« 2002年4月 | トップページ | 2002年6月 »

2002年5月

哀しき5月のパニック,またの名をある言語障害と付随する睡眠不足,なのに買ってしまったあるアルバム

前回のコラムに書いたとおりだが,どうにかアウェーでの初めてのセミナーは何とか終了した.そのため体が結構リラックスしてたなあと感じてたのがその週末.ところがその次の週(先週),体というかココロの具合が優れない.落ち着いているときは何でもない.ちょっと仕事が入ってくるととたんにパニックである.電話でのクレーム3連発の電話が来たときは泣きそうになるのをぐっとこらえ,耐えながら,親切に,丁寧に仕事はしたつもりだ.ただ声だけは誤魔化しようが無く,低く重い声,決して重低音ではなく暗い声だったかもしれないが…これが水曜日.

もう寮に帰ってパソコンの電源をつけたにしてもメールチェックもほどほどにして,洋邦問わず音楽を聴きながら,ぼーっとサイトをチェックしているだけ.当然体とココロがしんどいから自分のホームページの更新もできやしない.だから自分の書きたい文章ってのは書いてないね.ここ数週間.

で,木曜日にはとうとう,例の声が出なくなる,というやつをまたやらかしてしまった.またイヤなとこ見られたなぁと重い気分はネガティブな方向へ一直線.この苦しみは説明しても分かってもらえないとは思いつつ,心配して下さる先輩もいる訳で「とりあえずパニックに陥ってて声がどもってきてて,冷や汗をかきながら電話してるときは明らかにやばいときなんで,引っぺがしてください」ということだけ伝えた.

こんな感じだからだから週末くらいは遊ぼうということで,友人のシルビア号で意味も無く奈良に行き何故か三重に入り四国並にへヴィーな峠道を抜け滋賀へ,そして京都を通過し大阪に帰ってくるという,意味のあるようで全く無いドライブをした.そのあとはいつものカラオケである.大の27の男が2人でカラオケ2時間ってのも奇妙なもんであるが,憂さをはらさにゃやっとれんわい,ってなことになって叫び,吠え,壊れた.普段は洋楽かアニソンという,一般市民の皆様から見たら石をぶつけられる,コンパでやったら,「コイツ,ハズしたな!」みたいなことを言われるような曲を歌うのだが,何故かその日は違っていた.

戸川純である.JOYSOUNDには彼女の曲がいっぱい入っているよ,なんて情報を予め仕入れていた私はとりあえず歌える曲は全部歌った.キーは高いし,台詞は入るし,あんなヴォーカルだしちっとも憂さは晴れた気はしなかった.もちろんカラオケ自体は楽しかったからUDONERくん安心しといて.胸の中の重みが取れないのだ.何だか胃袋のあたりに何かが棲んでいるような感じなんである.朝5時ごろまでそんな感じで遊んで帰ってとりあえず浅い眠りについた.

とはいっても例の如く1時間毎に目が覚めるのだからまともに寝れちゃいない.なんかCDでも買いに行こう,いつも梅田のタワレコだから久しぶりに心斎橋のVirginに行こう,そう思って流星号を進めた.渋滞らしい渋滞もなく,あっさりと長堀橋の駐車場に着いた.へーVirginの上ってロフトになってたんだぁ,最近きてねーからなー,変化についていけませんわ私.そんなことを思いつつVirginである.例の如く洋楽コーナーに行くが特に買いたいものもなし.ここんとこの鬱の件もあるし,やっぱ戸川でしょ!ってことで彼女のコーナーへ….そこで私が見たアルバムはあのいわくつきの「HYS」.彼女が自爆する直前にリリースされたいわくつきのアルバムである.これだけ買うとかな~り怖いことになりそうだったので,寺内タケシのインストを買って外に出た.

早速駐車場に戻って「HYS」を聴いてみた.ヤバすぎる….どの曲もひたすら自己嫌悪に陥っているかのようで,死の匂いがぷんぷん漂っているのだ.しかもメトロファルスのキーボード・ライオン・メリーさんやギター,ベースがこれでもかというぐらいに拍車をかける….一応運転しながら一通り聴いてはみたが,彼女が自殺未遂に走った理由が良く分かった.アルバムの出来はいいんだけど,今の私が無理してまで聴くことは無いかな,そう思った.

