« ワークステーション・キメラその2時間後… | トップページ | たまにはルノーも(F1ハンガリーGP) »

アイコンとシンボルコミュニケーション

昨日,一昨日と久々にMacを使った.ということで,MacOS X発売当時,自分のサイトに掲載したコラムに書いたことを思い出したため,若干校正を加えた上で再度記事にしてみた.そのためいくらか情報が古いことがあるかもしれないので予めご了承頂きたい.


3月24日(註:2001年),ついにというかやっとというか,MacOS X狂想曲に乗っかって発売日当日にMacOS Xを買った.正直問題点ばかりが目立ってしまう,というのが私の感想である.もっともβ版がリリースされた当時から賛否両論だったわけで,このような見方になってしまうのは仕方の無いことなのかもしれない.今回のMacOS Xのリリースに合わせ,シンボルコミュニケーションとパソコンのアイコンという点から文章を書いてみたいと思う.

この文章を書くにあたってASCII出版の「MacOS進化の系譜」を参考にしたことをあらかじめ記載しておきたい.同書籍の第15章,タイトルは「優れたインターフェースを設計する哲学」となっており,MacOS Xのインターフェイス,特にアイコンのあり方について鉄槌を食らわしている.もともと80年代のApple社にはMacintoshだけでなく,あの名機“AppleII”も含めた形で,「Human Interface Guidlines:The Apple Desktop Interface」というガイドラインが設けれられていた.内容は非常に哲学的かつ実務的なものであったらしい.のであるが,MacOS 8が発売されたころからガイドラインの内容が実務的なものだけになってきた.そしてMacOS Xにおいてとうとう「哲学的」な部分がほとんど見えなくなってしまった.というのが簡単にまとめた要約であり,〆は「美しければいい…わけでは決してない」という意味深なことばで締めくくられている.詳しくは同書籍を読んで頂きたい.

「美しいものはすばらしい」そのとおりだ.では「美しければいい…わけでは決してない」とはどんなことを意味しているのだろうか?

話が若干脱線するが私は某福祉用具の商社に勤めているが,就職活動の際に前社長の言ったことが今でも印象に残っている.
「今,日本に売られとる車いすを見てみ.あんなカッコの悪い車いすで高級レストランに入れますか?やっぱりかっこよくなかったらあかんわな」
こんなことを聞いたのだ.それは真理をついてあると思う.そして入社後,今度は新人研修の際には別の方から本当の真理を知ることになるのである.
「福祉用具の美しさはデザインの美しさではない.あくまで人間のあり方を追及した形で必然的に生まれたものが結果として本当に美しいデザインとなっている」

このことばを聞いたとき私は目からうろこが落ちた.一応曲がりなりにも福祉工学を研究して,知的障害児や聴覚障害児が使うためのソフトウェアを作っていたが,それは自己満足だったのか,そんな気さえした瞬間だった.

さて,知的障害ということばが出てきたところで話を序々に本題に戻していこう.文字やことばを理解できない人たちが人とコミュニケーションをとるときにどのような手段を用いるであろうか.それはときとしてボディランゲージであったり,ときとして表現する手段が見当たらず自傷・他傷行為におよんだりすることもあるが,比較的多く使われているのは絵カードや写真を用いた「シンボルコミュニケーション」である.

この「シンボルコミュニケーション」のあり方というのが非常に「Human Interface Guidlines」に書かれてある内容に似ているのである.例えば「実世界からのメタファーを使う」であったり,「一貫性を保つ」であったり,「フィードバックして対話する」であったり,「寛容性を持つ」であったり,「美的洗練を目指す」であるのである.こうして考えてみるとアイコンとシンボルコミュニケーションは似ているもんだな,などと感じてしまったのである.

福祉の世界はやはりMacintoshがそれなりの地位を占めていた.それは誰にでも分かりやすく,使いやすいパソコンであったということから当然の成り行きであった.もちろん医療現場や教育現場にMacintoshが大きく入り込んでいたことも多く関係していることは間違いの無いことなのであるが,圧倒的に使いやすかったことが現場に受け入れられたものであると私は考えている.当時,つまりは日本語版のMacOSが漢字talkと呼ばれていた頃と今のMacOS Xに比べて美しかったかどうか?美しいMacOS Xのグラフィック,凝りに凝ったDockやアイコン,パッと見には否である.ところが,実用性という点からみると圧倒的に漢字talkの方が直感的に分かりやすく,誰にでも使いやすいOSだったと思うのだ.

そこに見られるものこそが「機能性を追及した上での美しさ」である.学生時代から今この仕事をしながら考えていることが私にはある.それは本当の意味での「誰とでもコミュニケーションをとれるツール」を作り出すことである.コミュニケーションとは人間間にのみ存在するものではない.対機械のコミュニケーション(ユーザインターフェイス)だってあるはずなのである.肢体不自由者や視覚障害者,聴覚障害者向けのパソコン入力装置は序々に出揃ってきた.市場がようやく動き始めてきたという感じを受ける.今足りないのは「知的障害を持った方向けのパソコン」であり,「高齢者が簡単に使うためのパソコン」であると感じるのだ.その機器が「パソコン」といって良いかどうかはわからないが,ただぼんやりとそのようなものの必要性を感じている.そして,わたしがここで断言できること.それは残念ながらMacOS Xにその役目はきっと回ってこないだろう,ということなのである.

パソコンはマニアのためのものではない.誰にでも使えて初めて「パーソナル・コンピュータ」と言えるのだ.Macintoshはマニアと一部の職種の方のためのコンピュータに成り下がってしまった.かつて革新的に「パーソナル・コンピュータ」を作っていたApple社.その会社が今このようなことを考えさせてしまう,そんな事実が今は哀しい.


以上が4年前に私の書いた文章である.昨日はMacOS 9.2.2とMacOS10.2.8のインストールを行ない,動作のチェックをしたのだが,やはり今日紹介した文章のようなことが頭によぎった.

特に感じるのは「ハードディスク」のアイコン,MacOS Xシリーズでは「ハードディスクそのもの」を具体的な形で表されている.私は自他ともに認めるパソコンマニアなので,意味することは簡単に理解できるのだが,世の中にはハードディスクそのものを見たことが無い人(パソコンのライトユーザーや初心者)がいる.また,初心者や既存のWindowsユーザーを取り込むべく開発されたMac miniの本体をユーザー側で開けさせないような作りになっており,通常の使い方をしている限りハードディスクを直接見ることはできない,という点が相反するものと言える.また,MacOS Xではパーティション別にアイコンが表示される.例えば120GBのハードディスクを10GB,20GB,90GBにパーティションを区切った場合,MacOS Xではハードディスクが3個表示されるのである.実際はハードディスクは1個なのに.MacOS 9まではパーティションもフォルダも同じ「フォルダ」のアイコンを使われていた.ユーザー側はハードディスクやパーティションを意識せずに直感的に操作ができる.パソコン初心者にどちらが優しくできているか,答えは明白だ.

シンボルコミュニケーションについては知的障害のある人の支援機器のところで紹介するつもりなのでよろしく.今日はこんなところで!

|

« ワークステーション・キメラその2時間後… | トップページ | たまにはルノーも(F1ハンガリーGP) »

e-AT・AAC(コラム)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48047435

この記事へのトラックバック一覧です: アイコンとシンボルコミュニケーション:

« ワークステーション・キメラその2時間後… | トップページ | たまにはルノーも(F1ハンガリーGP) »