« パソコンのアクセシビリティその5(視覚障害・聴覚障害者向けのユーザー補助について) | トップページ | あっさり…さくっと »

あっつい日本橋で考えた

昨日はあんな調子だったのでほとんど外に出なかったが,さすがにまずかろうということで,本日は久々に日本橋へ行きました.これも昨日のblogに書いたことだけど,パソコンの入力支援装置にもなるようなキーボードやマウス,トラックボールを見つけて写真でも取ってくるべ,という気持ちで.

行ってみて分かったのですが,なんか目ぼしい入力デバイスはなかったです.しょぼーん.ただ,液晶ディスプレイや液晶テレビが多くなったからでしょうなぁ,モニターを固定する部材が以前よりやたら多くなっていた.基本的にそれはテーブルや壁に取り付けを対象に展示されていたわけだが.

で,それが実際に支援機器と一緒に使用できそうな場面を考えてみた.

その1
最重度の障害のある人の場合,ベッドに寝たままの状態でスイッチ1つでパソコンを操作するケースがあるわけですね.実際に自分で上に向いて寝た状態でベッドテーブル上に置いたパソコンの画面が見えるか試してくださいな(→かなり無理な提案やな.こりゃ).

ほとんど見えないんですよ.だからアームやらクランプやらいろんな部材を使ってモニターやノートパソコンの固定をし,パソコンの操作者が画面を見える状態にしなきゃならない訳ですな.

その2
電動車いすに乗った方で移動もする際も,パソコンを使える状態にしておきたいご要望のある方の場合,このような場合もうまく固定しないとその1と同じように画面は見えないし,しっかり固定をしていないと,移動中にパソコンが落ちちゃうことだってある.

以上の2点から分かっていただけたかと思うのですが,実はパソコンやディスプレイの固定というのはヒジョーに難しいしその固定方法ついてはまだまだ改良の余地があると思ってるんですよ,私は.

某シン電機にはなんと液晶モニターの固定部材が1セクションをしめていまして,そこでこんなことを考えた訳でした.

追記:
ちなみにそこに置いてた固定部材の会社,下の会社です.興味を持たれた方.是非一度見てみてはいかがですか?
 (株)ウィンテクノ

おまけ:
Cubeの値段3万円台まで落ちてきてるわ.2万円台まで下がったら「二個一」しよーっと.

|

« パソコンのアクセシビリティその5(視覚障害・聴覚障害者向けのユーザー補助について) | トップページ | あっさり…さくっと »

e-AT・AAC(コラム)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48047416

この記事へのトラックバック一覧です: あっつい日本橋で考えた:

« パソコンのアクセシビリティその5(視覚障害・聴覚障害者向けのユーザー補助について) | トップページ | あっさり…さくっと »