も悪いとは思う.でも,「Word」教室だからってファイルの移動方法とかごみ箱の使い方とか,「基本的な」Windowsの操作方法を全く教えていないというのはいかがとおもうが,「Word」教室の先生.こんな母は「コンピューターおばあちゃん」になれるのだろうか?

おそらく高齢者のパソコン教室へ技術サポートになると,このようなことが頻発するんだろうな.うまく筋道立ててサポートしないと混乱するだけだろう.サポート方法を考えておく必要があるなぁ,そう思う.

追記:
実家にCATVのインターネット回線が来るらしい….今度はをネットの設定方法を伝授せねばならぬのか….なるべく楽に出来るようにルータを寄付しよう.つか,確実に年末に帰ったときに設定だな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

充電 or 放電?

昨日・今日と体調が悪く全く車が運転できない状況.訳の分からん倦怠感があり,電車にも乗りたくない.例によって引き篭もり.この2日でやったことは…メールのやりとりとこの記事を書いていることくらいかな.

これまでの経験上,最悪の時期を除くと3日以上体調不良となることはほぼないので多分明日は大丈夫だろうなぁ,と考えることができるのが,病気自体はよくなってきている証拠であり,自分にとってもある程度目処が立った状態で行動を取れるので,大分楽になったと感じるところである.

つうことで特に書くこともないので,自分の日記としてこの文章をアップすることにしよう.多分明日は私自身充電されていることでしょう(放電しないように気をつけよう).では!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2つの舞台

友人とSkype(コードネーム:ぺ)で話している間に10月26日に….たった今31歳になりました.31歳にしてこの有様かよ,31歳には見えませんね,31歳なのに….まぁ,世の中にはいろいろな31歳がいるんであまり気にしないでおこう.

さて,たった今e+からメールが届いた.2本のステージの公演案内だ.一応DMの情報でシアター・コクーンで来年2月ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出の舞台「労働者M」があることは知っていたが,もう1本は今回が初耳.

昨年2004年のThe Whoの初来日に続き,彼らの名作ロックオペラ「Tommy」のブロードウェイミュージカル版「Tommy」が来年3月に東京で公演が行なわれるということをたった今知った.あー,観てみたい~.のはよいのだが…e+の「Tommy」特集のページに書かれている

 ピート・タウンゼント率いる<ザ・フー>が打ち立てた70年代ロックオペラの金字塔!『トミー』ロックミュージカル版が遂に日本上陸!!

つう触れ込みは微妙に間違ってないかい?

The Whoが「Tommy」をリリースしたのは1969年のこと.70年代ではない.あえていうと英国の異才ケン・ラッセルが映画化したのが1975年.個人的にこの作品は嫌いではないが,ピートの考えている「Tommy」とは到底違うものだと思うぞ.やっぱりアルバム「Tommy」は1960年代のテーストを持った作品であり,物語や音楽の普遍性が高くいろいろアレンジを加えられる作品だから30年以上たった今でも新鮮で人に受け入れやすい作品なのだと思うがいかがかな.

まぁ,私が今の仕事をすることに繋がっている作品であるんでね,「Tommy」は,どうしても細かいところをみてしまうんだよ.ごめんね.

私が持ってる「Tommy」グッズとしては,オリジナルアルバムでしょ,ライブ・アット・リーズのデラックス・エディションでしょ,ワイト島のライブ版のCDとビデオでしょ,で今回来るミュージカル版「Tommy」のオリジナルキャストのサントラでしょ.こんなとこかな.

例によって両公演とも多分東京オンリー.「労働者M」のキャスティングを見るとさすがに大阪には来ないかなという感じだし,「Tommy」もちょっと厳しいかなと.う~ん,東京にはあまり住みたくはないんだけど,舞台とかライブとか多く見たけりゃ南関東に住んだ方が良いのかなぁ,こんなことで人生間違えたくないけど:).

ということで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとしておきたいこと

ちょいと前にSo-netのblogのスキンが一気に増えたので,変えてみた.あんまりごちゃごちゃしたのは嫌いなので,非常にシンプルなスキンにしてみたがいかがかな?

さて今日はあまり体調よくなかったこともあって,家に引き篭もってこないだの試験のことを考えてた訳よ.試験日の記事にも書いたとおり,「多分合格ラインを超えているのはパソコン知識の試験と文章の穴埋め問題(老人施設の問題は多分駄目…)と文章問題.○×式の問題がかなりヤバイ感じ.」なんですな.

試験に関してヤバイと思ったのは一番最初のテスト「障害教育総論」の一番最初の○×問題.いきなり知らない病名が出てる!このプレッシャーを最後まで引きずってしまい,とてもじゃないけど1発で1級を受けるのは無謀だ,なんて感じた次第.でも「障害教育総論」は2,3級を受けても同じ問題が出とる訳やけど.ちょっと考えてみると,多分試験内容からして○×問題の1問あたり配当は多分2点(記号選択問題がおそらく1問あたり4点配当).誤解を恐れずに書けば「分からなけりゃどちらかにマークしときゃ50%の確率で正解するんだから,どうせ2点だし」くらいの余裕があった方がいいかなとは思うな.もちろん,その病名は覚えといて後で調べなきゃいかんのは当然だが.

あと,自分の得意分野ってのがある.学生時代に研究していたのが聴覚障害と知的障害に関すること,社会人になって専門的にやっていたのは肢体不自由,言語障害,重度重複障害に関すること.試験を受けて思ったのは,聴覚障害を除いてこの辺りの問題に関しては,これまでの経験だけで試験を受けても多分6~7割は正答できるし,残りの部分もちょっと考えると多分これが答えだ,つうところまでは辿り着けると思った.逆に,自分の苦手とする高齢者の分野,ほとんど研究でも仕事でも関わったことの無い視覚障害,このあたりは自分の頭の中に答えを導く術がまるで無い訳だから,もうちょっと重点的に勉強しとくべきだとは思った.だからもし第9回の試験を受けなきゃいけないことになったときは,法令・制度,高齢者関連,視聴覚障害関連,この3点をひたすら暗記すればとりあえず「試験には合格できる」とは思う.実際に技術サポートできるか,ってのはまた別の問題だけど.

でだ,今の会社にいる限りはおそらく視聴覚障害のある方の技術サポートが業務になることはほとんど無いと思われる.聴覚障害に関してはうちの会社に補聴器のセクションはあるが,スペシャリスト集団が揃っている状況であり,私の入り込む余地はないわけで.もし何らかの関係で公的・私的に視聴覚障害のある方の技術サポートをするときが来たとき,私にどこまでのサポートができるのかいな,と自分自身に自信が無い訳ね.

以上のことから,昨日の記事に続き自分のモチベーションを上げていくべく,気合を入れすぎない程度に休職期間中に「ドライブがてら京阪神の展示場に行き,実際にいろんな機器を触ってくる」ってのをやろうと思う.休職前から数えても1年以上最前線からは離れている訳で,私にとってもいいリハビリになるハズだ.