私は自爆する気なんて無いし,やりたいことは山ほどある.何をどのようにどうすればいいのかが分からない,パニックの中では….今週は広島で展示会である.去年の岡山での展示会の「じゃべれなくなる事件」もあったしちょっと心配.まぁ,大丈夫だろう.そう思いつつ5月最後の週を過ごしたい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑の幌馬車のお話

なんとかセミナーの有事(?!)終わり,ようやく久々のコラムだじょーん.っても6月に入ったら,またセミナーなんだけどね.今回のベースができたから少しは楽かななんて思ってみたりして.テンションはハイアンドロー.何とかなるのさ人生なんて~!

さてさて,こんなもんですから.休みのときには車を飛ばして憂さを晴らそうとすることが多分にあるのでございます.かく言う私,これまでコラムに書かなかったんですけど,とうとう「初めてまともな車」買いました.ユーノス(マツダ)のRoadsterでございます.大学時代から乗って来た車((ミラ-ダイハツ・赤・3台を1台にくっ付けたキワモノ中のキワモノ,もらいもの,最後はターボオイル漏れで煙を吐きながら昇天)→(ミラ-ダイハツ・赤・前のミラがターボトラブルで煙幕車となったため買い替え.冷房無し.10万)→(ミラ-ダイハツ・白・noviと共同購入,1/3支払って大学最後の年の愛車.最後はATFのトラブルで自滅.私が払ったのは5万)→(ギャラン-ミツビシ・白・noviが新しい車を買うからということでお下がりで買った車.冷房故障.代金は4万+パソコンのディスプレイと修理代)に比べますと,えらくまともです.でも実用性,ホンっとないっす.ま,遊びのための車ですし,割切って買ってますからいいんですよ,これで.

学生のころから2シーターのちっこい(ライトウェイトスポーツっての?)のに憧れておりましたので,ようやく念願叶ったり,というところでございます.ビートやカプチーノ,あるわけのないAZ-1あたりも考えたのですが,コストパフォーマンスの問題と,洒落にならないくらい狭い,という理由,および上司からの圧力によりロードスターとなった訳さ.ちなみにこの上司,ココだけの話今の直属の上司なのであるが,私が新人時代ベンツの2シーター(500万くらいしたんじゃないかな)を買わそうとしたつわモノでございます.今回もね,車どーするの,ちう話をうちの部署でしてたんすよ.ほんだら「ロードスター」どや.ときてその2ヵ月後にはオーナーになってしまいました.ま,欲しかったんですけどね,実際.

買ったのはV-Specialですな.あのグリーンのボディで内装がオレンジ,幌が他のロードスターとチト色のちゃうやつですわ.確か1800ccになったはじめてのロードスターですやね,こいつ.なんか運転席が狭い(当たり前)のが気持ち良いんだか悪いんだか.ペダル類はスポーツ仕様(ノーマルなんですが)なんで足の操作はこれまでの車より格段に楽しいです.ヒールアンドトゥー!なんて言って一人で盛り上がったりね.アホです.アホ.

視点が低いのは2シータースポーティの基本だからいいんですが,ギャランとのあまりの高さの違いにちょっとびくっり.何か景色が違って見えるよね.うんうん.難点としてはドアミラー位置が後ろに来過ぎていて非常に見難いことかな,幌してるとバックミラーも見難いし,このあたりは注意すりゃなんとかなるか….あと買ってから気付いたのが車体剛性の弱さかな,オープンカーの宿命なんだろうけど阪奈道のカーブでタイヤはグリップしてるんだけど車全体がミシミシ音がするのよ.ハードトップかロールバー入れたほうがいいのかなぁ….5速MTですが,コキコキは入るというか,「3速入りました!」って言っているようなキビキビさが特徴的でよいですね.

ここまで悪口なんか嬉しいのか良く分からんこと書いたけどやっぱかわいらしいですよ,流星号.あっ,流星号ってたしかにロード「スター」だから星のなんでしょ,って言われそうだからちょとだけ知ったかぶりしておくけど,最後よくみてね「RoadstAr」じゃなくって「RoadstEr」になってるでしょ.これ,元々の意味は「2人乗りの幌馬車」って意味だからね.でも流星号のネーミングがダサ可愛くて気に入ったのでそう読んでいます.なんか,ちっこいのがピューンって突っ走ってるの可愛くない?ポルシェ(カレラ)を除いて.だってポルシェ,怖いんだもん.絶対いつかはオーナーになってやるつもりだけど(笑).FRの車乗るの初めてなんで,なんかクセなくコーナーをクリアしてくれるんで面白いわ.さ~て,今晩もどっかに行こうかあ~っと.なんて事言ってみたりして.

というわけで近況報告でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年4月 | トップページ | 2002年6月 »