« 2002年3月 | トップページ | 2002年5月 »

2002年4月

GO!GO!シアトリカルロック!!

「シアトリカルロック」なんて言葉があるのかどうかもよー分からんのだが,きっと,ピーター・ガブリエル在籍時のジェネシスとか,初期のクイーンなんかがそれにあたるのかなぁ?もしかしたら「広義に」とるとロックオペラだってシアトリカルじゃん,とか,グラムロックは全部シアトリカルちゅうても良いんではないか,なんて声が聞こえてきそうなのでこの文章,勢いで書いてるのでツッコミどころ満載だと思います.いろんな意見を聞きたいので気が向いたらメール頂戴.(注:納車のため実家に帰ってまして例によってJORNADA690を使って書いてるのよ,ネット検索して「シアトリカルロック」の定義を調べても良いんだけどもいいんだけど,PHSでネット接続してるもんで金掛かりそうでさ,堪忍え)シアトリカルかどうかは別にして最近なんか芝居がかったヴォーカルの曲を聴く頻度が上がってきているような気がするんだな,これが.

19日の金曜は代休使って病院に行く前に梅田の丸ビルの中のタワレコに行ったです,なにやら殺伐な雰囲気をかもしながら.めずらしいことに洋楽コーナーには足を向けず邦楽コーナーで買い物をしました.本来の最初の目的ってのは実は最近サーフサウンドやガレージパンクなんていうサウンドに興味を向けましてですね,日本が世界に誇るギタリストのひとり「寺内タケシ」のCDを漁ることだったんですわ.ところが,「て」コーナーに行って近くに気になるCDがいくつかございまして,一つがDEAD ENDでして例のなつかしのシューマッハのテーマのヴォーカル版が入ってるアルバムを一つ手に取り,その横の列へ.目に止まったのがあの「戸川純」のCD.デビュー20周年を記念しての豪華2枚組みベストCDでした.ワタシその3つ買いました,金も無いのに….

しかし,ちょっと話が脱線致しますがアレですね.Oさんなんかも趣味広いから例えばアニメ系,メジャーどころのロック,どこから引っ張ってきたのか分からんプログレ,んでもってジャズといったものを一回に10枚ぐらいどちゃっとちゃんぽんで買ったことがあった,というかそれが日常化していた時期があったらしいんですね.昨日の店員,なんか笑ってました.「寺内タケシ」と「DEAD END」,「戸川純」のどこに共通項があるのかと,お前が好きな音楽は一体何なんだと,ふざけるのもいいかげんにしろと,そんな風には思っていないと思います.ちなみに「共通項」は全部「タ行」でスタートするので,あの広いタワレコの中で1メートルの範囲内で全てが揃うということだけです.ここだけの話,実は「高石ともやとナターシャセブン」のCDもその1メートルの範囲内にあったんですが,金,ホントにヤバくて買いませんでした,あまりにも収集つかなくなるし(笑).

で,シアトリカルロックですわ.戸川純ですわ.やっぱあの女,ヤバいですぜ,旦那.と今更ながら彼女の女優というかヴォーカリストというかトータルなセンスに脱帽です.椎名林檎が出てくる20年も前にあんなスタイルを確立してたってことに驚愕いたしますです.ハイ.ヤハリ戸川純の場合,芝居がかったヴォーカルもさることながら1曲1曲でその役が憑依しちゃってるというか,乗り移っちゃってて,あるときは可憐な少女であり,あるときは少年であったり,あるときは娼婦であったりと,その「女優」らしさに今更ながら気付かされたのでした.多分,しばらくこのアルバムが我が部屋・車内を占拠することでありましょう.

一時期「メトロファルス」ばっか聴いてたのもおんなじような理由.ヨタロウ氏の曲とそれに合わせて変幻自在に声を操るってところに惹かれたんですな.これもここだけの話,「メトロファルス」って名前知ってたくらいで聴いたこと無かったのよ.ハズカシながらあの「キレイ」の楽曲を担当してたってことでもしや感覚的にあってるかもかも,と思ってアルバムを買ったらビンゴって感じでしたわ.っても2枚しか持ってないけど(だって置いてる店少ないんだもん…).

以前コラムに書いたとおり,「めちゃくちゃドラマチックなロック」が好きなんですが,オススメあれば教えてください.当方,27歳「ボヘミアンラプソディ」を初めて聴いたときに卒倒し,「天国への階段」で失禁,「悪の教典#9」で大爆笑,「トミー」「四重人格」で精神に異常をきたし,疲れたときには村下孝蔵でリセットされます.ドラムやってました.一応ギターのコードくらいは押さえることできるので,やる気だけあれば曲をでっち上げることくらいは出来ます.ベーシストは近くで見つけることはできるので,表現力豊かなシアトリカルなヴォーカルをできる方,バイオリンのような音の出すことの出来るギタリスト,もしくは大回転風車ピッキングのできるギタリスト,あとキーボディスト募集します,出来ればキーボードに日本刀を刺してみたり,キーボードでロデオができたら最高です!清水義範の短編のような日常の中に潜む面白っしょげな音楽と夢野久作のような非現実的で怪しげな音楽の療法……両方やりましょう!
p.s.できれば学研都市線の方が良いです.月1回の練習で年に2~3回ライブができたら良いですね.