京阪神の大きな展示場というと,うちの会社の展示場も入る訳だけど,これは復帰してから仕事の合間を利用していくらでも見ることはできるんで外すと.他社さんの展示場も何ヶ所か知っているけど,これは今の状態でいったらトラブルの原因になるのは誰の目からも明らかなのでこれも対象から外す.ということは必然的に行くべきは公的機関の展示場ってことになるのかな.頭の中には3~4ヶ所プライベートで行っても問題の無いところが思いつくので,11月に入ったら行ってきますわ.で,もし面白く役に立つ記事が書けるようならblogにアップするようにしようかな.

ということで,今日はこんなところで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞台と試験そして競馬談義の週末

日付変わって3日ぶりの更新である.23日の試験に向けての追い込み,ならびにWOWOWで放送のあった「キレイ」の舞台中継をみるべく失敬したわけであるが…ま,いろいろあり長かった週末だった.

まず22日の「キレイ」の舞台中継に関して.やっぱり舞台は生で観るもんだと実感.実際の劇場で観たときのインパクトが感じられなかった.むしろ初演のビデオの方が強烈なインパクトがあり面白いと感じた.ということは初演のときの盛り上がりってどんなんだったんだろう?と,5年前舞台を観るためだけに東京に行かなかったことを若干後悔,んなこたいまさら悔やんでも仕方ないことなのではあるのだが.

ただ矛盾するようなことを書くが,今回の中継で再演の「キレイ」が緻密に作られた舞台だということはよく分かった.と,同時に2回めの観劇時に感じた「初演のときより残酷なイメージが強くなっている」というのを今回の中継で再確認.劇場で見逃しているシーンもあり,初演に比べ明らかに具体性が増している(ケガレの拉致シーンの再現,ケガレとカウボーイの地下室内での出来事の再現,エンディングの歌詞の明示など)ため「残酷」なところを感じたんだろうなぁ,と分析してみた.

次,23日の試験の件.合格ラインは3つの科目がすべて80点以上であること.とりあえず感想.合格でも不合格でも驚かないかな.合格にしても不合格にしてもボーダーラインに限りなく近い点数だろうと思う.多分合格ラインを超えているのはパソコン知識の試験と文章の穴埋め問題(老人施設の問題は多分駄目…)と文章問題.○×式の問題がかなりヤバイ感じ.この試験のテキストが出版されてから2年ほど過ぎている状態であり,この間に変わった法令,疾病の名称変更に関してノーマークだったのが自分のミスと痛感.ま,どのような形式で問題が出題されるか傾向はつかめたので,もし不合格でも次は大丈夫でしょう,というのが正直なところである.

もし今回合格していたら,自分の中で懸案となっている「パソコン・AT・AAC辞典」の作成に入りたい.前の「パソコン辞典」を作ったのが2001年,こちらもかなり風化が進んでおり,現在公開をストップしているが,ここで試験のためにまとめたものをさらに再構成して辞典を作りたいなぁと思っているのだ.興味のある方はお楽しみに.

そして次,この週末はディープインパクトの三冠の掛かった菊花賞.試験で行けないことは分かっていたけど,14時半には試験が終わったので,モノレール-京阪ルートでタイミングが合えばぎりぎり出走に間に合うか,と考えダッシュしたが,門真市駅の乗り継ぎのタイミングが悪く京都競馬場のある淀に向かうことを断念.で,京阪-バスを使って家に帰って来てテレビをつけると,菊花賞はスタートしており,すでに先頭集団が2コーナーから向こう流しに入るところ.ディープインパクトが思ったより前の位置にいたのでちょっと驚いたが,文句の無い勝ちっぷりで三冠達成.21年振りの無敗の三冠馬誕生の瞬間を目撃された方々,おめでとうございます.

で,友人から電話.
「今,淀におるんやけど人がすごすぎてバスに乗れんし,電車もえらいことになっているのでドライブしに来いへん?」
うすうすそのような予感はしていたので,喜んで淀までドライブ.競馬場からかなり離れたR171沿いのコンビニで友人を捕獲(よくこんなところまで歩いたもんだ).競馬談義をしながら夕食を食べ,友人宅にて菊花賞のレース回顧を2時間ほど.

で,今帰ってきてblogを書いている訳だ.日記にしちゃ長いがそういうことである.今後のblogの方向性だが,多分日記をベースにして,以前に自分のサイトでまとめたAACネタのコラムを再構築したものを掲載していくつもり.明日からはいつものペースでお気楽に更新していくんでよろしく!

あと最後に,今週は診察のある週.どのような診断が下るか自分でも想像がつかない.くだんの症状は相変わらず週に1~2回出ている状況.素直にドクターにその旨を伝えて相談したい.ここまで来たら完璧に近いところまで戻さないとアカンやろし,事実会社からはそれを求められている訳で….

長くなったけど,今日はこんなところで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーボードのお話 その2(キーボードコレクター)

以前「キーボードのお話」では「AT/AAC(コラム編)」のひとつとして,小さいキーボードやちょっと変わったキーボードを紹介したが,ならお前どんなキーボード使いよんや,ということで自分の現在使用しているまたはかつて使用していたデスクトップ用のキーボードを紹介しようと思うわけだ.それでは早速.

エントリーナンバー1番 ミネベア製「RT6656TW」

ごく普通のASCII配列の英語キーボード.メンブレンタイプのキーで適度に軽く打ちやすい.このような「いかにも事務的」な香りのするキーボードもスパルタンな感じでよいのでは.現在はメインの「e-pc42」「e-pc c10」そしてなんと「PowerMac G4 Cube」の操作に使用中.以前にも書いたが,私は英語キーボードを好んで使うのには2つの理由があって,ひとつは学生時代に画像処理の研究をしていたとき,使用していたのがサン・マイクロシステムズ社のSPARCを操作するのが英語キーボードだったから.家では慣れたキーボードでパソコンを操作したいので.もうひとつは見栄えの問題で日本語キーボードだとキートップに文字が多く目にうるさいため.これは好みの問題ですね.

エントリーナンバー2番 NEC製「CMP60DY7」(OEM先:ミネベア)

ちょっと懐かしさの漂うPC-98用のJIS配列キーボード.「PC-9821Xa16/W」の操作に使用.ミネベア社がOEM先というのはさっき,たまたまこのキーボードを調べていて分かったこと.このキーボードの特徴は,キーボードの表面を横から見ると若干膨れている(凸状になっている)ことかな.キー自体は普通の形状でメンブレンタイプで,RT6656TWよりはキータッチは軽くクリック感が少ないかな.PC-98のキーボードは他にWindowsキーのないものやEPSONの互換機のものがあるけど今日はカットします.

エントリーナンバー3番 Apple製「M3501(拡張キーボードII)」

ええと,これは「PowerMacintosh4400/200」で現役で使用中のASCII配列キーボードです.拡張キーボード,キータッチもさくさく感があり,軽いタッチにも関わらずクリック感がしっかりしてて結構好きなんだけど,弱点はデカイことかな.個人的にはキーボードにテンキーがなくても大丈夫なので,そういったものが欲しい気がする.

ここからは今は使用していないキーボードだけど,お気に入りのものを紹介します.

