« 「Shuffle」観劇記 | トップページ | ちょっと資格でも… »

大火と残心

2004年の8月.会社はお盆でお休み.明日から阿波踊りを前にした徳島へと車を走らせる.

2年近く会ってなかったバンド仲間Tとの再会のためである.このT,私が徳島にいた頃は芝居に興味がないからといって,私の出る芝居の音響をやっていたにも関わらずだ,私が大阪に行ったとたん某音楽劇に参加しやがったという,因縁を私が勝手につけている,言い方を変えよう,私が何かを勘違いしている,そんな友人なのである.分からなければそれでよい.単純に大学時代同じ学科にいて,名前の関係で学籍番号がたまたまとなりになり,あっという間に友人になった,それがTHUである.

大阪から徳島は遠いようで案外近い.愛車のロードスター「流星号」を使うと3時間程度で徳島市内に着いてしまう.なるべくTHUとすぐに落ち合えるように淡路島最後のパーキングエリアで電話を入れる.
「んじゃ1時間後に大学前のファミレスで」

鳴門大橋を渡り,徳島県に突入する.高速を降り11号線を南下していると行く先に黒い煙があたかも狼煙のように湧き上がっている.近づいても近づいても小さくなる気配はまるで無く,どんどん大きくなっていく.吉野川を渡る頃,ようやく気が付いた.
「うわ,あれ火事やん.大学の近くやろ,うわ…」

バイパス側が混んでいたので旧国道側から目的地のファミレスを目指す.すると…,目の前20mが大火事!ちょうどそこがファミレスの駐車場.すぐに車を止めて,人間的には非常にイヤらしいところなのだが野次馬根性丸出しで近寄ってみる.「うわ,こんなに火が出とるのにまだ消防車来とらんやん.どうなっとん」と思っているところで消防車1台登場.同時にTから電話.

「なんか徳島市内にはいってから全然車進まんのやけど,どうなっとん」
「いや,目的地のファミレスのすぐ近くで火事がおこっとるんよ.しばらく車動かんの違うかなぁ.まぁゆっくり来いだ」
会話はこんなもん.でも消防車1台ではどうしようもないような状態.ようやく2,3台応援の消防車がきてまともな消火活動開始!

ここでT登場.
「どうなん,まだ燃えよん」
やっぱり人間だわなぁ.そらみたいわなぁ.
「まだ燃えとるよ,消火活動しとるけど」
そこで5分ほど野次馬化.でも不謹慎ながらさすがに飽きてファミレスに入る.

まぁ久々に友人と会うと大体話す内容は似たようなもんであり,大して面白くも無いので割愛.そこで提案.
「折角大学の近くに来たんやから中に入ってみよ」
そんな意味があるようなないような理由で大学に入ってみる.

まず総合科学部の体育館,ここは部活の思い出のある場所だ.Tには関係ないけど所属していたサークルの部屋のあったところを覗き込む.雰囲気は変わっているけどやっぱりサークルやっとんやなぁ.自分,中途半端なところで辞めたからなぁ,とちょっと鬱が入る.

総合科学部の校舎がやたらキレイになっていることに衝撃をうけながら,学生会館へ.このあたりはあまり変わっていない.食堂もおんなじ感じだし売店も同じ.お盆前だというのにサークル活動の音が聞こえる.オーケストラの楽器の音が懐かしい.そして時期的に聞けるとは思っていなかった人形劇の練習をやっている声が.よく見ると2階の窓に向かって練習している模様.もちろん私には後輩に会う資格なんぞないわけで,また凹みながらも,まだ人形劇やってたんだといううれしさかな,そんなのも感じた.どうも文章にしにくい感情である.泣きたいけど笑いたい,当時を思い出すと悔しい,でもうれしい….

総合科学部はこのくらいにして工学部へ.Tと私の思い出が詰まったキャンパスである.新しい校舎がいっぱいできてることにもびっくりしたが,いまだに旧校舎が一部残っており,そこで研究をしている学生がいることにさらにびっくり.さらにさらにびっくりなのが「今だに」工事をしていること.大学の敷地ははっきりいうと狭いのだが,THUや私が入学した12年前から続いている工事である.このままだと最後の工事が終わったころ,最初に作った校舎が老朽化してまた工事せないかんようになるんではないか,といらん危惧を抱く.危惧とはかいてみたものの…多分そうなるだろうな.

結局大学探検はこんなもんで終わってしまった.その後,Tとはカラオケで遊んでそこで別れた.

何だか徳島に来てTと会えたのはものすごいうれしかったんだけど.あの火事を見た後,変わっていく大学,でも変わっていない大学,私の遣り残したこと,今やりたいことその全てが火事の炎で混ざりまくって昇華してしまった.過去を振り返るのも大事だけど,すこしでも前を見なきゃなぁ.

もう一度何かをはじめよう,それが何かは分からないけれど.

|

« 「Shuffle」観劇記 | トップページ | ちょっと資格でも… »

コラム・小説・詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48047453

この記事へのトラックバック一覧です: 大火と残心:

« 「Shuffle」観劇記 | トップページ | ちょっと資格でも… »