…すいません,気がついたらメンバー募集じゃんこれじゃ.しかもやりたいことがめちゃくちゃです.こりゃまったしっつれい致しました(でも興味あったら連絡待ってるです,イヤホント).

4月27日 追記:
いやぁ,2chの音楽関連のトコ初めて読んだんだけど,戸川純と椎名林檎の類似性とかファンファン同士の争いみたいなのあったのね…知らんかった.自分の音楽の聴き方って2ch的でなんかうつ….ま,そんなこと言い出したらサニーデイサービスははっぴぃえんどだ!とかそんな風になっちゃうんだけどさ.誰だって何らかの影響受けてる訳だから,戸川は戸川で良いんじゃないかなと.ま,ま,あまりお気になさらずに.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テキスト主体のWebサイトのこと

先日福井のセミナーが終わった翌日,私は1日中死んだように眠っていたのでした.気がついたら夕方の5時でした.タバコを1本吸ったところ明らかに貧血を起こしてしまい,パソコンの電源を入れることだけは忘れることはなかったのですが,いすに腰掛けたまんま突っ伏してしまったのでした.ようやく意識がほぼ消滅した状態から,まったりとしてきたころ,友人から「晩飯食いに行かへん」と電話をもらったのでした.おぉ,よく考えてみれば朝から何も食べ取らんぞ,そんな簡単なことを思い出したので,我が家に彼を呼び付け飯へGO!したのでした.

車中,特にすることがあるわけでもなく,かといって黙っているのもアホらしいので,それぞれホームページを運営する立場の者として「有意義」な話をするのでした.ちなみにわたしのホームページ「BLACKLAND's DAYS」は見てのとおりのテキスト主体,俺のことばを聞きやがれこのヤロースペシャルなページとなっております.友人がしっかりログ解析をして,CGIやCSSまで使っているのに,わ・私はそんなものも使わず,ホントにテキストベースのページなもんだから身内かマニアにしか読まれていないページだと思うのであります.

友人が見た「よくありがちなテキスト中心のサイトにありがちなこと」みたいなサイトの話でちょぴっとこば盛上りました.どーも次のような傾向があるらしいですわよ,テキスト系サイトって.

  • うつ自慢をする
  • 自己中心的な内容となる


いうのが多いらしいですな.

……うつ自慢.してるのでしょうか?つか私が会社を休んでからは,頭のリフレッシュも兼ねてホームページせこせこ作っております次第で,どうしてもうつ自慢っぽくなっちゃうんだよねぇ.これが.そういえばバンドやってた頃にベース担当のB君が言ってたことなんだけど「わにべーさん(註:私のこと)って,人に『変』って言われるように行動してません?」なんてことを言われたことがありましたね.確かに目立ちたがりで,「変」なキャラクターを作ってたところはあったんですね.

というわけで,うつ病になったのは私のキャラクターに「箔」がついたようなもんなんですよ,結局のところ.私の場合「うつ自慢」は「私,変なヤツですよ~.近づいてくると時々に化学変化起こしますよ~.タマにどこか遠いところへ行ってしまいますよー.」という意志表示なんですよ.なんて書くと誤解を招きかねない訳なんだけどもね.

自己中なページかぁ.言われたくないね.だって基本的に自分が好きでやってるホームページだもん.「ひとりごと」と「うどん情報」だけは好き勝手やるためのコーナーなんだから.そりゃ他人様からみりゃ自己中でしょうに.あたりまえじゃない,ばっかじゃないの,って感じ?ま,劇団「徳島」のページは自分だけではどうしようもないページですきに,団長の指示を仰がないかんわけですきに,しゃー無い訳ですきんに君.で,「秘密基地」は私の企みを実現するためのコーナーですから,かなりギリギリ全開で作ってますが.ま,これも自己中かな.あのページ,もっと充実ささないかんのやけどなぁ…あーうつ(早速自慢).

ま,結局のところメッセージを訴えるべく文章を書くことは結構あるんだけど,その自分に酔っちゃってるかもかも,なんてことも思ったりもするんだが,いーじゃんよ.「俺さま」のサイトなんだから!

と強がってみても結構カウンタの回り方気にします.小市民です.だから可愛がってください.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年3月 | トップページ | 2002年5月 »