エントリーナンバー4番 Apple製「M7803」

「PowerMac G4 Cube」を中古で購入した際,付属でついていたASCII配列英語キーボード.「英語キーボード」というところだけが気に入っている.ただ,以前持っていた「PowerMacintosh G3」(Yosemite)付属のキーボードにも言えるが,キータッチがふにゃふにゃした感じがして個人的には使用する上ではあまり好きでは無いキーボード.まさかAT互換機用のキーボードに代替されることになるとは私も思わなかったなぁ.

エントリーナンバー5番 Macway製「TP-999KB-E」

これは遊びで「Paforma630」あたりを購入したときに付属で付いてきたMac用キーボードだったと思う.メカニカル式のキーボードなのでかなりクリック音が大きい.キーストロークは短めで,その絡みで若干私にとっては押しにくさを感じてしまう.ただ,このキーボードのファンは多いみたいですね.いつかはまた使いたいキーボードです.

エントリーナンバー6番 Apple製「M0115J(拡張キーボードI)」

出た!ASCII配列の日本語キーボードです.2台持ってるけどこちらはキレイな方.「II」より「I」の方が押しやすく感じてしまうのは値段の絡みもあってか?とはいったものの2台あるうち1台は地元の某ドオフで店員が「II」のつもりでつけた価格だったので購入,2台めも日本橋のジャンクショップで同様のことがあり購入できた次第.ほとんど使うことは無いです.コレクションの1つ.ホントは「AppleII GSキーボード」1台は欲しいんだけどなぁ.

エントリーナンバー7番 IBM製「5576-02」

知ってる人は知っているメカニカルタイプのキーボードです.実は手に入れたのには逸話がありまして,社会人になってすぐに叔父が事故で亡くなったんですが,押入れの整理をしていたら出てきたという一品です(ちなみに上に書いた「PC-9821Xa/W」もそうです.手を加えつつ使うのも供養かなとは思っています).キータッチも素晴らしいですが,それ以上にポイントが2つあります.ひとつはケーブルが取り外せる点(下図上),もうひとつはキーボードにスピーカー(!)がついている点(下図下)です.スピーカー,実用性まるでなしですが:).叔父は看板屋をしていたため,ペンキ等で汚れていましたが,気合でここまでキレイにしました.多分使うことは無いと思いますが,マニアの一品ということで自慢していきたいです.


以上7台のキーボードいかがでしたでしょうか?本当は前に使ってたロジクールのASCII配列英語キーボードもエントリーさせたかったんですが,写真も無く捨てちゃいましたからね.で私,いろいろなこと書いている割には,意外と普通のキーボードを使っているんですよ.入力装置マニアにしては.お金があれば,変わった入力装置を仕入れたいんですがね.それより先に買うべきものがありますんで,しばらくはご紹介のみということで.

今日はこんなところで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパルタンな感じのお部屋 その2

前回の記事より若干「スパルタン度」が増した感じがするので早速ご報告.

部屋はこんな感じ.見た目あんまり変わっていない.この写真で変わっているのは,「プリンタとNASの位置が入れ替わっている」「WOWOWのデコーダが取り付けられている」「ラックの上の段ボールが変わっている」の3点だが,はっきり言うと見えるはずが無い!PCラックの上とHDD/DVDレコーダの上にあるので気合で見れる人は確認して欲しい.

大きく変わったのはリビングの中のメタルラックの数.前回紹介したときは3個だったが,今回は5個!(前回・今回と紹介していないがいすの後ろに電話・携帯電話・モデム・ルータを置いてあるミニラックがある) どのように使用しているかみて下さいな.まずはこちらの写真から

下2段はDVD置き場として使用.真ん中の空間はノートPC・モバイルツール置き場.上3段がCD置き場.計ったように入るよな.計ったんだけど.あとここはよくCDショップなどでやっている「邦楽あ」…「サウンドトラック」みたいにすればより「スパルタン度」が増すかなと.

こちらのラックはジャンクショップらしさを出すべく作ってみた.最上段がキーボード・マウス,中段が各種ケーブル,下段が拡張ボードとドライブとならんでいる.すでに各ボックスには「キーボード・マウス(Windows用)」といったラベルを貼ってみた.「スパルタン度」はかなり高いかと….ちなみにこのラック,部屋の目隠しの役目も果たしているのだ.玄関からリビングは通常は丸見えなのだが,このラックがあることで下の写真のようになるのである.

目隠しという割りには大した効果ないなぁ.

あと見えないところではノートPC用に無線LANを導入したことと,古いMacとPC-98の2台を動く状態にしたくらいかな.見た目には分かりにくいけんども(前者は2枚めの写真をよく見てみ,USBの無線LANの子機が写ってるから.後者は1枚めに注目.前回は各マシンの上にキーボード・マウスを置いていたけど,今はディスプレイの下にしまいこんだので,見えにくいけど),

とりあえず,こんなとこかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうにかモチベーションを…

正直言い訳にしかならんのは分かっているのだが,10月13日のこの記事以来,試験に対するモチベーションが上がってこない.

友人には「大丈夫」とは言ったものの,会場・主催者の様子を見ると,この資格を取ったところで果たしてプラスになるのか,頭の中に大きな?が浮かんでくるのだ.

逆に言うと資格をプラスにするのは,資格を取った後の自分自身のがんばりによるもの,と考えているのではあるが….明日はきちんと勉強しよう.

以上,ひとりごとでした.愚痴ってごめんなさい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3000ccエンジン最後のサウンド(F1中国GP)

10月16日,中国・上海インターナショナルサーキットで行なわれたF1中国グランプリを回顧.長かった2005年シーズンの最終戦.注目はコンストラクターズタイトルの行方と日本人としては佐藤の今後の去就が掛かった走り.そして,ここ上海で11年間続いた3000ccF1エンジンのラストレースとなる.

予選はルノーの2台が絶好調.チャンピオン・アロンソ(ルノー)がポールポジション,フィジケラ(ルノー)が2番手.対するマクラーレンはいつものぶっち切りの速さは見られず,ライコネン(マクラーレン)が3番手,バトン(BAR)を挟んでモントーヤ(マクラーレン)が5番手.佐藤(BAR)は後方17番手からのスタート.では,いつものように箇条書きで,

