« 2001年11月 | トップページ | 2002年1月 »

2001年12月

久々の劇団「徳島」公演に参加しました

私の所属している劇団「徳島」の公演に参加しました.考えてもみますと前に公演をやったのは私が学生の頃のハズだから3年ぶりちゅうことになる訳ですな.お出しモノはそのときとおんなじ「お伽の棺」.ただ,あんときは自分が60分間出ずっぱりの役をやらせてもらったけど,今回はこれまで3回やっているMさんにやってもらいました.というか練習参加できてないんだもん.忙しかったから当たり前なんだけどさ.

取り急ぎコラムに書いときます.楽しませてもらったので.あんなナレーションをするのは初めてでちょっと難しかったけどあんなもんで良かったんでしょうかねぇ.そういえば3年前の木頭公演のときには自分でナレーションまでやらせてもらった関係上,ラストの台詞を言わせてもらえたし,今回はナレーションをやった関係上一番最初の台詞をいうという,「劇団『徳島』で20世紀で最後の台詞を言って21世紀最初の台詞を言った男」として誇らせていただきます,いやっほう!だから何といわれても困るんですけんどもね.

今回芝居をした場所ってのが徳島県立盲学校ということで,自分の仕事とも若干リンクする関係上いろいろな方のご意見を聞くことが出来たのも今となっては良い思い出です.特にK工房のMさん,いろいろご助言ありがとうございました.結局私がナレーションというかたちでト書き部分を読んでというかたちで劇をさせて頂きました.学生時代に人形劇をやってた頃も思い出しましたし,非常に楽しかったです.

今にして思えば,目の不自由な方に劇を観て頂くってことに対して緊張しすぎていたような気はしますね.そのおかげで劇徳がすることになった訳ですが.いつもの劇徳にちょっとしたことをプラスすることで誰にでも楽しめる芝居ってできるもんなんだなぁ,そう感じました.私自身,肢体不自由の方とは仕事の関係上良く会うんですが,こういうかたちで視覚に障害を持たれた方と接する機会って人形劇のサークルにいた頃以来ほんと久しぶりってこともあり,仕事の上でも勉強になることも多かったなぁ(仕事ははっきり言ってキッツいんだけど「夢」はまだ捨ててないからね).

劇が終わった後の交流会はキャスト陣のみの参加でしたが大変良かったそうです,ね,掲示板にも今回のヒロイン「大女優」様が書いてるでしょ.依頼を頂いて公演するってのは自主公演とはまた違ったプレッシャーがかかってしまうのですが,楽しんでいただけましたか?>盲学校の皆さん

詳細はまた劇徳のページに書きます.けど,オレなんでかデジカメ忘れたから写真,棟梁,頂戴ね.スキャナで取り込むから.ま,忘れないうちにコラムに書いてみました.というわけで,私の中の芝居魂が復活してしまっており,何かをせずにはおれない状況のくろしまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2001年11月 | トップページ | 2002年1月 »