« 祝!モントーヤ今期初優勝(F1イギリスGP) | トップページ | あっつい日本橋で考えた »

パソコンのアクセシビリティその5(視覚障害・聴覚障害者向けのユーザー補助について)

今回は「コントロールパネル」内の「ユーザー補助のオプション」の設定でできる,視覚障害者ならびに聴覚障害者向けの機能を紹介したい.

まずは視覚障害者向けの機能から.視覚障害といっても全盲の方から弱視(ロービジョン)の方まで,様々な形態があるが,ユーザー補助でできるのはとりあえず現在のところ弱視の方向けということなる.
#じゃあ全盲の方はどうなの,っていうのはまた追々各論でスクリーンリーダー等を紹介するので.

それではいつものようにWindowsXPのコントロールパネル内にある,「ユーザー補助のオプション」を開き「画面」タブを選択して頂きたい.下の画面のようになるはずである.

ユーザー補助のオプション画面(画面)

まずは下の「カーソルのオプション」から.

ここでテキストエディタ等のカーソル(キャレット)の「点滅の速さ」ならびに「カーソルの太さ」の設定を行なう.内容的には非常に簡単ですが,実際にいろいろ設定をいじってみたところ,「カーソルの太さ」の部分が対応できていないソフトもいくつかあるようである.(「点滅の速さ」は調べた範囲ですべて対応)折角の機能ですし,何とか対応して欲しいものである.
→ マイクロソフトさま,ソフトウェアベンダーさま

次に上の「ハイコントラスト」について.

弱視の方には通常のパソコンの画面を用いている場合,非常にまぶしく感じる方がいるが,そのような方向けのユーザー補助機能である.では実際に画面がどのように変わるか画面の図を見て欲しい.上が通常の画面,下がハイコントラストを使った画面である.

WindowsXPの画面

ハイコントラスト処理をしたWindowsXPの画面

ご覧のとおりかなり印象の違うものになるのがお分かりいただけたかと思う.

最後に聴覚障害者向けの機能を.実際問題として聴覚障害者にとってパソコンを使用すること自体は,さほど難しい問題ではないと言われている.しかし当然ながら音のフィードバックが無いことが問題となる.

では今度は「ユーザー補助のオプション」から「サウンド」タブを選択して下さい.

ユーザー補助のオプション画面(サウンド)

上の「サウンド表示」はシステムが音を鳴らすときに画面をフラッシュさせるもので聴覚障害者方向けの機能,下の「サウンド解説」はシステムが音を鳴らすときに説明が表示される視覚障害者向けの機能である.なお「システムが音を鳴らす」というのは,パソコン本体から音がでることである.

ところが実際に試してみたところ「サウンド表示」はよく見かけるが,「サウンド解説」は今まで一度も見たことがない.もしご覧になったことのある方がいれば,是非ご連絡頂きたい
8月12日追記:聞いたところだと,「サウンド解説」を搭載したソフトウェアは今のとこないらしい.もったいない

以上「コントロールパネル」内の「ユーザー補助のオプション」でできる設定を紹介してききたがお役にたっただろうか.実際には他の「コントロールパネル」内の「画面」「キーボード」「マウス」等の設定でさらに使いやすい設定にできる場合もあるということを付け加えさせて頂きたい.

次回はWindowsXPのプログラムに入っている「ユーザー補助」機能の紹介を行なう.とりあえず今日はこんなところで.

|

« 祝!モントーヤ今期初優勝(F1イギリスGP) | トップページ | あっつい日本橋で考えた »

e-AT・AAC(コラム)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48047411

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンのアクセシビリティその5(視覚障害・聴覚障害者向けのユーザー補助について):

« 祝!モントーヤ今期初優勝(F1イギリスGP) | トップページ | あっつい日本橋で考えた »