  • 偵察ラップ中のアクシデント
    こんな出来事16年間F1を見ていて初めてじゃないだろうか.なんと偵察ラップ(補:ピットアウトしてダミーグリッドにマシンを並べるためのラップ)でM.シューマッハ(フェラーリ)とアルバース(ミナルディ)が接触,マシンは大破.両者ともスペアカーに乗り換えピットスタートに.
  • ルノー,スタート作戦成功
    PPのアロンソはタイミングもばっちりでホールショットを奪う.一方のフィジケラはライコネンを牽制.1コーナー手前では襲い掛かるモントーヤも上手く切りぬけ,ルノーの1-2体制が構築される.マクラーレン,両者とも好スタートを決めながら,ルノーの狡猾な作戦の餌食となってしまう.
  • 佐藤(BAR)は絶好のスタートを決めた…と思ったら
    後方スタートの佐藤,見事にスタートダッシュを決め,オープニングラップを11位で帰ってくる.久々の好スタート,と思ったらカメラで見ても明らかなジャンプスタート,ドライブスルーペナルティにより最後尾に.
  • ルノーの作戦は…
    トップを走るアロンソはとにかく飛ばしに飛ばしマージンを築く,フィジケラは後方をブロックしながら可能な限り遅く走り,アロンソとマクラーレン両者の差を大きくするという作戦だったのだが…
  • モントーヤ,タイヤ交換,その真相は
    18周めモントーヤが何かを踏んでマシンを破損.タイヤ交換のためにピットイン.結局エンジントラブルもあり2度のピットストップの後リタイア.モントーヤが何を踏んだのかというと,何とコース脇のマンホールが外れ縁石上に出ていたのである.幸い大事には至らなかった,過去にはスポーツカーレースなどでマンホールを踏んで大クラッシュ→火災,マシンに吸い上げられ後方の車を直撃,などなどマンホールの蓋は非常に危険なものである.上海の方々は,このようなことが無いよう必ず策を講じて欲しい.
    10月21日訂正 本件ですが,私勘違いしてました.正確には「排水口の蓋(道路の脇の水路とかについてるやつ)」ですね.どちらにしても危ないので何とかしてくれよ.
  • セーフティカー中にコースアウト!
    モントーヤの出来事によりマンホールの蓋の除去,コースの安全確認のためセーフティカー導入.各車1回めのピット作業を行なう.このセーフティカーによりアロンソのマージンは無くなってしまう.さらに,このセーフティカー導入中にM.シューマッハがコースアウト,リタイヤとなってしまう.原因は冷え切ったタイヤによるもの.昨年のチャンピオンは最後まで不本意な結果のままシーズンを終えてしまう.
  • 再スタート
    コース上の安全が確認されたため,24周めに再スタート.マージンを取り戻すべくアロンソが再度独走態勢を築きつつあったのだが….
  • カーティケヤン(ジョーダン),大クラッシュ
    29周め.カーティケヤンがバックストレート入り口で体勢を乱し単独で大クラッシュ.マシンはサイドポンツーンが抉り取られた状態であったが,幸いカーティケヤンは無事.コース上に残ったマシン,破片を取り除くべく本日2度めのセーフティカー導入.
  • ライコネンようやく壁を突破
    2度めのセーフティカー導入の間に多くのマシンがピットイン.ピット作業でようやくライコネンはフィジケラを交わす.しかしライコネンの前にはピットストップを遅らせるギャンブルに出たR.シューマッハ(トヨタ),マッサ(ザウバー),クリエン(レッドブル)が,ライコネンはどうする,ピットインしなかった3人のギャンブルの行方は.ペースカーは34周めにコースから外れ,再スタート.
  • 佐藤,最後まで運に恵まれず…
    ペナルティの後,必死に走り8番手まで順位を上げていたが,ギアボックストラブルでストップ.今シーズンの佐藤は最後まで運に見放され,1ポイントでシーズンを終える.来期のシートはまだ未定.なんとかシートを確保して欲しい.
  • フィジケラ,ペナルティ
    2度めのピットストップの際,ピットレーンを意識的に速度を落とし走行したためドライブスルーのペナルティ.最悪ポイント圏外まで順位を落とす可能性があったが,ぎりぎりまでドライブスルーを遅らせ,その間にタイムを稼ぎ,R.シューマッハに交わされ4位で復帰.被害を最小限に留める.
  • ライコネン,ファステストラップ連発も…
    とき既に遅し.アロンソが逃げ切って優勝.最終ラップもファステストラップを出したライコネンであったが2位.セーフティカー導入中のピットインを行なわなかったR.シューマッハがギャンブルに成功し3位.以下,フィジケラ,クリエン,マッサ,ウェバー(ウィリアムズ),バトンまでがポイント獲得.16台が完走.

この結果によりルノーが15ポイント加算で191ポイント,マクラーレンが8ポイント加算で182ポイント.ルノーが単独では初のコンストラクターズチャンピオンの座に輝く.

来期からは新たに2400ccV8規定のエンジンでシリーズが行なわれる.どのチームも初めてレースで使用するエンジンであり,かなりの勢力の変化が見られるだろう.相当非力なエンジンともっぱらの噂だが,ドライバーにはそれを吹き飛ばしてくれるようなレースを見せて欲しい.

来期のカレンダーは未発表.来年3月に開幕が予想されるが,とりあえずそれを楽しみに待つことにしよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ら」責めの世界,あるいは電話でしりとり

現在の私は諸般の都合により引き篭もり的というか山篭り的な生活をしているため,世間でどのようなものが流行っているのかよくわからんのですが,留守番電話で「しりとり」をするのが流行っているのでしょうか?

昨日の友人と食事をし部屋に戻ってくると留守番電話がピカピカ光って,留守電メッセージがあるよと訴えていたのな.「しまった時計の設定していない」と思ったけど,まあ良しとしよう.大体普段電話が掛かってくる人は携帯の番号知ってるからそっちに掛かってくるし.

でメッセージの内容,女性の声です.聞いた内容をそのまんま書きます.
「もうこれしかねーよ.分かった.で.なんなの,嫌がらせ,ひょっとして…嫌がらせ?全部『ら』じゃねえかよ.ネタ切れだよ.な.…『らっきょう』の『う』で…(プープープー)」

最初小さい音で聞いてて怒っているような声だったので「あれ,オレなにかやらかしたかな」と思ったのよ.でもそんな覚えないし….大体,声の感じからして,大阪近辺の人じゃなさそうだし.なんじゃこれは,ということでよく聞いてみると「しりとり」をしていた,しかも留守電を使って.

笑かしてくれるのは「ら」責めを受けているところでしょうな.で,それに対する返しが「らっきょう」の「う」って.めちゃめちゃ普通ですやん.しりとりするんなら「ら」行責めが有効なのに「う」て.

おそらくですが,こちらの市外局番が「072」で,女性は多分「04」地区(千葉・さいたま近辺)に電話をして4と7を間違えて押したのではなかろうかと.ま,どうでも良いことですが.

友人によると「多分モデムに掛かってきた電話の番号が残っている」とのことだけど,この電話の内容を「間違って掛かってきてますよ」というのも変な話だしね.向こうもはずかしいやろうな.ということでささやかではありますが,このようにネタにした次第.

こんなところで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビで舞台を観る方法

WOWOWに加入して昨日(10月14日)が2日め,お勉強の合間にどんな番組があるかチェックを入れてみる.さすがに有料放送だけあってWOWOWの番組ラインナップはすごいね.早速6本ほどビデオ予約しておいた.レンタルで借りたりDVDを買ったりして外すことは多いが,その防止にもなってこりゃ良いわ.

昨日の段階では何度も出てくる「キレイ」はまだGコードが分からないため予約できちゃいない.まぁ,そんな感じなので日本で舞台を放送媒体で観ることのできる方法を考えてみよう(前後のつなぎが滅茶苦茶だな,こりゃ).

まずは地上波.毎月確実に舞台中継があるのは第2日曜の22時からNHK教育テレビで放送されている「芸術劇場」(第1・3日曜は音楽,第4日曜が古典芸能,ちなみにNHKのサイトの「演劇」のバックの写真は麿先生と大駱駝艦…こりゃまたニッチなところをついてきたな).30~45分程,演劇関連のトピックや作家・演出家へのインタビューが放送された後,1時間~2時間半くらい舞台が放映される.

