« 2003年10月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」観劇記

先週の土曜日は友人と一緒に久々の観劇でした.基本的に観劇には一人で行くほうが多いんだけど(趣味の違いとかもあるしね),今回は友人の好きな長谷川京子が出てるってことで誘ってみたわけです.ここまで書いたら分かる人には分かったと思うけど観た劇はG2演出・後藤ひろひと脚本の「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」ね.

事前情報で伊藤英明はともかく長谷川京子の演技は相当ヤバい,と各サイトで書かれていたのでかな~り心配だったのですが… 意外にやるじゃないですか,伊藤も長谷川ももうちょっと演出に工夫があればもっと光ったかと思うけど,合格点でしょ~.ま,個人的にはノド潰れていた伊藤の声は気になるところではありましたが.

ま,とにもかくも今回の「名目上」のメインアクトは伊藤・長谷川なのですが,実質的には木場勝己が物語の軸を作っていたので話はしっかりと出来ておりました.またパコ役の加藤みづきも青臭いところはありましたが好演でありました(つうか,むしろ青臭さがないとあの役は成立しないか…).

これまでのG2・後藤ひろひとペアで童話が出てくる作品とは違ってファンタジーのハズなのにリアルなのがちょっと不意をつかれた感じです.「ダブリン…」は夢と現実(現在と過去)が交錯する話(そんな仰々しくはないですが:笑)だし,「人間風車」は童話作家の書いた話が実際に起こるっつうのをホラー風味に味付けしたものだし….「リアルなファンタジー」を観れたというのか今回の収穫でした.さすがは後藤ひろひとですな.

追記:
その1:後藤ひろひとのご当地アドリブ「劇場だけじゃなくて球団まで手放すのが許せない」(うる覚え)…大爆笑でした.書いててなんだか切ないのはナゼ?そういえばAGAPE Storeの「BIG BIZ」でも「私が上本町にある劇場を買い取りましょう」なんてアドリブがあって馬鹿笑いしてたんだけどなぁ.
その2:瀬戸カトリーヌ,劇場でみたらめちゃかわいかったです.すいません…ミーハーで.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年10月 | トップページ | 2004年9月 »