« 2004年9月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年11月

一応触れといたほうが良いかなと思う「うどん」の話

どうでもよいかな~,なんて思ってたもんでネタにしなかったけど,とうとうYahoo!のトップページのトピックスに掲載されてたので個人的な見解も含めて書いてみようと思う.あれだ「香川の県農協が『県内産100%』の表示で販売していたうどんにオーストラリア産の小麦が混ぜて使用されていた」ってやつですわ.詳しくは下のURL(四国新聞社の特集)を見てみて下さいませ.

県農協の讃岐うどん不正表示-四国新聞社

書いてて切なくて馬鹿馬鹿しくてアホらしくなってくるニュースでございます.まず,私の本件に関する見解「このニュースに関しては香川県農協が100%悪い.同情の余地なし.」このスタンスです.というか発覚して10日くらいかな,経ってるハズなんだけど四国新聞のコトバを借りますと「核心部分は、依然として闇の中」だそうで,正直コメントのしようもないんですけどもね….つか,なんで農協が絡んでてこんなことが起こってしまうのやらクロックスピードがどんどん落ちてきている私のアタマでは到底理解できないのですが.ま,正確に書くと香川県人の気質からしてなんとな~く分かるような感じもするのが我ながらイヤらしいところです.

せっかくなのでこのニュースをマクラにしておいて,ちょこっとだけ話の方向を変えてみよう.

私がまだ香川に住んでいた頃,つうことは高校生の時分だから12年以上前か…,うどんに使われている小麦粉がオーストラリア産だってことはよく知られたことだったんだな.ホラ,社会の教科書に出てくる「天ぷらそばをつくるとほとんどが輸入したものになる」なんてどんぶりをグラフにした表があったっしょ,あれに近い感じ.実際問題,県内産の小麦粉よりオーストラリア産の小麦粉(ASWってやつね)の方がうどんを作るのに適するように品種改良されてた,ってことはそれから数年後ニュースステーションで知ることになったのでした.

正直な話,県内産の小麦粉100%のうどんは数回しか食べたことないので,かなりバイアスがかかった意見であることを前提にして以下のことを読んで欲しいんですがね….

私にしてみればうまいうどんが安く食べることが出来ればよい訳.それに使われる小麦粉が県内産であろうとASWであろうと知ったこっちゃないんですわ,ぶっちゃけたところ.実家に帰って,ちょっと思いついて高校生の頃,友達とよく行ったうどん屋にふらっと立ち寄って,うどんとおでん,おなかが空いてればおにぎりを食べる.それが500円以内で食えてそれがうまいからいいんです!県内産を使って高くなったり,まずくなったりするのはイヤなんです!安くてうまいのが魅力なんです!!

…ふぅへぇ,つかれた…

はっきり言って自分のサイトにうどんのコーナーを持ってる人の言うことではないかもしれないのですが,最近の「うどんブーム」とやらにはいい加減あきらめに近い嫌気が差していたので,今一度「さぬきうどん」を考え直すのにいい事件かな,とは思いました.勘違いされても困るので念のため最後にもう1回だけ自分のスタンスを書いておきます.

  1. 香川県農協に対しては今回の件に関して同情する気なし!
  2. うまいうどんを安く食えれば県内産だろうとオーストラリア産だろうと関係なし!
  3. 中途半端な「うどんブーム」がとっとと去って,「生活の中のうどん」が戻ってくれたら,なおうれし.
  4. 全く関係ないが,うまいうどんであれば手打ちだろうと機械打ちだろうと,どっちでもいい(讃岐弁で言うとこの「いでだちがくいたいんじゃがー!」).

ま,こんなところです.どーでもいいような気がしてきた,ホント.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマーの世界

某映画の影響で真剣にドラムを叩きたくなってしまった.この映画の恐ろしさは観るとホントに音楽をしたくなるという麻薬的なおもしろさにあると思う.まぁ,監督の掌の上で踊っている気がしないではないのだが,楽しけりゃいいじゃん!「ウォーターボーイズ」との大きな違いはあれを観てシンクロやりたいと思わなかったし思った人ってほとんどいないっしょ.監督自身が楽器に興味が無かったのに撮影中に合奏に参加できないのが寂しい,ってことでサックスをはじめてしまったというエピソードが「スウィングガールズ」の面白さ恐ろしさを物語ってる気がします(まさしくミイラ取りがミイラな展開ですな).

で,ドラムなんだけどもね,したいとはいうものの現在参加したりヘルプしてるバンドもない訳で個人練習でもすっかな,というのが今の状態.ま~その前にドラム関連のサイトでも調べてみるかな,と思い発見したのがこのサイト.

DRUMMERWORLD

それはそれはロックからジャズからポップスから名うてのドラマーの演奏が聴け,映像が見れるという非常に便利なサイトである.ジェフ・ポーカロの映像(レッスンビデオ)にナゼか日本語の字幕が付いていたのには笑ったのだが,基本的に英語のみのサイト.でも私レベルでも分かるので,というか別に言葉の意味分からんでもやろうとしていることは分かるんでドラムに興味のある人は一度ご訪問になられては如何?私のおすすめはバディ・リッチの気合入りまくりドラムソロの映像です.

実は恥ずかしながらさっき紹介したサイトを見るまでバディ・リッチの演奏している姿って見たこと無かったんよ.大学時代にジャズやってた友人に紹介されてちょっと演奏(といってもホントつかみのところだけ)を聴いた程度.さっき「気合入りまくりドラムソロ」って書いたけど,本当はものすんごいリラックスしてないとあんな演奏できないんだろうな,多分.

ドラマティックな展開の曲が好きな私にとっては「Channel 1 Suite」って曲が気に入りました.ジャズなんだけどプログレっぽくてしかも長尺(wで良いですね.初めて聴いたときは泣きそうになりました,イヤこれホント.まー若干ドラムのために他の楽器が演奏しているような感じも受けるんですが,これもまぁ楽しけりゃいいじゃん,ってことで.そうそうEL&Pのカール・パーマーがバディの影響をモロに受けているらしいんだけど,聴いて納得しました(つかもうちょっと考えてドラムソロ叩こうよ,カールぅ).

ドラムセット買うときは多点セットじゃなくって3点にしようかな,金も無いし.それじゃ,こんなところで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2005年1月 »