地上波だけにかなりカットが入るのは仕方が無い.例としては,ナイロン100℃の「フローズン・ビーチ」の再演の放送の際は差別表現がカットされていた(逆にわいせつ表現ととられそうな「チン○」はOKというのが妙に新鮮だった:).G2後藤ひろひとの「ダブリンの鐘つきカビ人間」は企業名・商品名(「ローソン」の「からあげくん」)がカット.規制が緩やかなのやら厳しいやらよく分からんところだが,地上波で流しても差し支えないレベルの舞台が放送されるので,大きな外れは少ないかな.

あとは,商業演劇・宝塚に関してはたまにNHK・民放とも放映される.この辺りはチェックしないと分からないので,何らかの手段を確保しておいた方が良い.私の場合思いついたら,えんげきのぺーじの“Check it out”を参考にしている.が,忘れてしまうこともあるし,東京からの情報のため,関西で演劇の放送を逃さずに観るには,Yahoo!の「テレビ」→ジャンル「劇場・公演」で検索するのがより確実だと思う.でもその放送局が制作に関わっている舞台の「メイキング」でしょぼーんとすること多し.

次,BS.NHK衛星第2放送(BS2)の日曜深夜0時55分から「ミッドナイトステージ館」が放映されている(翌日からお仕事なのに…).これはほぼ毎週放送されているハズ.結構自分のライブラリーにもここで放映されたものが含まれているから.放送されるジャンルは小劇場,新劇,伝統芸能とかなり広い.あと金曜朝8時という「たいがいな」時間にNHKBSハイビジョン(BShi)で「ハイビジョンステージ」というのが放送されているが,うちでは観れないのでよく分からん.これも地上波と同様検索して調べるしかないね.

WOWOWの場合は,大きなプロデュース公演の場合,某ちゃんねるを含めいろいろなサイトや掲示版で「今日の公演,WOWOWのカメラ入ってた」という怪情報が流れ,そのあとWOWOWからこの日に放送しま~す,つてアナウンスされることが多い.WOWOWのサイトで「ステージ」を選択すると大体予定は分かる.今回の「キレイ」がそのパターン.野田秀樹,三谷幸喜,松尾スズキ,ケラリーノ・サンドロヴィッチ,このあたりの外部プロデュース公演はここで放送される率が高い.

最後にCS.スカイパーフェクTVから「エンターテイメント」を選んでみて.ピックアップされている番組の中に「シアターテレビジョン」で放映予定の作品が2,3つあるばず.そこからシアターテレビジョンのサイトに飛んで,お気に入りの舞台が放映されていれば契約するよろし.あと,「歌舞伎チャンネル」等古典芸能専門のチャンネルもあるので,興味のある人は観ればいんじゃない.

ただ,テレビやビデオで観た舞台はあくまで「記録」であり断片しか写っていない,劇場で観る舞台とは全く違うものだということを忘れないこと!自分自身が忘れかかっていたので,注意を兼ねて….それでは皆様,よい演劇ライフをお送りくださいませ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに来た

昨日はキレてしまって申し訳ない.読み返してみるとちょっとはずかP.特に削除する気もないけど.昨日,本当に書きたかった小ネタを書いておこう.

ついにWOWOWのデコーダがやってきた.「ちょっと来るのが遅いかなぁ」と思い,WOWOWのサービスセンターに問い合わせて,宅配便の問合せ番号を聞き,ペリカンが目印の宅配やさんのサイトで確認した直後,ドアホンがなり配達員さんがやってきた.すごいタイミングだった.

早速接続接続.あそことあそこを繋いで,ビデオ入力にバックして…と.5分でできた,分かりやすいよ,デコーダの取扱説明書.その上でスクランブルを外すためにWOWOWにお電話.約30分後解除完了!画面に映ったのは「キレイ」の番組宣伝だった.これもすごいタイミング.まぁ,番組宣伝はノンスクランブルだからデコーダが無くても見れる訳なのだが,まいいでしょ.

とりあえず10月22日放送の「キレイ」は永久保存版で残すようにしようっと.こんなとこで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キレた!

とりあえず小ネタで.あまりにも支援技術やAACのことが適当に扱われていることが今日のことでよく分かったので.

10月3日の記事で書いたこの試験の件,不備がありすぎるので,書かせてもらう.強く書くと試験結果に影響があるかとも思ったが,さすがに我慢できないので,たった今主催者に連絡を取った.言っておかないと多分今後も混乱が続くだけだから.

前の記事の中では「受験票のところに使用パソコン等のところに何かが記入されている.「あの,この試験受けた人から筆記試験と聞いていたのですが」と聞くと「一部試験でパソコンを使います.パソコン使用できますか?」と回答」と言われたわけだが,本日訂正の電話あり.

「パソコンを使用した試験はございません」…
…受験票を取りに行ったとき何回も確認したよな,以前試験を受けた人からは「筆記試験だけ」と聞いているって.で,埒が開かなかったので質問を変えて「障害のある方ご本人さんが試験を受けるケースもあると思うのですが,どのような風に試験されたんですか」と本当かどうかを確認する意味で聞いて「トラックボールを使用されてましたよ」と回答したよな.

そのコトバを信用して情報を集めてたのに全く意味ないって,しかも連絡が来るのが試験の10日前ってどういうことよ.間違いはすぐに訂正すべきだろ.大体その試験内容の件だって,私が試験会場にいる間に主催者に確認を取れば済んだことじゃないのか!私に「受験票の内容に間違いがあってはいけないので」ということで往復で1時間以上かかる試験会場まで呼んでおいて,私の情報の確認はできたけど試験の内容が確認できていないってどういうことよ!!

忘れないように今回のこの試験に関する問題点を書いておく.

  1. 申込期間が守られていない
    →申込期間に入ってから毎日電話で確認を取ったが,試験会場が決まらないとのことで申込の受付が始まったのが主催者のサイトの申込開始日から3日めの夜.ちなみにこの試験,会場まで試験申込票を書きに行かなくてはならないのだ.土日は申込期間中に1回だけ.決定が遅れたために都合がつかなくなった人もいると思うんだけど.
  2. 主催者と試験会場の間に行き違いが多い
    →まずは「受験票の送付」から,主催者側→「郵送する」,試験会場側→「個人情報の保護の観点から郵送できない.あと不備があるといけないので会場まで取りに来て欲しい」.
    →今日の電話の件(パソコンは試験に使用しない).

この試験に関しては,できるまでに仕事や研究でお世話になった先生方が多く関わっているので,正直どうかなとは思ったが,きちんと主催者と試験会場が試験を真剣に考えてもらわないと,このままでは受験者にとっては全く意味がなく無駄の多い試験になり,結果的に役に立たない資格になりそうな感じを受けたので書かせてもらった.一応,先ほど主催者のご担当の方に内容は伝えたからここに書いてもよいだろう.

