« 夢の終わり | トップページ | 久々の劇団「徳島」公演に参加しました »

衝動とその行方

何時のころか やたらに大きな真っ赤な空の下
気が付いたら誰もいなくなって 何故だか急に寂しくなって
涙を流したことはないかい


学校からの帰り道 稲刈りの終わった田んぼを突っ切る細い道
自転車に乗りつつふと考えて
切なくなったことはないかい


真夜中突然車に乗って 意味なく峠を走るとき
なんだか自分が小さく感じて
生きていることのはかなさを感じたことはないかい


踏切り越しに昔の女を見かけたとき
電車に飛び込みたくなる衝動は何だろう


街角で電波やお花畑の中にいる人をみたときに
自分に重ねあわせてしまうのは何故だろう


たまの休みに実家に戻り 父のお墓に行ったとき
たった15年であんたの死んだ年になるんだなぁ
そう思い自分の目標はなんなんだと
見失いそうになったことはないかい


海に行くとて泳ぐでなく 山に行くとて森林浴をするでなし
やることはただ自分の存在を確認することだけ

私に帰る場所はあるのだろうか
私に戻るべき所は残っているのか
帰るたびに寂れゆく 廃市のようなその町に
憧れを抱きつつ 嫌悪する


大阪だって田舎なんだと 東京に行ってやっと気づく
このままここで過ごそうか それとも都会へ出て行こうか
なんだか疲れたと言ってホントの田舎に帰ろうか

|

« 夢の終わり | トップページ | 久々の劇団「徳島」公演に参加しました »

コラム・小説・詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99678/48047628

この記事へのトラックバック一覧です: 衝動とその行方:

« 夢の終わり | トップページ | 久々の劇団「徳島」公演に参加しました »