« 視覚障害のある方へのAT/AACその3 | トップページ | 求む!「ファミリーベーシック」「初代ファミコン」 »

知的障害のある方へのAT/AACその1

障害別の各論に入っての3セクションめ.知的障害のある方へのAT/AACの紹介である.今回は発達障害,認知障害など本セクションで該当する障害の紹介を行なう.

  • 知的障害
    日本国内の知的障害児・者数は約455,500人(内訳18歳以上が338,900人,18歳未満が102,200人,不詳14,400人).法的には「療育手帳」を持つ人が知的障害と呼ばれるが,18歳以降に事故・病気等により認知障害・記憶障害を発しても,法的には知的障害とはならない.
    • 知能
      自分の回りの環境の利用に関する複雑さや,社会生活の複雑さを認識し,将来を見通して適切に対処するための能力の一側面であり,言語・計算・注意・空間認知・運動など様々な高次脳機能によって成り立っている.
      知能は知能検査で測定され,知能指数(IQ)で表される.IQの平均値は100であり,75以下のとき知的障害とする場合が多い.
    • 発達障害
      • 知的障害
        健常児または健常児の知能を基準とする言語性・動作性(非言語性)の知能検査により分類され(要はさっき書いたIQが75以下ということ),知的機能に広汎に障害のあるものをさす.なお知的障害の原因には遺伝・染色体異常・病気・事故などかある.
      • 自閉症
        3歳以前に発症する先天的な疾患であり,対人関係・コミュニケーションの障害,非常に強いこだわりなどの問題行動を表す.自閉症の7~8割には知的障害を伴うが,知的障害を伴わない「アスペルガー型」や一部に高い認知能力を示す「高機能自閉症」などさまざまな症状がある.見通しを立てることができるような生活環境を整えるTEACCH法などが問題行動の抑止に効果的といわれている.
      • 学習障害(LD)
        LDはLearning Disabilitiesの略であり,全般的に知能発達に遅れはないが,「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」「推論する」能力のうち特定の能力に著しい困難を示す.
      • 注意欠陥・多動性障害(AD/HD)
        AD/HDはAttention Deficit/Hyperactivity Disorderの略であり,「じっとしていられない」「すぐに気が散る」「衝動を抑えられない」などの問題行動が生じる障害のこと.特に多動の場合は学習に遅れが伴うことが多い.
    • 高次脳機能障害
      高次脳機能とは「知覚」「記憶」「学習」「思考」「判断」などの認知過程と行為の感情を含めた心理機能のことであり,病気や事故により脳に損傷があった際に認知障害が生じた場合,高次脳機能障害と呼ばれる.
      • 記憶障害
        記憶には,注意する→覚える(記銘)→保持する→思い出す(想起)の4つのプロセスがある.注意には,はっきりと目覚める(覚醒),集中する,一定時間注意を持続させる,注意が逸れないようにする(転導性),一度に複数の対象に注意を分配しながら作業を進める機能がある.痴呆は一度身につけた「知能」が脳の構造的な損傷によって失われた状態であり,記憶障害は必ず発生する.アルツハイマー病が代表例.
      • 認知障害
        見えていて聞こえていてもそれが何か分からない障害のことで,形・色・顔・空間・音楽など脳の損傷部位によってさまざまな認知障害が発生する.
        (演劇好き筆者のおまけ:ちなみに今年公演のあった後藤ひろひと作・演出の「Shuffle-シャッフル-」で,伊原剛志演じる主人公の刑事「シャッフル」が事故で「相貌失認」になり,顔の記憶と人物の記憶が一致しなくなり別の人物に見えてしまう(つまりは「シャッフル」されてしまう)というのを作品のベースにしていたが,あれも実際にある認知障害のひとつの例)
      • 読み障害
        視覚的に文字の形を認知することに障害があり読めない障害と文字の意味は分かるが声に出すことができない障害がある.
      • 遂行機能の障害
        行動がなかなか開始できず,ひとつの行動が長続きできない場合と行動が中止することができず衝動的で欲求を抑えることができない場合がある.

次回は実際に認知や記憶を補助するための支援機器の紹介を行なう予定である.


参考文献・サイト
  1. 福祉情報技術 II 生活を支援する技術編
    e-AT利用促進協会 監修
  2. 福祉情報技術 I 障害とテクノロジー編
    e-AT利用促進協会 監修
  3. 福祉情報技術コーディネーター認定試験
    e-AT利用促進協会 監修
  4. アダプティブテクノロジー ~コンピュータによる障害者支援技術~
    ジョゼフ・ラザーロ 著/安村通晃 監訳/島原信一・中村美代子・石田直子 訳
  5. こころWeb
    こころリソースブック編集会

|

« 視覚障害のある方へのAT/AACその3 | トップページ | 求む!「ファミリーベーシック」「初代ファミコン」 »

e-AT・AAC(試験対策)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48047384

この記事へのトラックバック一覧です: 知的障害のある方へのAT/AACその1:

« 視覚障害のある方へのAT/AACその3 | トップページ | 求む!「ファミリーベーシック」「初代ファミコン」 »