必勝体制で試験には臨むし,合格したら資格を有効に使いたいけど…これ以上振り回さんといてくれ!ということで.
(言いたいことはまだまだあるがこれ以上は無意味なんでここまでにしとくわ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

延長ケーブルを探す旅

今日は通院して診察を受けた.まぁ,予約をしなくても行ける病院(裏を返すと予約できない)なもんで,朝9時に病院に着いたわけだが…だだ混みで待つこと約2時間,診察が終わり薬をもらったら11時半すぎ.帰ってから引越しの残務処理をしようと思っていたが,予定変更.一路某バシカメラへ.

何をしたかったかというと昨日の記事で紹介した2台の旧型PC(PC-9821Xa16/W,PowerMacintosh4400/200)のケーブルの取り回しが困難ということで延長ケーブルを購入に行った訳だ.

休みのときよりは少しだけ商品をよく見られる人ごみの某バシカメラに到着.ケーブル関連はどこかな~.マウスコーナーのところにあったわ.でもあるのは「PC-98用キーボード延長ケーブル(1.5m)」(1,320円)のみ.ADBの延長ケーブルも無いのかよ,と思いつつ,もしやと思いAppleのコーナーへ.やはりここにありました「ADB延長ケーブル(2m)」(1,000円).

あとは「PC-98用マウス延長ケーブル」が必要な訳だが…某バシカメラには無い模様.仕方が無いのでその2つを購入.レジでおねえさんが「延長ケーブルありますよ」なんていうから期待していたらPC/AT互換機用の延長ケーブルを持ってきた,というのはご愛嬌ということにしとこうか.

梅田ということで某マップに行ったところ無い,見つからないの某マップ.この記事を書いているたった今サイトで知りました.移転したこと….某バシカメラから某マップに流れる人だっているんだからさぁ,せめて旧店舗の北側入り口のところに案内を大きく書いてても良いんじゃないかぁ?

梅田で無いんなら日本橋ということで松屋町筋を南下.でもどこに行っても無い.「PC-98用マウス延長ケーブル」.阪神優勝で店内に「六甲おろし」がうざいほど流れ続けている某シンにも無い.店員さんに聞いたら「多分どこにも置いてないんじゃないの」とのこと.うそやん,だってキーボードの延長ケーブルはあった訳だから.某立電子や新装開店某ミヤのパーツコーナーでたたずみ,「自作せなあかんかな」と思いながら帰ってきた.

で,家に帰ってきて早速調べた.あるじゃん!「PC-98用キーボード延長ケーブル」.

 KB-M992K (サンワサプライ)

さすがにめんどくさいので自作はやめて通販で手に入れましょ.と,こんなところで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパルタンな感じのお部屋 その1

ということで引越し終了である.あとは1LDKの部屋をどのように利用するか,ということになってくる訳であるが,大きいリビング(10.5畳)の方をパソコン・AVルームに,小さい部屋(5畳)の方を寝室兼書庫として使用することに決定,早速作業に取り掛かってみた.

リビングの方の部屋のイメージは「スパルタンな感じ」.具体的にどのようなものかと聞かれると回答方法に困惑を覚えるのであるが,まぁ「雰囲気」なので,あまり気にしないように.

本日10月11日現在のリビングの様子はこんな感じ.


基本的な構成は部屋の奥からメタルラック・パソコンデスク・メタルラックと配置されている.1枚めの写真はパソコンデスクの左側からの写真.パソコンデスク上にCRT(SANYO),キーボード(Minebea),マウス(Logitech)がある.天板にはBUFFALOの“LinkStation”と玄人志向の“玄箱”があり,玄箱をプリンタサーバにして,日本hpのプリンタ“DeskJet815C”と繋がっている.ちなみにプリンタが動くとパソコンデスクまで一緒に動くというちょっとDangerな感じが漂うところである.

左側のメタルラックにはパソコンを5台設置している.中段の3台が右から日本hpの“e-pc42”その左隣が同じく日本hpの“e-pc c10”,一番左がAppleの“PowerMac G4 Cube”である.全て外部電源(ACアダプタ使用)のデスクトップPCを揃えてみた.ACアダプタが非常にデカく場所をとるのでうっとうしい.なおこの3台はe-pc42の右に見えるCPU切替機(サンワサプライ)でディスプレイ・キーボード・マウスを共有している(動作はするが安定しないのでUSBタイプにCPU切替機への変更も視野に入れている).Cubeとe-pc c10の間にHDDを置いてあるが,ここにはいずれMac miniが来るのかなぁ….

上段に移ると右側にあるのがNECのPC-98機“PC-9821 Xa16”であり,左にあるのがAppleの“PowerMacintosh 4400/200”である.正直なところ過去の産物なので,もっぱら遊びたいなぁと思ったときと,旧型パソコンでのWebアクセシビリティ確認用に取っておいてある.恐ろしいことだが実家に帰るとほとんどメンテナンスをしていない旧型パソコンがさらに大量にある状態で,これでも選び抜いた2台なのである.

右側のメタルラックはAV関連のものをまとめている.ただし,現状ではテレビは無いためラックの中段にある富士通の15インチCRTにアルファデータのアップスキャンコンバータ“AD-DVITV”を接続し,テレビの代わりにしている.アップスキャンコンバータの下がパナソニックのHDD/DVDレコーダ“DMR-HS2-S”だ.上段にあるのがVHSのビデオデッキ(SANYO).いくらかVHSのビデオでしか見れない作品があるのでそのために使用.ビデオデッキの右隣にあるのが室内用平面BSアンテナ(DXアンテナ),何も繋いでいない単なるオブジェである.ディスプレイの下の段にはゲーム機が2台.右がオレンジのゲームキューブ(任天堂),左が薄型のプレイステーション2(SCE)である.競馬育成ゲーム以外にはほとんど使用されないちょっとかわいそうなゲーム機である.最下段はノートパソコン置き場.東芝の“dynabook”,Appleの“iBook”はここにある.

最後に左のメタルラックの横にあるプラスティックコンテナ達.キーボードが見えるのはジャンク屋の雰囲気を出すため.他のコンテナCDやDVDがあるが整理する棚がないのでそのままになっている状態である.何とかせんとな.

多分もっと部屋の感じをかえると思うので,お暇な方はお付き合い頂きたい.てなところで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珠玉のオーバーテイク集(F1日本GP)

10月9日,三重県・鈴鹿サーキットで行なわれたF1日本グランプリを回顧.予選は雨.出走時の天候・路面状況といった運およびタイヤ選択(スタンダードウェットかエクストリームウェットか)が各車のグリッド順に大きく影響を及ぼした.

ポールシッターはR.シューマッハ(トヨタ),予選2位がバトン(BAR).日本で開催されるグランプリのため,このグリッドの並びは盛り上がるところである.ところが2強であるルノーとマクラーレンはフィジケラ(ルノー)が予選3位になっただけで,他の3人は後方グリッドからのスタートとなった.当たり前だが速い車が後ろにいるということはさまざまなことが起こる訳であるが….結果は皆さんご存知と思うので,今回も個人的な回顧を….

