« スパルタンな感じのお部屋 その2 | トップページ | 舞台と試験そして競馬談義の週末 »

キーボードのお話 その2(キーボードコレクター)

以前「キーボードのお話」では「AT/AAC(コラム編)」のひとつとして,小さいキーボードやちょっと変わったキーボードを紹介したが,ならお前どんなキーボード使いよんや,ということで自分の現在使用しているまたはかつて使用していたデスクトップ用のキーボードを紹介しようと思うわけだ.それでは早速.

エントリーナンバー1番 ミネベア製「RT6656TW」

ごく普通のASCII配列の英語キーボード.メンブレンタイプのキーで適度に軽く打ちやすい.このような「いかにも事務的」な香りのするキーボードもスパルタンな感じでよいのでは.現在はメインの「e-pc42」「e-pc c10」そしてなんと「PowerMac G4 Cube」の操作に使用中.以前にも書いたが,私は英語キーボードを好んで使うのには2つの理由があって,ひとつは学生時代に画像処理の研究をしていたとき,使用していたのがサン・マイクロシステムズ社のSPARCを操作するのが英語キーボードだったから.家では慣れたキーボードでパソコンを操作したいので.もうひとつは見栄えの問題で日本語キーボードだとキートップに文字が多く目にうるさいため.これは好みの問題ですね.

エントリーナンバー2番 NEC製「CMP60DY7」(OEM先:ミネベア)

ちょっと懐かしさの漂うPC-98用のJIS配列キーボード.「PC-9821Xa16/W」の操作に使用.ミネベア社がOEM先というのはさっき,たまたまこのキーボードを調べていて分かったこと.このキーボードの特徴は,キーボードの表面を横から見ると若干膨れている(凸状になっている)ことかな.キー自体は普通の形状でメンブレンタイプで,RT6656TWよりはキータッチは軽くクリック感が少ないかな.PC-98のキーボードは他にWindowsキーのないものやEPSONの互換機のものがあるけど今日はカットします.

エントリーナンバー3番 Apple製「M3501(拡張キーボードII)」

ええと,これは「PowerMacintosh4400/200」で現役で使用中のASCII配列キーボードです.拡張キーボード,キータッチもさくさく感があり,軽いタッチにも関わらずクリック感がしっかりしてて結構好きなんだけど,弱点はデカイことかな.個人的にはキーボードにテンキーがなくても大丈夫なので,そういったものが欲しい気がする.

ここからは今は使用していないキーボードだけど,お気に入りのものを紹介します.

エントリーナンバー4番 Apple製「M7803」

「PowerMac G4 Cube」を中古で購入した際,付属でついていたASCII配列英語キーボード.「英語キーボード」というところだけが気に入っている.ただ,以前持っていた「PowerMacintosh G3」(Yosemite)付属のキーボードにも言えるが,キータッチがふにゃふにゃした感じがして個人的には使用する上ではあまり好きでは無いキーボード.まさかAT互換機用のキーボードに代替されることになるとは私も思わなかったなぁ.

エントリーナンバー5番 Macway製「TP-999KB-E」

これは遊びで「Paforma630」あたりを購入したときに付属で付いてきたMac用キーボードだったと思う.メカニカル式のキーボードなのでかなりクリック音が大きい.キーストロークは短めで,その絡みで若干私にとっては押しにくさを感じてしまう.ただ,このキーボードのファンは多いみたいですね.いつかはまた使いたいキーボードです.

エントリーナンバー6番 Apple製「M0115J(拡張キーボードI)」

出た!ASCII配列の日本語キーボードです.2台持ってるけどこちらはキレイな方.「II」より「I」の方が押しやすく感じてしまうのは値段の絡みもあってか?とはいったものの2台あるうち1台は地元の某ドオフで店員が「II」のつもりでつけた価格だったので購入,2台めも日本橋のジャンクショップで同様のことがあり購入できた次第.ほとんど使うことは無いです.コレクションの1つ.ホントは「AppleII GSキーボード」1台は欲しいんだけどなぁ.

エントリーナンバー7番 IBM製「5576-02」

知ってる人は知っているメカニカルタイプのキーボードです.実は手に入れたのには逸話がありまして,社会人になってすぐに叔父が事故で亡くなったんですが,押入れの整理をしていたら出てきたという一品です(ちなみに上に書いた「PC-9821Xa/W」もそうです.手を加えつつ使うのも供養かなとは思っています).キータッチも素晴らしいですが,それ以上にポイントが2つあります.ひとつはケーブルが取り外せる点(下図上),もうひとつはキーボードにスピーカー(!)がついている点(下図下)です.スピーカー,実用性まるでなしですが:).叔父は看板屋をしていたため,ペンキ等で汚れていましたが,気合でここまでキレイにしました.多分使うことは無いと思いますが,マニアの一品ということで自慢していきたいです.


以上7台のキーボードいかがでしたでしょうか?本当は前に使ってたロジクールのASCII配列英語キーボードもエントリーさせたかったんですが,写真も無く捨てちゃいましたからね.で私,いろいろなこと書いている割には,意外と普通のキーボードを使っているんですよ.入力装置マニアにしては.お金があれば,変わった入力装置を仕入れたいんですがね.それより先に買うべきものがありますんで,しばらくはご紹介のみということで.

今日はこんなところで!

|

« スパルタンな感じのお部屋 その2 | トップページ | 舞台と試験そして競馬談義の週末 »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48047312

この記事へのトラックバック一覧です: キーボードのお話 その2(キーボードコレクター):

« スパルタンな感じのお部屋 その2 | トップページ | 舞台と試験そして競馬談義の週末 »