  • この予選方式は妥当なのか?
    のっけからこのような書き方となってしまうが,昨年から続いている1発タイムアタックの予選,この方法は果たして妥当なのか?しかも今年の中盤からはレギュレーションの変更もあり,その車自体のポテンシャルが分かりにくい予選となってしまっている.確かにどんなスポーツにも運・不運が付きまとうのは仕方ないことだが,意図してその要素を加えている今のレギュレーションは気に入らない.昔を振り返ると親父くさいので嫌なのだが,周回数無制限は無理でも12周回数の予選を復活させて欲しいと願いたいところである.
  • オープニングラップの混乱
    スタートはR.シューマッハがホールショットを奪い1コーナーをトップで駆け抜ける.2番手にフィジケラ(ルノー),3番手にバトン(BAR)が続く.ところが後方でコースアウトしたマシンが2台.佐藤(BAR),バリチェロ(フェラーリ)の車である.両者とも緊急手術をすべくピットへ向かう.
    次の混乱はオープニングラップの最終コーナー,ヴィルヌーブ(ザウバー)がモントーヤ(マクラーレン)をコース外に押し出してしまう.モントーヤはタイヤバリアに激突.タイヤが吹っ飛ぶ事故だったが,幸いモントーヤは無事.これが原因でセーフティカーが導入される.ピットに向かった佐藤,バリチェロにはラッキーな展開である.8週めに入るまでセーフティカーの先導は続く.
  • アロンソ(ルノー)謎のスローダウン
    後方スタートのチャンピオン・アロンソ,クリエン(レッドブル)をシケインをショートカットし,強引にオーナーテイク.ぺネルティを懸念したアロンソはクリエンを前に出すが,直後1コーナーで再度オーバーテイク.このオーバーテイクも審議対象となりスローダウンして再度クリエンを前に….なんかひっちゃかめっちゃかな一コマであった.
  • またやっちゃった佐藤…
    佐藤がシケインで前を行くトゥルーリ(トヨタ)を強引にパスしようをインに飛び込んだ際接触.トゥルーリはその場でリタイヤ,佐藤はそのままレースを続け13位でフィニッシュするもこの接触の原因を作ってしまったということでレース結果から除外された.リザルトを見てもあなただけ見えない.地元凱旋レースなのに….
  • 前年チャンピオンのドライビングスクール
    M.シューマッハ(フェラーリ)は幾度となくアロンソ,ライコネン(マクラーレン)に追いかけられ,そして抜かれてしまう超豪華なドライビングスクール状態に.アロンソの1回めのオーバーテイクはまず見られない130Rのアウト側からオーバーテイク!珠玉のオーバーテイクその1.
  • バトンは1ストップ?
    1回めのピットストップ時に10秒以上作業を行なったバトン.もしや1ストップ作戦か?と中盤~終盤トップに立ったバトンへの期待が膨らんだところで2度めのピットストップ.結局1回めは給油装置のトラブルで時間がかかっただけのことだった.最終的に5位入賞
  • R.シューマッハは3ストップ
    R.シューマッハ,かなり少ない燃料でポールポジションを狙ってきたため,3回ストップ.苦しい決勝となったがなんとか8位入賞.
  • フィジケラ対ライコネン
    中盤トップに立ち終盤まで2回めのピットストップを遅らせたライコネン.しかし後方2位のフィジケラとの差は約10秒.どれだけはやくピット作業を行なっても前に出られてしまう状況である.案の上,ピット作業終了後にはフィジケラがトップ,ライコネンが2番手に.ここからがハイライト,1周で1秒以上差を縮めたライコネンはファイナルラップ直前にフィジケラの直後に付け,ファイナルラップの1コーナーでアウト側から大外刈りを決めオーバーテイク!大逆転劇!!珠玉のオーバーテイクその2.
  • 優勝はライコネン,2位フィジケラ,3位アロンソ,コンストラクターポイントは?
    後方からオーバーテイクしまくったライコネンとアロンソが優勝と3位,終始好位を走ったフィジケラが2位.以下ウェバー(ウィリアムズ),バトン,クルサード(レッドブル),M.シューマッハ,R.シューマッハまでが入賞.佐藤を除いて16台が完走となった.

この結果によりルノーが14ポイント加算で176ポイント,マクラーレンが10ポイント加算で174ポイント.ブラジルGPで逆転されたルノーが2ポイント差で再逆転.チャンピオン決定は連闘となる中国GPに持ち越された.

最初に予選方法の批判してこのようなことを言うのは大変矛盾していることかもしれないが,他のマシンより速い3台のマシンが後方からのスタートとなったことにより,いろいろな場所でさまざまなオーバーテイクを見ることができて楽しいレースだったと思う.

あと面白かったのは攻撃態勢に入ったときのアロンソの潔さ.これまでチャンピオンシップのことを考えポイントを取りにいく固い走りばかりであったが,チャンピオンが決まったこともあり,攻撃的になった走りが印象的だった.

次回は最終戦,上海で開催される10月16日決勝の中国グランプリ.果たして佐藤はこのまま1ポイントでシーズンを終えてしまうのか,コンストラクタータイトルをもぎ取るのはルノーなのかマクラーレンなのか?お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の更新

どうも,久しぶりの更新です.ようやく引越先のネット環境が整ったのでテストを兼ねてblogに記事をアップします.

この引越先,以前すんでいた会社の寮から約600m離れているのですが,NTTの基地局にはぐっと近くなり,フレッツADSLを使用している私にとってどこまで転送速度が速くなるか楽しみでした.ちなみに8Mbpsで契約しています.

結果!
会社の寮でいたときは1.5Mbps出れば御の字だったのが,なんと4Mbpsも出ています!動画のダウンロードがさくさくです.こんなにも違うものなのねと改めて感じた次第です.

どうでも良いことなのですが,今隣の部屋で母が寝ています.よほど心配をかけているようで少し心苦しいところです.引越しで気分を一新できればなぁ,そう考えています.

ということで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20,000pvありがとう!

本日(10月4日)午後7時時点の総閲覧者数が19,932pv.これまでの1日辺りの閲覧者数からすると,明日未明,早ければ今夜中にも20,000pvに到達すると思われる.最近は日記ばかりで役に立つ情報を書けてないけど,訪れてくれた皆さんのおかげである.こころより「ありがとうございます」を言わせてもらいたい.

こんな状況なのに,明日は引越しの最終準備のためblogの更新はできない,明後日も微妙かもしれない.一応「blogを更新してたら生きていると思って下さい」と伝えている人が何人かいるので,念のため.

ということで,このblogを書き終えると繋いでるパソコンは一旦箱にしまわれる訳である.とりあえず簡単だけどこんなとこかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あぁ,思考能力が…

今日は引越先のガスの開栓立会いの後,某試験の受験票を取りに車で千里中央に.どうもこの試験,受験申込のときから主催者と会場,試験までにかかる手続きにありえないこと,無駄や行き違いが多く,頭がイタイ.いやホントに.

先週の土曜日にケータイに会場担当者から「受験票が来たので取りに来てください」と連絡.主催者からは受験票が郵送されると電話で聞いていたので「郵送して下さい」と答えると「できません.取りに来て下さい」と受け付けてもらえない.友人の家にいたし,変に試験前に険悪になってもしょうがないので「月曜日に取りに行きますんで」と言って電話を切った.

で,今日.取りに行ったときにまたひとつ問題発生.受験票のところに使用パソコン等のところに何かが記入されている.「あの,この試験受けた人から筆記試験と聞いていたのですが」と聞くと「一部試験でパソコンを使います.パソコン使用できますか?」と回答.「パソコン使用できますか?」のところでカチンと来たが,必死にガマン….主催者さん,試験でパソコン使うなら「会場試験」とだけ書かずに「筆記試験ならびにパソコンを用いた試験」と具体的に明示した方が良いよ,試験方法のところ.

あと受験票を取りに行かなくてはならなかった件についても聞いてみた.「個人情報の保護の絡みで送ること出来ないんですよ」「?…」,確かに受験票には住所も書いてあるし,写真も貼ってあるので個人情報が豊富に含まれた書面だとは思うが…それと郵送できない理由が全く繋がらないぞ.言っちゃなんだが,大学や就職の試験でも基本的には最初に申込書を送って受験票が「親展」で郵送されてくる,ってのが一般的じゃないのか.私が就職活動していた頃(1998年)からネットを使って試験を申し込んだ企業もあったぞ,確か.

さらに,余りにも気になるので突っ込んで聞くと「受験票に誤りがあってはいけませんので」と回答.いや,それは面と向かってしなくても,送ってきた受験票と一緒に「受験票の内容に間違いがあれば必ず会場までご連絡下さい」という一筆を入れておけば済むことじゃないの?

正直なところ今日は体調が最悪だったんでこのまま担当者と話していると精神的にヤバくなりそう&思考能力が低下してきたので必要事項だけ聞いて帰った.めでたく試験に合格したらそのときは「書類を取りに来てください」となるのはほぼ確実なので,一体何回試験会場まで足を運ばなきゃいけないのか,かなり気が重くなってくる.

引越しでバタバタしているのは私の都合だが,それ以上に普通に会社に勤めている人とか障害のある人の場合でも同じような対応なんだろうか?いくらなんでも「受験申込」「受験票受取」「試験」「合格証明書受取」,1回の試験でしかも1日で全ての試験が終了するのに,4回も受験会場に行かなくてはならない必要性が感じられない(あ~「一体何回」って書いたのにわざわざそれを数えた自分に対して気分が悪いわ).

とりあえず試験当日には体調を整えて受けるようにしたい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれ?信号来てる??

あんまり大きな声では言えないことなのだが「デジタル化・多チャンネル化,どうすりゃいいの?」の続き.

昨日10月1日の記事で書いたとおり引越先のマンションは昨日より入居できる状態になっている.実際,拭掃除をした上で何台かのPCやビデオデッキ,食器類は自分で搬入している.で,気になっていたことをテストしてみた.

そのマンション,CATV対応ってことになってて不動産屋さんにも「BSは付いてないんですよね」と確認を取っていたんだよ,事前に.でもマンション5棟うちアンテナが立っているのは1棟しかなく,そこには色んな方向に混じって取り付けられている地上波用のアンテナに混じり,やたらにデカイBSアンテナが付いていたのな.もしかして,その信号生きているんじゃないかと思ってたのな.そんなもんで昨日,つうか今日未明チューナ等を持ち込んで確認してみた.すると…

やっぱりBSの信号来てたわ.考えるに地上波が入りにくい故に「CATV対応」をうたっていると思われるが,実際のところさまざまな大人の事情というやつで「BS付いてませんよ」ということになっているのではないか,そう推察されるわけ.なんとかCATVに加入して欲しいのかな,などと勘ぐってみたりして.

正式な入居後にCATV業者の電波チェックとやらが必要らしいのでまだ油断できないのだが,あっさりとWOWOWには加入できそうな感じ.正式入居後速攻で契約して22日の「キレイ」放送に間に合わせたる,ってな意気込みなのである.

で,お話若干変わって今度はCSの件.前にも書いたとおり,CATVに加入しても,スカイパーフェクTV!110に加入してもお目当てのシアターテレビジョンは見れない訳よ.となると必要なのは普通のスカイパーフェクTV!用のアンテナとチューナのセットになるわな,これはレンタルで片付けようかなと.ということで,アンテナ方向をスカパーのサイトで確認してみた.

なにせ物件がかなり特殊な形状ゆえ,できることならテレビを設置するリビングから出ることのできるバルコニー(小)にアンテナを取り付けたいところなのであるが.この位置が非常に微妙….そのバルコニー(小),東南東方向が正面になる.もしバルコニー(大)がバルコニー(小)と面一の状態ならば,何の問題もなくアンテナ設置は可能.実際のところバルコニー(大)の方が若干東南東方向に突き出ているのだ.

で,スカパーのアンテナ方向確認地図でみても,階下に見えるCSアンテナを設置している家を見ても,バルコニー(小)の一番左側ギリギリのところに設置すれば,なんとか上手く行くのでは,と考えた次第.まぁ,最悪それで無理ならばバルコニー(大)の方に設置すれば何の問題も無い訳ではあるが,ケーブルの取り回しを考えるとなぁ,ちょっと辛いなぁ,なんて思ったりして.

今後も落ち着くまでこのネタでプッシュしていくつもりなんで,ヒマな方はお付き合い,ならびにご助言下さいませ.ということで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一応今日から入居可能

小ネタで.

前から日記の中に書いていたマンションの件,10月1日つまり本日から入居可能となりました.鍵を昨日不動産屋さんにもらいに行って,「あの窓がやたら多いんで,とりあえずカーテンの枚数とその他細かいサイズを測りたいんで立ち寄っても良いですか」と聞くと「あっ大丈夫ですよ」とのことで早速お宅訪問(って自宅か).

ここで問題発生!私の駐車場のところ,黒ナンバーの軽トラックが止まってる….動く気配まるでなし.先に書いておくが本日未明から午前3時にかけてヤバイ系のもの(パソコンあたり)を運びこんだが,その軽トラ止まったまんま….ムカついたんでフロントガラスのところに「迷惑じゃ」を丁寧に書いた書面を貼り付けたりました.今から行って止まってたら管理人に連絡だな.

行って分かりましたが確かにかなりのカーテンが必要そうです.寝室にするところは今使ってるカーテンを改造(っても安全ピンで裾上げするだけ)して使うとして,リビングには窓がふたつ.両方とも大きい窓ではないので,ロールカーテンで片付けようかなと.あと,リビングとキッチン&ユニットバスの間に何にも区切りがないのでつっかえ棒をした上でカーテンをする必要がありそう….ま,ここは生活しはじめて支障がでたら考えましょ.

あと,もともと2部屋あったものをぶち抜いて1LDKにしたもののため構造的に訳が分からん(やたら小さいバルコニーとやたら大きいバルコニーの2つがある)のだが,洗濯物を干すツールがなにも無い….これは某パンか某ナンでなにか仕入れるしかないか….今使ってる物干し竿,寮の備品にしてしまおう.

ま,とりあえずこんな感じかな.6日からちゃんと生活し始めてからまたblogに書こう.では.

追記:
止まってる車の半数がいわゆるDQNカーというやつで…,微妙に気になるのですがねぇ….

前言撤回します!今日(10月2日)某ナンにいったところ適度な大きさの物干し台発見!ということで,物干し竿,引越先に持って行きます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »